ルアー千一夜 Beginning

オサカナ釣れないのに偏見だけは人一倍の酒呑みがジャンクからお宝まで言いたい放題&勝手にルアーを愛でる。

何年か振りの再開に当たって過去記事を読み返しましたが、当時はそれが間違ってないと信じていたものも含め、随分テキトーなことが書かれています。基本フィクションとしてお読みください。

カテゴリ: ピンク

ストレートバズシャッド アクアフリーク p&nピンク唐突ですが、皆さんバズベイトって使ってます?

『 あんなハリガネで釣れる気せぇへん 』 という方から、

『 絶対的マストアイテム! 』 と言い切る人までその捉

え方はさまざまですが、今日紹介するこのストレートバズ

シャッドは、肯定派・否定派どちらが使っても目からウロコ間違いナシの秀作ですよん。


ストレートバズシャッド アクアフリーク p&nピンクバズベイトとシャッドを融合させた… というのがコイツの

コンセプトだったと記憶してマス。

この手のルアーは見たまんまキワモン扱いされちゃって、

真の実力が見出されずに消滅していく可能性がヒジョー

に高く、量産には大きなリスクが伴うんですが、それを恐れずに発売したアクアフリークの

勇気に拍手を送りたいですね。


ストレートバズシャッド アクアフリーク p&nピンクコンセプトそのまんま(笑)のルックスには潔ささえ感じら

れますね。 しかしこのデザインが実に理にかなってるんです。

インライン形状にまとめることによってラインが絡みにくくな

っているだけでなく、キャスト時の安定性が格段にアップ。

それにより、特に重いとも言えない1/2オンスにも関わらず、結構な飛距離が稼げます。

飛距離&手返しがモノを言うバズベイトでは非常に重要なトコです。


ストレートバズシャッド アクアフリーク p&nピンク一見何の変哲もないバズペラですが、ここにもヒミツが隠さ

れてます。 アクアフリ−クのロゴが入ってることからもお分

かりのように、ペラはこのルアーの為だけに作られた専用設計。

それぞれ逆転するペラはわずかに接触してタッピングノイズを

発します。  一般的にタップサウンドを発するバズベイトは浮き上がりが遅かったりする事が

多いんですが、コイツの場合はそんな不安は一切ナシ! かなり高いレベルでまとまってます。

開発担当者は相当なバズマニアなんだろーな… ということが伝わってきて思わずニンマリ。


ストレートバズシャッド アクアフリーク p&nピンクしかーし! このバズの最大のウリはペラじゃなく、このフックに

あります。 確かスライディングフックシステムとか呼ばれてた

と思いますが、フックを遊動式にすることでバズベイトの一番の

泣き所、バラシの多さを減らしています。

最初は 『 そんなに変わるんかいな 』 と半信半疑だったんですが、実際に使ってみると

バラシが減るだけでなく、ノリがすこぶる良いのでちょっとビックリ。 

小さめのダブルフックで一口サイズにまとめた事が功を奏してると思うんですが、フックアップ

まで持ち込める確率は従来のバズを圧倒してます。 ショボい画像で見づらいんですが、アウト

バーブのフックを使ってるのもなんか関係あるんですかね?


ストレートバズシャッド アクアフリーク p&nピンクバズベイトなのにネーム入りってのものんだくれのお気に入り。

ちなみにこのヘッド部分は比重の軽い金属で出来てます。

素材は良く分かんないんですが、いわゆるジグヘッド系でない事

だけは確かです。    ←なんちゅう曖昧な…


ストレートバズシャッド アクアフリーク p&nピンクストレートバズシャッド アクアフリーク p&nピンクバズを使うシチュエーションには

いろいろありますが、このバズに

適してるのはリトリーブ距離が

長くとれないポイントを手返しで

攻めるような状況。  分かりやすく言うなら両側から草が軽く被った水路みたいなトコロでしょうか。

ピッチングでチョイ投げして巻く、みたいな。

6月にもなるとバズベイトにもエエ感じで出てくれるようになるので、もしコイツをボックスで眠らせ

てるヒトがいたら、叩き起こして投入してみて下さいな。


5月24日 21:15 追記

まーたやっちまいました!(汗)

あざらしみうらさんのコメントで、『 ヘッド部は金属じゃないですよ 』 とのご指摘が!

うっそぉーん! ということでヘッドをナイフで削ったら あらまあ! しっかりプラでした! (滝汗)

ブツけたところが金属っぽかったのですっかりメタル系だと思い込んでました。

やっぱお気楽で書くのは良くないっすねー。  スンマセン…

しかしクリア鮎なんてカラーがあるのは知らんかった!   また捕獲対象が増えちった…。

あざらしさん、いつも情報さんきゅうです!    

これからもナイスな訂正コメントよろしくお願いします!   ←まず先に再発防止に努めろよ。




N.I.B.トレーディング オンラインストア

アクアフリーク AFラウディスティック空前のバスブームの時には、今では考えられない数の

バスルアー達が発射されては消えて行きました。

ルアヲタにとってはまさにヘブンだったわけなんですが、

その中には実力がありながらも大量消費の波に呑まれて

消えちゃったルアーってのも数多く存在します。 このラウディスティックは正にその典型。


アクアフリーク AFラウディスティックコイツはあのタカスミノーの高洲氏が興したブランド、

アクアフリークの一員としてデビュー。

正直なトコ最初はスルーしてたけど一度使ってみたら

トリコになっちゃいました。


アクアフリーク AFラウディスティックそのヒミツはこのボディシェイプ。

外観の割りに横幅が太くて、ヘドンのヘッドハンター

並みの逆デルタ形状のボディを採用してるんです。

その違いはアクション特性に表われます。

んー… 一言で言うと、サミーとレッドペッパーと

ログを足して3で割ったよーな感じとでも

言いましょうか。   つまり規則正しいドッグウォークと、水中でのきり揉み&ダート

アクションが思い通りに演出できるんです。

クンクンクーンと首振りしたら、いきなりダイブしてヘラヘラヘラッ、ズコーンってな具合。

え? 何言ってるかわかんない?  妄想してよ、妄想を。

サミー、レッドペッパー、ログをそれぞれ使ったことがある人は良く分かると思うけど、

思ったところでアクションを変えるのって結構ムズかしいんだよね。

サミーは水中でヘラヘラしないし、レドペパはあんまり首振らないでしょ? 

ところがコイツはそれが思いのままに出来ちゃうのだ。  コレってスゲーと思わない?


アクアフリーク AFラウディスティックしかもサミーのお株を奪うかのようなこのおちょぼ口が

首振りの度に小さなスプラッシュを上げてくれるので

アピール度は言うまでも無く、ペンシルベイト好きには

タマラン味付けになってます。

のんだくれ的に言うと、ココイチでチキンカレーの3辛でライス400g、あ、チーズも乗せてねって

ぐらいのストライクゾーン。


アクアフリーク AFラウディスティックさらにボディの中を小さなタマタマが自在に走り回るので

ウルサイ事この上なし。 

このボディサイズのペンシルベイトでここまでウルサイ

のはあんまり無いんじゃないかな。


アクアフリーク ラウディスティック自己主張もしっかりのんだくれの好みを押えてくれてます。

大き過ぎず小さ過ぎず、かつAFなんてブランド名まで

入れたこのデザインセンスはサスガだね。

ハラにプリントされてたらもっとポイントあげたんだけど。

ちなみにROWDYとは暴れん坊ってイミね。 名前のまんまの暴れん坊ペンシルですわ。


アクアフリーク AFラウディスティックアクアフリーク ラウディスティックコイツが似合うシチュエー

ションはインレットあたりで

ベイトを追ってる腹ペコバスを

狙う時。

リトリーブスピードに変化をつけて誘いたいルアーだね。

いつもサミーやレッドペッパーを投げてる人はコイツをローテーションに入れたら結構

面白い釣りが出来るんじゃないかな。

さらにウレシイのは、比較的簡単に中古屋で手に入ること。

もし見つけたら是非買って試してみて下さいな。

あ、でもこれだけは忘れないで! コイツには弟がいるんだけど、正直なトコそっちは

イマイチな出来具合なので、買うときは必ずこの90丱汽ぅ困鬚諭





デビルエッグ ピンク アクアフリークハングリージョーの威力に打ちのめされてからというもの

ピンクのルアーには目が無いのんだくれ。

コイツもそんな時期に速攻ゲットに走ったモノ。

その名もデビルエッグ。 コイツぁ釣れそうだぜ!


デビルエッグ ピンク アクアフリークピンクはアクアフリークから派生したお遊び系の

トップウォーターブランドだから、基本的にキャラクター系の造り。

たった5cmのウッドボディにいろいろとアイディアが

盛り込まれてるから、見てるだけで楽しいよん。


デビルエッグ ピンク アクアフリークデビルエッグ ピンク アクアフリークその名前の通り、

コロンとしたエッグシェイプの

ボディで、テーブルターンを

ビシバシ決めてくれます。

シリーズ共通のエラの造型と、キラリと光るゴールドのネームプリントとカップリグが気合いを表してます。

しかしこのボディサイズだから仕方ないけど、弱っちいフックだなー。 

デビルエッグ ピンク アクアフリークハングリージョーとはカップのサイズが違うから、

ポッパー/ダーターとして使うよりも、ピンスポでネチネチ動かして、

時々ポコン!みたいな動かし方がジャストライト。

ライススラッグでちょっとアオるだけで、270度ターンをカマしてくれるよ。

しかし、このカップの中に仕込まれたこの小さなディンプルは一体どんな効果があるんだろ?

このディンプルはハングリージョーにはないので気になるなー。

デビルエッグ ピンク アクアフリークケツにはこーんなテールがくっついてます。

このシッポが無かったらデビルとは呼べないという哀しい事実。

ただねー、正直言ってコレは無くてもいいでしょ!

なんかネーミングのためにシッポを後付けしたような気がするんだけど・・・ 


デビルエッグ ピンク アクアフリークまだこのプラグでは1尾も釣ってないけど、アクションからして

必ずイケるハズ。

ハングリージョーはダブルフックに交換したら極上プラグにヘンシンしたから

もしかしてコイツも・・・ なーんて下心満ち満ちなのんだくれですわ。




コイツは中古屋で価格が1/10まで暴落してるので、もし気になったら仕入れて使ってみるのもいいかも。

でも中古で激安だからこそ買うのであって、もし定価の2,300円出せと言われたらフクザツなキモチだな。







このページのトップヘ