image
どうも!
たろーです。







「Flashes for USDJPY」と「Flashes for EURUSD」。

人気が高いのはUSDJPY版ですが
この2つをポートフォリオしたら
どうなるのか?
検証したいと思います!


【Flashes for USDJPY 10年バックテスト】
image

純益 3666ドル
最大ドローダウン 219ドル
総取引回数 2651

0.1ロットあたりのドローダウンが小さい!


【Flashes for EURUSD 10年バックテスト】
image

純益 7633ドル
最大ドローダウン 1065
総取引回数 4775回


USDJPYとEURUSDを比較すると
USDJPY版は
0.1ロットあたりの最大ドローダウンが219で
年間リターンは366ドルとなります

EURUSD版は0.1ロットあたりの
最大ドローダウンが1065ドルで、
年間リターンは763ドルになります。

USDJPY版の方がドローダウンが低く
相対的に見るとパフォーマンスが良いのは
USDJPY版になりますが
EURUSD版は取引回数が
USDJPY版の2倍近くあるのも特徴です。


【USDJPYとEURUSDを同時運用した場合】
image

0.1ロット運用した場合
利益額が多いのはEURUSD版でした。
ただし最大ドローダウンは
EURUSDの方が5倍大きいので
ロット比率はEURUSD:USDJPYを
1:5にしても良いですね。

100万円でUSDJPYとEURUSDを
同時運用するのであれば
USDJPY 1.0 EURUSD 0.1
または0.2とすると良いでしょう

上記ロット数での年間平均利益は
USDJPY版で+3666ドル
EURUSD版で+1526ドル(0.2ロットの場合)
となり
年間平均合計+5192ドルとなります。
(最大ドローダウンは4255ドル)

証拠金を考慮すると
110万円以上あったほうが良いですが
リターンも大きく期待できる組み合わせです。

USDJPY版、EURUSD版
いずれにしても優秀な成績で
どちらも捨てがたいですね。
取引回数を重視する方は
EURUSD版もオススメです!

Flashes for EURUSD公式ページはこちらから

Flashes for USDJPY公式ページはこちらから

【注目されています!】
・『購入』オリジナルEAプレゼント! 
・『口座』オリジナルEAプレゼント! 
・『成績』オリジナルEA一覧 
・『1位』MT4シストレランキング 
・『今』ゴゴジャン経由新規口座開設一覧