image
どうも!
たろーです。







フォワード実績3年以上!
利益を更新し続ける低ドローダウンEA決定版
『White Bear Z USDJPY』
の魅力を再発掘!

最も効率的な資金運用方法とは?
単利・複利運用の差などをご案内します!


【White Bear Z USDJPY 概要】
通貨ペア:[USD/JPY]
取引スタイル:[デイトレード][スキャルピング]
最大ポジション数:3その他:3~5の間で変更可能
運用タイプ:複利運用(単利もあり)
使用時間足:M5
最大ストップロス:60
テイクプロフィット:7
エントリー可能時間: 3:30~8:00(日本時間)

【色々なフィルターで最大限リスクを排除!】

ユーザーの声を受けて進化してきた
White Bearシリーズの集大成ともいえる
White Bear Z。

・月曜朝はエントリーしない
・金曜日の指定時間に強制決済
 (週またぎのポジションを取らない)
・指定したpips以上の大きな変動があった場合は指定時間にエントリーしない

といった安全機能が備わっています。




【バックテスト分析】
さて
ではフォワードも
充分な実績があることがわかりましたので
今度はバックテストで
フォワードとの乖離がないか確認してみましょう。

デフォルト設定
(AutoGMTはバックテストではfalse)
2014.9~2017.12.31 
フォワードとほぼ同期間で運用
スプレッド(現在値)
image

フォワードとほぼ乖離なし・・・・!!!

ここまで損益曲線が一致しているのは珍しいです。
理由としては
”トレーリングストップを使用していない
固定TP、SLである”ことと
フォワード計測と同じOandaの口座で
バックテストしたからだと思われます。

こうなると
今度はバックテストが信頼できますから
長期運用での最大リスクや
期待見込みが予測しやすくなります。



【利益を最大化する運用方法!】

デフォルトパラメーターでは
RISK=1.0となっています。

<パラメーター:RISK値の考え方>

RISK=1.0で
1ポジションあたりの最大損失が
口座資金の1%になるように設計されています。
最大3ポジションですから
100万円口座の場合は最大損失が3万円程度
連敗すればもう少し大きくなります。
それだと最大DDが小さすぎて
効率的じゃありませんので
最大DDが30%に収まる程度での
RISK=7 で複利のバックテストをしてみました


バックテスト期間
2012.01.01-2017.12.31(6年間)
image

純利益 22,411ドル
最大ドローダウン 3029ドル
相対ドローダウン 14%

相対ドローダウン14%なのでまだ余裕ですね。

Risk10でも平気そう!

image

RISK=10
純利益 42,538ドル
最大ドローダウン 6865ドル(13.8%)
相対ドローダウン 19.77%

でした!



【固定ロットの場合】
勝率が高いEAの場合
固定ロットにするメリットは
あまりないのですが
バックテストにおいて
年間どれくらいの
獲得pipsになるのかを見るのに参考になります。
image

2012.01.01-2017.12.31(6年間)
スプレッド0.5pips
0.1ロット固定
最大ドローダウン:253ドル
純利益:3033ドル

0.1ロットあたりの最大ドローダウン小さっ!
最大3ポジションなので
証拠金20万円あたり0.1ロットでも
全然問題なさそうです。
(レバ25倍、証拠金12万円+最大ドローダウン3万円として。)

(月別損益)
image

年間平均獲得が
500pips程度を維持しているのがすごい!
年間でのばらつきがなく
マイナスの月も年に1回
多くて2回です。




【RISK値をコントロールして、効率的に稼いでいきましょう!】
RISK値=10でも安全に運用でき
利益がぐんと増えることが分かりましたので
ぜひRISK値を上げて運用してみてください!
デフォルト設定ではもったいないですよ!

TP=7pipsなので
もちろんスプレッドが低いほど
有利な結果となります。
改めてWhite bear Zの安定さに感心しました。
さすが長く人気が続くEAです!

White Bear Z USDJPY
2016年 fx-on 売れ筋No.1 EA! シロクマの集大成!


【注目されています!】
・『購入編』オリジナルEAプレゼント! 
・『口座開設編』オリジナルEAプレゼント! 
・『成績は?』オリジナルEA一覧 
・『1位は?』MT4シストレランキング 
・『今なにある?』新規口座開設一覧