ドローダウンに耐えられない人に。
SL10pipsで超短期売買&高利益
『インパルス』


『Impulse』 EA概要


通貨ペア
     [GBP/JPY] 
取引スタイル [スキャルピング] 
最大ポジション数
1 
使用時間足
M1
最大ストップロス
10 その他:変更可能
テイクプロフィット
100 トレーリングストップ有
特記事項
ストップレベル0の業者を推奨


『インパルス』特徴


"小さい損失で利益は大きく、そして高い資金効率、これらが「インパルス」の特徴です。"

"インパルスはエントリーから決済までの時間が数分で終える事が多いため、非常に資金効率が高いです。 国内業者のレバレッジでも十分なハイレバスキャルが可能になります。"

との説明通り、フォワード実績を見ても、1分以内に決済している取引が多数。

場合によっては1分以内に決済し、再度エントリーしているケースも。

▲フォワード実績参照 数分内に取引を完了する超短期売買。

特記事項として、「ストップレベル0」のFX会社を推奨とありますが、運用の肝はまさにこの部分にありそうです。


ストップレベルとは

指値、逆指値を置く場合現在価格から必ず離さないといけない値幅(Pips)のこと。
FX会社や通貨ペアにもよりますが、この値幅が広いほど短期売買には不利になります。
日本国内のFX会社ではこの「ストップレベル」が0の場合が多いのですが、このことを知らずにストップレベルの
広いFX会社でスキャルピングEAやトレーリングストップを使うEAを運用した場合、パフォーマンスにはかなりの差が出てきます。


ストップレベルを確認する方法

気配値表示から任意の通貨ペアを右クリック→仕様をクリック

ストップレベルが確認できます。(この場合は0でした)


ストップレベル0のメリットは、数Pipsの指値・逆指値を入れることができる、トレーリングストップの開始値幅を小さく出来る、トレーリングストップの切り上げ値幅を小さく設定できることです。
スキャルピングで数Pipsを狙うようなEAの場合はぜひ重視していただきたいポイントです。


『インパルス』バックテスト分析

直近2年をスプレッド2.0でバックテストしてみました

期間:2018.1.04-2019.12.31
スプレッド:2.0
ロット:1.0

最大ドローダウン:616ドル
総取引回数:595回
PF1.63
純益:15,371ドル

となりました。

この場合の推奨証拠金は、
(5500)+(616*2)=12,232ドル

期待年利は63%となります。

これは1.0ロットでの推奨証拠金になりますが、何より損切10Pipsなので最大DDでも600ドル台と少なく、
資金効率の高い運用ができる点が魅力です。
また、スキャルピングとはいえ、一回あたり10pips以上獲得しており、年間平均獲得Pipsが700Pipsほどあるため、
獲得Pipsの少なさで悩むこともなさそうです。


▼概要

勝率55%、PF1.63。獲得利益は年間6000-9000ドル。


▼月別損益

月毎のマイナスも少なめで、6月が少し弱い傾向がありました。


【長期バックテスト】

今度は2010年からの約10年のBTを行ってみました
スプレッド1.5
ロット1.0

なんだか2016年がエグいことになっていました…
トレード回数も例年の数倍以上ありますので、2016年はボーナス年ということでしょうか。
こうなるとあまり年平均を出す意味がなくなってしまうので、最大DDだけお伝えすると、10年バックテスト
では1392ドル
となりました。
直近3年がむしろ少ない利益の部類なのか、それともバックテストだけの奇跡なのか、それは今後のフォワードで注目していきたいところです。


トレード例

気になるトレード例をビジュアルバックテストでご案内します。


赤:Buy青:SELL 1分足で逆張りをしており、すぐに決済。


▲1本の足で大きく動いた場合なども、逆張りで何度も攻めます。2016年はこうしたパターンで取引が多くなっているようでした。損切は10Pips以上は大きくなりませんが、利確はトレーリングストップが上手く働くことで、最大100Pipsまで獲得するケースも。

保有時間の短いスキャルピングEAをお探しの方に、ベストマッチなEAのご紹介でした。


インパルス
損切り10Pipsの超短期スキャルピングEA