「誰でも月収100万円!」
だの、
「必ずもうかる!」
だの、
「高級車10台!時計もウン百万円の成功者」
だの、


フェイスブック広告で、あまりにもうさん臭い広告ばかりが出るので(笑)
まさかダマされる人はいないだろうなー と思うものの、
ゆとり教育で育てられた人たちは、本当に素直です。
ダメな大人に簡単に心酔したり、崇拝しちゃうコを見ることはたまにあります。

本気で鵜呑みにして不幸せになる人がいたら、良くないなぁと、思いますので、
僕なりに思う「本物と偽物の見分け方」を書きますね。


最初にニセ実業家のお話をしましょう。


まず、大前提として、

・大金を稼いだ自慢
・働かずに遊んでいる自慢
を前面に押し出して、会員集めやノウハウ提供セミナーをしようと広告を打っているヤツは、
99%偽物、虚業で弱者からお金を集めているヤカラであるということです。


「稼ぐブロガー」を謳っているヤツとかも、実際はブログで儲かっているわけでもなく、
主な収入源は、「自分の成功ノウハウを、会員に提供する」
と謳って集めた自分のファンの会員に、株やらアフェリエイト広告だので稼ぐノウハウの情報商材だの、
極端に原価の安い健康食品なんかを高い値段で売り付けて巻き上げた金で贅沢をしているだけでしょう。


リア充自慢の女ブロガーみたいのも最近はいるようです。

何で稼いでいるかは、まったく出てこず、
ただただ、カネがある、時間がある、モテる、良い暮らしをしている
様子をUPして、「ノウハウはコチラ」的な会員登録リンクを張る。

ま、法外な会費なり、ノウハウなり、化粧品やらヤセ薬なんかを売りつけるのでしょう。

しょーもな。



最近は、世界一周、高級ホテルで遊んで旅をし続けてるけど稼げます。
一切働いてませんよ〜 シアワセです。
ノウハウ知りたい?

みたいなネタをやっとる広告まで見かけました。

働けバカヤロー!

おまいらなんて、社会の何の役にも立ってないわo(`ω´ )o








セミナーだの、塾だの、情報商材だの、健康食品だの、
課金の名称をいろいろ変えてるけど、
基本的なお金のとり方、ビジネスモデルは一緒!

「努力はしたくないけどシアワセになりたい」
弱い人の心に付け込みラクして儲かる期待をさせて、金を巻き上げる。



僕に言わせれば、

「自分がラクしてシアワセになった話」

しかできないヤツらは、
全員、ニセモノです。

彼らに憧れた瞬間に、カモにされるだけですよ。
引っかかる人もどうかと思うけども。。。




つぎに、本物の実業家の話です。





本物のビジネス(実業)をやっている人は、
稼ぐ金額ではなく、「何をして稼いでいるのか」胸を張って、熱く、語ります。
・どれだけ素敵なビジネスをしていて
・どんな素敵な商品で、
・その商品を作るのに血の滲む苦労をして
・それを誰に、幾らで販売していて
・どれだけお客様が幸せになっているか?
こっちを語りたがります。


それが、「実業家」です。
「実業」をやっているから、仕事の内容に関して語れるのです。


さらに言うと、


本物であればあるほど、

「仕事を通じて誰をどれだけ幸せにしているのか?」

を語ります。





世の中にあるビジネスは、99.9%、

買い手の顧客は、幸せにして貰った分の対価として、
売り手に対して料金を支払うので、

顧客を幸せにした度=手にする金額

として社会貢献度と、所得は比例するのが基本的な法則です。

※ただし、支払い能力があまりない人に尽くす、より安い価格で提供する
という善行、ボランティア精神に寄ったビジネスの場合は、この限りではありません。




さらに言えば、本当にお金持ちの人は、
自分がお金持ちであることをあまり言わないし、そう見えないように気を使う人の方がどちらかというと多いです。

なぜなら、日本の国民性的に、
「お金持ち」を思われることは損をすることの方が多いことをわかっているからです。

高級車を何台も買うだの、散在もあまりしない。ケチな人、多いですよ(笑)
使わないから、お金がたまってお金持ちなんですw

ウォーレンバフェットの質素な暮らしを見てみてください。







人間の心ってそんなに強くないです。
誰だって、「苦労をせずに、たくさんのお金を稼いで、遊んで楽しく暮らしたい」
という願望は、持っています。

それは、わかる。
ようっくわかる(笑)

けど、本当にそんなウマイ話があったら誰も働きませんよ。


弱い心を持っていると、ソコに付け込まれて、
ニセ実業家に、わずかな財産と、自分の時間を巻き上げられてしまうわけです。




「未経験でもあっという間に月収100万円」

もしかしたら、1%くらいは、要領良く稼ぐ方法があって、うまいことやる方法は、あるかもしれませんよ。


ただ、僕が知る限りは、そんなうまいハナシは、社会に存在しない。


そもそも、
「自分が楽して稼ぎたい」
を第一において仕事をしているヤツが作る商品に、魅力があるでしょうか?

あなたは、そんなヤツが作ったモノ・サービスを買いたいと思いますか?

ロクなもんないですってw



月収100万円って一朝一夕では、稼げない金額です。
誰でもカンタン稼げるワケないでしょー


何十年も努力して積み上げた、
スキル、お客様に尽くした時間、信頼残高の上だけに成り立つものだと思うんだけどなぁ。。。








どうやったら自分はもっと稼げるか?(楽ができるか)


ではなく、

どうやったら自分はもっとお客様を幸せにできるか?


に視点を変えることが、全ての大前提だと思います。



自分が稼いだ金額ではなく、


自分の成した仕事、その結果、幸せになったお客様


に関して、一番語れる大人を目指してほしい




です。




僕の言っている事が、良くわからないという方は、

闇金ウシジマくん

でも読んでみてくださいね。

ねずみ講、情報商材ビジネスの構造が、わかりやすくマンガで描かれていますよ。




                            おしまい。