image









どうも!

たろーです。



3通貨ペア対応の複数ポジションEA
『MultiLogicSHot_EA』
『MultiLogicShot_T2』

どちらも3通貨運用可能な
1EAでポートフォリオが組めるタイプです。



唯一の難点は「推奨証拠金が多く必要」なことです。
1通貨ペアにつき最大6ポジションもちますから
3通貨で運用すれば最大18ポジション持つことになります。
0.1ロットを初期ロットにすると
最大で0.6ロット持ちます。

「MultiLogicShot」であれば
フォワード上では推奨証拠金が
120万円になっていますが
バックテストの最大DDを考慮すると
150万円ほどは必要になってきます。

「T2」についても
EURJPY、GBPJPY、AUDUSDで
それぞれ証拠金は異なってきますが
GBPJPYなどは0.1ロットで7万円必要ですし
やはり同じく150万円くらいあると安心です。

なかなか300万円証拠金に入れるのも不安だなという場合は
いいとこ取りで1通貨ペアずつ運用するのも
良いかもしれません!

おすすめは、MultiLogicShotのUSDJPYと
T2のEURJPY!
どちらも10年バックテストにおいて
マイナスの年がナシ!

バックテスト年別損益を見ると一目瞭然です
2 
USDJPYのみ年間マイナスなし
2017年が少し弱め


2 
T2ではEURJPYのみ年間マイナスなし
2011年と2015年が利益少なめ



そしてUSDJPYとEURJPYをポートフォリオにすると・・・
2 
相対して011年は利益少なめですが
10年のバックテストで年間平均利益額は28.8万円です。
EURJPY、USDJPY
最大ドローダウンを考慮したときの推奨証拠金は

USDJPY
(4.5*6)+(9.4*2)=45.8

EURJPY
(5.2*6)+(15*2)=62.6

約108万円必要となり
両建てで証拠金が相殺されることを考慮すると
100万円でも問題ないかと思います。
平均年利でいうと約30%
よい年だと50%ほどになります!
いくらポートフォリオといっても
年間を通してマイナスになるのは許せないんだよ~
という方は
USDJPYとEURJPYの組み合わせはいかがでしょうか!?

MultiLogicShot_T2
MultiLogicShot_EAの別通貨(EURJPY・GBPJPY・AUDUSD)バージョン
 


MultiLogicShot_EA
複数の通貨ペアとエントリー・決済ロジックの組合せから安定した利益を生み出すEA
 

【注目されています!】
・『購入編』オリジナルEAプレゼント! 
・『口座開設編』オリジナルEAプレゼント! 
・『成績は?』オリジナルEA一覧 
・『1位は?』MT4シストレランキング 
・『今なにある?』新規口座開設一覧