2010年05月23日

パリのアブサン専門店 Vert d'Absinthe

paris1Gwに久しぶりにヨーロッパに行くことになった。場所はパリ。パリと言えばアブサン。ということで、パリで東京ではお目にかかれないようなアブサンスポットに是非行きたい。でもそんなものが地球の歩き方に掲載されているわけはない。まずはGoogleで調査を開始することにした。Googleで検索すると色々なページが出てくるが、ほとんどがEコマースのサイトで役に立たない。ただ、一件だけ素晴らしいページを発見。どうやらアメリカ人のアブサン好きがまとめたページのようだ。世界には色んなところにアブサン好きがいるものだ。

上記のページには色々なアブサンスポットが掲載されているが、今回は一人旅ではなくて妻もいるので巡れるスポットはせいぜい1つか2つだ。そんなこんなで決定したアブサンスポットがVert d'Absinthe。アブサン専門店としてマニアックなアブサンを多数販売しているらしい。

paris2東京には、何度も記事を書いている恵比寿のBar Tramのようなアブサンを多く取り揃えたBarはあるが、アブサンを何品もそろえた専門店というのはない。当然、正規・並行輸入をおこなっている市中流通品のアブサンを取り揃えた酒屋はあるが、もちろんアブサン専門ではない。Vert d'Absintheはホームページを見る限り、アブサンばかりを集めたかなり怪しい専門店だ。

パリに到着した翌日、パリ市中観光ツアーの解散場所がノートルダム寺院だったため、その後、嫌がる妻を連れてVert d'Absintheのあるマレ地区まで約1キロの道のりを歩いた。すると事前にGoogle Street Viewで詳しい場所を調べておいたこともあり、無事にVert d'Absintheに到着。

paris6Vert d'Absintheは非常にこじんまりとしたお店で、中には若い店員さんとオーナーらしき人物がいた。店に入ると、左手にはヨーロッパコンテストのメダル受賞のお酒が綺麗に並べられている。その大半はBar Tramでロージさんが入手していたものだが、中には飲んだこともない銘柄も多数あった。このほとんどは日本には流通していないので、もう少しインポーターには頑張ってもらいたいものである。

日本人がこのお店に来ることは少ないらしく、オーナーと店員は面食らったように我々を見ていたが、アブサンをEUで探すときに浴びるそうした視線には慣れっこなので、僕は許可をもらってそこにあるボトルのラベルをチェックした。

paris7そんな中から、まだ飲んだことのないこのボトルをチョイス。恐らくBar Tramにもまだストックされていないのではないか(あったらショック!)。店員さん曰く、香りがとてもよく、若干ビターな味わいもあり、フランスのアブサン愛好家の間でも大変人気名商品だそうだ。しかし、とてもレアなボトルなので、パリで販売しているのは、ECサイトを除けばここ一軒だろうということだった。

店員さんはものすごく英語のうまい人だったので、会計をしている間も色々と話を聞くことができた。まずフランスでもやはりアブサンは危険なイメージがあるらしく、好んで飲むのは愛好家中心と言うことだった。一般市民が両手を挙げて飲むことは少なく、普通の人は街先のカフェでパスティスを飲むのに留まるらしい。

paris3日本人が訪ねてくるのは年に一回程度だそうで、大半はパリに留学しているか何かで、わざわざパリ旅行の際に寄る人はいないらしい。ただ、東京にあるBarの店主の友人がエアライン関係者で、その人は寄港地がパリの場合は何回か店に立ち寄り、その東京のBarのためにレアボトルを仕入れていくそうである。ひょっとしてロージさんのことかと思ったが、Barの主人は誰かわからないと言うことだった。

いずれにせよ、Vert d'Absintheでのお買い物は終了。非常にクオリティの高いレアボトルを販売していて、店内も危ない感じは一切ない明るいお店だった。ちなみに店員さんはなかなかのイケメンだ。

paris4ただ、改めて思ったのがBar Tramの収集力の高さだ。Vert d'Absintheに行ってレアボトルをいくつかみても、Bar Tramのお陰で、一回も見たことがないというボトルはあまり見当たらなかった。これは喜ぶべきことかどうかは別として、フランスで買ったあのボトルがBar Tramにおいていないことを祈りつつ、次回入店した際にお土産としてもって行こう。

drunkonspeech at 11:17│Comments(0)TrackBack(0)アブサン 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Profile
Chun
大学時代に、某雑誌のフードライターのバイトをやり始めたのをきっかけに、お酒の世界にはまる。

その経験を生かし、現在はシニア外国人向けの日本酒・焼酎の会を企画・運営する。

昼ごはん代をケチってお金を貯め、都内のBarやレストラン、ホテルに頻繁に出没。

利き酒師、焼酎アドバイザーなどの資格を保有するが、一番の得意分野は薬草系リキュール。日本では今一マイナーな薬草系リキュールを、全国的に普及させたいという野望を持つ。
Recent Comments
Recent TrackBacks