キャリア相談もできる隠れ家BARのマスターのブログ@銀座 助家

リクルート−エージェント⇨フィジー共和国の語学学校責任者を経て 飲み屋を開業。創業した池袋のお店を店長に譲り、現在は銀座のどこかでBARを営んでいます。

October 2016

    30年続くオーナー企業の強い組織の作り方は、新興上場企業やハイパーベンチャーの採用と真逆説?

    【広島カープの作り方勉強中】
    30年続くオーナー企業の強い組織の作り方は、
    月次や年次の利益の最大化や短期で上場をする組織の作り方と全然違うんじゃないか説。


    が事業会社の採用業務を担当させて頂く中で出てきた。


    僕は、今まで後者を学び、後者を良しとする考え方だった。
    人材エージェントや、派手目のハイパーベンチャー人事も、
    基本的には後者の採用が得意な人が95%以上の場合、評価されると思います。

    具体的には、


    ○誰もが欲しがる優秀な学歴、経歴、能力の人材を

    ○他社との熾烈な獲得競争に勝ち

    ○より安い年収で採用し

    ○MGTに工数がかからない即戦力で

    ○入社初年度から大きな利益を出す


    でしょうか。



    総合商社、コンサル、メガバン、リクリート出身者、年収半額でベンチャー採用しました!
    どや!


    ハイ!入社1年後にその人材が成した仕事、
    生んだプロフィット、電卓叩いてください。
    はいはい。利益ベースで5000万円ですね。
    どや!


    採用成功でしょ!


    的な。



    これは、2、3年単位での短期的な経営ならベストだし、
    短期業績を追わざるを得ない、雇われ社長さんの会社や、株主への配当を毎年期待される上場企業、
    上場を目指すハイパーベンチャー、
    独立してまだ日が浅く、収益構造や組織作りに絶対の自信がまだない社長さんには
    たいていの場合、とても高く評価してもらえます。



    エージェント業なら、そういう考え方のクライアントに対して仕事をするのが一番儲かる定石だし、
    実際、発注されている会社、求人の90%以上がそーいう性質の求人だろうと思う。



    が、しかし!


    そんな考え方だけでは通用しない
    経営者歴20年の独立系オーナー企業の社長さんに人事マンとして仕える今、
    違う視点、採用、組織の作り方もあるんじゃないかと、今までの自分の採用の常識に対して疑問を抱いている。





    会社の経営、採用、MGTって、
    もっと深いのではないか?
    もっと先を見越さねばならないのではないか?



    今までの「良い採用」
    として挙げさせて頂いた要件を
    反転させましょう。



    ○誰も欲しがらない経歴の未経験人材や、仕事の能力が低い人を

    ○あえて高い年収で採用し

    ○辞められない状態にして強いプレッシャーをかけ

    ○ハードマネジメントで教育し、手をかけて育てる

    ※「高い年収」というのが最大のポイント。
    安くてキツかったらフツー辞めるから(笑)
    それじゃー中小企業やベンチャーによくあるありふれた採用になっちゃう。




    優秀ではない安い人材を、高い給料で雇う??

    一見すると、
    全くもって合理的には見えない。
    儲からないからだ。


    でも、そういうやり方も、ありうる。
    何故なら、社員が強く、長く、定着するからだ。


    他社が欲しがらない人材であれば、
    転職しにくい上に、高い給料を渡せばさらに転職しにくい。まぁ、辞められません。

    そんな環境を作れば超ハードな教育でも逃げださず、徹底的に鍛え上げることができる。


    そうして仕事ができる大人に育った時はどうだろうか?
    若かりし頃の、仕事ができない時代から良い給料を貰い、手塩にかけて育てて一人前にしてもらった恩義がある。
    滅多なことでは転職しないし、経営者を裏切らないでしょう。

    こうして10年以上の時間をかけて作り上げた組織、
    育てた部下たちは、
    本当に、強い。

    社長の分身のように鍛え上げられた旗本社員たちが固める、コンクリートのように硬い組織になるだろう。

    会社の経営が傾いた時にも、
    betterな労働条件の会社に転職して逃げ出す離脱者が出ず、
    社員たちが一丸となってスクラムを組んで事業を立て直し、危機を脱出することなできるでしょう。


    もちろん、最初の収益は極めて出しにくいし、めっぽうMGTに手がかかる。
    辛抱強く、自社の社員に、教育する時間と支払う高給の投資をし続ける必要がある。
    まぁ、並大抵の収益性の会社ではそれはできない。

    が、作り上げた後はむちゃくちゃ強い。
    安心して社員を守る経営が無理なくできる。





    うーん。
    今までの僕が考えていた採用の常識を反転させると、
    こんなカンジのシュミレーションになる。

    ぜんっぜん違う世界に来たからこそ、
    触れる機会、考える機会がある。


    この、採用とMGT戦略の反転の目安は、
    経営者が「5年」単位のタイムフレームで会社の事業を俯瞰して構想する事を主眼に置き始めるあたりで起こるのではないだろうか?


    月次や、直近1年のP/Lにこだわったら間違いなく前者。
    野球で言えば、即戦力の有名選手をFA補強、
    しかも、他チームより安い給料で買い叩いて集める。

    10年〜20年で見たら、
    間違いなく後者、
    広島カープのように猛訓練で育てる(ただし給料は巨人より高くする)が最適かもしれない。

    ※実際は、両方の性質の採用とMGTを良き塩梅に織り交ぜると、一番強い会社組織は出来上がるのではないか?

    リクルートの、CV職(未経験OK!学歴職歴部門、月給30万円の契約社員営業職)
    なんかも、実は一般的な採用の逆張りだったりするわけで。
    仕事はムチャクチャきついけど、若い社員の給料は本当に高いし面倒見がいいから退職しにくい。
    新卒社員だけを純血で育てるキーエンスなんかもそう。
    リクルートという会社は本当にスゴいw






    ということに、
    僕自身が過去に作ってきた組織を振り返って、
    ふと気付いた。



    前々職、事業責任者をやらせて頂いた、
    フィジー共和国の学校業の組織。
    人事部長ももちろん兼務していた。

    10年前に採用し、
    僕が退職して7年が過ぎた現在も、会社の中核人材として勤務を継続して活躍している人たちは誰か??

    海外留学で2年留年し就活に乗り遅れた大学生。
    元SEで世界一周2年の29歳。
    社会人経験が2年に満たない30歳。

    人柄が素晴らしいし、学歴と基礎能力は非常に高いから採用させて頂いた。
    が、他の会社はちょっと欲しがらない経歴?の部下たちかもしれない。


    他社からひっぱりだこの、バリバリ社会人の経歴があるのに、僕がベンチャーに引き抜いた部下たちはどうだろうか?
    大手外資系コンサルティングファーム、大手メーカー、大手人材会社、大手広告会社etc

    みんな早慶、国立大出身。ピカピカの経歴だ。
    ベンチャーではあり得ない、4番バッターや、エースピッチャーたちをズラリと並べたすごい組織だった。

    そんな人材たちをなんと月給14万円、採用コストもゼロで僕は引き抜いていた。

    どや?と。
    当時の僕は思っていた。

    成果は、当然、出た。
    事業は立ち上がった。



    が、10年の時が過ぎた今ではどうだろう?

    僕も含め、全員がとっくに退職している。
    みんな、独立するなり、一流と呼ばれる大企業に戻っている。



    うーん。

    何をもって「採用成功」と定義するべきだろうか?

    本当の意味で、経営者にとって採用してベストの人材は誰だったのだろうか?




    とこなつやはどうだろう?

    即戦力の二番手店長2人を経て、
    最終的に、今、信頼して経営を任せることができた店長は、サラリーマン生活が1年続けられなかった第二新卒の23歳。

    飲食業未経験、当初は全く何もできない状態、
    人柄だけは間違いなく本当に素晴らしい 。
    だから僕は声をかけた。


    から始まり、4年が経った。
    実の家族以上に一緒に過ごした時間は長く、話した事は多い。

    27歳、素晴らしい人徳を持った若き事業責任者になりつつあり、少しづつ頼もしくなってきた。

    30歳になる、社歴5年のバーテンダーも兄貴分としてどっしりしており、
    小さいが、結束の固い、信頼できる組織だ。

    そいつらが、今度は自分たちで
    未経験の若手スタッフを採用して育て始めた。
    ついに、人事機能まで自走しだした(笑)
    image
















    なにせ、社長の僕は海外。
    細かい報告や業務指示も皆無。
    僕は、ハッキリ言って、何もしていない(笑)

    なのに、ちゃんと彼らは自分たちで事業を経営して黒字を出している。
    僕が半年間音信不通になっても、彼らは問題なく事業を継続するだろう。
    5年いなくなっても、彼らは自分たちで新たな採用をして事業を発展させているかもしれない。

    そんなに強い組織の事業を35歳で持てた起業家は
    あまり聞いた事がない。
    僕は本当に幸せ者だ。




    なるほど。。。




    過去に2社も、自分で自分の組織を作ってきたのに、
    「長期的に永続する良き採用」
    とは何か?自分で気づいていなかった。


    経営者が1年や2年の目の前の収益や事業展開にばかりがっついていては会社は進歩しない。
    今、優秀か? 今すぐ何ができる人材か?
    ばかり見ていては強い組織は作れない。

    5年後、10年後、20年後の会社の事業を予測し、
    組織の未来予想図を組み立て、
    その時にも残る人材は誰か?

    極端なハナシ、一生涯、お互い白髪のジジイになるまで一緒に働ける人材は誰か?
    そーゆー視点で経営、採用とMGTを考えることも必要なのだと。



    たぶん、

    経営者が自分の子供に事業を継がせようと考え始めた時点で、

    「直近3年間の最善の経営」→「50年後も継続する最善の経営」
    へ、脳内のパラダイムシフトが起こるのだと思う。



    僕は、自分の子供たちに自分の事業を継がせる気はないが、
    強い社員を育て上げることには興味があるし、
    家族のように、強い絆で結ばれ、温かい愛情のある組織を作って働けたらどんなにシアワセだろう?
    って思う。




    ま、そんなこと、今までの自分の常識を疑うことを新しい環境での採用業務を体感しながら考えつつあるわけです。



    しっかし、叩き上げのオーナー社長さんの、
    社員へのMGTは激しい。濃い。


    正直、リクルートや、前職では見たことないし、
    自分でもやった事がない水準だ。

    要求は常に超厳しいし、超細かいし、怒ると超怖いし、全く隙がない。
    織田信長のようだ。


    でも、どんなダメ社員に対しても、簡単にクビは切らないし、丁寧に指導するし、簡単に部下を見捨てない。
    社員に対する強い愛情と責任感を感じる。

    目標も超高い。想いがある。夢がでかい。
    きっと楽しい事が先に待っている。

    だから、厳しくても、辛くても、なんとか耐えられる。


    父親のような、怖さと、優しさ、両方が同居した濃いマネジメント。





    仕事って、こんなに本気で感情を込めてやってもいいんだ、、、
    人を育てるのには、こんなにも強い情熱が必要なんだ、、、

    本当は自分もそんな熱い社長業をやりたかったのかもしれないって最近思います。





    僕は、不器用なクセに、キレイに纏めようとしすぎたのかもしれない。
    それも、たかだか35歳で。

    なまじ採用が得意だから、素敵な部下たちに恵まれ、
    教育を放棄していても何とかなってしまった。



    何が起こっても笑い続けられるほど人間が出来ていないのに、2年間、怒りや悲しみを表に出すことをガマンし続けて、ストレスを溜めていった。



    相談をさせて頂いた大先輩からは、

    「ヤスは、なんでそんなにネガティヴな感情を殺してるの?気を使いすぎだよ。

    怒りとか、悲しみの感情を出さないと部下たちは君の頭の中や考え方を理解できるはずがないよ?

    お前のいいところは、真っ直ぐ気持ちを伝えるところだよ。お客さんには出せてるからお客さんは来るし、伝わる。

    でも、部下たちが相手になると途端にできなくなるよね。なぜなんだろうね?」


    と、アドバイスを頂いたことを思い出す。


    部下に退職を切り出されるのは、
    何度経験してもあまり気分の良いものではない。
    色々なトラウマが、僕にもある。




    でも、再度、部下と組織を預かる立場になったら、
    怖がらずに自分の感情を出していこう。

    家族のように大切に思っていたら、
    本気で激怒するし、超厳しい指導だってするかもしれない。

    それをしないのは、
    たぶん、部下のための気遣いではなく、
    自分が嫌われたくない、自分が楽をしたいための、逃げだ。



    今回、就職して久々に自分が部下の立場になってみて、
    厳しく詰められるのは、嫌なことばかりではなく、
    嬉しい事、ありがたい事、成長の機会になることだと僕も感じれた。




    いきなり、人は変わることはできないし、
    MGTスタイルをいきなり変えるのは難しい。

    そんなに甘くない。

    でも、先人から学び、
    少しづつ、新しい挑戦をしていきたいと思う。




    というわけで、

    会社員ライフ、2か月が終わろうとしていますが、
    人事、中間管理職として、たくさん学んでいます。





      【〜YAS@とこなつ家 著書一覧〜】


    転職の赤本

    →出版から4年が経つロングセラー。Amazonのカスタマーレビューも抜群ですよ!
    自己分析から、良き会社の選び方、面接対策までを網羅。就活生さんにも非常にオススメです。



    年収300万円の残念な働き方〜1万人に会って分かった年収の壁を打ち破る方法〜
    →元転職屋さんが書く、転職せずに仕事力を上げ、キャリアを強くするためのノウハウ本。


    20代のリアル転職読本
    →満を持して書き上げた最新作!
    第二新卒〜30歳くらいまでの人のキャリアた転職活動の悩みに対してQ&A形式で即答。
    良き転職エージェントの選び方、各社の比較や転職サイトの選び方まで書いてあるリアルな転職裏話本。


    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆       
              Ikebukuro Power Spot とこなつ家
       〜都会のオアシスで最高のお酒、料理、サウンドをご提供〜

    リクルートキャリア社社出身のマスターに転職相談ができる日本唯一の転職BAR

    とこなつ家ホームページ

    とこなつ転職エージェントホームページ


    就職/転職関連相談、就活生さん向け応援レッスン、飲み会、貸切パーティー!
    お気軽にHPからお問い合わせくださ〜い!\(^o^)/
    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

    ストレス対策において、しっかり休むことの大切さ

    ストレスで心を折られないためには、
    体力の回復が不可欠だそうです。



    元自衛隊メンタル教官が教える 本当のストレスの原因 


    超〜 その通りだと思います。

    よく食べ、よく寝て、よく整体に通う。
    防衛本能ww

    29歳で独立してからフル出来高制の雇用形態になり、
    見せ方 や 社内評価から解放されたのと、
    労働集約型で成果が出る強い商材の供給を失ったのと
    たぶん、非常に高いストレス状態に陥ったからなのか、

    純粋に「業務のパフォーマンスの最大化」だけに焦点を合わせるようになり
    自然とそーゆー休息の行動をするようになりました。


    人によって違いはありますが、
    人間の体の構造的には、1日8時間労働ですらtoo much(イギリスが19世紀にテキトーに決めただけで、それが最適だという科学的な根拠は一切ない)

    色々試したけど、1日5時間労働×週7日労働が一番ストレス少なく高い成果が出る。
    産業革命以前の人類が10万年続けてきた働き方。
    週7稼働ならお客様へのレスも最速だし、
    それがストレスに感じないくらい心身のメンテナンスをしておく。

    とこなつやの労働環境も、平日は8時間シフトと5時間シフト、週休2.5日制、日曜日閉店 で設計してあります。だから、みんな、元気でしょ?
    ※金土は気合い!みんなごめんなさい。

    今は、会社員になったけど残業はできる限りしていません。
    何故なら、成果を出す力が落ちるから。
    正直、一日8時間労働でも、けっこうツラいす(笑)

    フル集中の1日16時間労働は、、、
    20代のうちに一度は経験したほうが底力はつくけど、30代後半以降も続けると本当にアブない。

    今は必要な時ならばやるが、
    そのやり方は短期間しか持たないので、火事場のクソ力として取っておきます。


    しっかり休みましょう(^O^)





             【〜YAS@とこなつ家 著書一覧〜】


    転職の赤本

    →出版から4年が経つロングセラー。Amazonのカスタマーレビューも抜群ですよ!
    自己分析から、良き会社の選び方、面接対策までを網羅。就活生さんにも非常にオススメです。



    年収300万円の残念な働き方〜1万人に会って分かった年収の壁を打ち破る方法〜
    →元転職屋さんが書く、転職せずに仕事力を上げ、キャリアを強くするためのノウハウ本。


    20代のリアル転職読本
    →満を持して書き上げた最新作!
    第二新卒〜30歳くらいまでの人のキャリアた転職活動の悩みに対してQ&A形式で即答。
    良き転職エージェントの選び方、各社の比較や転職サイトの選び方まで書いてあるリアルな転職裏話本。


    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆       
              Ikebukuro Power Spot とこなつ家
       〜都会のオアシスで最高のお酒、料理、サウンドをご提供〜

    リクルートキャリア社社出身のマスターに転職相談ができる日本唯一の転職BAR

    とこなつ家ホームページ

    とこなつ転職エージェントホームページ


    就職/転職関連相談、就活生さん向け応援レッスン、飲み会、貸切パーティー!
    お気軽にHPからお問い合わせくださ〜い!\(^o^)/
    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

    仕事、遊び、心と時間のゆとり を両立する ゆる〜い ベンチャー社長業のコツのお話

    さて、前回の続きです。
    「オーナー社長はストレスが少ないから一番長生きする」
    というお話を書きました。




    が、残念ながら、

    ・ストレスに潰され、自分が作った会社に食われる社長さん

    ・起業に必要以上にビビッている(とても難しくて、ツラいと思っている)会社員さん

    はたくさんいます。


    なので、




    プライベート ワークライフバランスも含めた


    人生トータルのシアワセ度が一番高い起業の形





    と僕が考えることを今日は書いてみます。

    ※よくある、アフェリエイトだの、ねずみ講だの、FXの高速売買だの、
    そーゆーちょっとビミョーな金の稼ぎ方ではなく、
    あくまで人様に胸を張れる、まっとうに稼ぐ実業で、起業するケースのお話です。




    僕は、経営者としても、職業人としても、二流の域を出ない人間です(笑)
    実際、大した事業は作れていないです。


    でも、たぶん、「人生を楽しんでいる遊び人」としては一流の領域には入ると思います(笑)



    人様からは、


    「人生を超〜楽しんでいそう」


    「世のため人のためになる、素晴らしい事業をしている」


    「仕事の満足度+プライベートの満足度 の合算」

    では一番シアワセそうな経営者」


    「僕の店で働く人たちも、超〜楽しそうに働いている」



    と言っていただけることは、少なくありません。



    それは、確かにそうかもしれません。

    特に、「プライベートの満足度」がやたらと高い。

    ベンチャーの代表にしては、遊んでばかりいる。

    もしかしたら、ある意味完成度が高い起業だったのかも?(笑)

    と今更ながら思ったのでこのブログをお読みいただいている方へ、

    起業すると失いがちな、
    遊び、時間、心の余裕をら両立する起業のコツを共有するべく、筆を執りました。




    最初にどんな仕事と、プライベートなのか(だったのかw)
    写真をUPしようと思います。



    ・素敵な従業員に囲まれて、仕事は毎日楽しい。
    閉店後に彼らを晩ごはんを連れて行き、おなか一杯食べて頂くことは、とってもシアワセ。
    14183909_1258972000814235_551236246626343495_n

























    仕事中に毎日爆笑しながら、カワイイお客さんたちに囲まれて酒を飲んでいる。
    13680638_1043868872360552_5350151423274986212_n


























    ・ちょっくらマジメに法人営業をする時は、ムチャクチャ集中して全力で働いていました。
    最高に素敵なクライアントさんとステークホルダーさんに囲まれている。
    「世界最高の人材会社さんをクライアントに、最高難易度の人事の営業をしている」という自負、プロ意識も持てる。
    14040143_1255306394514129_4203395800318643253_n




























    で、プライベートは、、、
    遊び始めたら、もう止まらないですw

    既に成功した大富豪さんならともかく、
    お金も大して持っていないのに、こんなに遊んでばかりの現役ベンチャー経営者はなかなかいない。


    ・ほぼ毎年、丸1ヶ月間休みを取って、家族と海外旅行に行く。
    13880149_1234268379951264_5336831371333170227_n
























    ・一人で海外の果て地のフェスや、
    10599191_1137053976339372_8407505643838125092_n

























    水と空気のうまい田舎まで、思い付きでバイクの旅に行っちゃう。
    13680717_1251191524925616_8749894570545880128_n

































    ・店を閉めて従業員とお客さんと一緒に旅行にしょっちゅう行っちゃうし
    12246916_1211265692221576_8511797542803770535_n


























    従業員と2週間の長期海外旅行まで行っちゃう。
    つまり、「ON と OFF」は、人の面ではある程度、融合している。
    1002201_10151826574134841_1939103860_n


























    1238790_10151826565929841_1839761561_n



























    独立以来、毎年年始は、常連さんやスタッフたちと3泊3日でスノボに行っている(笑)
    486077_518178998226876_1186176406_n

























    12509172_1100769519967818_3504992875378931418_n



























    本当に遊んでばっかりだったなぁ。。。
    まぁ、バーテンダーにとって遊びは芸の肥やしです。


    儲ける気は、あまり、ない。
    僕は、遊ぶために働いているし、年収1200万円以上は稼ぐ必要がないと思っているからだ。

    やるときは、徹底して働く。
    やらないときは、徹底して働かない。

    プロ意識を持ってしっかり仕事して、
    事業をしっかり継続できる金額を稼いだら、

    ムリに働かず、ムリに稼がず、
    ムリに働かせず、ムリに稼がせず、
    みんなで、たくさん休んで、たくさん遊んで、公私問わず困っている人の人助けをする心の余裕を持ちながら、
    楽しい人生を、周りの人たちと謳歌すればいい。

    従業員にも、プロ意識を持って、でも「楽しい」範囲で仕事をしてほしい。
    そう思って経営をしてきた。





    何が言いたいのかというと、



    「もっとプライベートを充実させたい」

    という理由で、起業する人がもっとたくさんいてもいい



    と思うんです。



    「1日400時間働かねば起業は成功しない」

    とか言われたら、誰だってやりたくなくなるわい。


    もちろん、僕も、そのくらい働かねばならない立ち上げの時期はありましたよ。
    が、そんな悲壮感いっぱいの働き方、続いたところで2年ですよ。
    僕も、起業して丁度2年目に救急車で運ばれたもん(笑)



    「シアワセの形」を実現するために、

    将来がより楽しく、より時間も自由になるために努力をする

    という事業の組み方をしないと、自分も従業員も働くのがイヤになっちゃうって(笑)



    じゃあ、「プライベートも含めた人生の幸福度重視のベンチャー社長」

    になるコツはあるのか??



    バーーーーっと、挙げます。
    試行錯誤しながらたどり着いた形で、
    これは、全業種に共通すると思います。







    【ストレスフリーな社長業のコツ】




    ○自己資本比率100%

    →自分のやりたいようにやれる


    ○無借金経営

    →倒産して借金を背負う恐怖のストレスがない


    ○年間売り上げの半額程度の現金の保有

    →倒産の恐怖のストレスが少ない(売り上げが半減しても2年は持ち応えられる)


    ○良好な組織コンディション

    →部下との信頼関係のない、疑心暗鬼の状態は最悪のストレスになるので排除


    ○家族経営or2名〜8名までの信頼度の高い部下だけを雇う

    →マネジメントのストレスが少ない。
    自分がプレイングで仕事しながらも、半分くらいのパワーのかけ方で、ムリせず目が行き届き、
    経営が行き詰まっても自分個人の稼ぐ力で守りきれる人数に留める。


    ○価値観、趣味の合う同僚を雇う

    →小さな会社は、ON OFF問わず、部下と接する時間がおのずから長くなる。
    スキルや収益性だけでなく、プライベートでも付き合いたい人、一緒に飲みたい人だけを雇う


    ○休みたい時は比較的自由に休みが取れる

    →基本、オーナー社長は週7日仕事になるので、ずっと続けるとツラくなってくるし、視野も狭まる。
    仕事しかしていない仕事バカになるとクリエリティビティや、自分と事業を一歩引いて客観的に俯瞰する力を失い、経営者として適切な事業の舵取りをする能力が下がる。

    余裕を失ってピリピリしている経営者ほど従業員にとって迷惑な存在はいないから、
    毎年1ヶ月くらいはガッツリ長期休暇を取って仕事を忘れ、心身のケアをしてリフレッシュ!


    ○好きな顧客と仕事をして、嫌いな顧客とは仕事をしない
    どれだけ金を持っていて儲かろうが、キライな奴はキライなので、顧客にすると大ストレスになります。
    逆に、好きな人がお客様だと、労働時間を無視したイレギュラーの対応すらも苦にはなりません、
    友人が困っていたら、助ける。尽くす喜びで心が満たされます。




    ○家庭円満

    社長業の離婚率は最悪に高い水準。
    大抵の社長さんは、家族との関係苦戦したり、苦戦した経験をお持ちです。
    仕事と家庭のON OFFにメリハリをつけるのは、本当に、難しいですよね。

    やっぱり、帰った時に、自分のことを愛してくれている、信頼してくれている家族がいるか否か?
    は人生のシアワセ度に大きく影響するのだと思います。
    個人的には、ココがしっかりできている社長さんは、「さすがだな〜」と、とても尊敬します。




    ○地方なら年収600万円 都心なら年収1000万くらいをしっかり安定して稼ぎ、余ったら他人のために使ったり、ボランティア労働で困っている人を助ける

    →衣食住の欲求を満たすには、所得はこんなもんで十分じゃありませんか?

    年収1200万円を超えると、所得税33%+住民税10%+消費税8%=51%課税
    お客様から頂いたお金の半分以上が税金になり、

    1800万円を超えると、所得税45%になるから、収入の63%が課税される。
    時給1000円で、630円税金で持ってかれて、
    手取りが370円だったら、正直、働く意欲、なくすと思いませんか?(笑)

    その分、良心的な価格に値下げしてお客様から感謝のお気持ちを頂いたり、
    休暇を取ったり、アーリーステージでお金のないクライアントさんをボランティアで人助けをしたり、
    部下やお客様に食事や旅行や、贈り物で還元したほうが精神の健康上良いでしょう。




    ○部下たちへの労働分配率が高い

    →自分自身だけが、どれだけお金持ちになっても、心は満たされないものです。
    また、部下との所得の格差がありすぎると同じ経済感覚で話せませんから、心の距離感ぎ離れて孤独になりやすいです。

    一緒に頑張ってくれた部下たちに対して、
    「社長の自分は、本質的には、部下たちから吸い上げて搾取している」と認識してしまっているか?
    それとも、
    「社長の自分は、しっかり頑張ってくれた部下には、十二分にお金で還元している」
    「同業他社よりはBetterな労働条件で雇っている良い事業体を自分は経営している」
    と思えるかどうかが、
    社長業という職種の心のシアワセ度の大きな分かれ目だと思います。
    一人でタメ込むより、あげちゃったほうが、HAPPYになれまっせ(笑)


    ○お金を持ち過ぎない

    →たくさん持つと、良からぬ輩もたくさん近寄ってきてお金を奪おうとするので大変です。
    一番哀れなのは、カネの使い方も会社の作り方も知らんのに、何億円も資金調達してまった若い経営者。
    生き馬の目を抜く実業界では、カネを持った未熟なガキは格好のカモです。

    いろんなコンサル屋やら、広告屋やら、金貸しやら、営業やらに雲霞のように取り巻かれ、お金をとられまくり、
    疑心暗鬼になった末に、気が付いたら自己破産。

    どれだけ「御社のためにご提案します!」という営業マンも、一度払ったお金は、返してくれませんよ。
    あなたが借金まみれで、家庭崩壊しようが、涙ながらに部下の首を切ろうが、自殺寸前にメンタルを追い込まれようが、自腹切ってまでお金は返してくれないから。無駄遣いしないように。。。

    ま、出資元は保険かけてるし、あぶく銭の入った会社を取り巻く業者はもうかりますよね。そうして経済は回っている。倒産した社長だけが不幸になる。
    そんな不幸な人は、僕の周りでは増えてほしくないなぁ。。。





    ○「世のため人のためになる仕事」で稼ぎ、社会的承認欲求を満たす

    これは、結構大事。社会的にあまりカッコ良くない、良い仕事と評価してもらえない、応援してもらえない業種や、稼ぎ方をすると、10億、100億稼いでも心は満たされません。


    「強くていっぱいお金持ってるけど、心は不幸」な社長さんって少なくありませんよ。
    やたらお金持ちの人って、どれだけ稼いでも心が満たされないから、病的に稼ぎ続けている結果だったりする。

    満たされている人は、偉ぶらないし、
    社内外問わず、謙虚に人と接します。
    むしろ、エラい社長さんであることをプライベートでは隠す人が少なくありません。

    お金持ちと一目でわかる格好をしたり、高級車を何台も保有するような社長さんは、どれだけ社会的に成功しても、どこか心が満たされていない、辛さを背負った一面があると思ってほぼ間違いないと思うなぁ。




    こんなモンじゃないかなーと思います。


    現役の経営者さんにとっては、
    「あーーー!それ!俺、今、超苦しんでる。。。」
    という項目も少なくないのではないでしょうか?


    上記は、僕自身がいろいろな先人の社長さんから学ばせて頂き、試行錯誤しながら

    「シアワセな起業 ストレスを減らす起業」

    のために、前回の起業で意識して設定し、ほぼ全件、達成した項目です。


    結果、独立して3年くらいで狙い通りのライフスタイルを達成し、
    ものすごくシアワセで、過去最高にストレスフリーな人生になりました。

    「自分のお店でお客さんと飲んでいる時間」が週5日、120時間くらいはあるのですが、
    その時間を仕事時間に換算しない場合、たぶん、月間80時間くらいしか働いていなかったと思う。
    残業ゼロの公務員より働いていないw

    飲み屋は飲むのも仕事のうち
    で計算しても、月間200時間労働。
    まー、ホワイトな働き方です。

    で、あまりにもラクチンで幸せすぎて、
    周囲の人にも甘えすぎで、こりゃヤベーと思ったから、
    人間的にも、スキル的にも成長するためのストレスをかけるべく、今、サラリーマンを始めたわけです。





    何が言いたいかというと。、


    プライベートの時間がもっと欲しいから起業したい

    とか、

    力みすぎず、自分が楽しいと思う範囲だけ働く人生にしたい


    という動機で起業したって、全然いーーーんじゃね?



    ということです。




    ・無理のないビジネスモデル、

    ・無駄のないスキルの準備

    をして、

    ・起業して手に入れたいものの明確化(目標の言語化、数値化、達成次期の設定)

    をちゃんと決めて、しっかり事業を組めば、
    労働時間を会社員時代の半分くらいに減らしながら収入を増やす社長業は、十分にできると思います。





    起業しかたらと言って、

    「拡大し続けなければならない」

    「大金持ちにならねばならない」

    なんてことは、全くないです。


    僕は、ムリせず、人生の全体の満足度を上げる形に調整しました。




    品格と教養が伴わない人間が、分不相応なカネと権力を持つと、
    大抵その人もその周りの人も不幸になる。

    ノブレスオブリージュ
    https://kotobank.jp/word/%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%AC%E3%82%B9%E3%82%AA%E3%83%96%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%A5-596638

    高貴さは社会的義務を伴う。
    つまり、エラい人になっちゃうと、なかなか大変ということですです(笑)



    戻します。



    独立しようがしまいが、

    自分にできない事を目標にしてやろうとするのは、

    無駄なストレスを生む行動でしかない。

    できること、当たり前のことを、ちゃんと愚直に、やりません?

    その積み重ねの延長線上に、社長業の成功もあるわけですから。。。





    とまあ、「力まないでね♪」的なユル〜い事ばかり書きましたが、
    一方では、



    「やる」からには、目標は必達。死守。

    達成せねばシアワセになれないし、

    言った事をやれない人間は信頼されないから経営者生命の終わり。




    ということでもあります。


    それだけに、多大なプレッシャー、借金を抱え、高い目標を設定し、
    何十人、何百人も雇うオーナー社長さんって本当にスゴい(エライ)と思います。
    トヨタさんとか、総合商社の創業者の方々とか、もう異次元の神の領域です。


    なので、「偉大な経営者になる方法」は、
    僕なんかではなく、もっと立派な社長の方々のお話を聞いてください。
    いっぱい、本出ています。






    「仕事 遊び 余裕」のバランスのとれた楽しい零細ベンチャー社長業


    をやりたい人は、ぜひ、僕にご相談ください。


    自営業って、世間で思われているほど難しくないし、
    スケールメリットやスピードに頼らない、オリジナリティの高い事業を作り出してちゃんと経営できれば、
    大抵の会社員より長期的な雇用の安定度は高いし、ラクチンなはずです。



    しっかし、1ヶ月間、サラリーマン生活をなんとか乗り切りました。
    本当に、たいへん。

    2週間分くらい、寿命が縮まった気がしますが、
    将来の、僕自身の自営業人生を、もっと面白くできる、貴重な修行の経験をしています。


    僕は、前回の起業では、
    いくらなんでも自由に遊びすぎたと、やや反省をしています。


    本当に人に恵まれ過ぎて、
    素敵なお客様、優しい従業員に甘えすぎた結果、
    事業の将来の展望を見失い、迷走し、
    経営者であることを放棄しました。

    社長だった僕が抜けたとこなつ家も、信頼する従業員一人一人の頑張りのおかげで、なかなか繁盛しているようです。

    今、この瞬間も、従業員たちが、自分の事業を守ってくれているからこそ、頂けた貴重な時間。
    だから、たくさん学ばねばならない。

    ま、また、起業した時も、
    思い切り遊びます。旅します。
    そのために、働いているから。


    でも、年齢を重ねた部下たちが、家族を持ち、
    子供をしっかり育てられるお給料をお支払いできる収益性を担保するために、しっかり従業員の教育をする。

    そして、ワクワクする将来のビジョン、
    とこなつやの未来を、
    従業員に見せられる社長になりたいなぁって、
    最近思います。

    夢はテメーが勝手に持て!
    それをやれ!俺は助けるよ。

    では、経営者とは呼べないですよね。。。
    夢を自分で持てる人ばかりじゃない。

    また、社長業をやるなら、長期的な将来も含めてワクワクする事業を創る役割を果たせる人間になりたいなぁと思います。
    それができないなら、できないなりの、小さな自営業をやろうとも思います。


    答えは、まだ、ない!(笑)






             【〜YAS@とこなつ家 著書一覧〜】


    転職の赤本

    →出版から4年が経つロングセラー。Amazonのカスタマーレビューも抜群ですよ!
    自己分析から、良き会社の選び方、面接対策までを網羅。就活生さんにも非常にオススメです。



    年収300万円の残念な働き方〜1万人に会って分かった年収の壁を打ち破る方法〜
    →元転職屋さんが書く、転職せずに仕事力を上げ、キャリアを強くするためのノウハウ本。


    20代のリアル転職読本
    →満を持して書き上げた最新作!
    第二新卒〜30歳くらいまでの人のキャリアた転職活動の悩みに対してQ&A形式で即答。
    良き転職エージェントの選び方、各社の比較や転職サイトの選び方まで書いてあるリアルな転職裏話本。


    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆       
              Ikebukuro Power Spot とこなつ家
       〜都会のオアシスで最高のお酒、料理、サウンドをご提供〜

    リクルートキャリア社社出身のマスターに転職相談ができる日本唯一の転職BAR

    とこなつ家ホームページ

    とこなつ転職エージェントホームページ


    就職/転職関連相談、就活生さん向け応援レッスン、飲み会、貸切パーティー!
    お気軽にHPからお問い合わせくださ〜い!\(^o^)/
    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆






    【ストレスの少ないシアワセな起業のコツ】「社長」という職種が、実は一番ストレスが少なくて長生きするという話。


    http://biz-journal.jp/2016/02/post_13998.html



    その通り!
    オーナー社長って実はストレスが少ないラクチンな職種



    だと、僕も思います。


    リンクより抜粋

    要約すると、

    ・仕事に対する自己決定権の違いが健康に影響を与える

    ・自分のやりたいことをやれる自由が、健康の秘訣

    ・やりたいこと、ガマンしてると、病気になって早死にしちゃうよ

    ・サラリーマンやるにしても、仕事が頑張って出世したほうが、実はストレスは少ないよ



    ということだと思います。
    ===============================
    一説によると、社長、会長といった経営者は、社員よりも平均寿命が長いそうです。
    それもサラリーマン社長よりオーナー社長のほうが、ずっと長生きするというのです。

    これは、なんとなく不思議だと思いませんか? 
    どう考えても、責任の重い社長のほうがストレスは大きいはずです。
    それもサラリーマン社長よりはオーナー社長のほうがずっと責任も重く、多くのプレッシャーを負っているはずです。

    おおげさに言えばオーナー企業の社長というのは、社員全員の人生を背負っているともいえます。社員の雇用を守り、毎月の資金繰りに苦労し、常に競争の中に身を置きながら、命を削るように仕事をしているのが社長という存在なのです。
    であるにもかかわらず、なぜ社長のほうが社員よりも長生きするのでしょうか?


    「ロンドン大学ユニバーシティ・カレッジのマイケル・マーモット教授が、数十年にわたって指揮している研究プロジェクト、ホワイトホール研究は、選択の自由度に対する認識が健康に大きな影響を及ぼすことを、強力に実証する」(同書より)

    つまり、自分で物事を判断できる割合が高いほど、健康に良い影響を与えるということです。
    経営者は収入が高く責任も重いのですが、なんといっても自分自身や部下の仕事に采配を振るう、すなわち経営判断を求められるということは、選択の連続でもあるわけです。

    経営者にとって会社の利益に対する責任を負うことは大きなストレスになるのは間違いないのですが、
    それ以上に自分で考えて判断することができる、つまり選択の自由が与えられている快感のほうが、はるかに大きいということなのです。


    では、一般社員の場合はどうでしょう? 
    サラリーマンというのは縦社会ですから、いくら自分で考えてアイデアを発案しても、上が認めてくれなければ、それは採用されません。
    サラリーマンのみなさんであれば、多かれ少なかれこういう経験があると思いますが、自分の考えが実行に移せないということ、これが実は非常に大きなストレスなのです。
    社長とまではいかなくても、会社の中で昇格して地位が上がると、それに伴う責任も増える代わりに権限も増大します。
    確かに責任が重くなるとストレスは増える一方で、権限が増大して、自分で判断できる部分が増えるほど、仕事も面白くなります。

    こう考えていくと、サラリーマン社長よりはオーナー社長のほうが長生きするというのもうなずけます。
    サラリーマン社長は結局、サラリーマンだった期間が長いわけですから、それだけ「自分の自由にならない」というストレスを負ってきたからです。
    会社を設立した時からずっと経営者としてやってきたオーナー社長とは、まったく違います。
    仕事に対する自己決定権の違いが健康に影響を与えるというのは、驚くべき事実です。

    ==============================

    これは、すっごくよくわかって、

    特に、僕みたいな「自由の権利」を侵害されることが大ストレスの人間にとっては、
    「自分のやりたいようにできない」のは最悪のストレス原因なります。

    仕事のプレッシャーとか、周囲の評判とか、目標の高さとか、将来の安定性とか、
    けっこーどーでもよくて、あんまりストレスに感じません。

    ↓過去ブログ↓
    http://blog.livedoor.jp/drunkbiker8431/archives/65751557.html



    恥ずかしながら、


    24歳の時、僕が起業を志した理由は、

    「サラリーマンのストレスから逃げ出すため」


    でした。

    それは、今でも、根本的には変わっていません。

    ※そりゃ、職業人としてこんな仕事をしたいとか、世のため人のためになりたい
    という想いはあるけど、それは会社員だろうが、起業だろうが、どっちだってできると思う。



    自営業を6年やってみたけど、
    ・資金繰り(お金がないとしんどい)

    ・部下との関係(信頼関係を失い疑心暗鬼状態に陥るとしんどい)
    をしっかりやれば、むっちゃストレスフリーです。



    じゃあ、世の中の起業家、経営者は、なぜストレスを抱えているのか?
    経営する事業の組み方によるストレスコントロールの失敗だと、僕は思います。





    身の丈に合わない経営目標をブチ上げて莫大な金額を資金調達したり(タダの借金ですからw)

    自分の器量に合わない数の社員を雇って、本来の自分ではない何者かを演じ続ける


    だから、自爆してメンタルがキツくなる。



    社会をどーのこーの、企業の発展云々、エラソーなことをを語る前に、

    自分自身を日々幸せにできている起業か?


    自分の従業員を幸せにできている会社を作っているのか?

    社長自身が幸せじゃないと、社員は幸せにできませんよ〜


    と思います。



    本来、社長業って、ストレスが少ない仕事のはずなのに、
    我を忘れ、自分が作った会社に喰われた人生を歩む痛々しいオーナー社長さんは少なくない。
    ※生き方はその人の自由だけど。どMならそれがキモチいいのだと思います。


    じゃあ、どのへんを留意すると、

    「ストレスの少ない社長業」
    ができるのか??


    長くなっちゃったので、続きは次回!





             【〜YAS@とこなつ家 著書一覧〜】


    転職の赤本

    →出版から4年が経つロングセラー。Amazonのカスタマーレビューも抜群ですよ!
    自己分析から、良き会社の選び方、面接対策までを網羅。就活生さんにも非常にオススメです。



    年収300万円の残念な働き方〜1万人に会って分かった年収の壁を打ち破る方法〜
    →元転職屋さんが書く、転職せずに仕事力を上げ、キャリアを強くするためのノウハウ本。


    20代のリアル転職読本
    →満を持して書き上げた最新作!
    第二新卒〜30歳くらいまでの人のキャリアた転職活動の悩みに対してQ&A形式で即答。
    良き転職エージェントの選び方、各社の比較や転職サイトの選び方まで書いてあるリアルな転職裏話本。


    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆       
              Ikebukuro Power Spot とこなつ家
       〜都会のオアシスで最高のお酒、料理、サウンドをご提供〜

    リクルートキャリア社社出身のマスターに転職相談ができる日本唯一の転職BAR

    とこなつ家ホームページ

    とこなつ転職エージェントホームページ


    就職/転職関連相談、就活生さん向け応援レッスン、飲み会、貸切パーティー!
    お気軽にHPからお問い合わせくださ〜い!\(^o^)/
    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
      Profile

      YAS@銀座 助家

      <本名>鈴木 康弘(とこなつ家店主)

      <経歴>
      米国カリフォルニア州で幼少時代を過ごす
      2004年3月早稲田大学 商学部卒業

      2004年4月〜2006年10月
      (株)リクルートエージェント
      にて企業の採用支援と、第二新卒者の転職支援を経験。

      2006年12月〜2010年4月
      南太平洋フィジー共和国にて
      語学学校FreeBirdInstitute
      サポートオフィスMGR 兼 本社取締役

      2010年10月〜
      転職相談のできるBAR
      Dining DJ Cafe とこなつ家 起業

      <教育基本方針>
      〜向き不向きよりも前向きに〜  
          
      やんちゃな日本人を
      もっともっと増やしたい!
      世界中を元気にしたい!

      <好きな言葉>  
      「知好楽」
      by孔子
      「love,peace,freedom」   
      by Bob Marley
      「我が生涯に一片の悔いなし」
      byラオウ 北斗の拳

      <好きなものたち>
      海/山/寺
      料理/麻雀/飲み会/バイク
      熱い人/アホな人
      べっぴんさん
      DJ/バンド/海外放浪

      <Personality>
      マイペースな寂しがり屋
      大人数での団体行動は苦手
      だが一人では死んでしまう!

      人を愛し
      人に愛され
      自由でいたい
      そんだけの単純な人間です。

      飲みのオファー⇒基本的に断りません。

      皆様こんな小生ですが、
      どうぞ宜しくお願い致します。

      クリック お願いします!皆さんの1クリックが小生のヤル気の源です!
      にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学・ワーホリへ
      Archives
      記事検索
      RSS
      最新記事
      カテゴリ別アーカイブ
      QRコード
      QRコード
      • ライブドアブログ