ダッシャー フレッドアーボガスト dasher fred arbogast『 そのルアーについてはまたの機会に! 』 みたいな事を書いて

おきながら、大抵書くのを忘れてしまってるんですが、今回は忘れて

ませんよ!  ということで今日のゲストはアーボガストの今は亡き

ダブル水車、ダッシャー。   この間約束した記事です。


ダッシャー フレッドアーボガスト dasher fred arbogast先日の記事の中ではジャークの親戚がスキニーミニーだとか書きま

したが、このダッシャーの間違いです。 スキニーミニーは小さい方

ですからね。  シツレイシマシタ。

最近ルアーの名前がすぐ思い出せなかったり、全然違う名前を言っ

てたりでルアヲタ失格なんです。(汗)   ついにアルコホールが大脳海馬に回ったか?


ダッシャー フレッドアーボガスト dasher fred arbogastダッシャー フレッドアーボガスト dasher fred arbogastこの体躯を見てお分かりの通り、ボ

ディはフルーガーのジャークと共有し

ております。

同じ金型から鋳抜かれながらも片や

フレッドアーボガストで銘を受け、片やフルーガーで銘を受け…  なんて具合に運命が分かれちゃう

なんて、まるで映画のストーリーみたいですな。    ヴァンダム〜!  ←古過ぎ。


ダッシャー フレッドアーボガスト dasher fred arbogastダッシャー フレッドアーボガスト dasher fred arbogastフルーガーがフラップによるイレギュ

ラーダートを身上とするならば、こっち

は正当派のダブルスイッシャーでいき

ます… と言いたいところですが、そこ

は曲者のアーボガスト。 フツーのスイッシャーで終わらせるワケありません。

フロントのペラはご覧の通りのヤル気仕様。  このように前方向に角度が付けてあると、通常のペラ

よりもジャークした時により多くのバブルを水中に引き込めるという効果があります。

早い話、ポッパー的な要素も見込めるって事ですな。

コイツは元々、ソルト用のルアーなので水面でジュボッ!とやってサカナの注意を引きつけるという狙い

もあるんでしょう。 やっぱりBait of Champions。 フツーではありません。

ちなみにフルーガー・ジャークのラインアイヒートンには本来ペラが入る分のスペースが残してあるので

そんなところからも同じDNAを持ったルアーであることを確認できますね。


ダッシャー フレッドアーボガスト dasher fred arbogast最近のアーボガスト… いやプラドコでは見られない塗りも萌えポイント。

使い込んでフレークが落ちたのもイイですが、まっさらのヤツも案外

イイもんですね。

シンプルなブルースケールとのコントラストも泣かせてくれます。


ダッシャー フレッドアーボガスト dasher fred arbogast全長7インチはあろうかというボディなのに、2フッカーというトコも今の

プラドコでは見られない男気を感じます…  と言うよりも単に3フッ

カーでは十分な浮力が得られなかっただけだったりして。(笑)

プレスの跡がビミョーに残ってるのもこの時期のアーボの特徴。

しかしこんなちっこい金具を相手にあーでもないこーでもないとゴタクを並べてるオサーンってやっぱり

キモいなー。  我ながら情けなくなります。


ダッシャー フレッドアーボガスト dasher fred arbogastネームもアーボガストらしく背中に。

ボディのサイズゆえネームもデカいので、心なしか誇らしく見えますね。

なんか人生賭けて彫り物背負う任侠道に通ずるものがある… ワケないか。




ダッシャー フレッドアーボガスト dasher fred arbogast02411ジャーク同様、コンディションのイイのは

なかなか手に入りませんが、コイツを使

えばフレッド君がどんな視点でソルトウォ

ーターフィッシングを捉えてたのかが分

かるかも!    …手に入ったとしてもコワくて使えねー!(涙) 

N.I.B.トレーディング オンラインストア