ルアー千一夜 Beginning

オサカナ釣れないのに偏見だけは人一倍の酒呑みがジャンクからお宝まで言いたい放題&勝手にルアーを愛でる。

何年か振りの再開に当たって過去記事を読み返しましたが、当時はそれが間違ってないと信じていたものも含め、随分テキトーなことが書かれています。基本フィクションとしてお読みください。

カテゴリ: ティファ

ゼブラシャッド ティファマイケルと時期を同じくして登場したコイツはゼブラシャッド。

そうです、あの田辺さんがプロデュースしたシャッドとして

当時ブレイクしました。

それほど頻度は高くなかったものの、お世話になりました。


ゼブラシャッド ティファコイツが登場したのはたしか1990年ごろだから

もう17年も前になるんだね。

当時、国産のシャッドクランクってあんまりなかったので

登場した時はインパクトあったなー。


ゼブラシャッド ティファゼブラシャッド ティファ当時のメジャーなシャッド

プラグといえば、シャッドラップに

C.C.シャッドぐらいしかなくて、

そのどっちもすげー釣れるんだけど、

どっちも致命的な弱点 

―― 飛距離 ―― を抱えてたので、

コイツのキャスタビリティには

ホント助けられたなー   ・・・と言っても今の重心移動には遠く及ばんが。

でもね、コイツはめちゃくちゃ釣れるんだけど、めちゃくちゃバラツキが有った事でも有名

だったんだよね。 真っ直ぐ泳ぐヤツは皆無!とまで言われてたくらいだもん。

しかもラインアイがヒートンだから、トゥルーチューンがタイヘン!

しかしその苦労を乗り越えて完璧にチューンすると、爆発的破壊力をもたらしてくれたから

ある意味、育てる楽しさみたいなもんがあったね。

ゼブラシャッド ティファコイツがスゲーのは、プラスチック量産プラグなのにも

関わらず、フォイル貼りだったということ。

このあたりに田辺さんのこだわりが見え隠れしてるね。

ちなみにボディの中身はシャラシャララトルがしっかり

詰まってます。  サウンド的にはC.C.シャッドの音をもっとウルサくしたカンジだな。

ゼブラシャッド ティファプラリップに強引にヒートンをブッ刺した

のがコイツの特徴。 最近こーゆーの見なくなったねー。

後にこのヒートンリグは姿を消し、エイトリングに進化した

スーパーゼブラシャッドとしてリメイクされます。

でもスーパーゼブラの方はリップにバリエーションを持たせたりしてイマイチな出来だったなー。

ちなみにこのルアー、かなりの確率でリップとボディの接合部から塗装の劣化が始まります。

写真のヤツもリップがかなりセピアになってるけど、これが進行するとリップの付け根あたりから

フォイルがヤラれはじめます。    そーゆー意味でも育ってんのね。(笑)

ゼブラシャッド ティファ自信に満ち溢れたネームを背中に背負ってます。

ところでゼブラって名前にはなんか意味があるんでしょーか?

田辺さんプロデュースだからなんかありそうね。(笑)




ゼブラシャッド ティファトウィッチで使うよりも、タダ巻きでバタバタと泳がせた方が

効果的だった記憶があるけど、皆さんはどーでしたか?

その昔、こーゆージャパニーズヴィンテージルアー?を

駆使してバスを釣りまくってた人達が沢山いるだろうから

そういう人達の当時のテクを集めてみたいもんだね。  

今でも使えるどころか、最終兵器的なスーパーテクが潜んでるかもよん。





アユチュピ ティファ以前にもアップしたんだけどさ、この間久々に使ったら

やっぱり結果を出してくれちゃったから、

やっぱりノリオちゃんはすげーなーっつー事で、

今日のお題はまたまたティファのアユチュピでござーい。


アユチュピ ティファ今さら説明の必要はないと思うんだけど、

コイツはあのノリオ・タナベがプロデュースした

決してダイブしないというペンシルベイト。

アユが水面でチュピチュピしてるっていうイメージで

作られたんだろーね。 結構昔の作品なのにこの造型は今でも充分通用するね。

アユチュピ ティファ実際に使ってみると分かるけど、

コイツはホントに良く出来てるというか

考えられて造られてんのよ。

サイズ、ウェイトはモチロンのこと、使い手が

飽きない動きって言ったらいいのかな、あの当時の

国産ペンシルとしてはめちゃくちゃ汎用性が

高いんだよね。  イヤ、お世辞抜きでね。

だから1軍ボックスに常駐させてます。  言うなれば家庭内常備薬ってトコですわ。

アユチュピ ティファアユチュピ ティファラインアイからベリーに

かけてのパラボリックデザインと

フラットな面をうまく使って

エッジを効かせたシェイプが

潜らずにチュピチュピするアクションを演出可能にしてくれます。

スプラッシュと共にこなすキレのあるターンのスバラしさは、実際に使ってみるとよーく分かるよ。

アユチュピ ティファアユチュピ ティファやたらとダブルフックに

換えちゃうのんだくれですが、

コイツの場合はオリジナルの

まま、トリプルフックで使用。

なぜならこのアユチュピ、『 落ちパク度 』 が異様に高いのだ。  虫系のシェイプでもないのに、

着水直後のバイトが連発するので、ダブルフックだとミスバイトが多くなっちゃうのさ。

なんでこんなに落ちパクが多いのかは全くわかんないけど、のんだくれの勝手な想像からすると、

コイツの着水音がベイトフィッシュのスプラッシュサウンドに似てるんではないかと。

のんだくれと同じ様にコイツで落ちパク経験したことある人、多いと思うんだけどなー。

アユチュピ ティファのんだくれの好み通りにハラにネームプリントが

入ってますが、やたらと首を振る性格なのですぐに

ネームはハゲハゲになっちゃいます。 

フツーだったら文句の一つも言ってやりたくなるけど

釣れるから許してやろう。  それにこのロゴデザイン、実はあんまり好きじゃないのよ。(笑)

アユチュピ ティファアユチュピ ティファこーんな感じで書いちゃうと、

非の打ち所がないインビンシブルな

プラグだと思っちゃうかも

しれないけど、実はひとつだけ

物足りないところがあるのだ。  それはファーストドッグウォークに対応できないトコロ。

コイツは早引きすると水面を跳ねてきちゃうのだ。

このプラグの売りでもある決して潜らないというのは、常に水面への力が働くとゆーことだから、

仕方がないことなんだけどね。 でもファーストドッグウォークで使わなきゃ限りなく満点に近い

ペンシルベイトなんだから、ベイトフィッシュが騒ぎ出すこれからの季節に是非使ってもらいたいね。



しかしこれだけの名品が中古で100円前後で手に入っちゃうのは嬉しいんだか哀しいんだか・・・










J'z ラップ サイレント バス&シェイプ ティファ使いたいんだけどストックが少ないから使えないルアーって

誰にでもあると思うんだけど、のんだくれの場合はコレ、

ティファが誇るバイブの名品・J'z ラップ サイレント。

“ なんだよー、コレだったらワゴンにいっぱい出てる

じゃねーか ” って思ったあなた! ウソだと思ったら真剣に探してみてよ! 全然見つかんないんだから! 

J'z ラップ バス&シェイプ ティファ中古屋を幾つか回れば、ジャラジャラ版のハイサウンドや

ソルトバージョンは見つけられるけど、バス用の

サイレントバージョンは、品数の多い中古屋でも遭遇率1%以下!

なんでこんなに少ないんだ? あんまり人気無かったのかなー(涙)


J'z ラップ バス&シェイプ ティファその名の通りサイレントバージョンなので、

ハラの中は空室状態。 いつでも入居できます。(笑)

スケルトンカラーだからヘッド部のウェイトだけというシンプルな

構造がバッチリ見えちゃいます。 

そーだよなー ラトルの入ってないバイブレーションプラグの腹部ほどサミシイもんはないよなー。

のんだくれがこのサイレントタイプを探してるのにはワケがある。

それは・・・・・・ 

J'z ラップ バス&シェイプ ティファジャーン!   ボトムでこんな感じにピンコ立ちしてくれるから

ボトムパンピングがすんげーやりやすいのだ!

ダブルフックに交換してあるのはそのためなのさ。

ラトルルームが大きな浮力を生み出すので、

着底しても絶対に横に倒れないんだよ。  この頭下げを謳ったバイブレーションプラグって

いままで幾つかあったけど、意外と底ではおねんね状態になっちゃうのが多いんだよね。

でもコイツは期待を裏切らないおっ立ちぶりで、バスにも人間にもアピールかましてくれます。

丁度今頃、春先のシーズンはバイブレーションプラグを使ったボトムパンピングはザリガニと間違えるのか、

時としてデッドリーウェポンになるから、やった事がないヒトは是非。

J'z ラップ バス&シェイプ ティファラトルトラップと区別せにゃならんので

タテガミにはこのルアーのアイデンティティを表す

ギザギザがはいってます。

ここでしかオリジナリティを発揮できないというボディ形状はチト辛いなー。

J'z ラップ バス&シェイプ ティファ一時期コレばっかり使ってたので、20個近くあった

サイレントラップ君もいまや残りがたったの2個。

メチャメチャ釣れるルアーだけに今すぐ使いたいけど、

ロストはしたくない・・・・ わかるでしょ? このキモチ。

ザリガニが這い出すこの時期が一番のハマりシーズンなのにぃ・・・

もしこのサイレント持ってるヒトがいたら、今週末にでもフィールドに連れ出して試してみて!

マジ釣れプラグだって事がわかるからさ。

それよりも誰かこのサイレント版を売ってるトコ、知らない?













チビジェッター ティファバイブレーションプラグって、ホント便利なんだよね。

だってさ、真剣にバス釣るぞー!って時はもちろん、

ヤル気がない時には投げて巻いてりゃ釣れちゃうんだからさ、

根掛かりの危険性さえ考えなきゃこんなサイコーのプラグはないでしょ!

 
チビジェッター ティファ最近はスラヴァーバイブにお株を奪われつつあるけど、

コイツも負けてないゾ! のチビジェッター。

あのノリちゃんプロデュースの激釣れバイブ、

ラトリンジェッターの弟分なのだ! 


チビジェッター ティファバイブレーションプラグほど、その日の状況によって

釣れ方が変わってくるプラグも珍しいんだよね。

試しにバイブで釣れてる時に、同船者と違うヤツを

使って、どっちが釣れるか比較してみてよ。

最近のフィールドじゃ連発する事なんてそうそうないから

比較はムズカシイかもしれないけどさ、

アホでも釣れるパラダイスと言われてた20年前の

琵琶湖ですらはっきりと違いが出たくらいだから、

やっぱりバスの好むサウンドというか周波数は明らかに存在すると思うんだよなー。

チビジェッター ティファそんなコイツはこの写真を見ての通り、固定ウェイトと

大きなウェイトボールが1個だけ入ったワンノッカータイプ。

ジャラジャラが絶対だー! と言い張る人と、

コトコト音がサイコーさ! と主張する人、それぞれに言い分は

あるだろーが、のんだくれ的にはコトコト音の方が好みといえば好みだな。

チビジェッター ティファプラグ自体はサイコーなんだけど、のんだくれは

ティファのこの手のロゴがイマイチなんだよなー。

ロゴもそうなんだけどさ、ボディカラーに

馴染ませちゃってる謙虚さが気に入らん。

誰もが認める激釣れバイブなんだからさ、もーすこしガツーン! とアピールてもエエんとちゃう?

チビジェッター ティファチビジェッター ティファこのプラグではまだ連発

したことないけど、

使えば結果を出してくれるから

やっぱ外せないね。

でものんだくれボックスの在庫も残り僅かになっちゃったから、そろそろ真剣にストック探ししなきゃ!



ところで、皆さんはジャラジャラ派? コトコト派? それとも無口派? 






いつもクリック!クリック!ありがとうございます!  
今日もまたまたよろしくお願いします!       ⇒     にほんブログ村 釣りブログへ










このページのトップヘ