キャリア相談もできる隠れ家BARのマスターのブログ@銀座 助家

リクルート−エージェント⇨フィジー共和国の語学学校責任者を経て 飲み屋を開業。創業した池袋のお店を店長に譲り、現在は銀座のどこかでBARを営んでいます。

January 2016

    本質的に社会貢献性の高い仕事って、なんだろうってお話。

    すしざんまいの社長さん。

    ムチャクチャご立派なお仕事をされています

    すしざんまい社長が語る ソマリア海賊問題maguro_20160112_071























    生活に困っていたソマリアの海賊たちに
    船を貸し、マグロのつり方を教え、ちゃんとした職業に付けた結果、
    たった3年で、海賊も、殺人も、なくなったというお話し。


    ソマリアの海賊をマシンガンで撃ち殺しまくるツアーを作ったロシアの旅行会社と参加者のイカれた金持ち達とまさに対極。
    ※ロシア人さんにも、もちろん素敵な人はいますよ!



    ニッポン人らしい良きお話じゃないっすか。



    貧困、殺人、紛争 

    の真の解決手段は武力による制圧ではなく、

    対話と雇用の創出




    と僕は思います。



    就活生さんって飲食業への就職を敬遠しまくる傾向があるけど

    シンプルな商売ほど貧困で困っている人を助ける(お金が貧乏な人のところに行く)

    って法則は、けっこう当てはまることがありますよ。


    「貧困への社会貢献がしたい!」
    て本気で思ってる人は、飲食業も就職先の有力な選択肢の一つに入るはずです。





    例えば、キャバクラなんて、その点の社会貢献度は最高です。

    お金持ちのオジサンたちが飲みまくって支払った
    莫大な金額のお金の行き先を考えてみてください。


    ・進学や就職に失敗してしまったキャバ嬢の女性(シングルマザーも非常に多いです)

    ・お酒の配達作業員さん

    ・ヘアメイク担当の美容師さん

    ・化粧品屋の美容部員さん

    ・おしぼり屋さん

    ・清掃屋のおばちゃん

    • 同伴出勤、アフターで使われる飲食店の店員さん

    ・地方の酒造メーカーの社員さん


    生活がラクではない人ばかりでしょ?


    株やら、会社経営やら、会社の経費やらで、
    お金をがっぽり溜め込んだ所得水準の超〜高い人から、
    稼ぐ力がなくて苦労している人に、
    「キャバクラ」というビジネスを通じてたくさんのお金が流れ、
    たくさんの人が救われているワケですよ。





    企業のIR情報のCSR(社会貢献) のアピールだの
    会社説明会で社会貢献性を語るスピーカーだのも悪くはないですが、


    ちゃんと、その会社が社会に存在することによって生まれる

    「お金の流れ」

    を見てほしいです。



    ドコにあったお金が、ドコに流れていくのか??



    数字のほうが、
    言葉よりも、遥かに真実を語ります。







    「当社は社員を大切にしている!」
    と語る社長の言葉よりも

    労働分配率、離職率、残業時間

    などの数字の指標の方が、


    その社長が「実際何をしているのか?」の真実を語る 

    という考え方と同様です。








    寿司職人ってお給料高いし、失業しないし
    お客さんの喜びを目の前で感じられるし、
    頭もかなり使うし、
    海外就業VISAの取りやすさNO1の仕事なのって知ってました??



    すしざんまいの会社説明会に行きたいと思い、
    実際に足を運ぶ学生さんって、どのくらいいるんだろう?




    今時の大学生の、就職したい企業ランキングを見ると、
    金融系企業がズラリ。
    んで、外資金融や、外資系コンサルティングファーム。


    株券の相場いじくったり、金貸したり、
    企画書の紙ッペラで何千マンもとったり。

    なんでそーゆー、
    貧富の格差の拡大を助長する事の方が多い仕事に行きたがる若者ばっかなんですかね。


    ※個人単位の話じゃなくて全体の傾向が偏りすぎているというお話です。
    志望する人がいるのはいいです!株屋さんも、金貸しさんも社会には一定数必要です!
    みんながみんな志望するのに違和感があるだけ




    それはそれでいいのですが、


    その割に「貧困で困っている人のために社会貢献したい」
    とか面接で堂々と「自分のやりたいこと」として大義名分を語るわけで。



    オジサンにはよくわかりません。








    「自分は苦労したくない イケてるエリートっぽい会社に所属したい


    貧しい人を助けたい と思っているが実際は何もしていない」




    社会貢献を面接で謳う学生の、90%以上がこんなモンだと思います。


    自分で自分に酔ってるだけ、
    殺される動物や、戦争の映像をTVで見て、
    「かわいそう〜 」 
    って言って見ているだけの上から目線の感覚なんですよね。
    ※21歳の頃の就活生の僕も、そうでした。






    だったら、社会貢献がどうとか、エラそうに語らず、


    「俺は自分の生活の安定が欲しい!」

    「俺は社会的に成功してイケてる人間だと思われたい!」


    って我欲を正直に吐いてくれたほうがまだマシに見えます。




    ・ある程度の社会的な成功(承認欲求の充足)

    ・ある程度の高所得の確保(生存の恐怖からの開放)


    この2つが揃ってから
    「人助け」に意識を向けたって全然遅くはありません。




    というか、新卒の社会人は、
    社会に出た瞬間に、他人を助けている場合じゃなくなります。
    疲れ果て、土日寝てて、朝早起きしてボランティア活動なんてやれないっすよw


    朝から晩まで仕事して、会社でしっかりと良い評価を受け、
    なおかつ、土日に早起きして誰かの為にボランティア

    をしている人は、本物の社会貢献の志向がある人です。

    滅多に見たことないです。
    社会貢献を面接で語る学生のうち、100人に1人、いるかどうか。
    その1人の人は本物。

    もしもいたら、僕には全く頭が上がりません。
    本当に素晴らしいと思います。




    「貧困への社会貢献活動をしたい」
    と言ったのに今まで何もしてきていない口だけの人は、
    インドの貧民街に足を運んで、
    貧困で死にゆく人たちと隣り合わせのボランティア活動を実際にやってみてください。
    ※僕は、就職が決まったあとにやってみて、ものすごく考えるきっかけになりました。



    実家に住んで、親のスネをかじりながら、
    社会貢献だのなんだのを語ってる人は、
    まずは、自分の身を救ってください

    他人にメシを食わせるなんて崇高なことは、
    自分で自分のメシを食わせられるようになってから
    考えるべきことではありませんか?





    納税していないのに社会貢献を語る人は
    他人を助けようとする前に、働いて日本政府に税金を納めてください。
    公共サービスの恩恵をタダで享受しているということは、
    生きているだけで他の日本国民の足を引っ張っています。





    NPO?NGO?ボランティア活動?
    憲法にも書いてある

    国民の義務 「勤労」 「納税」

    を人並みくらいには果たしている人が、
    やることではありませんか?




    行動が全て。

    いいから、はたらけ!!





    って思うのは僕だけでしょうか?









    ふう。
    今日はなんか辛辣なことを言いたい放題書いてしまいました。
    すみません。



    「社会貢献」
    に話を戻しましょう。



    社会貢献に対して本気の人、実力も伴う人は
    すしざんまいの社長さんのように、
    自分の身を危険にさらして現地に乗り込み、貧困で困っている人たちと向き合い、
    こういう仕事をします。




    今日、エラそうな事を書いてしまった僕自身は、
    とてもじゃないけど、そんな素敵なことはできてはいません。


    途上国での学校経営、

    現在は飲食業×誰でも600円でできるキャリア相談サービス。

    儲からないけど 社会貢献性の高い仕事


    には自分なりに、意識して、打ち込んできましたが、
    「社会貢献している!」と胸を張って言える程のことはできていません。


    過去の僕自身のような「社会貢献バカ」の若者さんがとっても多いので、
    少しだけ、今の日本の若者さんに、厳しい言葉を吐かせて頂きました。



    「貧困に困る人のために社会貢献をしたい」という想いを持てること自体は素晴らしいことです!

    なので、
    ・まずは自分で実際に足を運んでやってみて!

    ・自分自身がが貧困に陥らないくらいに、しっかりと働いて仕事の能力を身につけて


    というのが僕の言いたいことです。






    僕は、歳を重ね、物事を知れば知るほど、
    「自分が社会を変える!」といった言葉は
    安易に吐けなくなりました。

    何故なら、とてもできていないし、そんな力は持っていないから。




    自分、自分の家族、自分の従業員、
    自分のお店にお越し頂いたお客さん。

    僕と関わって頂けるご縁のあった身の回りの人が
    ほんのちょびっと、幸せになるお仕事ができればいいなぁ。。。。

    と、愚直に毎日、目の前の仕事をさせていただくだけです。

    それが、僕なりの「社会に貢献する」ということだと僕は思うからです。





    明日も、BARのマスターとして、

    お客さまのお話し相手として、明るく元気に人助けの仕事をしようと思います♪


    明日、すしざんにマグロ食べいこ。
    マグロばっか頼も。

    それが、ソマリアの元海賊さんたちの雇用を生み、貧困を解決するために、
    僕たちができる国際社会への貢献ってことじゃないっすかね。




    ↓著書、宜しくです!↓
    Amazonページ 転職の赤本
    tensyoku_banner220x110




    就職活動にも、転職活動にもオススメ!
    私のキャリアコンサルタントとしての知識が凝縮されたベストセラー!

    年収300万円の残念な働き方

    就職、転職、出世に効く仕事の知恵本です。

    ↓就職活動生とガチで向き合うTV,大絶賛出演&放映中!↓
    http://www.jamtv-shukatsu.com/

    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆       
            Dining DJ Lounge とこなつ家
       〜都会のオアシスで最高のお酒、料理、サウンドをご提供〜

    リクルートエージェント社出身のマスターに転職相談ができる日本唯一の転職BAR

    とこなつ家ホームページ

    とこなつ転職エージェントホームページ


    宴会、お誕生会、就職/転職関連レッスン、貸切パーティー、DJイベント !
    2500円〜飲み放題つきでご予算、ご要望に応じてオーダーメイドで承ります。
    ご相談、お問い合わせはお気軽にこちらまで!

    yassuzuki0208@gmail.com
    0359448503

    35歳の転職 VOL3 「お前は過去の遺産で食い繋いでいるに過ぎない 」〜営業系管理職失格の巻〜

    さて、近頃、仕事にいっぱいいっぱいで手をつけられていませんでしたが、
    つづきを書かせていただきます。


    その後、シンガポール駐在のお仕事の企業さんとの面接は、
    素敵な出会いがあり、3度の面接は順調に進んでいったわけなのですが、
    ブログではあまり詳細は書きません。
    (これからお世話になる会社の選考の内容や、会社のことをあーだこーだと書くのはよろしくないですので。。)



    でも、その代わりに、書き残しておきたいことがあります。

    今回の転職は、僕一人では、決められない転職でした。

    たくさんの方々から
    素敵なアドバイスと気付きをいただき、
    ようやく意思決定ができました。

    僕には、大切な言葉を頂いた恩人がたくさんいます。
    だから忘れないように書いておきます。


    なので、これから先は、
    アドバイスを頂いた友人たちとのエピソードを
    数話に分けて、お一人づつ、書かせていただきます。



    今回は1人目。
    最近勢いがパンハない、東証一部上場が決まった人材紹介会社のCOO(営業本部長)のNさん。
    僕と同年代では日本有数のヘッドハンター。
    人材業界ではちょっと名の通った人です。


    実は、学生時代から面識があり、ひょんなことから10年ぶりに再会。
    一緒にやらんか??とお仕事のお誘いを頂きました。


    ※実は、今回の転職は、1社のシンガ案件と同時期に、もう2社さん(人材紹介会社さん)からの
    ガチでのフルタイム勤務のオファーを頂いており、複数の進路で迷う選択だったんです。



    Nさんは、新卒で入社した外資系コンサルティングファームから、ゴリゴリのヘッドハンティング会社へ中途入社。
    営業部長、子会社の社長などを歴任、業界10年選手の叩き上げです。

    そんな彼とのメールのやりとり、面談は、僕にとって、
    すごく大きな気付きを沢山いただく経験になりました!


    「お前がやりたいこと、なんでもやってよし!何したい?」


    と突然お話を頂き、


    僕は、

    「人材紹介業配属の新卒社員や、若手社員の教育研修担当の仕事」

    を希望したのですが、


    COOのNさんは、営業企画、戦略とみっちり連動した研修を希望。


    そりゃそーだよね。

    ということで、
    「全社の営業戦略をお前が考えてみろ」
    という宿題をNさんから頂きました。


    こんなメールです(実物w)
    ================================

    俺にも案はあるが、それじゃ面白くないだろうから、考えてみて下さい。

    多分、シンガポール案件より、本質的にはやっさんの成長機会は大きいと思うよ。

    過去の遺産を吐き出すだけでは生まれないものが、ここにあるはず

    ================================―

    過去の遺産を吐き出して僕がメシを食い繋いでいると。

    なるほど。なかなか言うね〜

    しかも、ウデを試すよーなマネするんかい!




    年齢的にほぼ同い年(1コ上)
    からの挑戦状です。




    からの、
    ================================


    俺より良いアイデア出なかったら、


    他の案件全部断って俺に弟子入りな。


    ================================

    ときました。



    おお。


    さすが、歴戦のヘッドハンター。
    人を煽るのが上手い(笑)



    最初に湧いてきたのは、

    「弟子入り!? アンタから学ぶものなんてなんもねーし。」

    という反発の感情。





    その感情を分解していくと、
    僕自身、自分でも気づいていなかった、
    過去の実績に紐づいたしょーもない自尊心に行き着きました。



    僕は、けっこー素直な人間で、
    年齢を問わず、チカラのある人、自分にできないことのできる人から言われることは、
    素直に受け入れられるしすぐに尊敬できます。

    例えばプログラミングは僕はできないから、
    SEさんなんかは全員スゴいと思っています。



    が、年齢が近く、しかも元同業で、雇われ役員(これも僕が過去経験済みで、今は独立)
    の人から上から目線で煽られると、受け入れられない自分がいました。
    何故なら、人材紹介業なら同年代には負ける気がしないから。

    経験をレビューすると、
    業界最大手のリクルートで、キャリアアドバイザーとしては最年少で数字も顧客満足度も表彰。
    ベンチャーでは取締役兼人事として部下数十名を率いて会社経営を立て直し。
    独立してからは5年間、BARと人材ビジネスの両方でしぶとく経営。

    エージェントとしては業界平均の8倍の仕事の質、推薦内定率60%で
    企業への人材の売り込みと求職者の転職サポートの両方ができる。
    これは25歳の現役時の5倍以上の数値。
    キャリア関連の書籍を2冊執筆し、それなりに自信はあります。




    おー 上等上等♪

    売られたケンカは買うべや!

    とりあえず、会って話してみよ!



    と再度会ってみたのですが、結果は、、、




       惨敗。





    ※お前の負けだ!とか言われたわけじゃないっすよ(笑) 
    そんなにオトナ気ない人じゃないです。
    僕が勝手に降伏しました。





    Nさんの口から、
    営業部長として、
    数百名規模の会社をどう切り盛りして経営し、
    どう顧客ターゲットを設定し、
    どうターゲットを攻略し、
    そのために
    どういう商品構成、組織設計、人事評価制度、教育にするのか?


    営業部長として管轄する職責に関する全てに関して聞きましたが、
    僕自身の視点を遥かに上回る視点の高さ、細やかさ、的確さで、


    「参りました!」


    と僕が思えるのには十分なものでした。




    「人材紹介業の管理職、経営者 としては、自分は既に二線級以下である」




    という紛れもない事実を、僕はハッキリ理解したのです。



    人材会社の営業部長や、営業MGRのオファーはありがたい事に、今でもちょくちょく頂きます。
    ソコソコはやれると思います。


    BARカウンターで毎日転職希望者さんや、
    人事部長さんのお話を毎年数百件はお相手させていただいていますから、
    キャリア関連、採用関連、コンサルティング力は今でも磨き続けています。


    でも、コレはプレイヤーとしてのお話で、


    東証一部上場企業の役員、超一流の同年齢のCOOと

    「営業部長としての経営管理能力」

    を比べたら、全っ然勝負にならないし、もはや一生追いつけない。


    ま、考えてみりゃ、当たり前ですよね。
    Nさんは一貫して人材紹介業12年もやってるし、
    僕は直近5年以上、裏路地で飲み屋やってますから(笑)



    Nさんは、僕に力がないこと、

    当たり前の事実を、当たり前に認識させてくれました。





    なのに、です。





    全っ然Nさんに「弟子入り」する気が起きない。


    学びたいと、思えない




    のです。




    なんでだろ???



    僕は、Nさんのことは、好き。
    能力の高さも知識の豊富さも、よくわかった。
    社員さんも、社長さんも好き!
    一緒にいて、楽しいアニキ!






    ココで気づきました。





    僕は、人材ビジネスにあまり興味がない。

    のだと。



    ガビーーーーン!!

    自分でびっくり! 衝撃の事実です。

    人材ビジネス関連の著書、2冊も書いてるのに!?!?※3冊目も執筆中



    誤解を防ぐために、
    正確に表現させていただくと、



    「一人のキャリアアドバイザーとしての仕事にはけっこう興味がある」


    が、


    「人材ビジネスにおける営業部長や経営者の仕事を自分がやりたいとはあまり思わない」




    ようなのです。




    人様のキャリアのご相談に向き合わせていただくのは、もはやライフワーク。

    経営者さん、営業部長さんとお話したり課題解決も大好きです。
    前職でわざわざビジコン出身の社長さんに弟子入りしたくらいですから、事業企画や会社経営の内容の話は、ムチャクチャ楽しい。


    仕事だろうが、そーじゃあるまいが、
    人様が困っていて、僕を頼りにしていただけるなら、
    体と頭が健康な限り、僕が寄り添わせて頂くことは、
    今後も一生変わらないでしょう。




    でも、このスキルは、
    対個人は25歳までの僕が、
    対経営者は29歳までの僕が培ったスキルであって、
    「過去の遺産」でしかないんですよね。


    Nさんに言われた
    「お前は過去の遺産で食い繋いでいるに過ぎない」
    という事実は自分が一番よく分かっています。

    分かっているけど、独立してから5年間、フタをして直視しないようにしてきた。

    過去の遺産の力を使わなければ、
    生き延びることができなかった。

    過去の遺産の力を、
    自分の自信の拠り所にしてきた。







    「リクルート」

    それも、

    「リクルートエージェント」

    出身者の起業にはワナがあります。


    ※諸先輩、元同僚の方、エラそうな事言って気に障ったらすみません。




    それは、


    「人材紹介業をやれば絶対に失敗をしない」


    という強すぎるスキルです。




    ラクできるんです。ホントに。
    経営に行き詰まったら人材紹介業をやればいい。

    経験も、スキルも、人脈も、OBの我々が業界最強。
    勝てないハズがない。


    新しいビジネスモデルを作る必要もないから、
    「経営者として新規事業を作る」ことに関して思考停止したままでも、
    しばらくの間はなんとかなっちゃう。

    しかも、クライアントからは感謝を頂き続けるからやりがいも感じられる。




    この


    「なんとかなっちゃう」


    のがヤバい。


    起業家としては、
    致命傷になり得ます。




    本気でやっている人なら今後も生き延びられるし、
    現在45歳の人ならあと10年くらいは過去の遺産で余裕で逃げ切れると思いますが、

    僕のように、二足のわらじの片手間、趣味でやっているようなハンパなヤツが、
    今後30年間、過去の遺産の力だけで生き残れるのか??








    僕はNさんからありがたいお言葉をいただき、

    改めて真剣に考える機会を頂きました。








    独立時に志していた、
    「自分が本当にやりたいこと」
    を初志貫徹でやれているのかな?



    過去の遺産でいつまでも食い繋ぎ続けていいんだっけ?





    疑問を持ちました。




    僕が自信の拠り所にしている(ことに気付かされた)

    20代前半のリクルートエージェントでの経験も、

    20代後半のベンチャー経営者としての経験も、

    独立して5年が過ぎ、もうじき35歳を迎える今、

    もはや過去の栄光であり、
    業界の最前線で12年、やり続けた超一流クラスの営業部長の前では、
    すでにガラクタとなった経験であり、
    現在の自分はポンコツのオッサンでしかないと。




    Nさんが同年代だからこそ身に染みて感じることができました。





    ・自分は人材会社の営業系管理職としては二線級以下である

    ・今の自分は、人材ビジネス以外のことをやりたいらしい





    この事実を認識した時点で僕は、



    人材紹介会社の営業部長や、営業MGRのお話はお断りさせて頂く
    ことを決めました。




    同年代の人に勝てないなら、
    勝ちたいという負けん気さえ持っていないなら、

    やる意味がない。









    翌日、僕は一人の信頼する友人に相談アポを取りました。

    今度も、同年代。

    相談相手は、日本一の新卒採用MGRです。

    相談内容は、「俺、何の仕事したらいいと思う?(完全に迷子)」


    彼女から頂いた、言葉とは???





                                       つづく



    ↓著書、宜しくです!↓
    Amazonページ 転職の赤本
    tensyoku_banner220x110




    就職活動にも、転職活動にもオススメ!
    私のキャリアコンサルタントとしての知識が凝縮されたベストセラー!

    年収300万円の残念な働き方

    就職、転職、出世に効く仕事の知恵本です。

    ↓就職活動生とガチで向き合うTV,大絶賛出演&放映中!↓
    http://www.jamtv-shukatsu.com/

    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆       
            Dining DJ Lounge とこなつ家
       〜都会のオアシスで最高のお酒、料理、サウンドをご提供〜

    リクルートエージェント社出身のマスターに転職相談ができる日本唯一の転職BAR

    とこなつ家ホームページ

    とこなつ転職エージェントホームページ


    宴会、お誕生会、就職/転職関連レッスン、貸切パーティー、DJイベント !
    2500円〜飲み放題つきでご予算、ご要望に応じてオーダーメイドで承ります。
    ご相談、お問い合わせはお気軽にこちらまで!

    yassuzuki0208@gmail.com
    0359448503



                                  

    35歳の転職 VOL2 〜人生を変えた1本の国際電話と求人票〜

    さて、オッサンの転職話、
    第2回です。

    VOL1で、
    独立してみて、まぁまぁなんとかなったが、

    事業の形が組み上がった2014年辺りから、
    日々楽しく仕事して、遊んではいましたが、


    ワクワクする未来の展望が持てず、

    退屈、疑問、危機感

    を抱きながら悶々としていたことを書きました。




    で、2014年は海外旅行に行ったりしてみたのですが、
    2015年は「いろいろな仕事をやってみる」をテーマに働きまくる1年にしました。

    WEBライターやってみたり、
    大学で講師やってみたり、
    人事系サービスで講師をやってみたり、
    顧問派遣のコンサル業にお誘いいただいたり、
    とある人材会社さんから組織設計と営業部長のお誘いをいただいたり
    とある一流企業さんの新卒採用をガッツリお手伝いさせていただいたり。

    特に、最後の2つの仕事。
    企業の役員さんや、人事部さんの内部に入り込んで、
    戦略部分から一緒にチームとしてお仲間に入れていただいた経験は、

    「今一度、ハイレベルな環境の事業会社でガッツリ仕事をやらせていただきたい!」

    と僕が思うようになった、
    一つのキッカケにはなりました。


    一つ一つのお仕事の機会が、本当にありがたく、
    全部、楽しかったし、人様のお役に立てた実感も湧くし、
    やりがい十分でした!!


    が、それでも、

    「自分が持つ時間、体力、全てをブチ込んでコレ一本で死ぬほどやってみたい!」

    と思えるお仕事は現れず、、
    悶々としていました。




    僕なりの一つの答えが、
    ビジネスパーソンが集結し、古巣のリクルートの近くでもある
    銀座方面で小さなBARをやることなのですが、
    この選択は、僕にとっては「終着駅」になる予想がつくので、35歳でやるにはちょっと早すぎるんです。

    最高の人達に囲まれ、毎日が最高に楽しくて、幸せすぎて、
    きっと、一生、仕事が続けられる限り、ソコを動かなくなる場所になるんだろうな。。。と

    ※50歳過ぎたら、南の島に、みんなでリゾート買って海辺で雀卓囲むPJTやりたい的な野望はありますが、、、
    これはもはや事業というよりは「セミリタイア」なのでまだ早すぎる)

    最高に楽しみなことは、
    まだ後々の人生にとっておきたいんです。



    となると、35歳から40歳まで、現状の延長線上以外にやる仕事がない!



    うーん。

    一家で世界一周でもするかな。。。
    何かが見つかるかもしれない。



    世界一周にも、次の店舗の開業にも
    かなりまとまった金額の資金が必要なので、

    とりあえず、2015年は貯金!
    モーレツに働き、質素倹約を心がけ、貯金をしました。


    でもまぁ、両方やるには到底足りないので、
    2016年も働きまくって、2017に世界一周、
    2018年に再度働きまくって、2019年か2020年に開業
    くらいにぼんやりと構想していたのが今年の後半。


    そんな僕に、1本の国際電話が、10月末にかかってきました。
    10月28日の夜です。忘れないウチに日付書いとこ。


    シンガポールに駐在中の、RGF HR Agent(リクルートの人材紹介業の 海外法人)
    で勤務中の友人Mさん(同い年の元同僚w)

    からの電話です。


    Mさん「ゴリさ〜  こんな人いない??」


    僕は日常的に、人材紹介会社各社さんから、人探しの依頼や、
    どうやったらそのターゲットにアプローチできるかの相談を頂くのですが、
    信頼できる方、ご恩のある方、応援させて頂きたい方には、僕に出来る限りの最善を尽くします。

    Mさんは僕にとっては恩人。
    彼女がシンガ赴任前、とこなつ家開業時によく通っていただいたり、池袋まで古巣の友人たちを連れてきて頂いていました。


    いつも、忘れたころに国際電話がかかってきます。




    今回彼女が該当する求職者を探している求人は、シンガポール法人設立の責任者の求人。


    事業内容の詳細は、コンプライアンス上、まだブログには書けないのですが、
    飲食業と、リゾートホテル業。


    求める人材の要件は、
    ===================
     <必須 / Must have>
    ・会社経営に関わる一連の業務に経験と知見が豊富な方

    ・経営企画・経営管理・事業立ち上げなどを当事者として経験した事のある方

    ・英語力上級

    ・人のマネジメントに対し経験豊富な方

     <尚可 / Better to have>
    ・大型飲食店のマネジメント経験

    ・M&Aに関する知見と経験

    ・シンガポールに限らず海外でのビジネス経験

    ・財務諸表(BS,PL,CF)の理解

    ・本社へのレポーティングが適切にできる方

    ===================

    で、
    ・現地には、まだ登記した法人以外に存在しない。

    ・100名規模組織の会社を1年で作る立ち上げミッション

    ・経営の母体は日本のベンチャー企業




    人材紹介会社さんの求人票は、それこそ、何千枚、何万枚も目にしてきましたが、



    決まる気がしない度NO1の求人票です。


    採用の世界に携わる人なら、完全に笑いのネタになっちゃう(笑)



    まず、求める人材の必要要件が、
    経営企画、財務、人事、マネジメント、全部。
    CFO系の採用要件とCOO系の採用要件がごちゃ混ぜな上に、
    英語と海外ビジネス経験を求めると。


    ドラクエで言えば、

    戦士+武闘家+賢者 全部LV30以上のスーパーマン かつ、

    海外事業経験もある人



    みたいな、ムチャクチャな求人です。




    トドメに、




    飲食業の実務と店舗MGTの経験



    ときた。。。



    組み合わせ、ありねーしょ!


    英語話せる板前さんやラーメン屋さんすら超レアで世界各地で引っ張りだこなんだから!




    全部満たす人は、
    日本に、一桁いるかいないかの採用要件です。







    さらに加えて、
    経営母体と仕事内容は、ごっつベンチャー。
    HPも立ち上げたばかりでスカスカ。
    ※後々、資本も社長さんの理念も社員さんもかなりしっかりとした優良企業さんであることが分かってはくるのですが、、この時点では情報ゼロ!


    飲食業の海外初進出の立ち上げ成功確率なんて、実績値5%以下なのに
    アジアNO1の激戦区シンガポールに1人で乗り込んでゼロから事業を作れと。


    今まで見たことがない、
    「アブなそう度NO1」な求人でもある。



    万が一、要件に合致する人がいたとしても、
    行くワケがない!!




    僕:「うわははは!!いるわけね〜っす! 採用要件、総合商社マンの管理職クラスか専門商社の支社長でしょ。

    そんな人が、泥臭い飲食業ベンチャーにブランドも安定も捨てて転職?
    そんな気が狂ったヤツ思いあたらんし、いても絶対ダレにも勧めらんないっすよ〜!(大笑い)」


    と爆笑しながら僕はMさんに返しました。




    Mさん「だよね〜  いるはずないんだよ(笑)マジで困ってる。アハハハハ!!
    イメージは40代から50代のオジサマ。」




    僕:「あざっす! 2015年度 決まらなそう度NO1求人 のお知らせありがとうございます! (笑) Mさんがこの求人決めたら神エージェント認定させて頂きます」




    僕:「あ、そういや、飲食店の立ち上げってどんな店なんすか?」



    Mさん「ゴリ、○○ってお店知ってる?」




    HPを見てみる。




    僕:「マジか。。。。はんぱない。。」



    僕の脳内に、電流が走りました。



    このお店の、BARカウンターに、
    バーテンダーとして立ちたい。


    何故なら、「カッコいい」から。


    理屈抜き、
    ハタチの大学生くらいの感覚です。




    人生で一度だけでもいい。


    一流のお店で、


    「超カッコいいバーテンダー」


    をやってみたい。




    飲食業の極みに挑戦してみたい。





    僕:「えーっとさ、その求人って、僕が応募してもいいんすかね。。。
    M&Aは経験ナシ!デカイ店やったこと無いし、B/Sも正直よく分かんない!
    でもソレ以外は全部カジってるっちゃカジってるかな、、、」


    Mさん「あーーーー!!!ゴリがいたじゃん! 人物タイプはハマるかも!?

    経験はちょっと足りないかな〜(笑)
    年齢も若すぎてギリギリ。
    え、アンタ転職できるの?」



    僕:「イヤさ、もしかしたらの話ですよ。
    家族もいるし、従業員もいるし、たぶん無理っすよ。
    でもお話だけでも聞いてみたいんだけど、いいかな。。。」


    Mさん「おっけ〜 じゃ、求人票送っとくね!」

    3分後、シンガポールから求人のデータが到着。

    さすが、信頼する元同僚。
    仕事が鬼速い。



    求人票は、
    ベンチャーの海外現地法人責任者的なポジション。
    前職でイヤというほど経験済。
    仕事内容の詳細は全く書いていない。



    20代の頃の南の島での激務が脳裏に蘇る。

    そのポジションは、、、
    正直、あまりやりたくない。。。


    独立する力は付いたからやってよかったけど、あんなにしんどい仕事、今回の人生ではもぅ二度とカンベン。





    僕がやりたいのは、あくまでも

    「バーテンダー」

    そんな求人、
    人材紹介会社に発注されるワケがない。。。




    ま、とりあえず、面接にいってみなきゃ何も始まらないし、
    どんな方々がどんな想いでこの事業に挑戦されるのか、お会いして聞いてみたい!


    面接って要は営業アポっしょ!
    自力で求人深堀りしてワーホリ的なアルバイト契約でバーテンポジション開拓しちゃえないかな?




    というカンジで、
    僕の転職活動はある日突然、
    軽〜ノリで、始まりました。




    シンガポールには、実は過去に訪れたことがあります。
    2010年8月、前職を退職して、独立前にバックパッカーをやった時。
    当時、29歳!
    a6c98494


























    東洋文化 と 西洋文化
    ハイテク と クラシック
    整然 と カオス
    が交錯する赤道直下の港町。鮮烈に記憶が残っています。
    8f6f1a0e


























    ff83b70a































    しかも、シンガではいつか働きたいってこの頃から思っていました。

    2010年8月のブログ シンガポールの人材会社に行ってみた



    シンガポール最大手の人材紹介会社、JACシンガポールに面談に行ってるんです。
    旅行中だったので私服、茶髪、ヒゲだけど(笑)

    ブログには書きませんでしたが、
    実は、この時、当時のJACの社長さんから、「一緒に仕事しない?」的な非公式オファーを頂いていました。

    担当さん→MGRさん→部長さん→最後に社長さん
    にお会いして当日で面接完了。
    さすが、一流の外資系企業サン。判断が超早い(笑)

    半分冷やかしで訪れたのですが、
    お話をお伺いしていくと、本当に魅力的な仕事。

    社内に日本人は20%しかいないし、当然、社内公用語は英語。
    本気でインターナショナルな環境で、アジア経済の中心で働きまくることは、本当に魅力を感じていて、大切に胸の内にしまっていたお話です。


    今だから言えるお話ですが、
    飲食店の開業は、90%以上の確率で倒産する商売とわかっていましたし、
    独立して1年死に物狂いでやって、力及ばず倒産したら、
    裸一貫(というか借金まみれ)でシンガポールに渡り、JACSingaporeさんで人材ーエージェントとしてお仕事をさせて頂く腹括りを
    していたんです。










    脳裏によぎった記憶は、さらに昔。
    9年前、25歳、リクルート入社3年目の時。

    「とっても幸せなのだけど退屈」な日常。
    フィジー共和国勤務の求人を、リクルートの社内で発見し、あの時も脳内に電流が走った。


    神の啓示が降臨するカンジ。




    ロジックは皆無。

    感覚的にピンとくる。

    0.3秒。


    ※つまり、単なる思い付きw









    25歳の頃も、
    「あと半年勤務したら、世界一周に出よう」
    と思っていたっけ。。。。







    「え?? まさか、またリクルートエージェントの求人票が自分の人生を変えちゃうの???」






    今から6年前、シンガポールの旅先で書いたブログには、
    この言葉で締めてありました。

    =====================
    僕はこれから開業しますが
    今後一生会社員をやらないつもりでもありません。

    やっぱりビジネスの最先端で思いっきり仕事をしてみたい感覚はある。

    世界のビジネスの中心地の摩天楼のビジネスパーソン。
    そーいうのもカッコいいじゃないですか。

    =====================


    起業して5年間。
    自らの人生全てをブチ込んだ自分の事業に打ち込んできました。

    動かなかった、動くはずがなかった僕の「キャリア」


    ほどなく冬の寒さを感じ始める深夜の池袋で、静かに動き始めました。




                                          VOL3につづく



    ↓著書、宜しくです!↓
    Amazonページ 転職の赤本
    tensyoku_banner220x110




    就職活動にも、転職活動にもオススメ!
    私のキャリアコンサルタントとしての知識が凝縮されたベストセラー!

    年収300万円の残念な働き方

    就職、転職、出世に効く仕事の知恵本です。

    ↓就職活動生とガチで向き合うTV,大絶賛出演&放映中!↓
    http://www.jamtv-shukatsu.com/

    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆       
            Dining DJ Lounge とこなつ家
       〜都会のオアシスで最高のお酒、料理、サウンドをご提供〜

    リクルートエージェント社出身のマスターに転職相談ができる日本唯一の転職BAR

    とこなつ家ホームページ

    とこなつ転職エージェントホームページ


    宴会、お誕生会、就職/転職関連レッスン、貸切パーティー、DJイベント !
    2500円〜飲み放題つきでご予算、ご要望に応じてオーダーメイドで承ります。
    ご相談、お問い合わせはお気軽にこちらまで!

    yassuzuki0208@gmail.com
    0359448503

    BARカウンターでお待ちしています。どうぞお気軽にお会いにお越し下さい
    出会いに感謝☆ とこなつ家 オーナー 鈴木康弘(YAS)
    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆  































    35歳の転職 VOL1 〜起業前の構想の達成と、経営者としての自分の限界、将来への不安〜

    年末は、突然の転職のご報告にておさがわせいたしました。

    ありがたいことに、




    「何故!?!?」





    と聞いて頂ける方が沢山いらっしゃるので、
    独り言にはなりますが、
    今回の僕の転職活動を何回かに分けたシリーズ振り返らせていただきます。

    人様のキャリアのご相談となると、何事も即断即決で受け答えできるのですが、
    自分自身のこととなると、悩みます。

    というか、ベンチャー入社も、独立も、全く悩まなかった僕が
    初めて悩みました。



    「35歳」は、一般的には転職できる限界の年齢と言われています。
    厳密に言うと、35歳以降も、同業他社の管理職に即戦力として入社する案件はありますが、
    「新しいこと」にチャレンジできるのは、35歳以下というのはひとつの目安です。

    また、34歳(35歳手前) と 39歳(40歳手前)
    という年齢は、実は多くの方が転職活動をする節目の年齢でもあります。


    実際に転職に至るケースは多くはありませんが、
    転職活動をした上で、「内定」を獲得して、真剣に人生を考え、現職にとどまる選択をされる方
    (転職自体はしないので、ハタから見ると、何も変化はないが、実は、本人なりにキャリアの総決算、腹括りをしている)
    は少なくありません。


    が、なかなかブログなどで世に出てくることはありません。



    なので、
    オッサンの転職活動

    をテーマに、思うことを包み隠さず、
    書いてみようと思います。


    「揺れるオッサン心」
    にご興味のある方は、どうか読んでやってください。





    【独立の振り返り→当初の3年で95%達成】

    まずは、2010年5月 独立前の29歳になりたての頃、
    僕自身が書いた「構想」に関して振り返ります。
    今後の人生の展望  「オモロイ人が集まる酒場のオーナー 兼 キッカケを与える ス−パー無料コンサルタント&エージェント」

    くっそ長いですが、29歳の時の僕の転職活動?と、
    起業の構想が書いてあります。


    お読み頂けると分かるのですが、
    現在は構想通り、過不足なくビタ止めで95%達成しました。
    経営方針も全くブレず、やると決めた事を、予定通りにやり切った。
    現在の「とこなつや」はまさに当時の構想通りの事業、空間が出来上がったと思います。


    5%の未達成は何かというと、エージェント業の完全無料化です。
    これは、実際に飲食業をやってみて分かったのですが、
    1店舗だと、年収300万円くらいがいいとこ。
    「飲み屋だけで4人家族を養うのは難しい!」ということです。

    なので、年間800人ほどの方の転職希望者さんや学生さんご相談をお受けする中で、
    基本的には「エージェントのエージェント」として、各社さんに無料でお繋ぎさせていただくのですが、

    諸先輩方、諸後輩方のご厚配で、
    全体の1〜2%の年間10件程度だけ、お得意先の一部の企業様(自分の古巣のセンパイの方々が幹部としていらっしゃる大手人材エージェント)のみ、有料のエージェント業として担当させて頂くようになりました。

    結果、古巣のリクルートに残って課長職あたりに昇進している場合とだいたい同額のお給料を頂き、
    部下たちへ配らせて頂く、スタッフ旅行、日々の晩ごはん代、決算賞与の原資とさせて頂いています。
    これは、本当にありがたいことです。

    転職決定の数は追っていませんが、「質」に関しては徹底的に追い、
    特に、失業してしまったり、最初の就職で超ブラック企業を選んでしまった第二新卒の方が
    ど大手企業でキャリアを積み直す転職ばかりを過去30名様ほど担当しており、
    4年間で未だに退職者はゼロ。(厳密に言うと、家業を継いで2年半で退職された方はいます)
    全員がHAPPYになる転職ですので、自分の中では一旦は良しとすることにしました。

    1店舗だけで、ビールとカレー売るだけで、子供たち2人を私大に進ませる学費を出すのは
    ちょっとムリっす(T_T)






    家も、車も買わず、物は買わず、がむしゃらに働き続け、
    無事、開業時の借金を完済。
    自己資本率100%の無借金経営。

    口コミと、著書、各種メディアへの露出だけで、
    新規のお客様と出会える仕組みを作り、広告費はゼロ。
    その分を食材の仕入れに突っ込み、原価率はほぼ30%。
    美味しいものをお手頃な値段でお出しできます。





    裏路地のちっこいお店ですが、
    当初の構想通り、
    「超優良零細企業」
    をつくり上げることを達成できました。

    これはなんといっても、
    毎月平均700人もお越しいただけるお客様
    そして常時10名近くはいてくれる、強力なスタッフたちあってこそです。

    人に生かされ、とこなつ家は存続しています。





    【何故拡大経営をせず、このように「手堅い零細事業」を組んだのか?】


    日本の税制と、前職での拡大経営の苦い経験です。


    <税制に関して>
    年収1200万円超え→所得税33%+住民税10%+消費税10%=53%納税
    年収1800万円超え→所得税45%+住民税10%+消費税10%=65%納税

    となると、
    電卓を叩くとわかりますが、

    ガツガツ働いて年に3000万円や5000万円利益を出しても、手元に残る現金は、
    半額程度しかないんですよね。。。


    税金が高過ぎるせいで、お金のためにガツガツ働く気が全く起きないんです(笑)





    納税は、もちろん僕は日本政府にしていますが、
    1800万円以上の利益を出してお客様から頂いたお代の65%も納税するくらいなら、

    タダでやっちゃうか、休暇をいただくなり、従業員に配るなりしたほうがいいや〜 
    というのが僕なりの結論です。

    そんなに儲けるくらいなら、
    好きな仕事だけ請け負って、休みを取る!か、親切でやっちゃう!

    1000万円稼いで200万円ちゃんと納税して、800万円手元に残る。
    これだけあれば一家を養い、十二分に恵まれた暮らしはできます。

    5000万円稼ぐ不自由人よりも、
    1000万円稼ぐ自由人の方が幸せである

    という僕なりのさじ加減です。






    独立して5000万円の利益を出そうと思うと、
    営業利益率30%の優良企業でも、1億6000万円以上の売上が必要です。

    残念ながら、僕の能力では、超〜不自由な生活になります。



    ・多くの従業員を雇いまくり、KPIを張り、「死ぬ気でやれ!」と毎日部下たちのケツを叩く経営をしなきゃいけなくなります。

    ・時流に乗って、売上2億、利益5000万くらい稼ぐのはマトモに組んだビジネスモデルであれば誰にでもできます。会社をやると、いい時はそんなもんです。
    とこなつやなら、日本の各主要都市に開業して、人材業界経験者を店長に配置して、5店舗で年商2億達成。

    ・でも、損失を出すときは、マイナス1000万円くらい簡単に出て飛んじゃいます。
    その時、過去支払った税金は返ってきません(!)

    ・結果、20年生き残る企業は、100社のウチ6社だけです。

    ・何よりも、一番難しいのは組織コンディション。人は、モメる生き物です。

    たった1店舗でも、組織コンディションを良好に保つのはとてもむずかしい。
    日々いろいろな問題が起こり、眠れない時間を過ごすガラスのハート、小さな器の僕です。

    5店舗あったら、必ず1店舗が組織コンディションで火を吹き、1店舗は採算で火を吹き、
    僕は休みなく飛び回る。
    そんなんはカンベンカンベン。ストレスでハゲちゃうわいwww




    <前職での苦い経験>
    前職のベンチャー時代に、ムリヤリ7億くらい売る経験、リーマンショックが直撃する経験はしたので、
    10名、30名、100名それぞれのサイズの会社を経営することが
    どれだけしんどいか、分かっているつもりです。


    お金を借りること、投資していただくことの恐ろしさも、
    株主総会の「金返せ!!!」の怒号を浴び、

    意味のワカラン、「株主のための経営目標達成」
    のために部下60人を率いて駆けずり回る経験をして
    思い知ることができました。



    経営者には見栄っ張りな人が少なくありません。

    「何人雇ってるか?」
    「売上何億か?」
    「株式上場して有名になってやる!」

    とか、自慢がしたくて、社会的承認欲求に振り回されると
    会社を壊し、従業員とお客様に多大な迷惑をお掛けすることが多々あります。


    まあ、見栄っ張り度に、実力が伴えば、問題はないのですが、
    僕は普段お客様の最適なな仕事先を探すために、経営者さんの真贋、器の大きさを見極める仕事をしています。
    自分自身の能力は自分で良くわかっています(経営者としての欠陥の点に関しては後述します)



    だから、僕は経営指標に対して自分の社会的承認欲求を持ち込む事を
    タブーに設定しました。


    売上の規模を追うのではなく、

    ・お客様からの信頼残高(顧客満足度)

    ・従業員からの信頼残高(従業員満足度)

    ・営業利益率(ビジネスモデルの研磨・工夫)

    この指標を追い、





    「いかにして、営業利益1000万円を30年間地味〜に続けるか?」

    「いかにして、スタッフの加齢に伴う必要人件費増に合わせて収益性を上げていくか?」

    「いかにして、お客様に長期間とこなつ家を愛し続けて頂くか?」


    を経営のテーマに置いて地味〜で手堅い経営に臨みました。



    結果、3年で僕の事業は完成し、
    その後2年は、そのまま同じことを繰り返して、貯金。
    開業して5年経ちました。


    「やりたいこと」

    をやって

    「稼ぎたい金額を稼ぐ」


    事業を完成させることができたのです。



    これにて、24歳の時の自分の夢は達成し、ゴールイン!!









    【「経営者」としての自分の限界】


    「できたこと」の成功体験のお話はこのくらいにして(笑)
    できなかったこと
    のお話をしましょう。



    一方で、実際に事業を5年間自分の資本で経営してみて、
    自分の経営者として不的確な部分を嫌というほど思い知ることもできました。



    多々反省はありますが、
    どーしよーもないと僕が判断した欠陥が2つあります。





    1つめは、「不労所得を嫌う」コダワリです。


    2015年初頭に盛り上がっていた、
    フランスの経済学者・ピケティのベストセラー『21世紀の資本』。
    その中のかの有名な「r>g」理論をご存知ですか?

    r(リターン)は株や不動産など、資産運用から得られる利益率。
    g(グロース)は経済成長率。働いて得る、所得の伸び率。

    これは働いて得られる対価より資産運用で得られる対価の方が大きいことを意味しており、
    労働者がいくらがむしゃらに働いても、資本家との富の格差が拡大し続けることを表しています。



    僕は、株も、不動産も持っていません。
    放っておけば儲かるWEBの広告運用なんかもやりません。

    何故なら、

    ・僕は怠惰な人間ですから、働かずにカネを稼ぐことを覚えると、
    遊び呆けて絶対つまらない人生になります。

    ・働くことの素晴らしさを伝えることが「キャリアアドバイザー」ですから、
    働かずに稼ぐ方法を覚えたら、キャリアアドバイザーとして僕が人様に対してお伝えする力は絶対に弱まる。言い換えると、「キャリアアドバイザー鈴木康弘」が死ぬ禁じ手です。


    だから、「資本で稼ぐ」ことはしていません。


    このくらいならまだいいのですが、
    さらにタチが悪いのは、

    「自分より稼いでいない後輩に仕事を紹介した時にお金を抜かない」

    このコダワリです。
    ※稼いでいらっしゃるセンパイからはシッカリ頂きますよ!



    理由は、それがカッコいいと思っているから。

    えーやん。
    後輩のコトくらい、タダで助ければ。

    まあ、粗利の1〜2割くらいなら手間賃としてお返しを頂いても
    バチは当たらないとは思うので頂いたらありがたく受け取りますが、、、
    自分から、1割2割のはした金を細かく請求したり契約を結ぶのがめんどくさい。







    仕事を取って、後輩に手配してやらせるだけで、
    5割や7割もお金を抜き取って大儲けしている経営者さんはたくさんいます。

    コレが超〜違和感あるんスよね。
    搾取なんじゃねーかと。

    人材ビジネスなんて、部下が稼いだ粗利の50%以上を部下に支払っても
    十二分に利益が出せるモデルです。
    でも、実際は、25%〜30%くらい支払って、残したお金を再投資したり内部留保するのが相場。
    従業員に10%〜15%しか渡さず、80%をオーナーが巻き上げているしょっぱい会社もたくさんある。


    でも、そのくらいやらなきゃ、
    経営者が儲けるのはムズカシイし、
    不景気の時に持ち堪えられないワケです。

    そんな経営者にはなりたくねぇ!!








    r(リターン)で稼ぐのが、経営者の思考
    です。

    正確に言えば、経営者というより、資本家の思考ですね。



    ・資産運用や資本施策をしない

    ・後輩に仕事させてお金を抜くことをしない

    徹底的に自分で働き、働いた分だけ自分で貰いたい。


    これは、完全に r (リターン)での所得を放棄して
    g(グロース)で稼ぐ「労働者」の考え方。

    社会主義国家、キューバを、「いい国だぁ。。」
    と思うくらいです。


    「働かざるもの 食うべからず」

    これは、根本的には僕が「労働者側」の支援を10年以上にわたって継続し、
    企業の労働分配率の指標を調査し続ける内に根付いた考え方なのだと思います。




    「一発勝負の出来高勝負で食うコンサルこそ、俺の生きる道だ!」
    なんて言い出してますから、


    なんかもー、経営者であるのを嫌がるどころか、

    頭の中身は完全に、「日雇い労働者」



    プロレタリアートそのものです。


    完全にアカン。









    2つ目は、「有能な部下を囲い込もうとしない」

    です。



    後輩に仕事させてお金を抜くことをしない。



    の延長線上の考え方なのですが、
    僕は、自分の部下に対して独立したほうがより楽しく働けて、より多く稼げるなら独立してほしいと思っています。





    夢や目標は、与えられるものではなく自分で見つけるもの


    で僕なりの従業員に対する考え方が書いてあります。


    独立してうまくいくなら、
    羽ばたいちゃえばいーんですよ!



    過去、僕ととこなつ家の仕事に関わって、袂を分けた人を書いていきます。

    晋平さん→独立 DJ、音楽イベント、BAR経営 プロデューサー(成功)
    ひとし  →独立 カウンセラー業へ(成功?)
    こうくん →独立 武蔵小杉で、居酒屋「じゅうに」開業(成功)
    うっちー →他店へ(今でも独立してほしいと思っています。)
    洋平   →独立 関西でBAR Workaholic開業(成功)


    ものの見事に、8割の人が、独立して成功しています。


    で、経営幹部候補たちを失った結果、
    僕は喜んでいるわけです(笑)


    のれんわけ で小銭を吸い取るなんてもってのほか。
    メニューも、ノウハウも全部タダでもってけ!です。



    彼ら、自ら独立しても一国一城の城主として稼げる器の人間を
    何人も取り込み、飼いならして稼がしたり、のれんわけで収入を稼いでこそ、
    企業は儲かり、発展するワケなのですが、

    彼らにいついてもらえないのは
    僕の人徳のなさ、経営手腕のなさ、
    そして、いついてもらおうとも思わない志向性がトドメです。



    経営の手腕(ビジネスモデルを組み立てる力、数字を作る力)
    に関して言えば、まぁ、センスはなくはないか。。。とは思います。

    前職では、経営のバトンを引き継いで8ヶ月で1億円以上、速攻で黒字化したし、
    創業以来、長期休暇を取った月以外、60ヶ月間連続で単月黒字を出していますから6年間、未だ無敗。

    小さな事業の経営は、そんなに難しくない気がします。
    少なくとも、一流の大企業の中で出世競争で戦って勝ち続けるよりも、よっぽど簡単です。
    欲をかかず、シッカリとお客様と従業員の様子を見て、
    ムダをなくし、当たり前のことをちゃんとやればいいだけです。








    が、根本のマインドの部分で、





    「不労所得を嫌う」コダワリ

    「有能な部下を囲い込もうとしない」


    前職と合わせて、「経営」に8年間携わらせて頂きましたが、
    結局のところ、僕は経営者らしいモノの考え方ができるようにならず、


    g(グロース)で稼ぐ「日雇い労働者」

    であり、

    ただのバーテンダー
    ただのキャリアアドバイザー


    でしかない
    ということです。



    このくらいマインドにこだわっても、
    事業が拡大し続ける素晴らしい経営者さん、会社さんはたくさん存在しますが、
    僕自身の至らぬ能力では、







    零細事業主として理想形を達成して食えても、

    企業としての発展は、ドン詰まりの袋小路



    に辿り着いてしまいました。



    ※この考え方は、将来もしかしたら、変わることはあるかもしれません、が。。。







    【32歳で理想を実際に達成してみて思うこと】


    退屈、現状への疑問、将来への不安です。



    現在34歳ですが、事業が組み上がったのは32歳ですから
    この時点で理想の達成ということにします。




    24歳の時、起業する事を決めた時の理想型


    ・収入はリクルート時代と同額

    ・出勤自由!海外に旅行に出れる!

    ・日常的にクラブに行ける、マージャンが打てる

    ・酒飲みながら仕事ができる

    ・一緒に働きたい仲間、お客様と仕事ができる


    に約10年かけて(うち、2回年収200万円を切り、月間400時間働く地獄を経験)
    死に物狂いで這い上がり、
    理想の生活に現在辿り着いたわけではありますが、、、、


    毎日が最高に楽しいです!!!


    が、、



    けっこう退屈です。







    シンドイ営業目標を押し付けて頂ける厳しい上司もいない。

    好きなときに休める。

    借金もない。

    固いビジネスモデルを作るには作ったので、そうは死なない。

    毎日同じことやってれば、工夫をせずともあと10年は持っちゃう。


    自分を追い込みまくる激務の連続でどMになっちゃったのか、
    よっぽど経営的にヤバい状態にならないと、
    仕事を頑張っている実感、生きてる実感が持てないんです。

    一方で、確実な勝利を計算出来ない仕事は徹底してやらない主義なので、
    ヤバい状態にはならない。


    じゃあ、攻勢に転じて同じビジネスモデルで多店舗展開??
    失敗はしないと思います。

    でも、イヤです。
    同じ事業の焼き増し、繰り返しには興味が湧きません。

    10年後に、5~6店舗。年商2〜3億をウロウロしてどん詰まり、
    ストレスでつるっぱげになった、45歳の中小企業のオッサンの出来上がりです。

    そんな退屈な人生まっぴらだ。。。








    で、現状への疑問。


    僕がカッコイイと思う40代のセンパイの方々って、
    30代半ばの頃、死ぬほど働いてきた方々です。

    経営者、会社員、区分はありません。
    死ぬほど働いてきた方には、なんとも言えない、懐の深さと、優しさがあって、
    「いいオヤジ」なんですよね。

    ってことは、
    今、ラクができる環境でラクをしつづけたら、
    僕はツマラン40代のオッサンになってしまうのではないか??






    最後に、不安。




    ・このままのビジネスモデルで30年続けられるのか?

    ・このままで従業員たちが家族を持って養える給与水準にできるのか?





    僕なりの答えはNOです。




    ・このままのビジネスモデルで30年続けられるのか?


    水商売には寿命があります。
    年老いたバーテンダーはめったに見ませんよね?
    渋谷のキャバ嬢が25歳で六本木へ移り、30歳で銀座に移るように、
    年齢相応の活躍できる街があり、その場所は、どんどん限られてきます。

    キャリアアドバイザーにも寿命があります。
    大学生や、若手社会人が、50代になった僕に相談をしたいと思うでしょうか??

    そんなことは無いと思います。

    40歳までのあと残り5年が、今のビジネスモデルで食えるピークで、
    その後20年、それまでの過去の遺産で食い繋ぎ続け、ゆるやかな下降線を続ける。

    これは、布団かぶって20年間防御の経営をし続けた場合の未来予想図です。


    超つまんねー!!




    ・このままで従業員たちが家族を持って養える給与水準にできるのか?

    とこなつやは、キャリアのコンサルティング領域と組み合わせた場合は、
    「成功」といえるかもしれませんが、
    飲食業単体の事業としては、成功とは呼べません。

    20年続く飲食店は100店のうち、僅か1,2店。
    このレベルの高いクオリティの水準の「飲食店」を作らねば、
    僕は、僕を慕ってついてきてくれる仲間たちと一緒にいること、
    経営者として従業員たちにメシを食わせる責任を果たすことはできないんです。


    従業員たちに、人事コンサル業を教えるか、
    僕自身が飲食業をガチで学び、お店のレベルを上げないと、ヤベーーー!!!

    今、この瞬間にも、僕の首は、じわじわと、少しづつ、締まり続けています。







    転職も、会社経営も、
    大抵の人は、ヤバくなってからどうするか考えます。
    それじゃ遅い。手遅れです。

    だから、見かけ上の業績がよく、
    周りから見て「上手く行ってるじゃん!」と仰って頂ける時ほど、

    僕は自分の仕事っぷり、とこなつ家の未来に関して
    「ヤベーんじゃないのか??」
    という危機感を持っていました。

    事業が回るようになった時こそ、
    2手先、3手先に有効な一手を先手で打つのが、
    代表の僕の仕事だからです。


    1手先の手順は、「優秀!その通り!」と人様に思って頂けますが、
    2手先、3手先ともなると「お前はバカか?」「ブっ飛んでるww」
    というリアクションが返ってきます。

    情報化が進んだ現在の社会では、ビジネスモデルは、あっという間に陳腐化します。
    しかも、僕に至っては、商品のライフサイクルが最速でパクるのが簡単なサービス業です。
    1手先の正着打ばかり打っていても、20年間存続するのは難しいでしょう。

    2手先、3手先、
    「アブなすぎて誰もやらないけど、10年先の真芯を捉える」

    先読みの1手が必要なんです。





    じゃあ、その1手ってなんだろう。。。

    僕は、出口の見えない袋小路に迷い込みました。






    長くなりましたね。
    僕のボヤキにお付き合いいただきありがとうございます。

    まあ、こんなことをずっと考え続けていました。


    ココまでが、転職活動を始める前、
    とゆーか、今から1年前、2015年の1月時点での僕の頭の中。



    で、2015年のテーマを「動」の一年に設定したわけです。
    2015年は「動」の一年 公私ともに動きまくり、やりまくります。


    で、色々ともがいてみた、と。


                                             つづく
     


    ↓著書、宜しくです!↓
    Amazonページ 転職の赤本
    tensyoku_banner220x110




    就職活動にも、転職活動にもオススメ!
    私のキャリアコンサルタントとしての知識が凝縮されたベストセラー!

    年収300万円の残念な働き方

    就職、転職、出世に効く仕事の知恵本です。

    ↓就職活動生とガチで向き合うTV,大絶賛出演&放映中!↓
    http://www.jamtv-shukatsu.com/

    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆       
            Dining DJ Lounge とこなつ家
       〜都会のオアシスで最高のお酒、料理、サウンドをご提供〜

    リクルートエージェント社出身のマスターに転職相談ができる日本唯一の転職BAR

    とこなつ家ホームページ

    とこなつ転職エージェントホームページ


    宴会、お誕生会、就職/転職関連レッスン、貸切パーティー、DJイベント !
    2500円〜飲み放題つきでご予算、ご要望に応じてオーダーメイドで承ります。
    ご相談、お問い合わせはお気軽にこちらまで!

    yassuzuki0208@gmail.com
    0359448503

    BARカウンターでお待ちしています。どうぞお気軽にお会いにお越し下さい
    出会いに感謝☆ とこなつ家 オーナー 鈴木康弘(YAS)
    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆  
























    Last Man Standing  僕が大みそか〜元旦の朝まで働く理由

    あけましておめでとうございます!
    今年もよろしくお願い致します。

    最近、バッタバタで、ややブログを放置気味でしたが、
    今年はもう少し書く頻度を上げていけたいいな〜と、思っております。


    さて、ちょっぴり時間差ですが、
    僕が大晦日のお昼にFacebookに書いた記事の転載をさせていただきます。

    ====================
    おはようございます!
    本日も、とこなつ家やります(爆)

    大みそかの朝まで完全燃焼で働いてくれた、大ちゃん、ごろーちゃん。

    スタッフのみなさま、本当におつかれさまでしたm(_ _)m

    毎年恒例となってきた、
    大みそかの年越し一人営業。

    まぁ、基本的には

    「創業者としてその年最後の瞬間まで職場で仕事をやり切りたい」

    とゆー


    ただの意地
    で、
    ただの自己満でしかないです。


    が、

    誰もいないとこなつ家に出勤し、
    BARカウンターにたった一人で立つと、
    自分が一人では生きていけない事がこの上なく実感できます。






    日々、共に仕事をしてくれるスタッフたちへの感謝。

    僕が働きたい時に、働きたいだけ、快く送り出してくれる家族の理解への感謝。

    そして、四苦八苦しながらも親切なお客様に助けて頂きながらお店を回すと、
    本当に素敵なお客様に恵まれ、日々応援して頂いていることへの感謝。





    元旦の朝、一人で掃除を終え、
    店のシャッターを閉める瞬間にグッときちゃうのです。

    今日も、常連のお客様がお手伝いにお越しに頂けるおかげで、
    なんとか営業できそうです。

    本日のフードメニューは、

    ミックスナッツ

    特製鍋食べ放題(1000円)

    のみ!

    銀ダラと、肉団子、白菜、ネギあたりで、気まぐれに具材をぶっこみますので、

    年越し一人は寂しいなぁ、、

    という方、もしもいらしたら、
    温かい空間で紅白見ながら
    一緒に鍋をつつきましょう。

    今年は、こんな日に一人で営業するアホな後輩のBARが大阪梅田にも出現しましたので(洋平w)
    関西方面の方はぜひBAR workaholicへ。

    元旦の朝の残業時間の長さで、
    ヤツと僕のイカれ度合いを競おうと思います。

    少し早いですが、
    今年度も本当にありがとうございました!m(_ _)m

    では、よいお年を!(^ω^)

    534109_1094523740592396_2146949998048659381_n (1)




















    ======================

    からの、大晦日開店!
    11181802_1094723827239054_3546535671795197156_n (1)



























    年越しそば!!(緑のたぬきだけど)

    1005508_1095038600540910_4559704055155767663_n




























    大みそか限定の鍋をBARカウンターで仕込んで出しちゃいます。
    こっちはちゃんとマジメに作る。
    1005371_1095038640540906_8523924952342140873_n


































    「まさか、誰もこねーだろ。。。」
    と思って店を開けていると、
    思わぬ人がフラっと来てくれるのが大みそか営業の楽しさです。
    998492_1095040357207401_6628813870536042597_n






























    なんやかんや、今日も20名以上のお客さんが来てくれました!
    1424295_1095038583874245_4394383438963698791_n































    1年の最期の日に、
    過ごす場所、
    一緒に年を越す人
    に選んで頂けることはバーテンダー冥利に尽きます!


    というわけで、
    とこなつ家の2015年度の営業は、
    本日2016年 元旦 AM3:00を持って終了です。
    今年も一年間、やりきりました!

    1424295_1095038553874248_1863519196551804003_n


































    見た目、アラスカ駐在の米兵?




    とこなつ家にご来店いただいた方、
    このブログを読んでいただいた方、
    みなさま、1年間、本当にありがとうございました!!

    2016年度の営業開始日は、
    1月7日(木)からとさせていただきます。

    スタッフ各位、しっかり休んで英気を養い、
    最高の元気と笑顔で、お客様をお迎えさせて頂きますね。


    このブログをお読みいただいている全員の方々にとって、2016年は





    生きていることが、楽しくて仕方がない





    素敵な1年になるといいですね!



    僕自身も、今年は新たな人生の一歩を踏み出します。
    来年の自分が、どこで何をして年を越すのか、想像もつきませんが、
    変化でいっぱいの充実した1年にしようと思います。





    ↓著書、宜しくです!↓
    Amazonページ 転職の赤本
    tensyoku_banner220x110




    就職活動にも、転職活動にもオススメ!
    私のキャリアコンサルタントとしての知識が凝縮されたベストセラー!

    年収300万円の残念な働き方

    就職、転職、出世に効く仕事の知恵本です。

    ↓就職活動生とガチで向き合うTV,大絶賛出演&放映中!↓
    http://www.jamtv-shukatsu.com/

    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆       
            Dining DJ Lounge とこなつ家
       〜都会のオアシスで最高のお酒、料理、サウンドをご提供〜

    リクルートエージェント社出身のマスターに転職相談ができる日本唯一の転職BAR

    とこなつ家ホームページ

    とこなつ転職エージェントホームページ


    宴会、お誕生会、就職/転職関連レッスン、貸切パーティー、DJイベント !
    2500円〜飲み放題つきでご予算、ご要望に応じてオーダーメイドで承ります。
    ご相談、お問い合わせはお気軽にこちらまで!

    yassuzuki0208@gmail.com
    0359448503

    BARカウンターでお待ちしています。どうぞお気軽にお会いにお越し下さい
    出会いに感謝☆ とこなつ家 オーナー 鈴木康弘(YAS)
    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆  



      Profile

      YAS@銀座 助家

      <本名>鈴木 康弘(とこなつ家店主)

      <経歴>
      米国カリフォルニア州で幼少時代を過ごす
      2004年3月早稲田大学 商学部卒業

      2004年4月〜2006年10月
      (株)リクルートエージェント
      にて企業の採用支援と、第二新卒者の転職支援を経験。

      2006年12月〜2010年4月
      南太平洋フィジー共和国にて
      語学学校FreeBirdInstitute
      サポートオフィスMGR 兼 本社取締役

      2010年10月〜
      転職相談のできるBAR
      Dining DJ Cafe とこなつ家 起業

      <教育基本方針>
      〜向き不向きよりも前向きに〜  
          
      やんちゃな日本人を
      もっともっと増やしたい!
      世界中を元気にしたい!

      <好きな言葉>  
      「知好楽」
      by孔子
      「love,peace,freedom」   
      by Bob Marley
      「我が生涯に一片の悔いなし」
      byラオウ 北斗の拳

      <好きなものたち>
      海/山/寺
      料理/麻雀/飲み会/バイク
      熱い人/アホな人
      べっぴんさん
      DJ/バンド/海外放浪

      <Personality>
      マイペースな寂しがり屋
      大人数での団体行動は苦手
      だが一人では死んでしまう!

      人を愛し
      人に愛され
      自由でいたい
      そんだけの単純な人間です。

      飲みのオファー⇒基本的に断りません。

      皆様こんな小生ですが、
      どうぞ宜しくお願い致します。

      クリック お願いします!皆さんの1クリックが小生のヤル気の源です!
      にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学・ワーホリへ
      Archives
      記事検索
      RSS
      最新記事
      カテゴリ別アーカイブ
      QRコード
      QRコード
      • ライブドアブログ