キャリア相談もできる隠れ家BARのマスターのブログ@銀座 助家

リクルート−エージェント⇨フィジー共和国の語学学校責任者を経て 飲み屋を開業。創業した池袋のお店を店長に譲り、現在は銀座のどこかでBARを営んでいます。

April 2013

    【キャリア論】【学生の就職活動の対策】大学生の就職浪人という選択肢、採用担当の腕による視点の違い、対策に関して【永久保存版】

    今日は、

    就職浪人




    に関してです。

    最初に結論を書きます。


    就職したいなら、選択肢は2つしかなくて、

    1 妥協する(受ける企業の社格を落とすか、より不人気の業種の企業を受ける)

    2 妥協したくないなら努力して実力をつける


    1、2、どちらか。
    今日は2に関して、具体的に何の努力をすれば
    実力が付き、就職に強くなれるのかを書きます。






    4年前、僕が留学会社にいたころに書いたこの記事をご紹介します。
    今でも月間1000PVはいく、このブログ人気NO3以内に入ります。

    【休学 留年で就職は不利になるのか?】




    今回は留学に限らず、
    インターン、アルバイトなども含めて、どうやったら就職に強い人材になれるのか?
    の補足ヴァージョンです。

    3年前、日本に帰ってきて、複数の就職支援会社の顧問を経験したり
    新卒就職を目指す大学生さんと1000人以上お会いして分かってきたことを書きましょう。




    対策を書く前に、
    まず、状況(市場)に関して書きます。


    【人気企業から内定貰える率】
    某シンクタンクが集計した
    学生が行きたい会社は?と聞かれて最初に想起する企業から実際に内定がもらえる確率は・・・・
    (金融、マスコミ、広告、商社、メーカー、コンサルティングファームなどの人気業種がほとんど)


    東一早慶(東大、一橋、早稲田、慶応) 出身者 15%

    MARCH(明治、青山学院、立教、中央、法政) 出身者 3%

    日東駒専(日本、東洋、駒沢、専修)出身者 1%


    です。
    ※出処はコンプライアンス上、書けません。あしからず。



    言い換えれば、
    東一早慶 85%
    MARCH 97%
    日東駒専 99%

    の大学生は、
    行きたい会社をあきらめて、
    どこかしらの妥協点の会社を見つけなければなりません。

    また、特筆できるスキルのない文系大学生は、
    たとえ大学が高学歴な早慶上智、ICUクラスでもかなり苦戦します。
    というか、無理です。


    自分の実力不足を受け入れず、
    実力相応の企業に入社する選択肢を受け入れず、
    いつまでも「自分が入社したい会社」「自分がやりたいことのできる会社」
    にこだわり続ける学生には、
    就職先がありません。


    努力をしていないのに「就職活動は妥協しない」
    と言い張る学生がいますが、論外です。

    んなもんは子供のわがままと変わりませんから、
    何社受けようが、落ち続け、問題は永遠に解決しません。


    なぜこんなに厳しくなったかというと、
    新卒を採用して、利益を創出する社員になるまで育てるのには莫大なコストがかかり(1000万円以上)
    そのコストを捻出する余裕が各企業になくなってしまったためです。
    ※各社、コストをかけたくないから第二新卒を欲しがります。




    一方で、こんなデータもあります。

    経済産業省データ


    従業員300人以上の大企業の数は全体の0.3%
    ソコで働く労働者は30%
    求人倍率は、8倍。

    従業員300名以下の中小企業の数は全体の99.7%
    ソコで働く労働者数は70%
    求人倍率は0.64倍。
    楽勝でしょう!


    仕事は、あるんです!!!
    採用したがっている企業もあります!
    大手求人サイトに乗っている新卒採用の求人なんて求人全体の1%にも満たないこと、
    学生さんは知ってますか??
    自分で探せばたくさんあるから!

    中小企業って、いい会社いっぱいありますよー
    僕は新卒で大企業に入りましたが、中小企業に転職し、現在は零細企業の長をしています。
    小さな規模の会社に移れば移るほど、人生楽しいっすよ。








    【採用担当の質、選考プロセスの質の低下】

    これはあまり書きたくないですが、
    この10年間で低下が著しい。
    受ける学生さんがかわいそうになるくらい、ヒドい会社が多いです。



    ○担当の質の低下
    背景は、これまた会社の業績に余裕がないから。
    一昔前は、トップセールスや、現場で一番の課長クラスを新卒採用担当に配置していました。
    が、現在では各社業績が苦しく、
    優秀な人材は「今のお金」を稼ぐ営業部門から外せなくなっています。
    だから、2線級のダメな社員が採用担当をやっていたりするのです。


    ○選考プロセスの質の低下
    背景は、求人広告の過度な蔓延。
    募集枠10名に対して1万人学生が殺到することは全く珍しくありません。
    1人を採用するために、999人を落とさなければならないのです。

    結果、一人の学生にかける面接の回数、時間を削ります。

    1次面接 1対4 のグル−プ面接 30分
    最終面接 1対2 のグループ面接 15分

    こんなんで人の本質わかるわけねーだろ!
    と思いますが、
    こんなアホな選考プロセスで採用をしている大手企業がゴマンと存在します。




    以上が、市況です。

    要は、適切な努力をしていないアホな学生がめくら滅法に100社受け、
    人を見立てする能力もヤル気もないアホな人事が大量に捌いて振り落しているのが
    現在の日本企業の新卒採用です。(そうではない一部の学生さんや、企業ももちろんいます)


    自分の未熟さを棚に上げて、
    辛口な事を書いてスミマセン。

    ただ、コレは僕だけが思っていることではなくて、
    人材業界で仕事をしている人ならだれでも気づいていることでもあると思います。
    会社に所属していると、コンプラ的に書けないこと、いっぱいあるんで!
    だから僕が書く(笑)




    【人事の腕による選考視点の違い関して】

    人事の腕によって、人を見たてる際に見る場所はこのへんです。



    1 表面的なもの(アホ人事)
    ・大学時代に頑張ったこと
    んなもん、文系大学生にあるわけない。

    ・コミュニケーション能力
    んなもん、社会人3年目くらいになればだれでも身に付く

    ・志望動機
    んなもん、第一志望であるはずがない。

    ・TOEICの点数
    んなもん、留学すれば誰でも身に付く

    ・業種に近しい資格を保持している
    んなもん、入社してからどーせ全員が取得する


    学生時代に営業を経験したコは口がうまくなりますから
    アホ人事は簡単にダマせます。
    だから営業経験者で、口先だけのロジックを組むのが上手な学生ばかりがバカスカ内定を取り、
    素養はあるが、経験のない学生は一社も通らなくなるのです。

    新卒採用って、そもそも、「素質」を見る採用ですよね?
    付け焼刃の経験から身に付くものを評価してどーすんの?
    と思います。




    2 今現在の基礎能力・適性(普通の人事)
    ・思考能力
    正解のない課題や、事前に準備できない質問に対して思考して解決策を出す力
    ※これはSPIなどの適性検査の知能指数で素質は分かります。

    ・モチベーションリソース
    どういう環境条件が揃うとヤル気が出るのか
    ※これもSPIの職務指向性や、性格適性で分かります。


    このへんが合致している人材の採用は無難。
    入社後5年くらい、つまり20代半ばから後半くらいまでは「ハズれ」は少ない採用ができます。

    でも、30代以降に、
    イマイチ成長しなかったりもするんです。




    3 本質的なもの(ウデのいい人事)
    ・親のしつけ
    ・小学校時代
    ・中学校時代
    基礎人格が形成されるのは、このころです。


    僕から見て、入社してから5年、10年後、
    30代以降に大活躍するビジネスパーソンには共通の傾向があって、

    ・主体性(自分で考えて自分で行動できる)

    ・活動意欲(活発に行動する。働き者である)

    ・環境適応能力(様々な人、仕事内容、職場環境に対してポジティヴに受け止め適応する)

    この3つ全て高い水準で持っていることです。
    コレが将来成長する「当たり」の人材です。

    たとえ、現時点でその会社を志望していなかったとしても、
    採用すれば環境に適応し、仕事は頑張ります。



    ただし、この基礎能力は高校以降ではなく、
    中学生以前の、基礎人格形成の影響が一番強い。

    特に、厳しいしつけ、いじめ、転校、ハードな部活、厳しい習い事、両親の離婚、スパルタ受験勉強
    などの「強制的なストレス」を幼いころに与えられたが
    逃げずに前向きなエネルギーに変えて育つことで身に付きます。


    ココを見る人事は、人の見立てが良くできる人事です。







    【じゃあ、具体的に何を経験すれば選考に通るのか?】

    3 本質的なもの(ウデのいい人事) の選考に関しては
    21歳になった今では変えようがありませんから、
    対策不可能です。




    しかし、
    1 表面的なもの(アホ人事)
    2 今現在の基礎能力・適性(普通の人事)

    にから高い評価を得ることは、難しくありません。
    というか、就職浪人して8か月くらい訓練すれば誰でもハイレベルになることができます。
    学生が30代以降もかつやくする人材なのかの本質までを見抜けるウデのいい人事なんて、
    5%くらいしかいませんから、コレだけで、選考の95%以上は有利に進められます。


    ※面接の1か月前にジタバタしたところでどうにもなりませんから、
    14卒の学生さんは、今年の就職活動に関してはもう手遅れです。
    人気企業の選考って4月中に終わるから。
    でも、就職浪人すれば今から来年度の就職活動までに大幅にパワーUPして確実に結果は変えられます。



     

    アホ人事と、普通の人事が見る点と対策は以下の通りです。

    1 表面的なもの(アホ人事)対策
    ・大学時代に頑張ったこと
    →しんどいアルバイト経験をする

    ・コミュニケーション能力
    →営業職を経験する

    ・志望動機
    →営業職を経験する(口はウマくなる)
    →本気で働きたい動機が見つかるような体験をする

    ・TOEICの点数
    →留学して取得する

    ・業種に近しい資格を保持している
    →志望業種を事前に明確にして勉強して取得する


    2 今現在の基礎能力・適性(まあまあの人事)
    ・思考能力
    →SPI、フェルミ推定などの知能テストの勉強をする
    →ロジカルシンキングを勉強して実践する
    →ロジカルシンキングが必要とされるアルバイトを経験する

    ・モチベーションリソース
    →R−CAP(適職診断テスト)を受講、その結果を自分で理解して自己認識を的確にする



    これでOKです!

    なんてカンタンなんでしょう・・・・・


    でも、今の学生さんたちはそれをわからず右往左往。
    さらには就職支援会社を名乗る人材会社の社員ほとんどが素人で、全然分かっていない。

    ダメ人材会社の社員は置いておいて、
    学生さんが知らないのは仕方ない。だから僕が書くのです。




    では、各論で各項目に関して対策を詳しく書きます。





    1 表面的なもの(アホ人事)対策

    ・大学時代に頑張ったこと
    →しんどいアルバイト経験をする

    無給のインターンや、ボランティア活動では意味がありません。
    なぜなら、

    賃金がない=責任がない
    高給がもらえる仕事ほど、責任が重く、求められる能力や頑張りのレベルも高く、
    しんどいです。

    アルバイトをする際は、
    「人事が知っている会社の仕事」にしましょう。
    なぜなら具体的に頑張っているイメージが彼らに沸くからです。

    しんどい企業として名高い有名企業、
    ヤマダ電機、読売新聞の販売、ユニクロなど。

    しんどい仕事を続けた=ストレス耐性が高い=だから会社を辞めにくい
    と人事は評価します。(事実そうだし)



    ・コミュニケーション能力

    →営業職を経験する

    ・志望動機
    →営業職を経験する(口はウマくなる)
    →本気で働きたい動機が見つかるような体験をする

    これはもう、新規開拓営業の仕事をやるしかないです。
    営業職は基本的に断られる回数のほうが圧倒的に多い。
    結果身に付くのは以下。
    ・数千回、数万回の失敗から話し方、第一印象、を改善しようと本気で取り組み、結果身に付く。

    ・お金を稼ぐことがどれだけ大変なのか実感し、真剣に就職活動に取り組み、良い会社を見つけなければと思うはず。

    ・お給料も高いし、やればやったぶんだけもらえる仕事も多いですから、サイフもあったくなる。


    難易度的には、売りやすいものからはじめて、徐々に難易度の高いものを売る経験をするとよいでしょう。


    LV1 売り上げ目標のある販売職
    ヤマダ電機で携帯電話を販売する
    ガールズバーの店員としてお酒を販売する


    LV2 対個人新規開拓営業職
    読売新聞を飛び込み営業で販売する
    キャバクラ、高級クラブのホステスとして個人客を掴む
    コールセンターでNTTひかりなどの通信回線などを電話で営業する


    LV3 対法人新規開拓営業職
    求人広告販売代理店で広告を販売する(ジョブセンスなどの成功報酬型」が最初はやりやすい)
    GMOインターネットなどの大手WEB企業でHP制作やSEOなどをTELアポで営業する
    光通信でコピー機のTELアポ営業をする


    LV2くらいまでできれば上出来、
    LV3まで経験して結果を出す学生は内定バカスカ取っています。


    こんな仕事イヤだ!
    と思う人もいるかもしれませんが、
    それが社会人になってから実際に経験する仕事です。

    月額3000円の読売新聞すら売れないヤツが、
    電通やリクルートで数百万、数億円の広告売れるわけないでしょう!
    営業職をやりたくないなら就職しないほうがいいです(断言!)

    どうしてもイヤなら、
    理系の工学部や薬学部や看護学科に進学して技術を身につけるか、
    女子学生さんは事務職向けのスキルを徹底的に勉強して一般職を目指しましょう。





    ・TOEICの点数

    →留学して取得する
    まんまですね。
    800点以上を取得しましょう。
    日本いいながら勉強しても難しいですが、半年くらい留学して徹底的にやれば
    誰でも取得できるはずです。

    商社、メーカー、を志望する人は、TOEIC資格(英語力)がなくては全く勝負になりません。
    仕入れ元が海外、販売先が海外だとすると業務で使用するのは英語です。
    どれだけ優秀であろうと、英語を話せない人には任せる仕事がないのです。

    また、金融系など今まで英語力が不要だった業界でも徐々に重視するようになってきています。
    たとえば、メガバンク最大手に2013年度採用された総合職の女性は全員英語が堪能です。





    ・業種に近しい資格を保持している
    →志望業種を事前に明確にして勉強して取得する

    金融 対法人→簿記 少なくとも2級、1級が望ましい

    金融 対個人→FP2級

    不動産→宅検

    商社、輸出メーカー→TOEIC

    運輸業→通関士

    コンサルティング業界→中小企業診断士

    IT全般→ITパスポート

    IT NW系→CCNA

    ITアプリケーション系→Java

    IT WEBデザイン系→HTML、Illustrator


    こんなもんです。
    興味があるなら、ためしに本をぱらぱらめくってみて、
    勉強できそうならその業界を志望するのも悪くはありません。


    なぜ選考に有利になるかというと、
    その資格自体が仕事の能力に直結するわけではありませんが、
    志望する際の、「根拠」になります。


    たとえば銀行を志望するなら、、、

    Aくん
    金融に興味があります!でも今まで何もしていません!

    Bくん
    金融に興味があります!
    なので、ファイナンシャルプランナーの勉強をして2級を取得しました!
    御社に入社できたら、
    今後はFB1級、簿記と、知識を深めて、専門線のある営業マンを目指したいと思います!

    Bくんは入社した後、
    「イメージと違った」という理由で退職はそなさそうでしょう!?

    採用担当者(特に人事)が評価されるのは
    入社後の活躍よりも(こっちはむしろ配属された現場の上司が評価される)
    入社後の早期離職率の低さです。

    だから、Bくんは「少なくともも大ハズレにはなりにくい」という理由で
    選考に通過しやすい。

    仮に、A君がB君を上回る、超〜高いポテンシャルを感じさせる逸材だったとしても、
    早期退職するリスクを感じると、人事部としてはA君を採用はしずらくなります。






    2 今現在の基礎能力・適性(普通の人事)



    に関してですが、


    R−CAPに関してはコチラ!


    R-CAP 受けてみました!



    まずは己を知るべし!!!
    で、自分の志向、適性に合った業種、職種を受けるべし!
    ※とこなつ家にお越しいただいている進路アドバイス希望の方々にも
    受けて頂いて診断しています。


    ロジカルシンキングに関してはコレ!
    ますは読んでみてください!
    世界一やさしい問題解決の授業



    で、しっかりとシャープなコミュニケーションをとれるように
    訓練しておくと。

    そしてSPI(知能テスト)の対策をしこたまやって高得点を取れば、
    「頭がいい ポテンシャル高い人材」
    として評価されちゃうワケです。






    というわけで
    就職が決まらない!内定が貰えない!
    といっても落ち込むことはありません。

    やるべきことをやれば大抵の会社の、面接対策はなんとかなります。
    内定はバカスカ取れます。


    やるべきことをやらずとも、内定が出るポテンシャルに恵まれた学生さんは、全体の5%程度。
    その他の95%の学生さんは、やるべきこともやっていないのでドングリの背比べ。
    だから、就職活動の対策を「やった」学生さんは、分不相応なくらい人事から高い評価を得ることができます。

    ソレはソレで本質とはズレてるとは思うのだけど、、、
    3 本質的なもの(ウデのいい人事)
    から高評価を得る人材になるためには、苦労をしまくって、悩みまくって、それでもめげずに前向きなエネルギーに変えて何かに本気で打ち込むことの繰り返しでしか質は上がりません。



    とはいえ、現在の日本の新卒採用では
    前述したとおりの対策をしっかり半年〜1年やれば、

    1 表面的なもの(アホ人事)対策
    2 今現在の基礎能力・適性(普通の人事)対策

    は完了!
    8割がたの企業からはカンタンに高評価を得られる場合がほとんどです。



    5月末までシューカツ頑張って、志望する企業に1時面接やエントリーシートに落ちてしまうのであれば、
    全く実力が足りていないワケですから、ダラダラ就職活動を続けずにスッパリ選考をあきらめ、
    就職浪人して自分自身の能力を強化して再度就職活動に臨むことを僕はオススメします。

    1年強化すれば、カンタンに選考に通るようになります。
    少なくとも、無対策の自力で2次面接、3次面接までいけた企業なら内定は出るでしょう。
    結果、生涯賃金で5000万円〜1億円くらい上積みできます。

    誰にでも、やれば、できる。
    がんばりまっしょい!




    ↓著書、宜しくです!↓

    Amazonページ 転職の赤本

    tensyoku_banner220x110








    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆       
            Dining DJ Lounge とこなつ家
       〜都会のオアシスで最高のお酒、料理、サウンドをご提供〜

    リクルートエージェント社出身のマスターに転職相談ができる日本唯一の転職BAR

    http://tokonatsuya.jp/
    宴会、お誕生会、就職/転職関連レッスン、貸切パーティー、DJイベント !
    2500円〜飲み放題つきでご予算、ご要望に応じてオーダーメイドで承ります。
    ご相談、お問い合わせはお気軽にこちらまで!

    yassuzuki0208@gmail.com
    0359448503

    BARカウンターでお待ちしています。どうぞお気軽にお会いにお越し下さい
    出会いに感謝☆ とこなつ家 オーナー 鈴木康弘(YAS)
    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

    はじめての就職先を選ぶ学生さんに伝えたいこと

    No.1(他人からスゴイと思われる会社ブランド)

    よりも

    ONLY 1 (自分がHAPPYに働ける。頑張れる )

    という視点で会社を選びましょう。



    くだらん偏差値レースは18歳までで終わりです。

    東大だの早慶だのの学歴がが自慢にならないのと同様、
    電通だろーが、
    トヨタだろーが、
    マッキンゼーだろーが、
    「スゲー」なんて社会人は誰も思わないから。

    全然自慢になりません。
    何万人もいるし。


    自分がどこの組織に所属するかで自分のアイデンティティや価値を見い出だす学生とかツマランやつでしょ。
    学歴とか、家が金持ちだとか、学生団体とか。
    んなもん自慢するやつに
    ロクな奴はいない。

    そのまま社会人になると、
    プライドだけは高いが実は自信はない、
    中身のないオッサンの出来上がり。

    会社クビになった瞬間に何も残らない
    20年後のリストラ予備軍トップランナーです。
    そんなイヤな奴、誰も雇わないから再就職もできない。


    僕はせっかく出会えた学生さんには、
    そんなつまんねー大人になってほしくないわけですよ。



    どこの会社に所属するか?
    よりも、


    誰のために

    何を為し

    どれだけ人を幸せにしたか?

    そして自分自身もどれだけ幸せになれたか?



    を大人の社会では見ます。
    それが仕事ってことだと思う。



    自分がどの会社に所属するかではなく、
    自分自身が成し遂げた仕事に関して胸を張って語れる、
    カッコイイ大人になってほしいなぁ。



    明日は学生団体の知恵袋として喫茶店打ち合わせからの、とこなつ家フル出勤です☆


    おやすみなさい\^o^/






    ↓著書、宜しくです!↓

    Amazonページ 転職の赤本

    tensyoku_banner220x110








    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆       
            Dining DJ Lounge とこなつ家
       〜都会のオアシスで最高のお酒、料理、サウンドをご提供〜

    リクルートエージェント社出身のマスターに転職相談ができる日本唯一の転職BAR

    http://tokonatsuya.jp/
    宴会、お誕生会、就職/転職関連レッスン、貸切パーティー、DJイベント !
    2500円〜飲み放題つきでご予算、ご要望に応じてオーダーメイドで承ります。
    ご相談、お問い合わせはお気軽にこちらまで!

    yassuzuki0208@gmail.com
    0359448503

    BARカウンターでお待ちしています。どうぞお気軽にお会いにお越し下さい
    出会いに感謝☆ とこなつ家 オーナー 鈴木康弘(YAS)
    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



    新社会人さんに送る言葉 入社初日に感じる「違和感」こそが君のハダカの感性です。

    さて、4月1日。
    学生さんたちは社会人になりました。

    就職活動の時期から関わらせて頂いた方が、100名以上。
    律儀な方からは、新社会人になることをワザワザ僕宛にメールでメッセージしてくれたり。
    がんばってほしいですね。

    そんな大切なみんなに、
    僕からお伝えしたいことを、思うことを思うとーりに書いてみます。
    合わせて頂いたメッセージのご返信とさせて頂ければ幸いです。


    「働くのが楽しみで仕方がない!」という学生さんはおめでとう!
    そのまま、突っ走ってください!

    でも、今の段階で「やっぱ就職したくねー!」とか、「不安だ・・・」
    思っているような、出来の悪い(笑)新社会人さんもいるはず。
    僕は、そのクチだった。

    今回はそんな方にこそ読んでいただきたいですね。






    「入社後一週間で感じる、違和感を忘れるな!」






    9年前の今日、僕は就職しました。
    就職先への仕事の未来や社会貢献の理想に燃えるような、出来のいい学生ではありませんでした。

    ハッキリ言って、働きたくなかった!
    入社日が迫ってくるのがイヤでイヤで仕方がなかったです!


    大学では誰もが知るほど派手に遊ぶオールラウンドサークルに所属し、死ぬほど遊んだ。
    大好きなマージャンでアルバイト代を稼ぎ、貯めたお金で海外を気ままにバックパッカー。
    バンドでシャウトしまくり、クラブでハジけまくる。
    もしも、遊びまくることが学生の本分と定義したら、僕以上に学生生活を全うした人は、そうは見かけない。

    ガタイはムキムキ、腕っぷしにも自信満々、用心棒にスカウトされたくらいだ(笑)
    毎日頑張る大人を「リーマンだっせー」 とバカにしている節すらある社会をナメてる学生です。

    ○@沖縄 2000年8月
    Gracias 75901398_188



















    いやー いい身分ですよ。
    親の庇護の元、徹底的に自由を謳歌し、一生学生を続けたいくらいだわー
    と思っていた。(笑)




    そんな僕が入社してすぐに感じた「会社」で働くことへの違和感。



    それは・・・・

    ・スーツなんて着たくねーし、満員電車は乗りたくねー!ってゆーか海パン一丁がいい。


    ・嫌いな奴にまでみんなして頭を下げて、世辞を言いおって。
    ソレが世渡りってヤツなのか?うざってー!


    ・ちょっと長く働いたからってエラそーにしやがって!
    ナメんなコノヤロー! ケンカしたら俺のが強えーぞ。


    ・なんかうまくいえないが、旅できないし、窮屈だ!!!


    ・転職屋なら、他人の夢をバカにするな!
    スキルのないお客や、自分の転職市場での価値を知らないお客をバカにするヤツは最低だ。
    いいじゃん!未経験でもマーケティングやりたい30歳がいたって。
    ※一部の社員ですよ。一部。みんな大抵モラル高いです。
      


    ハイ!最後の1つはともかく、上4つは間違いなく社会不適合者、
    ってゆーか文句ばっかのただの子供ですね(笑)



    イヤ、今思えば、
    本当に本当にいい会社に入社させていただいて、恵まれた環境だったんですよ。
    周りの先輩方にも歓迎していただいて、本当にありがたかった。


    でも、与えられた環境に対する僕の感性は、「拒否」だった。
    経済の中心地のオフィスビル、PCが並ぶ空間は心地よくなかった。
    そう感じちゃったんだから、しょーがない。



    入社して、僕はぜんぜん仕事ができなかった。
    仕事をする能力が全くなかったのだ。

    毎日出社するのがイヤでイヤで仕方がなかったのだけれど出社し続ける。
    で、仕事をすることに慣れて、ようやく会社に出社することが嫌ではなくなったのが
    2年目の半ば。


    根拠のない自信は木っ端微塵に吹き飛び、人様に対する感謝の気持ちや、畏敬の念を知った。

    自分の至らない点を内観し、謙虚に愚直に課題に取り組むようになった。

    立派な会社員の方々にお会いして、「リーマンカッコいい!」って心から思えるようになった。

    大きな成長がソコにあった。



    そして、入社当初に感じた「違和感」は、徐々に感じなくなっていった。
    たぶん、それが「大人になる」ってことだし、「社会に適合する」
    ってことだと思います。

    リクルートエイブリック(現リクル−トキャリア)という会社は
    ビジネスパーソン鈴木康弘の生みの親です。
    今だって、もしもご縁があれば出戻って一緒にお仕事をさせて頂きたい位
    好きな会社で、
    好きな仕事で
    好きな同僚
    がそろっている素晴らしい会社だと思います。



    でもです!



    入社した瞬間に感じた



    「違和感」





    それは、真実。




    社会に適合する前、子供の頃の自分のハダカの感性がそう感じたのだから。

    今でもそのとき感じた違和感を忘れないように生きています。




    ハダカの感性を捨てて、生きてもいい。
    きっとそっちのが経済的にも恵まれるし、社会に適応できます。
    意識しなければ、違和感はだんだんなくなっていくし、ラクになっていく。

    でも、ワガママなヤツは、ハダカの感性を持ち続けてみてもいいと思う。
    たった一度の自分の人生なのだから、
    どこまでも感性を満たすために妥協せずに自分の人生のHAPPYを追いかけてみるのも悪くないと思います。

    感性を満たそうと正直に生きると、
    自動的に仕事に対して必要とされる自己目標設定のBARが上がります。

    だって、自分のワガママ通して生きていくんですよ!?
    人の何倍も仕事で結果出して、人の何倍も人様をHAPPYにしなきゃ
    社会に自分の居場所を作ることはできないでしょう。






    あれから9年間が経って、僕は32歳になりました。
    いまだに、子供の頃の感性に正直に生きています。

    入社日に感じた「違和感」に関して振り返ってみましょう。



    ・スーツ着てないし、満員電車は乗ってません。海パン一丁にはなれていない。


    ・嫌いな奴には頭を下げないし、お世辞も別に言いません。
    ※コレが、見よう見まねでやってみても結局うまくいかないんですわ。トホホ・・・
    正直に人とお付き合いさせて頂いています。

    ・ムダにエラそうなヤツは嫌いなので付き合いません。
    ※本当にエライなら可。自分自身ががそうならないように気をつけています。


    ・旅はあまりできてないけど、窮屈ではない!
     今年はたくさん行くよ〜!

    ・他人の夢は、絶対にバカにしません!!
    実現できるように徹底的に応援します!




    ということで、自分が今の環境で仕事をしていることに、
    違和感、あまり感じません!(まだ達成率75%くらいだけど。)




    20代は、感性を押し殺して、修行し続けました。
    苦しい苦しい日々でした。

    捨てればラクになるのに。。。と思ったことが何度も何度もありました。
    でも、捨てませんでした。

    30代になった今、ようやく自分の仕事に違和感がなくなってきました。
    自分のハダカの感性に、正直に生きています。

    すっげー 仕事が楽しいし、人生が楽しいです。
    まあまあ、自由です。

    不自由なこともあるけれど、
    ようやく学生の頃より、楽しくなったかな。




    ○卒業コンパ@2004年3月
    Gra sotukonn75901398_3
















    大学時代の仲間たち。
    みんなそれぞれ活き活きと仕事して、カッコいい社会人になってますよ♪







    さて、まとめます。

    4月1日の初出社日。




    違和感を感じなかった人はおめでとう!!!
    それが、君の生きる道だ。機会に感謝し、そのまま邁進しよう!


    違和感を感じた人もおめでとう!
    それはたぶん君の生きる道ではない!

    でも、君を成長させるチャンスにめぐり合えたってことなんだ。
    違和感があるヤツならあるヤツほど、その環境で学べることは多い。


    感性を捨てるもよし、捨てないのも良し。
    自分で選ぼう。
    苦労しながら、がんばれ!




    ↓著書、宜しくです!↓

    Amazonページ 転職の赤本

    tensyoku_banner220x110








    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆       
            Dining DJ Lounge とこなつ家
       〜都会のオアシスで最高のお酒、料理、サウンドをご提供〜

    リクルートエージェント社出身のマスターに転職相談ができる日本唯一の転職BAR

    http://tokonatsuya.jp/
    宴会、お誕生会、就職/転職関連レッスン、貸切パーティー、DJイベント !
    2500円〜飲み放題つきでご予算、ご要望に応じてオーダーメイドで承ります。
    ご相談、お問い合わせはお気軽にこちらまで!

    yassuzuki0208@gmail.com
    0359448503

    BARカウンターでお待ちしています。どうぞお気軽にお会いにお越し下さい
    出会いに感謝☆ とこなつ家 オーナー 鈴木康弘(YAS)
    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

      Profile

      YAS@銀座 助家

      <本名>鈴木 康弘(とこなつ家店主)

      <経歴>
      米国カリフォルニア州で幼少時代を過ごす
      2004年3月早稲田大学 商学部卒業

      2004年4月〜2006年10月
      (株)リクルートエージェント
      にて企業の採用支援と、第二新卒者の転職支援を経験。

      2006年12月〜2010年4月
      南太平洋フィジー共和国にて
      語学学校FreeBirdInstitute
      サポートオフィスMGR 兼 本社取締役

      2010年10月〜
      転職相談のできるBAR
      Dining DJ Cafe とこなつ家 起業

      <教育基本方針>
      〜向き不向きよりも前向きに〜  
          
      やんちゃな日本人を
      もっともっと増やしたい!
      世界中を元気にしたい!

      <好きな言葉>  
      「知好楽」
      by孔子
      「love,peace,freedom」   
      by Bob Marley
      「我が生涯に一片の悔いなし」
      byラオウ 北斗の拳

      <好きなものたち>
      海/山/寺
      料理/麻雀/飲み会/バイク
      熱い人/アホな人
      べっぴんさん
      DJ/バンド/海外放浪

      <Personality>
      マイペースな寂しがり屋
      大人数での団体行動は苦手
      だが一人では死んでしまう!

      人を愛し
      人に愛され
      自由でいたい
      そんだけの単純な人間です。

      飲みのオファー⇒基本的に断りません。

      皆様こんな小生ですが、
      どうぞ宜しくお願い致します。

      クリック お願いします!皆さんの1クリックが小生のヤル気の源です!
      にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学・ワーホリへ
      Archives
      記事検索
      RSS
      最新記事
      カテゴリ別アーカイブ
      QRコード
      QRコード
      • ライブドアブログ