キャリア相談もできる隠れ家BARのマスターのブログ@銀座 助家

リクルート−エージェント⇨フィジー共和国の語学学校責任者を経て 飲み屋を開業。創業した池袋のお店を店長に譲り、現在は銀座のどこかでBARを営んでいます。

July 2015

    【ベンチャーの組織論】管理職に適材適所の「桃太郎」チーム編成

    「桃太郎理論」


    ってご存知でしょうか?

    ベンチャー企業の経営、大企業での役割分担、
    学生さんのサークル運営や部活動、果ては家族同士での役割分担にまで役立ちます。


    また、ご自身のキャリアで、
    転職活動でベンチャー企業やスタートアップ企業にJoinするとき
    管理職に進む際に自分がどんな管理職になるのか?

    を考えるときに
    大いに役立つ理論だと思いますので、
    今回はチームビルディングの中での管理職の適性、役割というお題で書いてみます。






    物語としてはご存じのように、
    桃太郎が旗を揚げていると、
    「きび団子を一つください。お供しましょう」
    と最初にイヌが現れる。
    次にあらわれるのがサルである。
    最後に現れるのがキジである。

    そして、鬼ヶ島へ鬼を退治しにいくというものです。




    組織のマネジメントの観点からみても、
    それぞれが役割を持っていいます。


    「桃太郎」=「起業家」


    【人物的特徴】
    「桃太郎(起業家)」はとにかく、アイデアを出しまくる。
    人の意見を聞かずに、しゃべりつづける。
    言うことがコロコロ変わる。
    混乱が大好きで、一度できたものをヒックリ返す。
    星一徹型人間。ドリーマー。

    【どんな時に役立つのか?】
    新しいことを始めたり、
    長期的なビジョンを持ったリーダー。
    この人がいないと会社は創業しませんし、
    新規事業の展開もあり得ません。



    「イヌ」=「実務家」


    【人物的特徴】
    「イヌ(実務家)」は、起業家の夢を現実化する。
    現実に結果を出すことを重視。
    成果を出すことに誰よりもこだわって仕事をするので、統合者とは宿敵同士。
    起業家とは気が合うが、ときとして謀反を起こす。

    【どんな時に役立つのか?】
    目標を実現するために実現的なプランを策定し、
    実行していく能力に長けています。
    この人は、会社の創業期~拡大期、
    社員数2人〜200人位までの拡大期で特に力を発揮します。



    「サル」=「管理者」


    【人物的特徴】
    「サル(管理者)」は、混乱が大嫌い。
    規則どおりに動き、予測できる日常を愛す。
    ルールや数字に細かい。
    休日は絶対に取り、定時に出勤、定時に帰る。
    起業家とは水と油の関係。


    【どんな時に役立つのか?】
    知恵に秀でてて、企業における「管理」を象徴する。
    実務家であるイヌが立てた計画に穴はないか、
    もっと規則正しく、効率よくできる方法はないかと考える。
    この人は、会社の成長期の後半や成熟期。

    会社が30人を超え管理部門を作るときや、
    株式上場するタイミングで必要になります。
    100人を超える大きさになったら必ず必要ですね。




    「キジ」=「友好家」

    【人物的な特徴】
    誰からも好かれる穏やかさのある人。
    根回しをして、誰もが納得することを行う。
    社内では目立たないように見える。
    しかし、この人がいないと社内は分裂。

    【どんな時に役立つのか?】
    チームメンバーが対立する前に、それぞれの立場を立てて、
    うまくまとめ上げたり、根回しをしたりすることに秀でている。
    誰よりも回りの人物、そして人間関係を観察している。
    この人は、会社の成熟期や衰退期。

    大企業の官僚化した組織や、設立から時間が経っている古き好き中小企業の組織を
    横断的に取りまとめる事ができます。









    組織の発展とともに、
    桃太郎と同じようなパターンで順番に人が
    経営ボードメンバーに集まってくることが理想だそうです。



    集まる人によっては、
    自分の役割は変わることもありますし、

    どのタイプの上司(社長)の元で働くかによって
    自分が果たすべき役割と、身に付く能力が多いに変わります。

    いずれかの役割が出来る人は、
    管理職として、どこかの組織で重要な役割を果たすポテンシャルがあるということです。







    桃太郎の4つのキャラクターを理解すれば、
    プロジェクトを進める過程で生じるさまざまな課題に
    適切に対処できるようになるらしいです。


    自分の属する組織で、あなたと周りの方は、
    どんな役割を持っていますか?
    けっこうわかりやすく、イメージがしやすいですよね。





    僕自身、組織を作ることに携わらせて頂いて8年目ですが、
    チーム戦は、決して得意とは言えないタイプですので
    未だにたくさんに失敗をやらかします。


    主な失敗例ですが、

    サル(管理者)やキジ(友好家)に対して、
    桃太郎(起業家)やイヌ(実務家)が、
    「成果にコダワレ!」「数字を出せ!」「新しいことをやれ!」
    とせかしても、あまり頑張ってくれませんし(むしろ反発する)



    桃太郎(起業家)やイヌ(実務家)に対して
    サル(管理者)やキジ(友好家)が
    「毎日の管理を徹底しろ!」「ルールを守れ!」「長期的な計画を策定しろ!」
    といったところで、絶対にできるようになりません。



    これらの失敗を通じて僕が学んだのは、



    大切なのは、コンフリクト(衝突)が健全であること。



    具体的には2点です。


    【1】直接アウトプットする

    経営チームの管理職同士がきちんとお互いが自分の意見を「建設的」なものとして
    意見の差異のあるメンバー対して「直接」アウトプットすること


    【2】他者への敬意 多目に見ること

    起業家が管理業務をやるのは無理だし、管理者が事業を立ち上げる事をやるのは無理。
    だから、お互い「できない」ことを不満に思ったり、糾弾したりスルのではなく、
    自分の役割としてお互い進んで、喜んでカヴァーをすること

    あいつは、あれができる。スゲぇ!
    だから、俺はあいつの弱点の部分を補完して自分の得意分野をやるだけで飯が食える。
    感謝!!くらいに思っておくと、お互い毎日楽しく仕事が出来ます。





    これができれば、
    チームは稼働し、大抵の鬼は退治できます。




    が、言うは易し、行うは難し。

    まず、この4つの管理職の役割のいずれか担える適性のある人自体が
    社会にあまりいないし、なかなか育ちません。
    だって、そもそも論働く人の9割がWorker(労働者)やSpecialist(専門職)で、
    Manager(管理職)ができる人、やっている人は1割ですからね。

    アーリーステージのベンチャーでは人の入れ替わりも激しく、
    僅かな1割の人材がせっかく集った会社でも、
    経営者同士の揉め事、ケンカ別れ、組織の崩壊は日常茶飯事です。

    自分の腕に自信がある優秀な人材には、
    自らの仕事の進め方、考え方に強い哲学がありますからね。
    桃太郎、イヌ、サル、キジの良好な関係が3年以上続くことはなかなかありません。










    組織の不健全化の黄信号
    の目安ですが、

    各管理職たちが、自分の部下を囲い、派閥を作って
    社長の桃太郎への批判や造反行為を水面下で行うようになった時

    社長の桃太郎が管理職のイヌ、サル、キジを信用することができなくなり
    彼らの業務範囲に過度に介入するようになった時。


    こうなると、
    末端の部下たちはいらぬストレスを感じ、組織が硬直化します。
    社長は末端の部下に直接介入したがり、管理職は自分の部下を腹心として抱え込もうとします。
    間に挟まれる部下たちは、いい迷惑です。





    組織の不健全化の赤信号

    は、
    経営ボードメンバー同士の水面下での批判(陰口)が、
    仕事の方針や施策、行動ではなく、
    各人のパーソナリティ、人格の批判にまで及んだ時です。


    ここまで至ってしまった場合は、当人同士の和解はほぼ、無理です。
    部下のイヌ、サル、キジが自ら組織を離れるか、
    桃太郎(社長)が自ら部下の首を切り落とすか、
    をしなくてはならなくなります。



    これは、何も大企業に限った話ではなく、
    たった5人、10人の組織でも起こります。



    経営者の方々とお会いして、
    イチバン悩みを抱えられているのが、
    この経営ボードメンバーの組織マネジメントです。

    組織が拡大、成熟化すると、
    活きる人材のタイプは変わっていきます。

    スタートアップ時のボードメンバーが全員残っていながら発展を続ける会社なんて
    ほぼありません。

    一緒に仕事をし続けたいなら、
    経営ボードメンバー自身が、
    起業家→イヌ→サル→キジ
    と自ら変わり続けること。


    ないしは、いずれにもならず、
    管理職の辞任(降格)を受け入れ、
    専門職としての役割、給与で仕事をすることです。

    ※実際、管理職の適性を「変わり続ける」これはそーとームズカシイと思います。
    そんなことをするよりは、自分の適性にあったフェーズの会社、組織を新しく探したほうが早し、無駄な苦労をせず、自分の能力を最大限に発揮できます。
    だから人は新天地を求めて転職をするのです。



    管理職を一度やってみた人が、
    「俺には適性がねぇ!」「この高ストレスは無理!」と判断して
    専門職として何かしらの「プロ」になるのは大いにアリなキャリアだと僕は思います。

    「出世コースで戦い続けなければならない!」
    なんてことは決してないのですから、。。。




    黄信号の時は、とにかく、部下と話すこと。
    赤信号になったら、躊躇なく自ら断を下すこと。




    初めて部下を失うときや、
    経営者と袂を分かつときは、
    「絶交?」 「この世の終わり?」 「自分は人間失格?」
    くらい凹む人も少なくないと思いますが、
    たくさんの部下たちに愛想をつかれたダメ管理職の僕に言わせれば、そんなことはありません。



    会社を去ることになった人は、
    自分のおかげで会社が発展して次のフェーズに入ったということですからね。
    自分は不要になったということに、胸を張って去っていいと思います。


    部下に別れを告げる必要がある管理者の場合は、
    もっとシビアで躊躇していてはダメです。

    時間が経つほどに組織のコンディションは悪化していくし、
    判断が遅れて加齢することでその部下は転職しにくくなりますから、部下自身とっても不幸になります。
    40代、50代になって会社を放り出されるくらいなら、30代で放り出された方が遥かにマシです。

    次の職場の行き先がなくてかわいそう??
    そんなに実力のない人に管理職の役割を期待して任命したこと自体が
    そもそもの自分の間違いでしょう。




    別れの時は辛いもので、
    お互い不満や煮え切らな想いはあるものですが、
    後日、形を変えて(雇用形態を変えて)再度一緒に仕事をすることも、
    友人として仲良く一緒にお酒を酌み交わすことも、全然あるものです。
    ご縁がある人というものは、そういうものだと僕は思っています。





    少しでも、お悩みを抱えた僕と同年代の経営者の方、
    中間管理職の方の心が楽になれば幸いです。



    これが、今回このトピックを書かせていただいたイチバンの目的!










    最後はおまけ!
    僕自身の事を振り返らせてください。
    (書きながら、自分で整理している独り言です)

    桃太郎、イヌ、サル、キジ。
    色々やってみる中で自分の身の丈(適性)がなんとなくわかってきました。



    1社目の頃は、部下を持たない完全にペーペーの平社員ですから、
    いずれの役割も期待されることなく、
    思う存分、プレーヤーとして「組織」を気にせず自由に仕事をしていました。
    うーん。今思えば何の悩みもない極楽社会人ライフですね(笑)


    2社目で入社したベンチャーでは入社3ヶ月めから管理職。
    最終的には60人の組織を受け持つ役割を担いました。

    この時の社長さんは、「ど」がつく桃太郎さん(起業家)でしたので、
    主にイヌ(実務家)の役割を担うことになりました。

    社長の思いついた事業を実現し、
    結果(利益)を出すことを徹底して取り組まざるを得ませんでした。


    とにかく人材が足りない会社でしたので、


    創業期の時はあまり得意ではないサル(管理者)の役割、
    会社が拡大後は、
    本社の管理職同士がもめたり、自分の海外事業部と本社事業部の溝を埋める
    キジ=「友好家」としての役割も果たす必要がありました。



    28歳で社員が100人近くいる会社の取締役に就任するというのは
    僕自身の器を超えたストレッチなポジションでした。

    7億円売って、1億円赤字が出るようなヒドい状態だった会社を、
    翌年度に6億売って4000万円の黒字を出す
    という過激な経営改革のミッションの達成でしたから、
    「イヌ(実務家)」として会社の経営をする能力に、それなりに自信もつきました。

    社長さんからすると、粗削りではあっても
    月間400時間、命を燃やして全力で働く、「良き忠犬」の若者だったと思います。





    29歳の時に自分で独立して「とこなつ家」をはじめたのが3社目。
    僕は、桃太郎=「起業家」になったわけです。

    はじめて組織のマネジメントをやらせていただいた26歳から、
    早いもので8年半がたちました。
    4つの立場を少しづつカジった事にはなるのですが、

    やっぱり自分は「イヌ(実務家)」がイチバンしっくり来るなぁ。
    と34歳の今、思います。

    桃太郎(起業家)的に
    新しいことをやるのは好きですが、
    僕の事業は経営資源が豊富なわけではありませんし、急に拡大させられるほど儲かるわけじゃない。
    そもそも、僕は身近な仲間たちの幸せにやりがいを見出すタイプで、
    壮大で長期的なビジョンを持つようなご大層な人間ではありません。

    「イヌ(実務家)」としてお客様と同僚と向き合い、
    毎月の目標予算を必死に達成し、
    毎日犬かきをし続けて、今に至ります。



    まあ、桃太郎25% イヌ75%くらいで
    3人〜5人くらいの部下を率いた小さめの部隊で
    3ヶ月〜1年位の短期スパンでの新規事業立ち上げの事業企画&現場での実施者
    くらいがイチバンハマる気がします。

    部下の人数が10人を超えると、正直、しんどくなってきます。
    だって、それぞれが何を考えてるか全然わからなくなってくるし、コミュニケーションの量が減ってくるもの。
    15人くらいが現在の僕の器で健全に仕事を続けられるめいいっぱいのラインかなぁ。



    今の仕事は、週1日出勤のスタッフさんたちを含めても10人位の小さな組織。
    家業に毛が生えたくらいの規模の自営業です。


    でも、とっても頼りになる中間管理職はいます。
    桃太郎(起業家)っぽい適性もあるのですが、
    とこなつ家ではサル(管理者)の役割もシッカリ果たしてくれる大ちゃんと、
    10387676_767813770006658_8954166027313008720_n





























    面倒見のイイキジ(友好家)のヒデがいて、
    (根回しだの小難しいことはしないが、豪快に笑っているだけで結果的にキジの役割を果たしている)
    11665501_1138337789514367_1035603262306916666_n


























    現場にも実務をバリバリできる元気いっぱいの若きプレイヤーさんと素敵なお客さん方に恵まれ、
    11700654_1002431333134971_5451597915041410912_o



























    ウチで働いてくれる女子たちのクオリティと就職後の活躍っぷりが毎年半端ないのは
    常連のお客さんの方々は御存知の通りで、、、
    10370445_994535553924549_5413328759356920408_n




























    桃太郎(起業家)とイヌ(実務家)の役割しかできない僕の役割は、
    立ち上げてからもうすぐ5年を迎えるとこなつ家にはあまり残っていません。
    まぁ、毎日酒飲んでるだけのバカなオッサン くらいに思われていると思います(笑)
    11225291_1007953782582726_1796874224939140592_o



























    あ、たまーに思い付きで新作のカレーを開発します。桃太郎的な役割ね。
    <この夏の新作 エビとトマトの冷製カレー>
    11698398_1137751636239649_8657525004742259191_n


























    まあ、そのくらいが組織としては健全で、
    毎日とっても楽しく(ユルく?)
    家族との時間のバランスを取りながらお仕事を続けることができています。


    「イヌ」の僕は飼い主のいない野良犬(笑)になっておりますので、
    飼い主の桃太郎はBARカウンターにお越しいただくお客さん一人一人や、
    同僚のスタッフたちだと思っています。



    自分人生の主役は自分しかいませんから、
    誰しもが自分の人生の「桃太郎」なわけですよね。


    ・自分のキャリアの「自己実現をしたい
    とか、
    ・自分の事業を成功させたい
    というお客様に、BARカウンターで


    「じゃあ、どうやって実現をするか?」
    を一緒に考えることがやりがいです。


    個人の方であれば、
    キャリアの作り方、年収の獲得の仕方、独立開業のやり方

    経営者の方であれば、
    利益の出るビジネスにするための
    商品企画、販路の開拓、実働部隊の採用




    なんかのアドバイスですね。


    僕にご相談いただいた方はみなさまご存知と思いますが、
    僕のアドバイスは、イメージに反して、超現実的です。
    「事実」と「数字」に基づいたお話しかしません。

    ロジックを整理して
    漠然とした「夢」を実現可能な「目標」にします。

    成功する可能性が最も高い道筋を、難易度別に複数用意しますが、
    意思を持って選ぶ主役はあくまでもお客さん。








    ここ掘れワンワン!





    ですね。



    野良犬歴、5年めですが、
    それなりに楽しくお仕事をさせて頂いています。





    「やっさんの次のビジョンは何ですか?」

    とよく、とこなつ家でお客さんから聞いて頂けるのですが、

    現時点での僕の回答は、
    「いつか、素敵な年下の社長に雇ってもらいたい」

    です。




    僕自身は今の仕事にとても満足しているし、
    一生、「とこなつ家」を続けていきたいと思っています。

    家族や友人と過ごして、自由に旅がしやすい今の
    ワークスタイルがイチバンしっくりきています。
    背伸びしてでかい組織の長に再度なるのもまっぴらです(笑)

    だから、「野望」や「夢」といえる次の展開の桃太郎的なビジョンは仕事に関しては
    あまりハッキリとは描けていません。
    起業家失格かもしれませんね。





    でも、BARカウンターにいると、
    たくさんの「桃太郎(起業家)」の方々が来てくれます。


    悩める学生さんの就職相談や、
    若者の転職の相談、
    若き年下経営者の経営相談をさせていただく中で、


    「やっさんを実務家として雇いたい!!」
    という素敵な桃太郎さんが現れないかなーと。

    その時に再度、僕はまた、
    命を燃やして火の玉にように仕事をする時が来るかもしれません。




    次に主を持つときは、年下がいいですね
    何故なら、僕は年下相手には優しく穏やかな気持で応援できるからです。

    年上の主相手には、なかなかなつかず、猛犬と化して噛み付くことがありますが、
    年下は滅多に噛みませんから、飼いやすいと思います(笑)


    能力云々よりも、
    社会を良くして、人を幸せにするビジョンと事業があり、一生懸命な若者の方がいいですね。
    素敵な桃太郎さんを応援させて頂くために、

    プロ意識の高い精強なドーベルマン(打たれ強いブルドッグ?)
    みたいなつよーい部隊を編成して
    ここ掘れワンワン!したいです。


    僕は、自分自身が事業の代表であることや、役職には、
    全くこだわりがないです。
    自分の渇望に忠実に、思いっきり仕事がしたいだけ。

    だから、それは、
    自分の事業かもしれないし。
    人様の事業かもしれないし。
    この先ずっとこないまんま引退するかもしれないし(笑)
    先のことはワカリマセン。

    まあ、とりあえず、自分の娘達が大きくなる
    40歳くらいまでは、家族4人での時間を一番大切にしていきたいと思っています。
    火の玉のように仕事をするのは、「パパくさーい」と娘たちから相手をしてもらえなくなって
    家に居場所がなくなった時でもできるじゃないっすか。







    さて、主のいない野良犬ライフも5年目です。

    来週もBARカウンターに立ってワンワン吠え、
    素敵な桃太郎さんのお越しをお待ちしましょうかね。

    実務家としてのウデを上げるべく、たまーにスーツを着て
    採用や教育関連のお仕事もさせていただくのですが、週半ばに関西出張のお仕事を頂きました。
    たのしみだ〜☆



    <仕事の後の一コマ。ウチの野郎スタッフたちは、2人前は軽く食べます>
    11043143_1059736160707864_8066355466047315381_n

























    今週は晴れそうですね。
    良き一週間をお過ごしくださいませ☆



    ↓著書、宜しくです!↓
    Amazonページ 転職の赤本
    tensyoku_banner220x110





    就職活動にも、転職活動にもオススメ!
    私のキャリアコンサルタントとしての知識が凝縮されたベストセラー!

    年収300万円の残念な働き方

    就職、転職、出世に効く仕事の知恵本です。

    ↓就職活動生とガチで向き合うTV,大絶賛出演&放映中!↓
    http://www.jamtv-shukatsu.com/

    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆       
            Dining DJ Lounge とこなつ家
       〜都会のオアシスで最高のお酒、料理、サウンドをご提供〜

    リクルートエージェント社出身のマスターに転職相談ができる日本唯一の転職BAR

    とこなつ家ホームページ

    とこなつ転職エージェントホームページ


    宴会、お誕生会、就職/転職関連レッスン、貸切パーティー、DJイベント !
    2500円〜飲み放題つきでご予算、ご要望に応じてオーダーメイドで承ります。
    ご相談、お問い合わせはお気軽にこちらまで!

    yassuzuki0208@gmail.com
    0359448503

    BARカウンターでお待ちしています。どうぞお気軽にお会いにお越し下さい
    出会いに感謝☆ とこなつ家 オーナー 鈴木康弘(YAS)
    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆  

    【7月のイベント告知です】人気企業の「元社員」古巣をぶっちゃけOBトークLIVE!

    7/11 7/18 7/25 イベントページ完成しました!
    人を幸せにする暴挙?企画。
    僕がインタビューライブのパネラーを務めさせていただきます。


    「ぶっちゃけ何故辞めたのか?」「入社して本当に良かったと思う事」
    絶対にWEBでは公開できない 絶対に現役社員からは聞けない
    人気企業の「裏の真実」はこちらにて。



    〇7月11日(土)14:00〜17:00
    【ゴリゴリの高収入ハイキャリア系向け!】
    元アクセンチュア社員さん
    元三井住友銀行社員さん
    元キーエンス社員さん
    から 人事のキャリアに転向したプロフェッショナルのおじさんたち。
    https://www.facebook.com/events/1625913991010425/

    SpecialGuestには20冊を超える著書を持つ、
    「ブラック企業アナリスト」の新田龍さんがいらっしゃいます。




    〇7月18日(土)15:00〜18:00
    【リクルート各社志望者向け!】
    元リクルートキャリア社員さん(人事部新卒採用担当)
    元Rマーケティングパートナーズ社員さん(進学カンパニー)
    元Rライフスタイル社員さん(HotPepperBeauty)
    元Rジョブズ社員さん(FromA TownWork)
    現Rキャリア社員さん(キャリアアドバイザー部門)
    https://www.facebook.com/events/659269350875828/




    〇7月25日(土)13:30〜16:30
    【商社/グローバル企業 志望者向け!】
    元三菱商事社員さん(エネルギー部門)
    元楽天社員さん(EC部門、全社有数のTOPセールス)
    →メーカーさん OR 商社さんの海外営業のゲスト方、募集継続中
    https://www.facebook.com/events/1469243436728497/


    場所は、とこなつや
    料金は学生さん2500円 社会人さん3000円にて来るもの拒まず!




    役者は揃っています。
    あとは、参加者のみなさんがどれだけ有益にできるか。
    笑い連発の明るくフランクな雰囲気で盛り上がりましょう!




    ↓著書、宜しくです!↓
    Amazonページ 転職の赤本
    tensyoku_banner220x110





    就職活動にも、転職活動にもオススメ!
    私のキャリアコンサルタントとしての知識が凝縮されたベストセラー!

    年収300万円の残念な働き方

    就職、転職、出世に効く仕事の知恵本です。

    ↓就職活動生とガチで向き合うTV,大絶賛出演&放映中!↓
    http://www.jamtv-shukatsu.com/

    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆       
            Dining DJ Lounge とこなつ家
       〜都会のオアシスで最高のお酒、料理、サウンドをご提供〜

    リクルートエージェント社出身のマスターに転職相談ができる日本唯一の転職BAR

    とこなつ家ホームページ

    とこなつ転職エージェントホームページ


    宴会、お誕生会、就職/転職関連レッスン、貸切パーティー、DJイベント !
    2500円〜飲み放題つきでご予算、ご要望に応じてオーダーメイドで承ります。
    ご相談、お問い合わせはお気軽にこちらまで!

    yassuzuki0208@gmail.com
    0359448503

    BARカウンターでお待ちしています。どうぞお気軽にお会いにお越し下さい
    出会いに感謝☆ とこなつ家 オーナー 鈴木康弘(YAS)
    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆  




    【ランチェスター戦略】気が狂わずに起業を継続する健全な心がけ

    孫さんを軸に書かれた起業のお話、超リアルっすね。

    一生懸命働くのではなく、一所懸命に働け

    b-softbank-a-20140805-1
























    ランチェスター戦略とは何か?
    言葉の意味を知らない経営者はいませんが、
    実際に戦略を実行し、継続できているベンチャーがどれだけあるだろうか?


    目先の美味しそうな甘い話に脇目を振らず
    顧客からの最大の信頼を得るまで何年間もブレずに一途に一本道を進む。


    結果が出ない時でも、
    1つのマーケット、
    1種類のビジネス、
    1つのプロダクト、
    へブレずに経営資源を投下し続けるのは、
    なかなか「胆力」を試されます。


    水を張った盥に顔を突っ込む息止めゲームみたいな感覚ですね。
    ガマンが効かずに顔を上げた瞬間に、銃弾が眉間を打ち抜きます(笑)



    孫さんのよーな超人経営者さんのお話の一方で、
    我々凡人経営者はどーしたらいいのでしょうか?


    僕なんぞが経営のことを語るのはおこがましいことを承知で書かせていただくと、
    凡人が会社を経営する場合、精神がブレないコツは、

    ・貯金をすること(借金をし過ぎないこと)

    ・部下に対して風呂敷を広げすぎないこと

    ・毎月固定でかかるランニングコストを極小化すること

    ・マンパワーに頼らず営業利益率を高水準で維持する仕組みを作ること

    コレ、1コでもレッドゾーンに入ると
    普通の人間はメンタルがおかしくなってます。
    僕はこれらを1コづつ総ナメで身を持って失敗しました(笑)


    コレやっちゃうと、超人でも無い限り、10年単位では事業は続かないt
    気が狂って会社をおかしくする社長は、本当にたくさんいます。
    殆どの場合、本人には自覚症状がないから、恐ろしい。

    最後に、自分の性格の欠点に合わせた
    セルフコントロール術ですが

    ・ヤル気を出し過ぎないこと

    です。
    僕個人はとにかくコレですね。
    週7日労働は気が狂うから禁止!


    エネルギーがあるが、継続性がなく、飽き性で、新しいことばかりをやりたがる性格の経営者(少なくない)は、
    ヤル気を出し過ぎると

    採算性の悪い新規事業を乱発し、

    自分並みの高いモチベーションと活動量を部下たちに求めすぎ、

    現場の仕事に介入しまくり、

    無駄な徒労を部下たちに撒き散らかす


    どツボにハマリがちです。



    そーゆー社長の元で、苦労した経験のある方、たくさんいるでしょ。
    ツボを外して頑張りすぎる社長って、現場からするとただの暴走でマジで迷惑なんですよ(笑)


    「とりあえず、新規事業を10コやる!ドレか当てろ!死ぬ気でやれ!」
    みたいな「非ランチェスター戦略」で成果が出るのは、
    JASDAQ上場以上の資金力と、社員を潰しても補充が効く分厚い人的戦力ある会社だから成功できる物量勝負の戦略であって

    大した経営基盤を持たないベンチャーでそれやって成功している会社って
    ほとんど見たことがありません。
    というか、それがベンチャーが潰れる原因のほとんどです。




    よく食べ、よく寝て、

    適度にプライベートで遊んで、

    過剰なヤル気を抑えて、

    社員たちが取り組んでいる既存事業をニコニコ見守り、

    求められた時に力を貸す。

    新規事業の立ち上げは自分の独力で出来る範囲でやる



    くらいを意識したサジ加減のほうが、
    長期的に見ると良い結果が出ていることは少なくないんじゃないかなー と思います。



    最近はたくさんの年下の経営者の方々にお会いします。
    みなさん、僕なんかよりも超〜優秀なので能力は心配ないです。
    でも、飲まず、食わず、寝ずで、頑張り過ぎな人を見ると、心配になります。
    無理をしまくって30代も半ばになると、倒れる経営者さんは少なくありません。


    せっかくリスク取って起業したのだから、
    適度なバランスで健全な精神と身体を維持して、
    起業ライフを「長期的に」「楽しんで」ほしいなぁ。
    と僕は思います。


    大企業の会社員は倒れても優秀な代役がいるけど、
    ベンチャー社長の代わりはいません。

    有給休暇もないし、失業保険もない。
    頑張るのもいいけど、倒れたらオシマイなんですよ。
    短距離走というより、マラソンの走り方の競技だと、最近良く思います。



    さて、花金です!
    一週間お疲れ様でした!
    雨ですが、飲みましょう!

    スタッフは
    ひで、大ちゃん、ごろーちゃん、早紀。
    キッチンもホールも強い!

    今日の僕は、接客専門で店内をフラフラしていますので、
    是非ひと声かけて下さいな。
    10983244_979277525450352_250407843714877176_n

























    ↓著書、宜しくです!↓
    Amazonページ 転職の赤本
    tensyoku_banner220x110





    就職活動にも、転職活動にもオススメ!
    私のキャリアコンサルタントとしての知識が凝縮されたベストセラー!

    年収300万円の残念な働き方

    就職、転職、出世に効く仕事の知恵本です。

    ↓就職活動生とガチで向き合うTV,大絶賛出演&放映中!↓
    http://www.jamtv-shukatsu.com/

    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆       
            Dining DJ Lounge とこなつ家
       〜都会のオアシスで最高のお酒、料理、サウンドをご提供〜

    リクルートエージェント社出身のマスターに転職相談ができる日本唯一の転職BAR

    とこなつ家ホームページ

    とこなつ転職エージェントホームページ


    宴会、お誕生会、就職/転職関連レッスン、貸切パーティー、DJイベント !
    2500円〜飲み放題つきでご予算、ご要望に応じてオーダーメイドで承ります。
    ご相談、お問い合わせはお気軽にこちらまで!

    yassuzuki0208@gmail.com
    0359448503

    BARカウンターでお待ちしています。どうぞお気軽にお会いにお越し下さい
    出会いに感謝☆ とこなつ家 オーナー 鈴木康弘(YAS)
    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆  


























      Profile

      YAS@銀座 助家

      <本名>鈴木 康弘(とこなつ家店主)

      <経歴>
      米国カリフォルニア州で幼少時代を過ごす
      2004年3月早稲田大学 商学部卒業

      2004年4月〜2006年10月
      (株)リクルートエージェント
      にて企業の採用支援と、第二新卒者の転職支援を経験。

      2006年12月〜2010年4月
      南太平洋フィジー共和国にて
      語学学校FreeBirdInstitute
      サポートオフィスMGR 兼 本社取締役

      2010年10月〜
      転職相談のできるBAR
      Dining DJ Cafe とこなつ家 起業

      <教育基本方針>
      〜向き不向きよりも前向きに〜  
          
      やんちゃな日本人を
      もっともっと増やしたい!
      世界中を元気にしたい!

      <好きな言葉>  
      「知好楽」
      by孔子
      「love,peace,freedom」   
      by Bob Marley
      「我が生涯に一片の悔いなし」
      byラオウ 北斗の拳

      <好きなものたち>
      海/山/寺
      料理/麻雀/飲み会/バイク
      熱い人/アホな人
      べっぴんさん
      DJ/バンド/海外放浪

      <Personality>
      マイペースな寂しがり屋
      大人数での団体行動は苦手
      だが一人では死んでしまう!

      人を愛し
      人に愛され
      自由でいたい
      そんだけの単純な人間です。

      飲みのオファー⇒基本的に断りません。

      皆様こんな小生ですが、
      どうぞ宜しくお願い致します。

      クリック お願いします!皆さんの1クリックが小生のヤル気の源です!
      にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学・ワーホリへ
      Archives
      記事検索
      最新記事
      カテゴリ別アーカイブ
      QRコード
      QRコード
      • ライブドアブログ