最近、お客様からのご紹介で、
とこなつやでお会いさせていただくことが出来た、
R社の大先輩の記事。


ベンチャーの経営陣がおちいる、”権限委譲”の危険な誤解


僕自身、ぜんっぜんできてねぇ!!!


前回、このブログで
知ったふうなことを書いてしまったことが、モーレツにお恥ずかしいです。





第1の症状 「口出し・手出し・頭越し」


自分に出来る仕事は、課長を飛び越して、
末端の部下に指導しようとする。



第2の症状 「丸投げ」


自分に経験のないできない仕事は、
課長に任せきりで放置。


=========================

権限委譲は我慢

逆なんだよね。
自分がやったことがある仕事は、ちょっと聞けばわかるはずだから人に任せても大丈夫。
ここでは「変化」だけに気をつけていればいい。どんなにやり慣れた仕事でも、変化してしまえば、やったことがない仕事になってしまうのだから。

一方、自分がやったことがない仕事こそ、部の責任者として少しでも早くキャッチアップしなければいけない。
ここで必要なことは、知ったかぶりもせず、偉ぶったりもせず、部下だろうが、後輩だろうが、謙虚に接して学ぶことなんだ。

僕が経験から学んだこと。「権限委譲は我慢だ」ということ。

自分のやったことのある仕事には「口出し・手出し・頭越し」をしたくなる。
自分がやった方が早いから。そこをグッと我慢できるか。

自分のやったことのない仕事は「丸投げ」をしたくなる。
できない自分と向き合って謙虚に学ぶのが辛いから。そこをグッと我慢できるか。


我慢ができれば権限委譲ができ、権限委譲ができれば作った組織が機能し、組織が機能すれば「30人の壁」を乗り越えられる。

「30人の壁」を乗り越えるには、我慢が大切だと僕は思っているんだ


==========================

本当に深いと思います。


たしかに僕は、20代の頃に、
30名以上の組織を預かる仕事を経験はしました。
経営者として、結果も出しました。

が、それは、若さと、気合い、
そして多くの優秀な部下たちに助けられたオカゲであり、

「組織のマネジメント能力」

は全く身についていなかったのだと、改めて再認識をしました。




良い人材を採用するのは、得意です。

その結果、採用した部下の能力に頼りきり、
上司としては何もできていない9年間なんですね。

根本から変わらなければ、まじでヤバい。




35歳。
一から、管理職というものをやり直せねばならないと反省します。





↓著書、宜しくです!↓
Amazonページ 転職の赤本
tensyoku_banner220x110




就職活動にも、転職活動にもオススメ!
私のキャリアコンサルタントとしての知識が凝縮されたベストセラー!

年収300万円の残念な働き方

就職、転職、出世に効く仕事の知恵本です。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆       
        Dining DJ Lounge とこなつ家
   〜都会のオアシスで最高のお酒、料理、サウンドをご提供〜

リクルートエージェント社出身のマスターに転職相談ができる日本唯一の転職BAR

とこなつ家ホームページ

とこなつ転職エージェントホームページ


宴会、お誕生会、就職/転職関連レッスン、貸切パーティー、DJイベント !
2500円〜飲み放題つきでご予算、ご要望に応じてオーダーメイドで承ります。
ご相談、お問い合わせはお気軽にこちらまで!

yassuzuki0208@gmail.com
0359448503