FX-ON・ゴゴジャン自動売買EA成績表

ゴゴジャン・FX-ON・テラス・トレーディングオフィスなど 儲かる可能性が高いEAを紹介します!

海外FX

XM Zero(ゼロ)口座の特徴? XMの口座の中ならスキャルピング向け⁉

XM Zero口座は
3つの口座タイプのうちの1つで
スプレッドが狭いのが特徴。

スキャルピングなど
取引回数の多い方と
相性がいいです。

この記事では
XM Zero(ゼロ)口座の
スペック、デメリット
他のECN口座との比較を
わかりやすく解説する。

目次 [表示]

TariTali(タリタリ)経由でXM Zero(ゼロ)口座開設でキャッシュバック

キャッシュバックサイト
TariTali(タリタリ)経由で
XM Zero(ゼロ)口座開設して
いつも通り運用するだけで
キャッシュバック
現金をもらうことができる。
10万通貨取引毎で
ZERO(ゼロ)口座だと
4ドルキャッシュバック!

10万通貨で1日10回取引した場合の
年間キャッシュバック額は
年間105万円!
高額キャッシュバック!
現金を受け取ることができる。
XM Zero(ゼロ)口座開設なら
キャッシュバックサイト
TariTali(タリタリ)経由で!

直接口座開設して
キャッシュバックをもらわないと
お金を捨てているのと同じ。
絶対にTariTali(タリタリ)経由で
口座開設してくださいね。

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 

 

XM Zero(ゼロ)口座の基本スペック

最大レバレッジ
500倍

1ロット単位
10万通貨

最小取引単位
1,000通貨

最大取引単位
500万通貨

スプレッド目安
USDJPY 0.1 pips

取引手数料
1ロット10ドル

最低入金額
10,000円

最大の特徴は
スプレッドが非常に狭い。
ドル円で0.1 pipsと
驚異的な狭さです。
取引手数料10ドルなので
実質スプレッド1.1pipsになる。

XMをもっと知りたい方はこちら

 

 

メリット スプレッドが極端に狭い

XM Zero(ゼロ)口座のは
スプレッドが狭いことのが
最大のメリット。

スプレッドが狭いと
取引コストが安いので
取引回数が多い
スキャルピングだと
取引コストを節約できる。

XMをもっと知りたい方はこちら

 

 

スタンダード口座とスプレッドを比較

XM Zero(ゼロ)口座
1.1 pips
(0.1 pips + 1ロット10ドル)

スタンダード口座
1.8 pips

その差は0.7 pips。
取引回数の多い
スキャルピングトだと
0.7 pipsの違いは大きい。

XMをもっと知りたい方はこちら

 

スプレッド差で費用が増える・・・利益が減る・・・

10万通貨で1日10回取引した場合
年間のスプレッド差で
年間184万円!
これだけ費用が増えて
これだけ利益が減ることに・・・

取引回数が多い方は
スプレッドが狭さで
利益が変わってくるので
気を付けないと損をする。

そのことから考えると
XM Zero(ゼロ)口座は
XM3つの口座の中では
スキャルピングと相性が良い。

XMをもっと知りたい方はこちら

 

 

XM Zero口座のデメリット

スプレッドが狭い
XM Zero(ゼロ)口座は
当然デメリットもある。

 

デメリット 取引手数料が1ロット10ドルと高い

XM Zero(ゼロ)口座の
取引手数料は
1ロット10ドル。
これは他の海外FX業者と比べて高め。

ECN口座で
取引手数料が安いのが
Tradeview 5ドル
AXIORY 6ドル
XM Zero(ゼロ)口座よりも
かなり安いのがわかる。

Tradeviewの場合
取引手数料5ドル。
XM Zero(ゼロ)口座の半分。
取引コストを安くして
利益を伸ばしたいなら
XM Zero(ゼロ)口座より
取引手数料が安い
Tradeview・AXIORYの方が
利益を残しやすいと言える。

XMをもっと知りたい方はこちら

 

 

デメリット 最大レバレッジが下がるので必要証拠金が増える

XM Zero(ゼロ)口座の
最大レバレッジは500倍。
XMの他の口座だと888倍なので
ちょっと低いですね・・・

レバレッジが低いと
必要証拠金が多くなる。
ドル円10万通貨だと
必要証拠金は
(1.2万円)スタンダード口座
(2.2万円)XM Zero口座
必要証拠金が1.7倍ほど
高くなっているのがわかる。
少額資金の方は
レバレッジが高い
スタンダード口座の方が
大きな利益を狙えるので
ここを利用した方が良い。

XMをもっと知りたい方はこちら

 

 

デメリット 入金ボーナスがもらえない

XM Zero(ゼロ)口座では
100%入金ボーナス
20%入金ボーナス
入金ボーナスがもらえない。
ボーナスを活用して
投資資金を増やしたい方は
スタンダード口座を利用した方が良い。

ただ、キャッシュバックサイト
TariTali(タリタリ)経由で
XM Zero(ゼロ)口座開設して
いつも通りに運用するだけで
キャッシュバック
現金をもらうことができる。
10万通貨の取引毎に
4ドルキャッシュバック!

10万通貨で1日10回取引した場合
年間キャッシュバック額は
年間105万円!
高額キャッシュバック
現金をもらうことができる。
XMで運用するなら
TariTali(タリタリ)経由で
口座開設するようにしてくださいね!

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 

 

XM Zero口座と他の口座比較

ここからは
XM Zero口座
スタンダード口座
マイクロ口座
それぞれ比較します。

レバレッジ
888倍 (スタンダード口座)
888倍 (マイクロ口座)
500倍 (XM Zero口座)

発注方式
STP (スタンダード口座)
STP (マイクロ口座)
ECN (XM Zero口座)

取引手数料
無料 (スタンダード口座)
無料 (マイクロ口座)
10ドル(XM Zero口座)

入金ボーナス
あり (スタンダード口座)
あり (マイクロ口座)
なし (XM Zero口座)

XMをもっと知りたい方はこちら

 

 

XM Zero(ゼロ)口座とスタンダード口座の違い

XM Zero(ゼロ)口座
スタンダード口座の違いは

USDJPYスプレッド
0.1 pips (XM Zero口座)
1.8 pips (スタンダード口座)

最大レバレッジ
500倍 (XM Zero口座)
888倍 (スタンダード口座)

取引手数料
10ドル (XM Zero口座)
なし (スタンダード口座)

入金ボーナス
なし (XM Zero口座)
あり (スタンダード口座)

XM Zero(ゼロ)口座は
スプレッドが狭いですが
入金ボーナスを利用できない。

スタンダード口座は
スプレッドこそ広めですが
レバレッジ888倍と
入金ボーナスを使用すると
必要証拠金を少なくので
少額資金の方に適している。

XMの口座の中だと
スキャルピングするなら
XM Zero(ゼロ)口座

デイトレするなら
スタンダード口座を選ぶといいでしょう。

XMをもっと知りたい方はこちら

 

 

XM Zero口座と他の業者を比較

スプレッドが狭い
XM Zero(ゼロ)口座ですが
他の海外FX業者にも存在する。
ここからはXM Zero口座と
他のECN口座のスペックを比較。

XMをもっと知りたい方はこちら

 

 

XM Zero口座とTradeview ILC口座(ECN口座)比較

XM Zero口座と
Tradeview ILC口座の違いは

スプレッド
0.1 pips(XM)
0.1 pips(Tradeview)

手数料
10ドル(XM)
5ドル(Tradeview)

レバレッジ
500倍(XM)
200倍(Tradeview)

最低入金額
1万円(XM)
10万円(Tradeview)

取引手数料は
Tradeview5ドル。
他の海外FX業者と比べると
一番安いことが特徴。
ただ、最大レバレッジは
200倍と低いため
取引には多額の資金が必要になる。
Tradeview ILC口座は
非常に優秀な口座ですが
資金に余裕がある人でないと
使いこなせないでしょう。

XMをもっと知りたい方はこちら

Tradeviewをもっと知りたい方はこちら

 

XM Zero口座とAXIORY ナノスプレッド口座(ECN口座)比較

XM Zero口座と
AXIORY ナノスプレッド口座の違いは

スプレッド
0.1 pips (XM)
0.1 pips(AXIORY)

手数料
10ドル(XM)
6ドル(AXIORY)

レバレッジ
500倍(XM)
400倍(AXIORY)

最低入金額
1万円(XM)
2万円(AXIORY)

AXIORYの取引手数料は6ドル。
Tradeviewより
1ドル高いですが
XM Zero口座よりは
4ドル安いです。

スプレッドも400倍と高く
Tradeviewよりも
少ない資金で取引できる。

また、最低入金額も
2万円とかなり低いので
資金が少ない人でも
取引しやるい口座になる。

XMをもっと知りたい方はこちら

AXIORYをもっと知りたい方はこちら

 

 

XMだとスタンダード口座の方がいいかも

XM Zero(ゼロ)口座は
3つの口座タイプの中で
1番スプレッドが狭く
スキャルピングと相性が良い。

ただ、888倍→500倍と低下し
入金ボーナスがもらえないので
10万円程度の少額資金の方は
レバレッジ888倍と高く
入金ボーナスがもらえる
スタンダード口座の方が
大きなポジションを取れるので
利益を伸ばせる可能性が高いので
スタンダード口座を選んだ方が良い。

XM Zero(ゼロ)口座は
XM3つの口座だけで比較すると
取引コストが安いので
他社だともっと安い・・・
XMで運用するなら
スタンダード口座の方が
利益を伸ばせる可能性が高い。
また、キャッシュバックサイト
TariTali(タリタリ)経由で
XMスタンダード口座開設して
いつも通りに取引すると
10万通貨で取引するたびに
8.5ドルキャッシュバック!
10万通貨で1日10回取引した場合の
年間キャッシュバック額は
211万円!
これだけの現金を
もらえるようになる。
XMで口座開設するなら
TariTali(タリタリ)経由で
ご検討されてみてはどうでしょうか?

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 

海外FX口座開設(新規・追加)ならTariTali(タリタリ)がオススメ!

海外FX口座で
・取引している
・これから取引する
・興味がある
これらの方々は
TariTali(タリタリ)
必ず経由しましょう!

 

目次 [表示]

海外FXで運用するなら必ずTariTali(タリタリ)経由

海外FXキャッシュバック口座開設ならTariTali(タリタリ)

海外FXで運用するなら
必ず使用したいのが
キャッシュバックサイト
TariTali(タリタリ)
今のところ一番お勧めで
ここを経由すると
最高峰のキャッシュバックを
現金でゲットできる。

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 

 

キャッシュバックサイトとは?メリット?

海外FXの
キャッシュバックサイトは
単純にいえば
FXの取引量にあわせて
キャッシュバックする
仕組みを有するサイト。

キャッシュバックサイト
TariTali(タリタリ)経由で
口座開設をしたユーザーが
トレードをすると
その取引量に応じて
海外FX業者は
キャッシュバックサイト
TariTali(タリタリ)
紹介料として報酬を支払う。
キャッシュバックサイト
TariTali(タリタリ)
受け取った報酬の一部を
トレーダーに還元することで
この仕組みが成り立つ。

海外FX業者の多くは
国内FX業者とは違い
取引手数料・スプレッドで
利益を得ていますので
スプレッドの広さが
難点となる場合がある。

各海外FX業者の
ホームページからから
口座開設するのと
手続きは同じですが
キャッシュバックサイト
TariTali(タリタリ)を経由
口座開設するだけで
取引量に応じて
支払ったスプレッド等
一部が戻ってくる。

口座開設の
手間が変わらず
登録無料するだけで
お金が返ってくるので
絶対に登録した方がいい!

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 

 

キャッシュバックサイトのデメリットは?

TariTali(タリタリ)に限らず
キャッシュバックサイト
1番のデメリットは
海外FX業者が提供している
ボーナスを受け取れないこと。

XMなんかは
豊富なボーナスで有名。
これを活用したい方は
直接XMのサイトで
口座開設されてから
他にTariTali(タリタリ)経由で
追加口座開設(別口座)すると
・ボーナス対応
・キャッシュバック対応
この2つの口座を持つことができ
使い分けて運用することができる。

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 

 

TariTali(タリタリ)オススメの理由

当然ですが
キャッシュバックサイトは
TariTali(タリタリ)以外に
ロイヤルキャッシュバック
ファイナルキャッシュバックetc
色々な業者がある。

メリット・デメリットは
それぞれのサイトにあるが
上級者になればなるほど
TariTali(タリタリ)
ご利用されることが多い。

その理由は
以下の4つになる。

・キャッシュバック率が高い

・反映や出金が早い

・出金手数料が無料

・業者別の明細がでる

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 

 

キャッシュバック率が高い

キャッシュバックサイト
大手3社
TariTali(タリタリ)
ロイヤルキャッシュバック
ファイナルキャッシュバック
ここで日本人とレーダーに人気
XMスタンダード口座で
キャッシュバックを比較すると
10万通貨毎の取引で

TariTali(タリタリ)
8.5ドル

ロイヤルキャッシュバック
8ドル

ファイナルキャッシュバック
6ドル

TariTali(タリタリ)
キャッシュバックが
一番高いかことがわかる。
この比較なんですが
大概のキャッシュバックは
TariTali(タリタリ)の方が
高いので利用した方がお得!

TariTali(タリタリ)でなく
ファイナルキャッシュバックで
キャッシュバックをもらうと
2.5ドルも低いので
10万通貨で1日10回取引する方だと
年間63万円も損することになる。

キャッシュバックは
高い方が収益が増えるので
TariTali(タリタリ)
収益を増やす手段としては
非常にいいサイトだとわかる!
また、それがオススメしたい理由のひとつだ。

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 

 

反映や出金が早い

キャッシュバックサイト
TariTali(タリタリ)
データの反映
出金までのスピード
他よりも早いのも大きな特徴。
翌朝10時位までに
前日分のデータが反映される。

また、出金も凄い!
TariTali(タリタリ)だと
取引翌日から出金可能。
出金依頼すると
時間や曜日によりますが
当日入金が多く
本当に早いのが特徴。

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 

 

出金手数料が無料

ロイヤルキャッシュバック
ファイナルキャッシュバック
出金手数料無料ですが
最低出金額5000円。
TariTali(タリタリ)
1500円から出金可能。
1500円以上貯まると
何回でも手数料無料で
出金できるのがうれしい。
利便性が高いのが特徴。

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 

 

業者別の明細がでる

キャッシュバックサイト
TariTali(タリタリ)
取引履歴が全て確認できる。
キャッシュバックが
FX業者毎にわかるので
非常に透明性が高い。
ロイヤルキャッシュバック
ファイナルキャッシュバック
合計のキャッシュバックしか
確認することができないので
TariTali(タリタリ)
透明性が高いのが特徴。

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 

 

もう口座開設しているFX業者でも大丈夫!

キャッシュバックサイト
TariTali(タリタリ)
メリットがわかるが

・既にXMで口座を持っている・・・

・直接AXIORYで口座を作ってしまった・・・

という方がいるかと思いますが
そんな方でも
TariTali(タリタリ)経由で
追加口座開設しちゃえば
キャッシュバック口座を
作ることができる!

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 

 

 

まとめ TariTali(タリタリ)で現金をもらってください

海外FXキャッシュバック口座開設ならTariTali(タリタリ)

・すでに海外FX口座で取引している方

・これから始めるという方

キャッシュバックに
ご興味がある方は
TariTali(タリタリ)
ご利用するようにして
キャッシュバック
現金をもらってくださいね!

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 

固定スプレッドと変動スプレッドを比較

スプレッドは
売り値と買い値の差額で
広いと取引コストが高くなり
利益を伸ばしにくいことに繋がる。

 

目次 [表示]

固定スプレッド

スプレッドには
固定と変動スプレッドがある。
固定スプレッドは
国内FX業者の採用が多く
トレーダーとしては
為替の動き・流動性で
スプレッドが変動しないので
どんな事態になったとしても
一定した取引をできるのが特徴。

ただ、国内FX業者の取引方法は
DD方式を採用しているため
トレーダーが負けると
FX業者が儲かる。
トレーダーが勝つと
FX業者が損をする。
利益相反関係にあり
トレーダーが大きく儲けれないよう
約定拒否などの呑み行為をすることも・・・

これがなければ
どんな事態でも
スプレッドが変動しない
固定スプレッドを採用する
FX業者をオススメするのですが
総合的に負けに導く
呑み行為をできる業者は
なかなかオススメできない。

 

変動スプレッド

海外FX業者では
変動スプレッドが中心です。
相場が急騰急落したり
相場への参加者が少ないと
スプレッドが広がる傾向にある。

多くの海外FX業者が採用する
NDD方式のECN口座だと
国内FX業者のように
トレーダーの取引に介入して
損をさせることによって
自社利益にできないことから
スプレッドが収益の源になり
為替の動きなどに応じて
変動させる傾向が強いのです。

スプレッドは
海外FX業者では
国内FX業者より広くなります。
ただ、NDD方式のため
トレーダーを負けさせるよう
FX業者が操作する
呑み行為をすることなく
高レバレッジを活用することで
資金効率が高い取引をでき
一括千金を狙えることができる。
また、国内FX業者では
法律上できない損失補填
ゼロカットを採用しており
相場の急騰急落で
FX業者のシステムが追い付かず
ロスカットが間に合わなくて
口座残高のマイナスになっても
国内FX業者のように
追証=借金を背負うことなく
安心して取引できるのが特徴にある。

 

固定スプレッドと変動スプレッドを比較

海外FX業者は
変動スプレッドが中心ですが
固定スプレッドを採用する
海外FX業者もあります。
代表的な採用業者は
iFOREXでドル円1.8pips程度になる。

 

変動スプレッド採用業者

TitanFX

スタンダード口座→1.33pips
ブレード口座(ECN口座)→1.03pips

TitanFX詳細ページはこちらから

 

 

AXIORY

スタンダード口座→1.50pips
ナノスプレッド口座(ECN口座)→1.00pips

AXIORY詳細ページはこちらから

XM

スタンダード口座→1.70pips
ZERO口座(ECN口座)→1.10pips

XM詳細ページはこちらから
TitanFXやAXIORYも
狭いスプレッドを提供し
頑張っているのがわかる。

 

海外FXは変動スプレッドが基本

海外FX業者の多くは
変動スプレッドを採用しており
通貨ペアだけでなく
口座の種類で違うので
取引する通貨ペアから
狭いスプレッド業者・口座で
運用することで
利益を伸ばすことができる。

 

固定スプレッドの注意点

固定スプレッドでも
「原則固定」であり
大きな値動きがあれば
スプレッドが変わることがある。
・経済指標発表時
・要人発言
これらのタイミングでの
取引は避けた方が良い。

 

トレードスタイルでスプレッド方式を選ぶ

スプレッドは
固定制と変動制があり
有利になるように選ぶ必要がある。

国内FX業者は固定制ですが
「原則固定」なので
急変動があれば
広がることもあるので
・経済指標発表時
・要人発言
これらの時間帯がわかるなら
避けておくべきです。

スキャルピングの際には
狭いFX業者を選ぶと
取引コストを減らせるので
固定スプレッドだと
利益を残しやすい傾向にある。

変動スプレッドは
変動するにしても
狭くなるタイミングで
取引をすると利益を伸ばしやすい。

 

国内FX業者は原則固定スプレッドだが危ない

国内FX業者は
スプレッドを原則固定し
狭く設定していますが
実際にはDD方式のため
呑み行為が発生して
継続して利益を出すことは
非常に難しい・・・
また、最大レバレッジが
たったの25倍に制限され
海外FX業者と比較すると
16~120倍の必要証拠金が必要になる。
高いレバレッジを利用して
必要な有効証拠金を減らし
資金効率が高い取引ができるので
そのメリットも活用すると
総合的にいい結果になりやすい。

 

固定・変動スプレッドのおすすめの海外FX業者

固定スプレッド

固定スプレッド採用業者だと
国内FX業者の採用が多く
取引方式がNDDならいいのですが
DD方式で呑み行為ができ
トレーダーが不利になることから
オススメはしません。

 

変動スプレッド

変動スプレッド採用業者だと
AXIORYが個人的にオススメ。

狭いスプレッドだけでなく
約定力・透明性が高く
国内トレーダーの多くから
支持を受けている業者になります。

 

 

AXIORYのメリット・デメリット

メリット 最大レバレッジが国内FX業者の16倍

最大レバレッジ400倍で
国内FX業者と比較すると
16倍資金効率が良く
1/16の資金で取引することが可能。

 

メリット ゼロカットで借金するリスクがない

AXIORYは
国内FX業者にない
ゼロカットを採用しているので
相場の急騰急落で
ロスカットが間に合わなくて
口座残高がマイナスになっても
借金を背負うことはない。
国内FX業者の場合
ゼロカットを採用できないので
口座に預けた金額以上になると
追証=借金が発生し
FX業者のシステムが追い付かずに
追証が発生したとしても
必ずこの借金を払わないといけない・・・

 

デメリット 口座開設、入金ボーナスがない

AXIORYは
XMのようなボーナスがない。
それは取引環境を整備したり
狭いスプレッドを提供するため
そこに全精力を注入しているからだ。

 

AXIORYはボーナスはないがキャッシュバックはもらえる

AXIORYには
ボーナスがないが
取引するたびに
キャッシュバックをもらうことができる。

その方法が
キャッシュバックサイト
TariTali(タリタリ)経由で
新規・追加口座開設して
いつも通りに運用するだけで
キャッシュバック
現金をもらうことができる。

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 

 

年間42万円!AXIORYナノスプレッド口座キャッシュバック額

キャッシュバックサイト
TariTali(タリタリ)経由で
AXIORYナノスプレッド口座で
10万通貨で1日10回取引した場合
年間キャッシュバック額は
42万円!
高額キャッシュバック!
現金をもらうことができる。
AXIORYで運用するなら
TariTali(タリタリ)経由で
新規・追加口座開設を
ご検討されてみてはどうでしょうか?

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 

TariTali(タリタリ)追加口座開設一覧

キャッシュバック(IB)率
業界最高水準の
TariTali(タリタリ)
乗り換えされている方が
非常に増えている。

キャッシュバック(IB)の
乗り換えは難しいと
お考えの方が多いですが
結論から言えば
TariTali(タリタリ)への
乗り換えは簡単にできる。

ここでは乗り換え一覧を紹介します。

目次 [表示]

キャッシュバック乗り換え方法

XM


XMのキャッシュバック変更は
TariTali(タリタリ)ホームページ内の
マニュアルに従って
追加口座開設することで
キャッシュバック乗り換え可能。

XMの追加(IB乗り換え)口座開設手順

XMは1人で
8口座開設可能なので
口座数に余裕があれば
そのまま手続きできまる。
8口座フルに開設している場合
使っていない口座を閉鎖して
手続きすることで
乗り換えすることができる。

AXIORY


前まではキャッシュバックの
乗り換えはできませんでしたが
2017年11月から対応可能になりました。
ただし
「特定プログラム利用申請書.pdf」
の提出が必要となります。
詳しくは以下の
TariTali(タリタリ)の公式ページからご確認ください。

AXIORYの追加(IB乗り換え)口座開設手順

TitanFX


TitanFXのキャッシュバック変更は
TariTali(タリタリ)ホームページ内の
マニュアルに従って
追加口座開設することで
キャッシュバック乗り換え可能。

TitanFXの追加(IB乗り換え)口座開設手順

FxPro


FxProでは
いくつでも追加口座開設可能。
TariTali(タリタリ)経由で
キャッシュバック
現金をもらっていない方
他経由で取引している方も
TariTali(タリタリ)
公式ページから
キャッシュバック口座開設してください。

FxProの追加(IB乗り換え)口座開設手順

Tradeview Forex

キャッシュバックの
乗り換えに関しましては
追加口座を開設すれば
乗り換えは可能。
TaliTari(タリタリ)
公式ページから
キャッシュバック口座開設してください。

Tradeviewの追加(IB乗り換え)口座開設手順

GEMFOREX


キャッシュバックの
乗り換えに関しましては
追加口座を開設すれば
乗り換えは可能。
TaliTari(タリタリ)
公式ページから
キャッシュバック口座開設してください。

GEMFOREXの追加(IB乗り換え)口座開設手順

HotForex


キャッシュバックの
乗り換えに関しましては
追加口座を開設すれば
乗り換えは可能。
TaliTari(タリタリ)
公式ページから
キャッシュバック口座開設してください。

HotForexの追加(IB乗り換え)口座開設手順

MyFXMarkets


キャッシュバックの
乗り換えに関しましては
追加口座を開設すれば
乗り換えは可能。
TaliTari(タリタリ)
公式ページから
キャッシュバック口座開設してください。

MyFXMarketsの追加(IB乗り換え)口座開設手順

 

BigBoss


キャッシュバックの
乗り換えに関しましては
追加口座を開設すれば
乗り換えは可能。
TaliTari(タリタリ)
公式ページから
キャッシュバック口座開設してください。

BigBossの追加(IB乗り換え)口座開設手順

TradersTrust


キャッシュバックの
乗り換えに関しましては
追加口座を開設すれば
乗り換えは可能。
TaliTari(タリタリ)
公式ページから
キャッシュバック口座開設してください。

TradersTrustの追加(IB乗り換え)口座開設手順

主要海外FX業者において
キャッシュバック(IB)の
TaliTari(タリタリ)
乗り換えが可能です。
全く同じ条件で
キャッシュバック金額が
大きくなるので
得するだけです。
この機会に乗り換えをおすすめします。

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

LANDFXスプレッドはどれだけ?狭いスプレッドをさらに狭くする方法

LANDFXは
ニュージーランドにある
ニュージーランドと英国で
金融ライセンスを取得している
2013年に設立され会社です。

サポートは
日本人スタッフが
日本語で対応してくれるので
安心して運用できるので
日本人トレーダーから
人気があるFX業者。

最大レバレッジ500倍で
国内FX業者と比較すると
20倍資金効率が高いので
20万円程度の少額資金でも
大きな利益を狙うことができる。

また、ゼロカットを採用しているので
相場が急騰急落して
ロスカットが間に合わないで
口座がマイナスになったとしても
国内FX業者のように
借金を背負うことがないので
安心して運用できる。

スプレッドは
業界でも狭い方なので
取引コストを削減したい方に
最適な海外FX業者。
この記事では
LANDFXのスプレッドについて解説していく。

 

目次 [表示]

LANDFXには3つの口座がある

LANDFXには
・Live口座
・LPボーナス口座
・ECN口座
3つの口座がある。
口座の種類によって
スプレッド等が異なる。

 

Live口座

Live口座は
他社と比較すると
スプレッドは狭く
最小スプレッド0.7pips
最大レバレッジ500倍
取引手数料はない。
最低入金額は3万円になる。
DD方式を採用しているのが難点・・・

 

LPボーナス口座

LPボーナス口座は
Live口座と同様に
スプレッドが狭く
最小スプレッド0.7pips
最大レバレッジ500倍
取引手数料はない。
最低入金額は1万円になる。
50万円までの入金額に対して
100%ボーナスを受け取れるのが魅力。
ただ、DD方式を採用していのが難点・・・

 

ECN口座

ECN口座は
NDD方式を採用。
FX業者を介していないので
非常に透明性が高い
取引をすることができる。
最小スプレッド0.0pipsと
非常に狭いのですが
取引毎に7ドル手数料がかかる。
最低入金額20万円になり
最大レバレッジ200倍で利用できる。

LANDFX詳細ページはこちら

 

Live口座平均スプレッド

(0.80pips)ドル円
(1.50pips)ユーロ円
(1.80pips)ポンド円
(1.60pips)豪ドル円
(0.80pips)ユーロドル

ドル円・ユーロドルは
0.80pipsと狭いので
利益を伸ばしやすい環境を提供している。

また、Live口座では
最大レバレッジ500倍なので
必要証拠金を減らせるので
10万円程度の少額資金でも
大きな利益を狙うことができる。

また、追証が発生しない
ゼロカットシステムを採用。
入金額以上の損失を負わないので
高いレバレッジを掛けて
安心した取引をすることできる。

LANDFX詳細ページはこちら

 

 

ECN口座平均スプレッド

LANDFXには
Live口座よりスプレッドが狭い
ECN口座がありますが
取引するたびに
7ドル(0.7pips)手数料が発生する。

ECN口座は
スプレッドのほかに
取引手数料7ドル
(0.7pips)発生するので
スプレッド+取引手数料
それぞれの合計値を確かめて
計算する必要がある。

LANDFX詳細ページはこちら

 

 

LANDFX ECN口座スプレッドを他社と比較

スプレッド+取引手数料を
合算したもので比較。

ドル円
0.90pips (LAND-FX ECN口座)
1.03pips (TitanFX ブレード口座)
1.00pips (AXIORY ナノスプレッド口座)

ユーロ円
0.90pips (LAND-FX ECN口座)
1.44pips (TitanFX ブレード口座)
1.20pips (AXIORY ナノスプレッド口座)

ポンド円
1.30pips (LAND-FX ECN口座)
2.15pips (TitanFX ブレード口座)
1.70pips (AXIORY ナノスプレッド口座)

豪ドル円
1.10pips (LAND-FX ECN口座)
1.82pips (TitanFX ブレード口座)
1.40pips (AXIORY ナノスプレッド口座)

ユーロドル
0.9pips (LAND-FX ECN口座)
0.9pips (TitanFX ブレード口座)
0.9pips (AXIORY ナノスプレッド口座)

以上のように
LANDFXスプレッドは
取引手数料を含めても
海外FX業者の中でも
狭いことがわかる。
最低入金額が高めで
レバレッジが制限されるため
初心者には適さない。

LANDFX詳細ページはこちら

 

 

LANDFXのスプレッドまとめ

LANDFXは他社と比較すると
スプレッドが狭い。

Live口座は
国内FX業者並みに
スプレッドは狭く
10%入金ボーナス
リカバリーボーナスがあり
資金効率を高めることができる。
最大レバレッジ500倍のため
ボーナスと併用すれば
少額資金の方でも
大きな利益を狙うことができる。
ただ、取引方式がDDなので
NDD方式より透明性が低いのが難点・・・

ECN口座は
最低入金額が20万円で
取引するたびに0.7pipsの
取引手数料が発生するが
Live口座、LPボーナス口座より
狭いスプレッドなのが特徴。
また、取引方式がNDDなので
透明性が高い取引をしたい方に最適。

LANDFX詳細ページはこちら

 

 

LANDFXは非常に魅力的

LANDFXは
国内FX業者と比較すると
8~20倍のレバレッジで
資金効率を高めることができる。
また、ゼロカットを採用で
追証=借金を背負うことなく
安心して取引することができる。

サポートは
日本人のよる
日本語のサポートなので
安心して運用できるのが特徴。

LANDFXでトレードをする際には
スプレッドだけでなく
・レバレッジ
・ゼロカット
・口座の種類etc
これらの事を考えて
口座選びするようにしてください。

LANDFX詳細ページはこちら

 

 

 

ECN口座でスプレッドを狭くする方法

前述した通り
ECN口座だと
ボーナスが対象外だが
キャッシュバックならもらえる。

その方法は
キャッシュバックサイト
TariTali(タリタリ)経由で
LANDFX口座開設をして
いつも通りに運用するだけで
キャッシュバック
現金をもらうことができる。
スプレッドに充当することで
スプレッドを狭くすることができる。

LANDFX詳細ページはこちら

 

 

ECN口座での実質スプレッド

キャッシュバックサイト
TariTali(タリタリ)経由で
LANDFXのECN口座開設して
10万通貨毎にもらえる
キャッシュバック額は
0.085pipsになる。

ドル円の取引コスト
(スプレッド+取引手数料)は
0.9pips(0.2+0.7)なので

0.9 - 0.085 = 0.815pips

実質スプレッドが
0.815pipsまで狭くなる。
実質スプレッドを狭くしたい方は
TariTali(タリタリ)経由で
LANDFX口座開設をご検討されてみてはどうでしょうか?

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 

GemForexオールインワン口座の特徴・ メリット・デメリットは?

GemForexには
・オールインワン口座
・ノースプレッド口座
2種類の口座タイプがある。

オールインワン口座は
・EA自動売買
・ミラートレード
なども利用できるので
かなり人気がある海外FX業者だ。

この記事では
オールインワン口座の
メリット、 デメリットを解説。

 

目次 [表示]

オールインワン口座のメリット

オールインワン口座の
メリットを詳しく見ていく。

GEMFOREXをもっと知りたいかたはこちら
 

メリット ミラーとレーダー、EA自動売買を利用できる

GemForexの
ノースプレッド口座は
自動売買は利用できないが
オールインワン口座では
ミラーとレーダー
EA自動売買が利用できる。
多数のEA自動売買を利用でき
うまく活用すれば
EA自動売買での
利益を自動的に積み上げれる可能性がある。

GEMFOREXをもっと知りたいかたはこちら

 

 

メリット 最低入金額が100円と低い

オールインワン口座の
最低入金額は100円と低い。
資金が少ない人でも
手軽に取引に挑戦できる。
それに対して
ノースプレッド口座の
最低入金額は30万円と高く
10万円程度の少額資金の方には
ハードルが高いのが難点。

GEMFOREXをもっと知りたいかたはこちら

 

 

メリット キャッシュバックをもらえる

キャッシュバックサイト
TariTali(タリタリ)経由で
GemForex口座開設して
いつも通りに運用すると
10万通貨取引するたびに
オールインワン口座だと
0.8pips(約800円)
キャッシュバックを
現金でもらうことができる。

10万通貨で1日10回取引した場合の
年間キャッシュバック額は
211万円!
高額キャッシュバックを
現金でもらうことできるので
口座開設するなら
キャッシュバックサイト
TariTali(タリタリ)経由がオススメ

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 

 

オールインワン口座のデメリット

ミラートレード
EA自動売買が利用できる
オールインワン口座ですが
当然デメリットもある。

ここからは
オールインワン口座の
デメリットを見ていく。

GEMFOREXをもっと知りたいかたはこちら

 

 

デメリット 経済指標時にスプレッドが広がりやすい

オールインワン口座のような
STP口座だと
スプレッドが広がりやすい。
そのため経済指標などで
取引してしまうと
スプレッドが広がって
スプレッド負けしやすい。

EA自動売買で利益を出したいなら
スプレッドが広がりにくい
ECN口座を利用し方が良い。

ECN口座だと
AXIORY・Tradeviewは
取引手数料が低いのでオススメ。

GEMFOREXをもっと知りたいかたはこちら

 

 

デメリット cTraderは使えない

オールインワン口座だと
MT4しか使用できない。
cTraderは利用できない。

cTraderは
注文スピードが早く
約定率が高いため
取引回数が比較的多い方に最適。

McTraderを使いたいなら
AXIORY・Tradeviewがオススメ。
取引手数料が安く
海外FXの経験がある方に
かなり人気がある。

GEMFOREXをもっと知りたいかたはこちら

 

 

まとめ ミラーとレーダー、EA自動売買を無料で使用した方に最適

GemForexの
オールインワン口座は
・ミラートレード
・EA自動売買
これらを無料で利用でき
EA購入代金が必要ないので
あまり初期資金を掛けたくない方に最適。

また、レバレッジ1000倍なので
少額資金の方でも
資金効率が高くでき
大きな利益を狙える取引ができる!

キャッシュバックサイト
TariTali(タリタリ)経由で
新規・追加口座開設して
いつも通り運用するだけで
キャッシュバック
現金をもらうことができるので
絶対に利用した方が良い。

10万通貨で1日10回取引した場合の
年間キャッシュバック額
211万円!
1日20回取引した場合だと
422万円!
1日30回取引した場合だと
633万円!
高額キャッシュバックを
現金でもらうことができるので
絶対にご利用してくださいね。

直接口座開設して
現金をもらわないと
お金を捨てているのと
同じ意味になりますよ。
キャッシュバックサイト
TariTali(タリタリ)
絶対にご利用してください!

GEMFOREXをもっと知りたいかたはこちら

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 

LANDFXスプレッドはどれだけ?狭いスプレッドをさらに狭くする方法

LANDFXは
ニュージーランドにある
ニュージーランドと英国で
金融ライセンスを取得している
2013年に設立され会社です。

サポートは
日本人スタッフが
日本語で対応してくれるので
安心して運用できるので
日本人トレーダーから
人気があるFX業者。

最大レバレッジ500倍で
国内FX業者と比較すると
20倍資金効率が高いので
20万円程度の少額資金でも
大きな利益を狙うことができる。

また、ゼロカットを採用しているので
相場が急騰急落して
ロスカットが間に合わないで
口座がマイナスになったとしても
国内FX業者のように
借金を背負うことがないので
安心して運用できる。

スプレッドは
業界でも狭い方なので
取引コストを削減したい方に
最適な海外FX業者。
この記事では
LANDFXのスプレッドについて解説していく。

 

目次 [表示]

LANDFXには3つの口座がある

LANDFXには
・Live口座
・LPボーナス口座
・ECN口座
3つの口座がある。
口座の種類によって
スプレッド等が異なる。

 

Live口座

Live口座は
他社と比較すると
スプレッドは狭く
最小スプレッド0.7pips
最大レバレッジ500倍
取引手数料はない。
最低入金額は3万円になる。
DD方式を採用しているのが難点・・・

 

LPボーナス口座

LPボーナス口座は
Live口座と同様に
スプレッドが狭く
最小スプレッド0.7pips
最大レバレッジ500倍
取引手数料はない。
最低入金額は1万円になる。
50万円までの入金額に対して
100%ボーナスを受け取れるのが魅力。
ただ、DD方式を採用していのが難点・・・

 

ECN口座

ECN口座は
NDD方式を採用。
FX業者を介していないので
非常に透明性が高い
取引をすることができる。
最小スプレッド0.0pipsと
非常に狭いのですが
取引毎に7ドル手数料がかかる。
最低入金額20万円になり
最大レバレッジ200倍で利用できる。

LANDFX詳細ページはこちら

 

Live口座平均スプレッド

(0.80pips)ドル円
(1.50pips)ユーロ円
(1.80pips)ポンド円
(1.60pips)豪ドル円
(0.80pips)ユーロドル

ドル円・ユーロドルは
0.80pipsと狭いので
利益を伸ばしやすい環境を提供している。

また、Live口座では
最大レバレッジ500倍なので
必要証拠金を減らせるので
10万円程度の少額資金でも
大きな利益を狙うことができる。

また、追証が発生しない
ゼロカットシステムを採用。
入金額以上の損失を負わないので
高いレバレッジを掛けて
安心した取引をすることできる。

LANDFX詳細ページはこちら

 

 

ECN口座平均スプレッド

LANDFXには
Live口座よりスプレッドが狭い
ECN口座がありますが
取引するたびに
7ドル(0.7pips)手数料が発生する。

ECN口座は
スプレッドのほかに
取引手数料7ドル
(0.7pips)発生するので
スプレッド+取引手数料
それぞれの合計値を確かめて
計算する必要がある。

LANDFX詳細ページはこちら

 

 

LANDFX ECN口座スプレッドを他社と比較

スプレッド+取引手数料を
合算したもので比較。

ドル円
0.90pips (LAND-FX ECN口座)
1.03pips (TitanFX ブレード口座)
1.00pips (AXIORY ナノスプレッド口座)

ユーロ円
0.90pips (LAND-FX ECN口座)
1.44pips (TitanFX ブレード口座)
1.20pips (AXIORY ナノスプレッド口座)

ポンド円
1.30pips (LAND-FX ECN口座)
2.15pips (TitanFX ブレード口座)
1.70pips (AXIORY ナノスプレッド口座)

豪ドル円
1.10pips (LAND-FX ECN口座)
1.82pips (TitanFX ブレード口座)
1.40pips (AXIORY ナノスプレッド口座)

ユーロドル
0.9pips (LAND-FX ECN口座)
0.9pips (TitanFX ブレード口座)
0.9pips (AXIORY ナノスプレッド口座)

以上のように
LANDFXスプレッドは
取引手数料を含めても
海外FX業者の中でも
狭いことがわかる。
最低入金額が高めで
レバレッジが制限されるため
初心者には適さない。

LANDFX詳細ページはこちら

 

 

LANDFXのスプレッドまとめ

LANDFXは他社と比較すると
スプレッドが狭い。

Live口座は
国内FX業者並みに
スプレッドは狭く
10%入金ボーナス
リカバリーボーナスがあり
資金効率を高めることができる。
最大レバレッジ500倍のため
ボーナスと併用すれば
少額資金の方でも
大きな利益を狙うことができる。
ただ、取引方式がDDなので
NDD方式より透明性が低いのが難点・・・

ECN口座は
最低入金額が20万円で
取引するたびに0.7pipsの
取引手数料が発生するが
Live口座、LPボーナス口座より
狭いスプレッドなのが特徴。
また、取引方式がNDDなので
透明性が高い取引をしたい方に最適。

LANDFX詳細ページはこちら

 

 

LANDFXは非常に魅力的

LANDFXは
国内FX業者と比較すると
8~20倍のレバレッジで
資金効率を高めることができる。
また、ゼロカットを採用で
追証=借金を背負うことなく
安心して取引することができる。

サポートは
日本人のよる
日本語のサポートなので
安心して運用できるのが特徴。

LANDFXでトレードをする際には
スプレッドだけでなく
・レバレッジ
・ゼロカット
・口座の種類etc
これらの事を考えて
口座選びするようにしてください。

LANDFX詳細ページはこちら

 

 

 

ECN口座でスプレッドを狭くする方法

前述した通り
ECN口座だと
ボーナスが対象外だが
キャッシュバックならもらえる。

その方法は
キャッシュバックサイト
TariTali(タリタリ)経由で
LANDFX口座開設をして
いつも通りに運用するだけで
キャッシュバック
現金をもらうことができる。
スプレッドに充当することで
スプレッドを狭くすることができる。

LANDFX詳細ページはこちら

 

 

ECN口座での実質スプレッド

キャッシュバックサイト
TariTali(タリタリ)経由で
LANDFXのECN口座開設して
10万通貨毎にもらえる
キャッシュバック額は
0.085pipsになる。

ドル円の取引コスト
(スプレッド+取引手数料)は
0.9pips(0.2+0.7)なので

0.9 - 0.085 = 0.815pips

実質スプレッドが
0.815pipsまで狭くなる。
実質スプレッドを狭くしたい方は
TariTali(タリタリ)経由で
LANDFX口座開設をご検討されてみてはどうでしょうか?

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 

TariTali(タリタリ)追加口座開設一覧

キャッシュバック(IB)率
業界最高水準の
TariTali(タリタリ)
乗り換えされている方が
非常に増えている。

キャッシュバック(IB)の
乗り換えは難しいと
お考えの方が多いですが
結論から言えば
TariTali(タリタリ)への
乗り換えは簡単にできる。

ここでは乗り換え一覧を紹介します。

目次 [表示]

キャッシュバック乗り換え方法

XM


XMのキャッシュバック変更は
TariTali(タリタリ)ホームページ内の
マニュアルに従って
追加口座開設することで
キャッシュバック乗り換え可能。

XMの追加(IB乗り換え)口座開設手順

XMは1人で
8口座開設可能なので
口座数に余裕があれば
そのまま手続きできまる。
8口座フルに開設している場合
使っていない口座を閉鎖して
手続きすることで
乗り換えすることができる。

AXIORY


前まではキャッシュバックの
乗り換えはできませんでしたが
2017年11月から対応可能になりました。
ただし
「特定プログラム利用申請書.pdf」
の提出が必要となります。
詳しくは以下の
TariTali(タリタリ)の公式ページからご確認ください。

AXIORYの追加(IB乗り換え)口座開設手順

TitanFX


TitanFXのキャッシュバック変更は
TariTali(タリタリ)ホームページ内の
マニュアルに従って
追加口座開設することで
キャッシュバック乗り換え可能。

TitanFXの追加(IB乗り換え)口座開設手順

FxPro


FxProでは
いくつでも追加口座開設可能。
TariTali(タリタリ)経由で
キャッシュバック
現金をもらっていない方
他経由で取引している方も
TariTali(タリタリ)
公式ページから
キャッシュバック口座開設してください。

FxProの追加(IB乗り換え)口座開設手順

Tradeview Forex

キャッシュバックの
乗り換えに関しましては
追加口座を開設すれば
乗り換えは可能。
TaliTari(タリタリ)
公式ページから
キャッシュバック口座開設してください。

Tradeviewの追加(IB乗り換え)口座開設手順

GEMFOREX


キャッシュバックの
乗り換えに関しましては
追加口座を開設すれば
乗り換えは可能。
TaliTari(タリタリ)
公式ページから
キャッシュバック口座開設してください。

GEMFOREXの追加(IB乗り換え)口座開設手順

HotForex


キャッシュバックの
乗り換えに関しましては
追加口座を開設すれば
乗り換えは可能。
TaliTari(タリタリ)
公式ページから
キャッシュバック口座開設してください。

HotForexの追加(IB乗り換え)口座開設手順

MyFXMarkets


キャッシュバックの
乗り換えに関しましては
追加口座を開設すれば
乗り換えは可能。
TaliTari(タリタリ)
公式ページから
キャッシュバック口座開設してください。

MyFXMarketsの追加(IB乗り換え)口座開設手順

 

BigBoss


キャッシュバックの
乗り換えに関しましては
追加口座を開設すれば
乗り換えは可能。
TaliTari(タリタリ)
公式ページから
キャッシュバック口座開設してください。

BigBossの追加(IB乗り換え)口座開設手順

TradersTrust


キャッシュバックの
乗り換えに関しましては
追加口座を開設すれば
乗り換えは可能。
TaliTari(タリタリ)
公式ページから
キャッシュバック口座開設してください。

TradersTrustの追加(IB乗り換え)口座開設手順

主要海外FX業者において
キャッシュバック(IB)の
TaliTari(タリタリ)
乗り換えが可能です。
全く同じ条件で
キャッシュバック金額が
大きくなるので
得するだけです。
この機会に乗り換えをおすすめします。

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

TitanFXのメリット・デメリット、スキャルピング・EA自動売買に最適

TitanFXの特徴は
入金ボーナスはないが
約定力が非常に高く
スプレッドが狭いので
取引回数が多い方
スキャルピング取引する方
これらの方にオススメ!

目次 [表示]

TitanFXのメリット

TitanFXのメリットは
・スプレッドが狭い
・約定率が高い
・NDD方式で透明性が高い
・レバレッジ500倍
・日本語サポートが充実
・ブレード口座の手数料が安い
これらのことがある。

TitanFX公式ページはこちらから

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 

スプレッドが狭い

TitanFXは
海外FX業者の中でも
スプレッドの狭さが
トップクラス!

USDJPYスプレッド
TitanFXの1.33 pips
XMの1.60 pips
この比較でも狭め。

スプレッドが狭いということは
スキャルピングやEA自動売買で
利益を出しやすい。
取引回数が多ければ
スプレッド(取引コスト)が
それだけ発生するので
取引コストは少ない方が
同勝率でも利益を伸ばせる。

海外FX業者で運用するなら
取引コストの安さで判断すると
利益を伸ばせる可能性が高まる。

スキャルピング
EA自動売買などで
短期売買をメインにするなら
TitanFXは有力候補になる。

TitanFX公式ページはこちらから

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 

スタンダード口座スプレッド

TitanFXスタンダード口座の
スプレッドは以下の通り。

USDJPY:1.33pips
EURJPY:1.2pips
GBPJPY:1.57pips
AUDJPY:2.12pips
EURUSD:1.2pips

海外FX最大手のXMだと
USDJPYのスプレッドは1.6 pips。
TitanFXのスプレッドが
いかに狭いかがわかるはずです。

TitanFX公式ページはこちらから

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 

ブレード口座スプレッド

ブレード口座は
取引するたびに
手数料が発生する代わりに
スプレッドが狭いのが特徴。

TitanFXブレード口座の
スプレッドは下記の通り。

USDJPY:0.33pips
EURJPY:0.2pips
GBPJPY:0.57pips
AUDJPY:1.12pips
EURUSD:0.2pips

スタンダード口座と比べて
ブレード口座のほうが
1.0 pipsほど狭い。
ただ、10万通貨ごとに
7ドル(0.7pips)の手数料が発生する。

XMゼロ口座の手数料は
10ドル(1.0pips)なので
TitanFXの取引コストは
驚異的な狭さ!
取引コストで選ぶなら
TitanFXはグッドです。

TitanFX公式ページはこちらから

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 

 

約定率が高い

TitanFXは
約定率が高い!
約定率が高いメリットは

・ストップロスに失敗しない
・スキャルピングで利益を出しやすくなる
・スリップページ・リクオート・約定拒否が発生しない

TitanFXは
「Zero Pointテクノロジー」
という新しい技術を使用。
この技術を提供してくれるので
私たち一般投資家も
機関投資家と同レベルの環境で
トレードができるようになった。

約定率が高ければ
トレードも正確になり
安定した利益を出しやすい。
スキャルピングや
EA自動売買をするなら
TitanFXを検討しましょう。

TitanFX公式ページはこちらから

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 

 

NDD方式なので透明性が高い

TitanFXはNDD方式を採用。
FX業者がトレーダーの取引に
介入することができなく
FX業者の呑み行為ができないので
透明性の高い取引をすることができる。

ちなみにNDD方式は
No Dealing Deskの略称で
ECN取引とも呼ばれています。
ほとんどの日本のFX業者は
呑み行為をすることができる
DD方式を採用していますが
海外FX業者だとNDD方式が主流。

TitanFXはNDD方式なので
不利なレートを提示されたり
スリッページの可能性も低め。

スキャルピングや
EA自動売買をするなら
NDD方式のTitanFXはおすすめ。

TitanFX公式ページはこちらから

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 

 

レバレッジ500倍

TitanFXの
最大レバレッジは500倍。

XM→888倍
GEMFOREX→1000倍
FBS→3000倍

これらの海外FX業者には劣りますが
それでも海外FX業者の中では高い!

レバレッジが高ければ
少額資金でリターンを狙える。
10万円の少額資金を
数カ月で100万円することも可能!
国内FX業者だと
最大レバレッジ25倍なので
TitanFXは500倍なので
20倍稼げる可能性があり
少額資金の方にとっては
かなり夢がありますね。

またTitanFXでは
FBSのように
口座残高によって
レバレッジ制限されないので
その利便性を活用したい。

TitanFX公式ページはこちらから

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 

 

日本語サポートが充実

TitanFXは
日本語サポートも充実。
TitanFXは海外サービスですが
わからないことがあっても
日本語でやりとりできるのは
非常に嬉しいことです。
海外FX業者を利用するときは
日本語サポートが
充実しているかどうかも
重要な要素となります。

月曜日の朝から
土曜日の朝まで
24時間対応なので
兼業トレーダーでも
夜中に質問できるのがグッド!

TitanFX公式ページはこちらから

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 

 

ブレード口座の手数料が安い

TitanFXの
ブレード口座は
スプレッドが狭く
取引手数料が安いことで
定評があります。

XM Zero口座だと
手数料は往復で
10ドルになりますが
ブレード口座は
手数料は10万通貨あたり
往復7.0ドルと安い。

海外FX最大手のXMよりも
手数料が安いことから
TitanFXの手数料削減に
力を入れていることがわかる。

TitanFX公式ページはこちらから

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 

 

TitanFXのデメリット

TitanFXのデメリットは
・入金ボーナスがない
・スワップポイントが悪い

TitanFX公式ページはこちらから

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 

 

入金ボーナスがない

TitanFXには
入金ボーナスがありません。
トレーダーのことを考え
自社の利益を削って
スプレッドを狭くしたり
約定率を高くしたりしているので
入金ボーナスなどに
余計なお金を使えないのです。

ただ、キャッシュバックサイト
TariTali(タリタリ)経由で
TitanFX口座開設して
いつも通りに運用するだけで
キャッシュバック
現金をもらうことができる。

TitanFXスタンダード口座だと
10万通貨取引するたびに
4.25ドルキャッシュバック!

10万通貨で1日10回取引した場合の
年間キャッシュバック額は
107万円!
高額キャッシュバックを
現金でもらうことができる。
ボーナスがない
TitanFXで取引するなら
絶対にTariTali(タリタリ)経由で
口座開設するようにしてください!

TitanFX公式ページはこちらから

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 

 

TitanFXのスワップポイントはよくない・・・

海外FX業者のスワップは
国内FX業者と比べるとよくない。

TitanFXの主スワップは以下の通り。

USDJPY:買い51円、売り-113円
EURJPY:買い-36円、売り-15円
GBPJPY:買い-8円、売り-83円
AUDJPY:買い24円、売り-57円

売りのスワップが高いので
スワップがよくないことがわかる。

TitanFX公式ページはこちらから

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 

 

TitanFXはこんな人におすすめ!

TitanFXの特徴は
スプレッドと約定率が優秀。
そのため以下の人たちに
オススメしたいです。

・スキャルピングやEA自動売買などで取引回数が多い人
・入金ボーナスがいらない人
・キャッシュバックを欲しい人
・レバレッジ500倍で資金効率良く運営したい人

TitanFXのレバレッジは
XMの888倍の劣ります。
ただ、残高が200万円を超えても
レバレッジ制限されないため
大きな資金でも
500倍で取引できる。
キャッシュバック
現金を取引以外でもらいながら
取引コストを抑えて
大きく稼ぎたい人は
TitanFXを検討してみましょう。

TitanFX公式ページはこちらから

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 

LANDFXスプレッドはどれだけ?狭いスプレッドをさらに狭くする方法

LANDFXは
ニュージーランドにある
ニュージーランドと英国で
金融ライセンスを取得している
2013年に設立され会社です。

サポートは
日本人スタッフが
日本語で対応してくれるので
安心して運用できるので
日本人トレーダーから
人気があるFX業者。

最大レバレッジ500倍で
国内FX業者と比較すると
20倍資金効率が高いので
20万円程度の少額資金でも
大きな利益を狙うことができる。

また、ゼロカットを採用しているので
相場が急騰急落して
ロスカットが間に合わないで
口座がマイナスになったとしても
国内FX業者のように
借金を背負うことがないので
安心して運用できる。

スプレッドは
業界でも狭い方なので
取引コストを削減したい方に
最適な海外FX業者。
この記事では
LANDFXのスプレッドについて解説していく。

 

目次 [表示]

LANDFXには3つの口座がある

LANDFXには
・Live口座
・LPボーナス口座
・ECN口座
3つの口座がある。
口座の種類によって
スプレッド等が異なる。

 

Live口座

Live口座は
他社と比較すると
スプレッドは狭く
最小スプレッド0.7pips
最大レバレッジ500倍
取引手数料はない。
最低入金額は3万円になる。
DD方式を採用しているのが難点・・・

 

LPボーナス口座

LPボーナス口座は
Live口座と同様に
スプレッドが狭く
最小スプレッド0.7pips
最大レバレッジ500倍
取引手数料はない。
最低入金額は1万円になる。
50万円までの入金額に対して
100%ボーナスを受け取れるのが魅力。
ただ、DD方式を採用していのが難点・・・

 

ECN口座

ECN口座は
NDD方式を採用。
FX業者を介していないので
非常に透明性が高い
取引をすることができる。
最小スプレッド0.0pipsと
非常に狭いのですが
取引毎に7ドル手数料がかかる。
最低入金額20万円になり
最大レバレッジ200倍で利用できる。

LANDFX詳細ページはこちら

 

Live口座平均スプレッド

(0.80pips)ドル円
(1.50pips)ユーロ円
(1.80pips)ポンド円
(1.60pips)豪ドル円
(0.80pips)ユーロドル

ドル円・ユーロドルは
0.80pipsと狭いので
利益を伸ばしやすい環境を提供している。

また、Live口座では
最大レバレッジ500倍なので
必要証拠金を減らせるので
10万円程度の少額資金でも
大きな利益を狙うことができる。

また、追証が発生しない
ゼロカットシステムを採用。
入金額以上の損失を負わないので
高いレバレッジを掛けて
安心した取引をすることできる。

LANDFX詳細ページはこちら

 

 

ECN口座平均スプレッド

LANDFXには
Live口座よりスプレッドが狭い
ECN口座がありますが
取引するたびに
7ドル(0.7pips)手数料が発生する。

ECN口座は
スプレッドのほかに
取引手数料7ドル
(0.7pips)発生するので
スプレッド+取引手数料
それぞれの合計値を確かめて
計算する必要がある。

LANDFX詳細ページはこちら

 

 

LANDFX ECN口座スプレッドを他社と比較

スプレッド+取引手数料を
合算したもので比較。

ドル円
0.90pips (LAND-FX ECN口座)
1.03pips (TitanFX ブレード口座)
1.00pips (AXIORY ナノスプレッド口座)

ユーロ円
0.90pips (LAND-FX ECN口座)
1.44pips (TitanFX ブレード口座)
1.20pips (AXIORY ナノスプレッド口座)

ポンド円
1.30pips (LAND-FX ECN口座)
2.15pips (TitanFX ブレード口座)
1.70pips (AXIORY ナノスプレッド口座)

豪ドル円
1.10pips (LAND-FX ECN口座)
1.82pips (TitanFX ブレード口座)
1.40pips (AXIORY ナノスプレッド口座)

ユーロドル
0.9pips (LAND-FX ECN口座)
0.9pips (TitanFX ブレード口座)
0.9pips (AXIORY ナノスプレッド口座)

以上のように
LANDFXスプレッドは
取引手数料を含めても
海外FX業者の中でも
狭いことがわかる。
最低入金額が高めで
レバレッジが制限されるため
初心者には適さない。

LANDFX詳細ページはこちら

 

 

LANDFXのスプレッドまとめ

LANDFXは他社と比較すると
スプレッドが狭い。

Live口座は
国内FX業者並みに
スプレッドは狭く
10%入金ボーナス
リカバリーボーナスがあり
資金効率を高めることができる。
最大レバレッジ500倍のため
ボーナスと併用すれば
少額資金の方でも
大きな利益を狙うことができる。
ただ、取引方式がDDなので
NDD方式より透明性が低いのが難点・・・

ECN口座は
最低入金額が20万円で
取引するたびに0.7pipsの
取引手数料が発生するが
Live口座、LPボーナス口座より
狭いスプレッドなのが特徴。
また、取引方式がNDDなので
透明性が高い取引をしたい方に最適。

LANDFX詳細ページはこちら

 

 

LANDFXは非常に魅力的

LANDFXは
国内FX業者と比較すると
8~20倍のレバレッジで
資金効率を高めることができる。
また、ゼロカットを採用で
追証=借金を背負うことなく
安心して取引することができる。

サポートは
日本人のよる
日本語のサポートなので
安心して運用できるのが特徴。

LANDFXでトレードをする際には
スプレッドだけでなく
・レバレッジ
・ゼロカット
・口座の種類etc
これらの事を考えて
口座選びするようにしてください。

LANDFX詳細ページはこちら

 

 

 

ECN口座でスプレッドを狭くする方法

前述した通り
ECN口座だと
ボーナスが対象外だが
キャッシュバックならもらえる。

その方法は
キャッシュバックサイト
TariTali(タリタリ)経由で
LANDFX口座開設をして
いつも通りに運用するだけで
キャッシュバック
現金をもらうことができる。
スプレッドに充当することで
スプレッドを狭くすることができる。

LANDFX詳細ページはこちら

 

 

ECN口座での実質スプレッド

キャッシュバックサイト
TariTali(タリタリ)経由で
LANDFXのECN口座開設して
10万通貨毎にもらえる
キャッシュバック額は
0.085pipsになる。

ドル円の取引コスト
(スプレッド+取引手数料)は
0.9pips(0.2+0.7)なので

0.9 - 0.085 = 0.815pips

実質スプレッドが
0.815pipsまで狭くなる。
実質スプレッドを狭くしたい方は
TariTali(タリタリ)経由で
LANDFX口座開設をご検討されてみてはどうでしょうか?

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 

TitanFXの特徴、スプレッド、他の海外FX業者との比較

TitanFXは
2014年に設立した
バヌアツ共和国の首都である
ポートビラに本社を置き
バヌアツ共和国において
金融サービス委員会から
ライセンスを取得している
海外FX業者になります。

目次 [表示]

TitanFXの特徴

特徴としては
・スプレッドは狭い
・リクオートの心配はない
・ECNで決済
非常に透明性が高くて
最先端取引プラットフォームで
テクノロジーに特化した
革新的オンライン取引を提供している。

グローバルインフラは
業界最高水準で
ニューヨークのNY4に
ダイレクトECNを配置し
・リクイディティセンター
・高速光ファイバー
クロス接続して
最適な取引環境を提供している。

 

サポートは日本語

サポートは対応は
日本人スタッフによる
日本語での対応になるので
海外FX初心者の方でも
安心して運用できる。

 

追加(借金)を背負わないゼロカット採用

国内FX業者みたいに
追証(借金)を背負わない。
その理由は
ゼロカットを採用しているから。
口座残高がマイナスになっても
自動的に0になり
入金した金額以上の
損失を被ることがない。

 

TitanFXの口座は2種類

口座タイプは
・スタンダード口座
・ブレード口座
の2種類ある。

スタンダード口座は
スプレッド以外の
コストは一切発生しない。
ブレード口座よりも
スプレッドが広いのが特徴。

ブレード口座は
ECN口座のことで
取引手数料がかかるが
スプレッドが非常に狭いのが特徴。

 

スタンダード口座のスプレッド

TitanFXの
スタンダード口座は
固定スプレッドではなく
変動スプレッドになる。
基本的にメジャー通貨は
スプレッドが狭く
初心者でも運用しやすい。

 

TitanFXスタンダード口座スプレッド一覧

ドル円   (1.33pips)
ユーロ円  (1.74pips)
ポンド円  (2.45pips)
豪ドル円  (2.12pips)
ユーロドル (1.20pips)
ポンドドル (1.57pips)
豪ドルドル (1.52pips)

スプレッドが狭くて
取引手数料がかからない。

スキャルピングだと
取引回数が多くなり
スプレッドが狭いと
費用を抑えることができ
利益を伸ばしやすいのが特徴。

 

Zero ブレード口座(ECN口座)のスプレッド

Zeroブレード口座は
ECN口座のことで
スタンダード口座と比べると
スプレッドが狭いですが
別に取引手数料がかかる。

TitanFXでは
1ロットの取引手数料が
7ドル(0.7pips)かかる。

 

取引手数料+手数料の各社ECN口座比較

ドル円
TitanFX  (1.03pips)
AXIORY (1.00pips)
XM   (1.10pips)

ユーロ円
TitanFX (1.44pips)
AXIORY (1.50pips)
XM         (1.60pips)

ポンド円
TitanFX (2.15pips)
AXIORY (2.30pips)
XM        (2.10pips)

豪ドル円
TitanFX (1.82pips)
AXIORY (1.50pips)
XM        (2.00pips)

ユーロドル
TitanFX (0.90pips)
AXIORY (1.00pips)
XM         (1.10pips)

ポンドドル
TitanFX (1.27pips)
AXIORY (1.50pips)
XM        (1.40pips)

豪ドルドル
TitanFX (1.22pips)
AXIORY (1.20pips)
XM        (1.60pips)

スプレッドと取引手数料
この2つを加算した
取引コストで比較すると
ユーロ円1.44pips
ユーロドル0.90pips
ポンドドル1.27pips
TitanFXの方が低い。
取引する通貨が決まっているなら
取引コストを下げて
利益を伸ばすために
海外FX業者を選択した方が良い。

 

TariTali(タリタリ)経由だとキャッシュバックをもらえる

キャッシュバックサイト
TariTali(タリタリ)経由で
TitanFX口座開設して
いつも通り取引するだけで
キャッシュバックをもらえる。

ブレード口座(ECN)だと
10万通貨取引するたびに
1.2ドル(0.12pips)キャッシュバック!

ブレード口座のドル円
平均取引コスト1.03pipsなので
キャッシュバックを充当すると
実質コスト0.91pipsになり
(1.03pips - 0.12pips = 0.91pips)
利益を伸ばすことができるので
絶対にTariTali(タリタリ)経由で
口座開設をご検討した方が良い!

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 

XMのボーナスまとめ。口座開設ボーナス+入金ボーナス

入金ボーナスは
取引の証拠金にでき
資金の少ない人でも
大きな利益を狙った
取引ができるので好評。

入金ボーナスの金額は
なんと最大50万円。
なかなかの大盤振る舞い。

XMで入金ボーナスをもらうには
どうしたらいいのか?

この記事では
XMのボーナスについて解説する。

 

目次 [表示]

3,000円の口座開設ボーナス

XMでは
口座開設するだけで
3,000円のボーナス
口座開設ボーナスもらえる。

口座開設ボーナスをもらうには
本人確認書類
2種類をアップロードして
口座有効化しておく必要がある。

受け取れる期限は30日。
口座開設をしたら
口座有効化して受け取りましょう。

XMをもっと知りたい方はこちらから

 

 

最大5万円の100%入金ボーナス

XMでは最大5万円まで
100%入金ボーナスをもらる。
1万円入金すれば1万円
5万円入金すれば5万円
のボーナスがもらえる。

上限額は5万円まで。
10万円入金すると
残りの5万円には
20%入金ボーナスを適用。

5万円に入金すれば
証拠金が2倍になるので
かなりの大盤振る舞い。
資金が少なくても
最低5万円を入金した方が良い。

XMをもっと知りたい方はこちらから

 

 

最大45万円の20%入金ボーナス

5万円までの
100%入金ボーナスを
使い切った後から
最大45万円までの
20%入金ボーナスが適用される。

例えばXMに
50万円入金すると
5万円に100%入金ボーナス適用。
45万円に20%入金ボーナス適用。

もらえるボーナスは
以下の金額になる。

100%入金ボーナス
5万円
(5万円 × 100% = 5万円)

20%入金ボーナス
9万円
(45万円 × 20% = 1万円)

ボーナス額は10万円になる。

XMをもっと知りたい方はこちらから

 

 

XM入金ボーナスの基礎知識

XM入金ボーナスは
手続き不要で自動付与。
XMの入金ボーナスは
入金が終わりしだい
自動で口座に付与。
サポートに連絡する必要がない。

海外FX初心者の方だと
申請があると面倒・・・
XMの簡単に入金ボーナスを
受け取れるのは便利ですね。
ボーナスをもらい損ねる
心配がないのはいいですね。

XMをもっと知りたい方はこちらから

 

 

 

ボーナスは出金できない

ボーナスは
取引の時だけ使用でき
仮想通貨になるので
XMのボーナスは出金できない。
その点をご理解ください。
ごくまれに「出金できない」と
クレームを入れる方がいますが
これは決められたものなので
クレームを入れるだけ無駄。
ボーナスは出金できない
仮想通貨とご理解して
取引するようにしてくさい。

XMをもっと知りたい方はこちらから

 

 

XM Zero口座は入金ボーナスがない

XM Zero口座に入金しても
X入金ボーナスが得られません。
入金ボーナスをもらいたいなら
・スタンダード口座
・マイクロ口座
どちらかで口座開設して
入金しましょう。

XM Zero口座を作ったとしても
心配いりません。
追加口座として
・スタンダード口座
・マイクロ口座
追加口座開設で
また作ればいいだけ。
XMでは最大8つまで
口座を作れるので
ボーナスが欲しい方は
・スタンダード口座
・マイクロ口座
口座開設してください。

XMをもっと知りたい方はこちらから

 

 

キャッシュバックサイト経由だとボーナス対象外

キャッシュバックサイト
TariTali(タリタリ)経由で
XM口座開設すると
スタンダード口座だと
10万通貨取引するたびに
8.5ドルキャッシュバックされ
10万通貨で1日10回取引した
年間キャッシュバックは
211万円!
高額キャッシュバック!
現金をもらうことができ
かなりお得だが
ボーナスは対象外になる。

キャッシュバックの方が
FXをずっと続けると
メリットが高いので
こちらを選ばれる方も多い。
直接口座開設して
ボーナスをもらうか?
キャッシュバックサイト
TariTali(タリタリ)経由で
キャッシュバックをもらうか?
どちらかを選択しないといけない。

ただ、直接口座開設で
ボーナスをもらい
使い切った後に
キャッシュバックサイト
TariTali(タリタリ)経由で
XMスタンダード口座に
追加口座開設すると
キャッシュバックをもらえるので
この手を選択する方も多い。

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 

 

XM入金ボーナスの注意点

入金ボーナスの注意点を解説。
重要度が低いですが
ボーナスを失わないためにも
読んでおきましょう。

複数口座を作っても
ボーナスは増えない
入金ボーナスは
1つのアカウントにつき1回まで。
複数の口座を作っても
ボーナスは1回しかもらえない。

また、口座開設ボーナスも同じ。
3000円は1度最初に開設した
口座のみに付与される。

XMをもっと知りたい方はこちらから

 

 

まとめ 

XMはボーナスが豊富で
これを活用することで
大きな利益を狙うことができる。
・XM Zero口座
・キャッシュバックサイト経由での口座開設
これらだとボーナスを
もらうことができなくなるので
注意が必要です。
ただ、スタンダード口座に
直接口座~追加口座開設すると
ボーナスをもらえる。

ボーナスを考えると
XMの口座開設は
スタンダード口座の方が無難。
ボーナスをもらうことができる
XMスタンダード口座から
口座開設をご検討されてみてはどうでようか?

XMを公式ページはこちらから

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 

TariTali(タリタリ)追加口座開設一覧

キャッシュバック(IB)率
業界最高水準の
TariTali(タリタリ)
乗り換えされている方が
非常に増えている。

キャッシュバック(IB)の
乗り換えは難しいと
お考えの方が多いですが
結論から言えば
TariTali(タリタリ)への
乗り換えは簡単にできる。

ここでは乗り換え一覧を紹介します。

目次 [表示]

キャッシュバック乗り換え方法

XM


XMのキャッシュバック変更は
TariTali(タリタリ)ホームページ内の
マニュアルに従って
追加口座開設することで
キャッシュバック乗り換え可能。

XMの追加(IB乗り換え)口座開設手順

XMは1人で
8口座開設可能なので
口座数に余裕があれば
そのまま手続きできまる。
8口座フルに開設している場合
使っていない口座を閉鎖して
手続きすることで
乗り換えすることができる。

AXIORY


前まではキャッシュバックの
乗り換えはできませんでしたが
2017年11月から対応可能になりました。
ただし
「特定プログラム利用申請書.pdf」
の提出が必要となります。
詳しくは以下の
TariTali(タリタリ)の公式ページからご確認ください。

AXIORYの追加(IB乗り換え)口座開設手順

TitanFX


TitanFXのキャッシュバック変更は
TariTali(タリタリ)ホームページ内の
マニュアルに従って
追加口座開設することで
キャッシュバック乗り換え可能。

TitanFXの追加(IB乗り換え)口座開設手順

FxPro


FxProでは
いくつでも追加口座開設可能。
TariTali(タリタリ)経由で
キャッシュバック
現金をもらっていない方
他経由で取引している方も
TariTali(タリタリ)
公式ページから
キャッシュバック口座開設してください。

FxProの追加(IB乗り換え)口座開設手順

Tradeview Forex

キャッシュバックの
乗り換えに関しましては
追加口座を開設すれば
乗り換えは可能。
TaliTari(タリタリ)
公式ページから
キャッシュバック口座開設してください。

Tradeviewの追加(IB乗り換え)口座開設手順

GEMFOREX


キャッシュバックの
乗り換えに関しましては
追加口座を開設すれば
乗り換えは可能。
TaliTari(タリタリ)
公式ページから
キャッシュバック口座開設してください。

GEMFOREXの追加(IB乗り換え)口座開設手順

HotForex


キャッシュバックの
乗り換えに関しましては
追加口座を開設すれば
乗り換えは可能。
TaliTari(タリタリ)
公式ページから
キャッシュバック口座開設してください。

HotForexの追加(IB乗り換え)口座開設手順

MyFXMarkets


キャッシュバックの
乗り換えに関しましては
追加口座を開設すれば
乗り換えは可能。
TaliTari(タリタリ)
公式ページから
キャッシュバック口座開設してください。

MyFXMarketsの追加(IB乗り換え)口座開設手順

 

BigBoss


キャッシュバックの
乗り換えに関しましては
追加口座を開設すれば
乗り換えは可能。
TaliTari(タリタリ)
公式ページから
キャッシュバック口座開設してください。

BigBossの追加(IB乗り換え)口座開設手順

TradersTrust


キャッシュバックの
乗り換えに関しましては
追加口座を開設すれば
乗り換えは可能。
TaliTari(タリタリ)
公式ページから
キャッシュバック口座開設してください。

TradersTrustの追加(IB乗り換え)口座開設手順

主要海外FX業者において
キャッシュバック(IB)の
TaliTari(タリタリ)
乗り換えが可能です。
全く同じ条件で
キャッシュバック金額が
大きくなるので
得するだけです。
この機会に乗り換えをおすすめします。

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

TariTali(タリタリ)でキャッシュバックをもらう

TariTali(タリタリ)
ファイナルキャッシュバック
ロイヤルキャッシュバックetc
ブラッシュアップして
出来たキャッシュバックサイト。

他社よりも
差別化を図り
一段階高く評価されている。
業界最高リベート率から
利用者が着実に増えている。

この記事では
キャッシュバックサイト
TariTali(タリタリ)
特徴を簡単に説明する。

 

目次 [表示]

利用者に不利となるマークアップ(隠れコストと呼ばれるもの)はあるか?

マークアップとは
取引の際に
スプレッドが加えられ
上乗せが行われる事。
TariTali(タリタリ)では
そういった行為は
一切していない。

キャッシュバックが
手数料上乗せで
賄われていたら
本末転倒になりますが
TariTali(タリタリ)では
そんな不正行為をしていない。

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 

 

キャッシュバック率の引き上げ交渉が可能

TariTali(タリタリ)では
他社よりも
リベートが低い場合
キャッシュバックについて
個別の交渉が出来て
キャッシュバックの
引き上げをすることができる。
また、一度引き上げられた
キャッシュバックを
引き下げることがないので
高キャッシュバックを
もらい続けることができる。

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 

 

年間214万円キャッシュバック

キャッシュバックサイト
TariTali(タリタリ)経由で
XMスタンダード口座開設して
10万通貨で1日10回取引した場合の
年間キャッシュバック額は
な、なんと214万円!
キャッシュバックを
現金でもらうことができる。

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 

 

TariTali(タリタリ)の良い点

最低支払い金額が