FX-ON・ゴゴジャン自動売買EA成績表

ゴゴジャン・FX-ON・テラス・トレーディングオフィスなど 儲かる可能性が高いEAを紹介します!

自動売買EA情報

4年のフォワード実績あり!低リスク運用から高リターン運用まで可能な「Black Panther USDJPY」

GogoJungleで販売しているEAの中でも、実に4年という長い期間フォワード運用実績があり、かつ右肩上がりを続けている優秀なEAがあります。

それが『Black Panther USDJPY』です。


【Black Panther USDJPY概要】

通貨ペア:[USD/JPY]

取引スタイル:[スキャルピング]

最大ポジション数:15(その他:自由に変更可能です。)

運用タイプ:複利運用(複利・単利あり)

最大ロット数:0.3(1ポジションあたりの最大ロットです。)

使用時間足:M5

最大ストップロス:50

テイクプロフィット:ロジックで決済します。


「Black Panther」は、日本時間で深夜3時から朝9時までに片側のみ最大15ポジション(変更可能)でエントリーし、

当日の16時までにはポジションをクローズする「朝スキャ」と呼ばれる分類のEAです。


【どんなトレードをするの?】

ビジュアルバックテストモードでトレードを見てみましょう。

日本時間夜中~朝方にかけて、押し目買い、戻り売りを複数ポジションで仕掛けます。

ポジション数が多いのでびっくりするかもしれませんが大事なのはトータルロットです。

複利設定であればデフォルトのRisk4%設定で最大ドローダウン10~15%程度に収まるようにロットを調整してくれるので、心配はいりません。
このRisk%は、余剰証拠金(または口座残高からの選択)の何%をポジション保有に利用するかという数値で、デフォルトの場合は余剰証拠金の4%(100万円であれば4万円)をポジション保有に充てるという意味です。

赤:SELL

青:BUY

戻り売りで売りを仕掛けているケース。

複数ポジションで入り、決済はプラスになったところで一括決済します。
複利運用の場合、ロット数は可変で、0.08>0.07>0.06>0.05といったふうに、大きいロットから入り、逆張りナンピンで小さめロットで追撃していくトレードになります。


取引頻度も多く、年間あたり1900回ほどトレードをします。ほぼ毎日トレードをするので、運用していて物足りないということはないでしょう。

また、最大SLが50pipsなので、最大損失を予め予想できるのも安心できるポイントです。


【フォワード実績について】


フォワード運用状況は、初期証拠金100万円で福利機能ONで運用を開始しており(福利機能のRisk値4%)、4年の運用の結果、純利益額+120万円(収益率100.9%)、期間中最大ドローダウン10%、PF(プロフィットファクター)は1.37となっています。


【フォワード年次実績】

複利運用の場合は獲得pipsではなく、損益を見ます。(口座資金残高によってロット数が可変するため)



▲2016年は+40.3万円の収益! 初期口座資金に対して+40%増!


▲2017年は2回ほど大きなドローダウンがあり、+14.8万円ほどの収益となりました。
年初口座資金140万円に対し、+10%増!


▲2018年は、12月に大きくマイナスになりましたが、トータル+43.2万円の収益です
年初口座資金158万円に対して、+27%の増加!


▲2019年は+25万円の利益、年初口座資金201万円に対して+12%増!


年間+10-20%の利益を少ないと感じるかもしれませんが、この利益に対するリスク(最大ドローダウン)が10%ほどであることにぜひ注目していただきたいです。
口座破綻するリスクがほぼなく、100万円の資金があったとして年間あたり10万円程度のリスクで、リスクを超えるリターンを出しているという点、そしてそれを4年間も継続している点が素晴らしいといえませんか。


後述しますが、フォワード実績はあくまでデフォルト設定で超低リスク運用しているケースになり、パラメーターのMMのRisk%を変えることで、よりリスクとリターンのバランスの取れたアグレッシブなモードでも運用が可能です。


バックテスト分析

4年もフォワード実績があると、あまりバックテストも参考にしなくても良いかと思いますが、参考値として単利・複利のケースで検証してみましょう。

【単利運用:最大の0.3ロットで運用するにはいくら必要?】





バックテスト実施期間:2010.1.04-2019.12.31(10年)
スプレッド1.0
固定0.3ロットにて

年間平均損益:112万円
年間平均取引回数:2037回
最大ドローダウン:85.7万円
推奨証拠金:
{(4.5×3)×15}+(85.7×2)=373.9万円

となりました。
この場合の期待年利は年間30%どになります。

単利と複利の違いは、複数ポジションを持つ際にロットの大きさの傾斜がなくなり、単一ロットで最大15ポジションもつことになることです。

年間毎の利益でいうと40万円~200万円と差がありますが、マイナスになった年がなく、フォワード4年間においてもマイナスになっていないため
バックテストのデータには信頼性があるといえます。



【複利運用の場合、資金はいくらからでも運用可能。】

複利運用の場合は、Risk%の設定を変えることで、ロット数を自動で設定してくれます。
デフォルトではRisk4%で、100万円の口座資金の場合1ポジションの最小の大きさは0.05ロット程度となります。
ただしこの場合は最大DDが10%ほどと低リスク運用になるので、少し勿体ないかもしれません。
Risk4%のデフォルト設定と、Risk10%、Risk15%でのアグレッシブモードで過去4年の成績をバックテストで比較してみました。

◆Risk4%,10%,15%で初期証拠金100万円で4年運用した場合の比較

▲一番下からMMRisk4,10,15%

Risk10%と15%の最大DDに差がないのは、MAXロットの0.3にすぐなってしまったからです。
Risk10%の場合は100万円からはじめて9月後に0.3に、
Risk15%の場合は100万円からはじめて1ヶ月には0.3になりました。
0.3ロットに到達してからの損益はどちらも同じです。

各利益額は4%が+178万円、Risk10%が+362万円、Risk15%が+397万円となりました。
初期証拠金100万円の場合はRisk%を上げていってもすぐに0.3ロットになってしまうため、複利のレバレッジ効果はあまり見込めませんでした。


【効果的な使い方は、少額資金からRisk高めの運用でロットが0.3ロットになるまで増やすこと。】

最大ロット数が0.3ロットということを考えると、ブラックパンサーは少額からRisk%を高めにして運用するのが最も資金効率が良いといえます。複利で自動ロット計算してくれますから、10万円からでも30万円からでも運用可能です。

もちろん始める年にもよりますが、30万円をRisk20で運用してみましょう。

2016年から30万円ではじめて、4年の運用で+224万円獲得!(+746%増)最大DD24%

2017年から30万円ではじめて、3年の運用で+97万円獲得!(+300%増)最大DD32%

2018年から30万円ではじめて、2年の運用で+80万円獲得!(+260%増)最大DD32%

Risk20%ほどなら、あまり成績のよくない年でも最大DD30%台でおさまります。さらに、少額資金から始めれば利益増加率は年間100%はくだらないでしょう。

▲直近4年、3年、2年のRisk20%でのバックテスト結果。
成績のよい年、芳しくない年があるので2年以上の運用をおすすめする。


【まとめ】

Black Pantherは…

★複利運用の場合は初期資金は問わず、デフォルトのRisk4%でも年間10-40%のリターンで複利運用可能

★固定ロット運用でうまく資金が増えない方向けに最適なEA

★少額資金でRisk%を高くすることで複利効果を最大限に活用できる

★年間単位でのマイナスがないので、大きなドローダウンを食らっても気長に運用しよう

★複利運用する場合は、1口座1EAで運用が鉄則。(ポートフォリオには向かない)


フォワード実績からは伺えない、ブラックパンサーの魅力を再度お届け致しました!


BlackPanther USDJPY 

真夜中に目覚める攻撃的ドル円スキャルパー。飼い主様、募集中。 


13.48万から5,000万の実現へ 『Color Your Life V2』

ほっといて、一口座一EA複利で
13.48万から5,000万の実現へ
『Color Your Life V2』




【EA概要】
通貨ペア
[USD/JPY]

取引スタイル
[デイトレード][スキャルピング]

最大ポジション数
1個

最大ロット数
1

使用時間足
M15

最大ストップロス
80

テイクプロフィット
100

両建て
なし


「Color Your Life V2」は
「Simple Logic」
「Low Risk」
「Long Period」
「Stable Income」
4つの考え方に基づき
江戸時代に発明されている
ローソク足の形の分析にこだわって
開発されたEAです。
ローソク足の形で現れている相場の癖
つまり
投資家の心理的な動きを察知した上で
取引を行えます。
信頼性が高いと言われた
FXDD社の過去データを用いて
期間を選ばず検証できる
すべての期間をリアルより
厳しいスプレッドでバックテストで行い
資産が右肩上がりに推移していることを確認。

リスク管理が難しい
ナンピンやマーチンゲールロジックを
一切使っていません。
最大ポジションが「1」で
小額で投資したい方や
シストレの初心者の方にもお使い頂けるものになっています。


■■■   ストラテジ   ■■■ 
 
 ローソク足の形を分析し
相場の方向性を判断します。
独自ロジックで
短期間のトレンド相場の発生に可能性があると察知したら
黄金比例等を利用し押し目でエントリを行います。
ポジションのクローズにおいては
指定するTP/SL以外
随時に相場の状況を確認する独自ロジックが実装しています。
エントリ後に相場の勢いが転換されると察知した場合
その独自ロジックが素早く賢くクローズしてくれます。
利益を出すことが大事ですが
不利の場面においては
いかに損失を最小限に抑えるかも大事にしています。


【バックテスト】
通貨ペア USDJPY
期間 15分足(M15) 
期間2005.01.01 - 2014.05.30
モデル 全ティック 
モデリング品質 89.96%
スプレッド 10

初期証拠金 100000.00
純益 993270.00
総利益 4726350.00
総損失 -3733080.00

プロフィットファクタ 1.27

絶対ドローダウン 770.00
最大ドローダウン 42010.00 (8.11%)
相対ドローダウン 17.82% (33910.00)

総取引数 4913
売りポジション(勝率%) 2456 (78.42%)
買いポジション(勝率%) 2457 (77.37%)
勝率(%) 3827 (77.90%)
負率 (%) 1086 (22.10%)

最大
勝トレード 4300.00
敗トレード -8100.00

平均
勝トレード 1235.00
敗トレード -3437.46

最大
連勝(金額) 29 (27290.00)
連敗(金額) 5 (-24620.00)

最大
連勝(トレード数) 32630.00 (28)
連敗(トレード数) -24620.00 (5)

平均
連勝 5
連敗 1
image


70%以上の勝率があり
負けが続きなにくいEAです。

1年間で約10万円の収益を狙えます。

最大ドローダウン額が4.2万円なので
リスクが低いEAと判断できます。

月10万円の収益を狙うために
4.2万円のリスクを取れる方にオススメです。


気になる方はクリック!
フォワード・バックテスト・統計情報など
さらなる情報を確認できます。

Color Your Life V2


Beatrice NK01 ベアちゃんさんとガラケートレーダーさんとのコレボレーション

完成された仲値トレードEA
開発者ベアちゃんさん
ガラケートレーダーさん
有名なお二人の英知を詰め合わせた
『Beatrice NK01』


Beatrice NK01
完成された仲値トレードEA -Collaborationガラケートレーダー
 



Beatrice NK01について
通貨ペア
[USD/JPY]

取引スタイル
[スキャルピング]
[デイトレード]

最大ポジション数
1

運用タイプ
1枚運用

最大ロット数
6

使用時間足
M1

最大ストップロス
100

テイクプロフィット
100

両建て
なし

FX草創期の頃から
ずっと仲値トレードをしている
ガラケートレーダーさんの
データを基にした
『仲値トレード』を
ベアちゃんさんがEA化されました。

仲値トレードの大家である
ガラケートレーダーさんが
昔からトレードされている手法なので
負ける時もあると思いますが
最終的には勝てる確率が高い手法だと思います。
この手法をEA化されただけに
期待値がかなり高いです。



バックテスト
通貨ペア
USDJPY

時間足
1分足(M1)

期間
2003.08.02 - 2019.08.01

モデル
コントロールポイント

モデリング品質
n/a

不整合チャートエラー
0
初期証拠金
10000.00

スプレッド
3

純益
56893.48

総利益
197310.04

総損失
-140416.56

プロフィットファクタ
1.41

期待利得
11.14
絶対ドローダウン
109.69
最大ドローダウン
1769.13 (4.79%)
相対ドローダウン
10.85% (1363.35)

総取引数
5105
売りポジション(勝率%)
946 (62.47%)
買いポジション(勝率%)
4159 (55.95%)

勝率(%)
2918 (57.16%)
負率 (%)
2187 (42.84%)

最大
勝トレード
509.41
敗トレード
-610.24

平均
勝トレード
67.62
敗トレード
-64.21

最大
連勝(金額)
14 (751.80)
連敗(金額)
9 (-515.90)

最大
連勝(トレード数)
2052.44 (12)
連敗(トレード数)
-1477.24 (3)

平均
連勝
2
連敗
2

ea 

USDJPYで取引する
1分足(M1) EAです。

バックテスト期間は
2003.08.02 - 2019.08.01
約16年になります。

バックテストの
スプレッド『3』なので
スプレッドが低い
国内FX業者を対象に
開発された可能性が高いです。

収益
全期間 568万円
年間 35.5万円
※10万通貨運用で
 1ドル100円として計算
10万通貨で運用すると
1カ月でEA代金を回収できますね♪

最大ドローダウン
17.7万円
※10万通貨運用で
 1ドル100円として計算
このリスクが許容できない方は
1万通貨で運用すると
1.77万円までリスクが下がります。
ご自身が許容できるリスクで
運用するようにしてくださいね♪

総取引数
5105回
年間300回以上
取引しているので
取引回数を重視される方に
最適なEAですね♪

勝率
57.16%
10回取引をすると
5~6回勝つ計算になります。
負けが続きにくいので
メンタル的にやさしいEAです。

平均勝・敗
勝トレード
67.62
敗トレード
-64.21
少しだけ利大損小です。
勝率5割以上あるので
利益を残しやすいEAと判断します♪


Beatrice NK01は
優秀なロジックを使用した
勝ちを残しやすいEAと判断していますが
バックテストのスプレッドからだと
低スプレッド業者を選ぶ必要があります。
国内FX業者で取引すると
活躍しそうなEAですね♪
気になる方は
ご検討されてみてはどうでしょうか?

Beatrice NK01公式ページはこちらから 




多数ポジション朝スキャEA 『Morning Shot USDJPY M5』

多数ポジション朝スキャEA
『Morning Shot USDJPY M5』

【Morning Shot USDJPY M5 概要】
通貨ペア:[USD/JPY]
取引スタイル:[スキャルピング]
最大ポジション数:5
使用時間足:M5
最大ストップロス:50
テイクプロフィット10その他:トレーリングストップ

日本時間3:30~6:00にエントリーし
トレーリングストップで利確するEAです。
最大ストップロス50pipsと
損切りも浅めの設計で
短期決戦のスキャルピングEAです。



image

日本時間の早朝にエントリーし
方向性が合えば
トレーリングストップで決済します。
最大ストップロスは-50pipsで
引っかかってしまう時ももちろんあります。
最大5ポジ×-50pipsなので
ロットが大きいと
一回の損失は大き目になりますが
勝率が8割ほどあるので
負けることは少ないです。

【バックテスト分析】
2008年から10年バックテストを行ってみました
image

2008.01.01-2017.12.31
スプレッド0.8pips
0.1ロット固定
純益+85万円
最大ドローダウン -18.6万円
勝率 79.4%

となりました。
image

成績が振るわな方のが2011年~2013年で
ほぼ横ばいの期間があります。
最大ドローダウンもこの時期に
0.1ロットに対して
最大15万円台を出しています。
その他の年をみると
平均-5万円台程度ドローダウンになります。
image

月別で見てみると
12月の成績が良くないことが多いですね。
12月は運用をやめてみてもいいかもしれません


【最大ドローダウンと期待利益】
10年間のバックテストにおいては
最大ドローダウンは15.6万円でしたので
100万円口座であれば
0.2ロット(×最大5ポジ)での運用が推奨です。
その場合の期待平均利益は
+17万円となります。

MorningShotUSDJPYの
デフォルトパラメーターのロット数は
0.5となっており
直近数年のドローダウンから調整されている
100万円あたりの推奨ロットになっています。
どの程度のバックテスト期間を参照として
最大ドローダウン値をきめるかは
人それぞれなのですが
アグレッシブにいきたいのであれば0.5
安全に行きたいのであれば
0.2程度がおススメです。

100万円あたり0.5ロットであれば
平均年利見込みは+40%、
0.2ロットであれば+17%になります。


【複利機能との相性よし!】
勝率が80%近くありますので
複利で運用したほうが効率が良いですね。
直近5年での複利運用結果はこちら
image

リスク10設定で
相対ドローダウンは15%!
100万円⇒388万円に!(+288%)
成績の良い年にあたると
一気に資産形成できるかもしれません?!

Morning Shot USDJPY M5公式ページはこちらから 


驚異のリカバリー36.6!『Utility_Player_MAX_USDJPY_M5』

順張り・逆張りロジックを
2つのEAに分けることで
それぞれのパフォーマンスが
MAXになるように再設計し
マルチロジックEAとして
1つのEAにしたのが
Utility_Player_MAX_USDJPY_M5公式ページ

 

 

目次 [表示]

ストラテジーについて

通貨ペア
USDJPY

取引スタイル
スキャルピング

デフォルトポジション数
2個

デフォルトロット数
0.6Lot×2ポジション

時間足
M5(5分足)

両建て
有り

ゴゴジャンで販売されている
Utility_Player_USDJPY_M5_V1は
相場に対して
完全同一ロジックで
順張りと逆張りを
柔軟に使いこなすEAですが
順張り・逆張りの2つのEAに分け
それぞれのパフォーマンスが
MAXになるように再設計し
完成した2つのEAを
マルチロジックEAとして
1つのEAにしたのが
Utility_Player_MAX_USDJPY_M5

パフォーマンスを
最大限に発揮できるよう
設計されているので
非常に期待できるEA。

Utility_Player_MAX_USDJPY_M5公式ページはこちらから

 

 

パラメーター

Slippage
許容スリッページ(pips)

MAXSpread
スプレッドフィルタ(pips)

MagicNumber1
マジックナンバー(ロジック1用)

Lots1
固定ロット(ロジック1用)

MagicNumber2
マジックナンバー(ロジック2用)

Lots2
固定ロット(ロジック2用)

Utility_Player_MAX_USDJPY_M5公式ページはこちらから

 

 

バックテスト


6万通貨のバックテストですが
1万通貨で再計算します。

通貨ペア
USDJPY

期間
21年4カ月(256カ月)
1999.02.01 – 2020.06.01

時間足
5分足(M5)

モデル
全ティック

モデリング品質
90.00%

スプレッド
15(1.5pips)

初期証拠金
100万円

収益
238.2万円

プロフィットファクタ
1.38

最大ドローダウン
6.5万円

総取引数
7631回

勝率(%)
72.64%

平均勝トレード
1568円
平均敗トレード
⁻3022円

平均利益÷平均敗
0.518

Utility_Player_MAX_USDJPY_M5公式ページはこちらから

 

 

バックテスト考察

バックテスト期間
21年4カ月(256カ月)で
モデリング品質90%で
信頼のできるデータと判断。

収益
全期間 238.2万円
年間  11.2万円
1万通貨で運用すると
年間11.2万円程度の収益を狙える。

最大ドローダウン
6.5万円
低いドローダウンで
運用できるのがグッド!

リカバリー
36.6
収益÷最大ドローダウンが
な、なんと36.6!
ドローダウンが発生しても
回復する力が強い。

総取引数
全期間 7631回
年間  357回
取引回数が多いEA。
これだけ取引回数が多いと
取引するたびにお金がもらえる
TariTali(タリタリ)との相性が
非常にいいとですね。

勝率(%)
72.64%
10回取引すると
7~8回勝つ計算になるので
ストレスが溜まりにくいEAと判断できる。

平均利益÷平均敗
0.518
利小損大で利益を積み上げる。
勝率重視されている方に最適。

Utility_Player_MAX_USDJPY_M5公式ページはこちらから

 

 

Utility_Player_MAX_USDJPY_M5まとめ

本EAの素晴らしいところは
ドローダウンが発生しても
収益÷最大ドローダウンが36.6なので
素早いリカバリーが期待できること。
また、取引回数も多いので
EA運用益だけでなく
TariTali(タリタリ)をご利用すると
キャッシュバック益も期待できる。
ポートフォリオを加えると
収益の柱になりやすいEAと判断できる。
気になる方は
ご検討されてみてはどうでしょうか?

Utility_Player_MAX_USDJPY_M5公式ページはこちらから

 

 

 

1万通貨で運用した場合の年間キャッシュバック額は約3万円

キャッシュバックサイト
TariTali(タリタリ)経由で
XMスタンダード口座開設して
1万通貨で取引した場合の
年間キャッシュバック額は
約3万円になる。
※357回/年×85円

キャッシュバックサイト
TariTali(タリタリ)を利用すると
EA運用益11.2万円だけでなく
キャッシュバック益3万円
合計で14.2万円の収益を狙える。

収益を増やしたい方は
絶対にTariTali(タリタリ)を
併用することをオススメする。

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 

年300回、年利30~50%の1ポジ王道EA『Undine EURUSD M5』記事タイトル

24時間型1ポジスキャルピングEA
『Undine EURUSD M5』

【Undine EURUSD M5 概要】
通貨ペア:[EUR/USD]
取引スタイル:[スキャルピング]
最大ポジション数:1
使用時間足:M5
最大ストップロス:100
テイクプロフィット:180

人気のシンプルロジック・1ポジションEAです




【バックテスト分析】
image

2008.01.01-2018.06.01
0.1ロット固定
スプレッド0.5Pips
純益+846万
総取引回数 3184(年間平均300回)
勝率69%
最大ドローダウン 5万円
平均獲得pips  12.8pips
平均損失pips  -20pips
となっています。
最大TPは180pips、最大SLは100pipsです。

推奨証拠金は、0.1ロットあたり
(4.5)+(5*2)=15
15万円あれば良いでしょう。




【年別損益】
image

※0.1ロット運用の場合の年間損益

2014年、2015年が利益が少ないですが
直近5年だと年間平均453pips
直近10年だと
年間平均800pipsの利益になっています。
直近5年であれば年間平均利益率は30%
直近10年であれば年間平均利益率は53%
となります




【時間別損益】
image

24時間可動EAというだけあり
まんべんなく取引します。




【トレード例】
image

TP=180、SL=100ですが
念の為の設定という感じで
実際はロジック決済がほとんどです。
短期的な高値更新
安値更新で順張りをしていきます。
トレンド時には片張りのみをしているので
王道の順張りといえますね。
年間取引回数300回以上
1ポジでドローダウンも少なく
扱いやすいEAですよ!

Undine EURUSD M5 

複利だと3,000万円の収益!『SilverCoyote(Basic版)』

夜明け時、勝率75%のハンティング!
SilverCoyote(Basic版)





【EA概要】
通貨ペア
[AUD/JPY][EUR/JPY][GBP/JPY][USD/JPY]

取引スタイル
[スキャルピング]

初期証拠金額1,000,000円

最大ポジション数3

最大ロット数30その他:変更可

使用時間足M15

最大ストップロス50

テイクプロフィット50
その他:ロジック決済もあり

両建てなし


■SilverCoyote(シルバーコヨーテ)の特徴

推奨の時間足は15分足
最大のパフォーマンスを発揮させるには
15分足を使用します。


推奨の通貨ペアはUSDJPY
その他にEURJPY・GBPJPY・AUDJPYでも
それなりの良い働きをしてくれそうです。 
複数の通貨で運用できるのは
ロジックに優位性が高いから。
かなり期待できるEAです。



EAのタイプ
過去24時間のトレンド方向に沿って
有利なプライスでのエントリーを狙います。
最大ポジション数は3つ。
SLもTPも50ですが
テクニカル条件による決済が基本です。 

EAの稼働時間
レンジになりやすい時間帯が得意。
日本時間で早朝4:30から9:00までがエントリータイム。
正午までにはポジションをクローズします。
ポジションを長時間保有したくない方に向いています。


単利と複利設定
固定ロットで淡々とトレードする単利
余剰証拠金もしくは
口座残高から任意の割合で
自動ロット計算させる複利
どちらにも対応しています。
複利は爆発的にお金を増やす効果があります。
億万長者になれるかも?




■2005年~2016年までのバックテスト結果(単利運用の場合/USDJPY)
image



■2005年~2016年までのバックテスト結果(複利運用の場合/USDJPY)
image



複利だと3,000万円の収益!
かなり期待できます。


気になる方はクリック!
更なる情報を確認できます。
 SilverCoyote(Basic版)
夜明け時、勝率75%のハンティング!(15分足/USDJPY他)
 


年利50%越えの朝型1ポジEA『KUNAI_GBPUSD』

リスクリターン率
トップクラス
『KUNAI_GBPUSD』


【KUNAI_GBPUSD概要】

「KUNAI_GBPUSD」
の使用時間足は15分足
ポンドドル専用のEAです。
最大ストップロスが50
テイクプロフィットは
100になっています。
どちらも内部ロジックによって
決済を行うようです。
最大保有ポジション数1で
トレール機能も設定可能です。

【バックテスト分析】
KUNAI_GBPUSDは
単利・複利運用可能なので
両方をみていきます。
0.1ロット固定で
スプレッドは15です。

・単利運用
2009年~2019年前半のバックテストを見ていきます。

2010.01.01‐2019.06.30
スプレッド1.5
純益+62.3万円(年間平均 5.9万円)
最大ドローダウン -2.8万円
総取引回数 1686回(年間平均160回)
勝率77.22%
PF1.75

推奨証拠金額は

5.5+(2.8*2)=11.1(万円)

なので安全運用は
12万円からが目安になります。
この場合の期待年利は
約53.4%です。


・年別収益

10年以上連続で収益を上げています。
特に直近の成績がよく
2019年も半年で
383.3ドルの利益になっています。


・年月別

月単位までみても
損失を出している月は
少ないのが分かります。
ドローダウンが低く抑えられており
損小利大です。


・取引時間と保有時間

取引時間はMT4時間で
0時から1時と
日本時間朝に取引をしているのが分かります。
保有時間で一番多いのは
4時間となっており
スキャルピングタイプのEAですが
ポジションは
比較的長く持っているようです。


・複利運用

KUNAI_GBPUSDの複利運用は
期間2014年~2019年前半までの5年半を
許容リスク20%設定でみていきます。

純益+311万円
最大ドローダウン -28.4万円
総取引回数 881回
勝率79.46%
PF2.55

単利運用10年のおよそ半分で
約5倍の純益を出す結果となりました。
最大ドローダウンも
大きくなってはいますが
それでも資金に対して
7%しかなく
PFは単利運用よりも大きくなりました。
リスクリターン率
(総損益÷最大ドローダウン)が
かなり優秀でドローダウンによる
一時的な資産の減少を
ほとんど考慮しなくてよいため
口座資金の割合を参照する複利運用が
理想的に資産を増やせているといえます。


【トレード分析】

青:ロング 赤:ショート

下から2段目に
日本時間を表示させています。
先ほど見たように
ポジションの保有時間が比較的長く
エントリーが早朝に行われています。

以上みてきましたが
ゴゴジャンの
システムトレードページで
リスクリターン率3位
(2019年9月6日現在)
EAだけなら2位の性能が
よく分かる運用に
安心感のある結果となりました。
リスクリターン率を重視して
EA購入されるという方も多いと思いますので
ぜひ利用してみてください。

KUNAI_GBPUSD詳しくはこちらから 

ドルへの圧倒的優位性で大きく稼ぐ『Covering_EA_EURUSD』

ドルストレートで高い収益を期待できるEA

「Covering_EA_EURUSD」を見る



Covering_EA_EURUSD 概要】

通貨ペア
[
EUR/USD]

取引スタイル
[スキャルピング]
[デイトレード]

最大ポジション数
1

最大ロット数
300 
(
FX業者の最大取引可能ロット数に準拠します)

使用時間足
M1

最大ストップロス
50 
(相場状況に合わせて50pips以下で損切りを行います)

テイクプロフィット
150
相場状況に合わせて利益を最大限に追求します

フォワード期間は
2018年6月から
2019年5月と約1年間で
勝率は69%です。

プロフィットファクター1.75
リスクリターン率4.31
の結果となっています。

商品ページに記載されていますが
大きな特徴は1日の中の
中期・長期的な
米ドルの強弱を判断の上で
1分足を用いて
的確な売買タイミングを計ることにより
非常に精度の高い取引を行うことができ
対ドルなら非常に優位性があるようです。

そのため日本時間の
6時から14時までを
取引対象時間としているようです。



【バックテスト分析】



2008.01.012018.12.31

スプレッド 5

1ロット固定

純益+685.2万円(年間平均 62.3万円)

最大ドローダウン -40.8万円

総取引回数 3242回(年間平均294回)

勝率79.46

PF1.73

勝率約8割
年間取引回数も294回と
1日に一回は取引している
数字になりました。

推奨証拠金額は1ロット固定で

50+(40.8*2)=131.6(万円)

期待年利は47%と
期待できそうなEAです


年別・月別損益


年別を見ると11年間で
マイナスになったことはなく
高い利益を挙げています。

月別でも
大きく利益を獲っていることが分かります。
ときにはマイナスを出すこともありますが
すぐにリカバリーして
損失以上の利益を出しています。


複利機能

複利機能も使えるので
見てみたいと思います。



最大ドローダウンの低さが魅力です。
勝率も79%と優秀ですね。
いうまでもなく
複利の力はすごいですね。


他のドルストレートのバックテスト

対米ドルペアで有効のようなので
ポンドドルと豪ドル米ドルの
バックテストも見ていきます。

GBPUSD


2008.01.012018.12.31

スプレッド 11

1ロット固定

純益+1318.6万円(年間平均 119.9万円)

最大ドローダウン -64.7万円

総取引回数 3626回(年間平均330回)

勝率81.83

PF2.30

勝率は8割越え
PFも2.30と優秀で
取引回数も多いです。

推奨証拠金額は1ロット固定で

55+(57.6*2)=170.2(万円)
期待年利は驚きの70%と
非常に期待できそうです


年別・月別損益


年別を見ても安定しています。
特に2016年~2018年の
ブレグジットでボンドが荒れた相場で
大きく獲得しています。

月別も見ても
損失を被った月は少なく
収益は大きく獲得している月が
ほとんどです。


AUDUSD


2008.01.012018.12.31

スプレッド 11

1ロット固定

純益+479.1万円(年間平均 43.5万円)

最大ドローダウン -57.6万円

総取引回数 3601回(年間平均327回)

勝率76.31

PF1.44


勝率は7割6分で
他と変わらず
取引回数多めです。

推奨証拠金額は1ロット固定で

30+(57.6*2)=145.2(万円)

期待年利は29%になりました


年別・月別損益


年別を見ると
2012年に損失を抱えていますが
その他の年度では
プラスとなっています。


月別を見ると
大きな損失となるときがあるので
証拠金の管理は注意したほうが
良いと思います。


【まとめ】

ドル自体に優位性があるので
非常に汎用性が高く
ポートフォリオを組むときに
重宝しそうです。

対ドルペアだけではなく
複利にも設定変更可能なので
運用の選択肢は広いのではないでしょうか。

必要な証拠金は多めですが
フォワードとバックテストの結果から
非常に優秀なEAなので
運用してみてはいかがでしょうか。

Covering_EA_EURUSD 


利益を更新し続ける低ドローダウンEA決定版『White Bear Z USDJPY』

利益を更新し続ける低ドローダウンEA決定版
『White Bear Z USDJPY』
の魅力を再発掘!

最も効率的な資金運用方法とは?
単利・複利運用の差などをご案内します!


【White Bear Z USDJPY 概要】
通貨ペア:[USD/JPY]
取引スタイル:[デイトレード][スキャルピング]
最大ポジション数:3その他:3~5の間で変更可能
運用タイプ:複利運用(単利もあり)
使用時間足:M5
最大ストップロス:60
テイクプロフィット:7
エントリー可能時間: 3:30~8:00(日本時間)

【色々なフィルターで最大限リスクを排除!】

ユーザーの声を受けて進化してきた
White Bearシリーズの集大成ともいえる
White Bear Z。

・月曜朝はエントリーしない
・金曜日の指定時間に強制決済
 (週またぎのポジションを取らない)
・指定したpips以上の大きな変動があった場合は指定時間にエントリーしない

といった安全機能が備わっています。




【バックテスト分析】
さて
ではフォワードも
充分な実績があることがわかりましたので
今度はバックテストで
フォワードとの乖離がないか確認してみましょう。

デフォルト設定
(AutoGMTはバックテストではfalse)
2014.9~2017.12.31 
フォワードとほぼ同期間で運用
スプレッド(現在値)
image

フォワードとほぼ乖離なし・・・・!!!

ここまで損益曲線が一致しているのは珍しいです。
理由としては
”トレーリングストップを使用していない
固定TP、SLである”ことと
フォワード計測と同じOandaの口座で
バックテストしたからだと思われます。

こうなると
今度はバックテストが信頼できますから
長期運用での最大リスクや
期待見込みが予測しやすくなります。



【利益を最大化する運用方法!】

デフォルトパラメーターでは
RISK=1.0となっています。

<パラメーター:RISK値の考え方>

RISK=1.0で
1ポジションあたりの最大損失が
口座資金の1%になるように設計されています。
最大3ポジションですから
100万円口座の場合は最大損失が3万円程度
連敗すればもう少し大きくなります。
それだと最大DDが小さすぎて
効率的じゃありませんので
最大DDが30%に収まる程度での
RISK=7 で複利のバックテストをしてみました


バックテスト期間
2012.01.01-2017.12.31(6年間)
image

純利益 22,411ドル
最大ドローダウン 3029ドル
相対ドローダウン 14%

相対ドローダウン14%なのでまだ余裕ですね。

Risk10でも平気そう!

image

RISK=10
純利益 42,538ドル
最大ドローダウン 6865ドル(13.8%)
相対ドローダウン 19.77%

でした!



【固定ロットの場合】
勝率が高いEAの場合
固定ロットにするメリットは
あまりないのですが
バックテストにおいて
年間どれくらいの
獲得pipsになるのかを見るのに参考になります。
image

2012.01.01-2017.12.31(6年間)
スプレッド0.5pips
0.1ロット固定
最大ドローダウン:253ドル
純利益:3033ドル

0.1ロットあたりの最大ドローダウン小さっ!
最大3ポジションなので
証拠金20万円あたり0.1ロットでも
全然問題なさそうです。
(レバ25倍、証拠金12万円+最大ドローダウン3万円として。)

(月別損益)
image

年間平均獲得が
500pips程度を維持しているのがすごい!
年間でのばらつきがなく
マイナスの月も年に1回
多くて2回です。




【RISK値をコントロールして、効率的に稼いでいきましょう!】
RISK値=10でも安全に運用でき
利益がぐんと増えることが分かりましたので
ぜひRISK値を上げて運用してみてください!
デフォルト設定ではもったいないですよ!

TP=7pipsなので
もちろんスプレッドが低いほど
有利な結果となります。
改めてWhite bear Zの安定さに感心しました。
さすが長く人気が続くEAです!

White Bear Z USDJPY



トレンド追従型のシンプルなEA 『EGOIST (USDJPY)』

トレンド追従型のシンプルなEA
『EGOIST (USDJPY)』



【EGOIST (USDJPY)概要】
通貨ペア
[USD/JPY]

取引スタイル
[デイトレード][スキャルピング][スイングトレード]

最大ポジション数
10

使用時間足
M5

USD/JPY 5分足専用のEAです
60分足でトレンド方向を判断
押し目・戻り売りポイントでエントリーします
取引時間は日本時間 3:30〜8:30(変更可)としています
※既に保有中のポジションのクローズ処理は行います




【バックテスト】
2010年1月1日 - 2014年10月15日

初期証拠金 10,000.00

総損益 12,327.85
総利益 30,511.21
総損失 -18,183.36

プロフィットファクター 1.68

最大ドローダウン 840.04 (3.95%)

総取引数 4,687 回

ロングポジション (勝率%)2,062回 (77.26%)
ショートポジション(勝率%)2,625回 (77.07%)
勝率(%) 3,616回 (77.15%)
負率 (%) 1,071回 (22.85%)

最大 勝トレード 113.30
最大負トレード -58.63

平均 勝トレード 8.44
平均負トレード -16.98

最大 連勝(金額) 58 (560.87)
最大連敗(金額) 26 (-130.10)

最大化 連勝(トレード数) 680.22 (32)
最大化連敗(トレード数) -563.58 (10)

平均 連勝 14 回
平均連敗 4回
image

バックテストでリスクを確認すると
最大ドローダウンが840.04(3.95%)と
かなり低いので
低リスクで長期運用可能なEAと判断できます。

勝率も77.15%あるので
連敗で負ける事はありますが
連勝もしやすいので
連敗続きで
メンタル的に落ち込んで 
運用を中止する可能性が少ないと思います。

取引回数が多い事から
ある意味飽きない運用ができますね♪

気になる方は
今すぐクリック!

EGOIST (USDJPY)公式ページはこちらから
   

多数ポジション朝スキャEA 『Morning Shot USDJPY M5』

多数ポジション朝スキャEA
『Morning Shot USDJPY M5』

【Morning Shot USDJPY M5 概要】
通貨ペア:[USD/JPY]
取引スタイル:[スキャルピング]
最大ポジション数:5
使用時間足:M5
最大ストップロス:50
テイクプロフィット10その他:トレーリングストップ

日本時間3:30~6:00にエントリーし
トレーリングストップで利確するEAです。
最大ストップロス50pipsと
損切りも浅めの設計で
短期決戦のスキャルピングEAです。



image

日本時間の早朝にエントリーし
方向性が合えば
トレーリングストップで決済します。
最大ストップロスは-50pipsで
引っかかってしまう時ももちろんあります。
最大5ポジ×-50pipsなので
ロットが大きいと
一回の損失は大き目になりますが
勝率が8割ほどあるので
負けることは少ないです。

【バックテスト分析】
2008年から10年バックテストを行ってみました
image

2008.01.01-2017.12.31
スプレッド0.8pips
0.1ロット固定
純益+85万円
最大ドローダウン -18.6万円
勝率 79.4%

となりました。
image

成績が振るわな方のが2011年~2013年で
ほぼ横ばいの期間があります。
最大ドローダウンもこの時期に
0.1ロットに対して
最大15万円台を出しています。
その他の年をみると
平均-5万円台程度ドローダウンになります。
image

月別で見てみると
12月の成績が良くないことが多いですね。
12月は運用をやめてみてもいいかもしれません


【最大ドローダウンと期待利益】
10年間のバックテストにおいては
最大ドローダウンは15.6万円でしたので
100万円口座であれば
0.2ロット(×最大5ポジ)での運用が推奨です。
その場合の期待平均利益は
+17万円となります。

MorningShotUSDJPYの
デフォルトパラメーターのロット数は
0.5となっており
直近数年のドローダウンから調整されている
100万円あたりの推奨ロットになっています。
どの程度のバックテスト期間を参照として
最大ドローダウン値をきめるかは
人それぞれなのですが
アグレッシブにいきたいのであれば0.5
安全に行きたいのであれば
0.2程度がおススメです。

100万円あたり0.5ロットであれば
平均年利見込みは+40%、
0.2ロットであれば+17%になります。


【複利機能との相性よし!】
勝率が80%近くありますので
複利で運用したほうが効率が良いですね。
直近5年での複利運用結果はこちら
image

リスク10設定で
相対ドローダウンは15%!
100万円⇒388万円に!(+288%)
成績の良い年にあたると
一気に資産形成できるかもしれません?!

Morning Shot USDJPY M5公式ページはこちらから 














瞬間的に値が動く瞬間を狙ってトレードします! 『TORURIPI-R666BZ-R_USDJPY』

100万円以上の収益を積み上げている
瞬間的に値が動く瞬間を狙って、トレードします。
TORURIPI-R666BZ-R_USDJPY

【利益&獲得Pipsベース】
100万円に対して
1ロット程度での複利運用になりますので
プラスの月が多いほど
獲得利益は増えていきます。
image


勝率は5割以下なので、沢山取引をして勝ち負け半々でも少しづつ増やしていくタイプです。


■バックテストはあてにならない
販売ページでも書かれていますが
バックテストとリアルフォワードでは
成績が全く違います。
というのも運用する口座のスプレッドや
約定力に大きく左右されるためです。
どんだけ違うのか?というと
これだけ違います
image


利益だけ見ると、
バックテスト +1044万
フォワード +79万
の差です。
平均勝ちpipsが1.1pips違い、取引回数が250回違うだけで、獲得Pipsや獲得利益に雲泥の差が!
また、バックテストのスプレッド1.6まではプラスでしたが、1.7からはマイナスになりました。
この、わずかな獲得Pipsの差×取引回数×複利LOTの力で、数か月単位ではかなりの差がでてきます。


■スキャルピングEAはスプレッド&約定力が最も重要
フォワードでの平均獲得Pipsが
1.4pips(勝ち2.9pips、負け-1.5pips)という
シビアな世界で利益を出すには
やはり運用口座の選定が最も重要になります。
バックテストのスプレッドが
1.0pipsだからといって
リアル口座のスプレッド1.0pipsで
利益が出せるかというとそうではありません。
【国内MT4口座のスプレッド比較】
image

fx-onのスプレッド比較で
どの口座がよいか検討してみてください!
フォワードと近い成績を望むなら
Oanda東京サーバー(TY3)ですと
スプレッド0.3pipsと
業界最狭レベルになっています。


■公式フォワードはスプレッド0.4pips! 
それ以下なら更なる利益が見込めるかも・・・

Oandaにはドル円スプレッドが
基本0.3pips~のTY3サーバーの口座と
通常の口座(0.4pips~)があります。
fx-onフォワードで使用しているのは
通常のデモ口座ですので
スプレッドは0.4pips~なんです。
ですので
それよりもスプレッドの低い口座であれば
公式フォワードよりも
さらに良い成績が見込めるかと思います!


■バックテストとリアル運用の乖離があるため、デモ版を配布しています
TORURIPI-R666BZ-R_USDJPYの販売ページでは
バックテストやデモフォワードのために
デモ版のEAを配布しています。
(EA説明ページ最下部)

デモでしばらく稼働させてみてから
これは行けそうだと思ったら
リアルで運用されてみてはいかがでしょうか♪

TORURIPI-R666BZ-R_USDJPY公式ページはこちらから 

ダマシを回避し利益を追求した3通貨ペアEA!『RECOBA Triple Swing M5』

ダマシを回避し利益を追求した
3通貨ペアEA!
RECOBA Triple Swing M5


1つのEAで3通貨ペア(GBP-EUR-AUD/JPY)に対応。その他の通貨ペアでも良好に推移するロジック。リアル口座Myfxbook公開中です。





このEAMT4時間0:302:00にエントリーします。

決済のタイミングはまちまちですが、損切りは早めに行なってくれるロジックなので、朝MT4を見て青ざめることはあまりないのではないでしょうか。

 

 

◆ストラテジーについて◆

 

通貨ペア:GBP/JPYEUR/JPYAUD/JPY

取引スタイル:スイングトレード・デイトレード・スキャルピング

最大ポジション数:

最大ストップロス:100

使用時間足:M5

両建て:なし

※このEAMT4GMTが冬時間+2、夏時間+3の口座でのみ運用できます。

 

 

最大SL100で心配な方は、50に設定しても運用できるような性能にバージョンアップされているのでご安心ください。

 

 

現在のフォワード計測はこのようになっています。

 

 

 順調に利益を積み重ねているのがお分かりいただけるかと思います。

 

しかも『RECOBA Triple Swing M5』を購入したら3通貨ペアでポートフォリオが組めるというのはお得かも!

 

今回はその通貨ペアの中からユーロ円のバックテストを分析してみました。

 

出品の際に必要なバックテストデータ、実はForex_TAM さんは1999年~2019で提出してくださっています!すごい…!


 


全期間の年間損益をグラフにしてみると、ほぼ全ての年がプラスで終わっているのがわかります。

2005年と2007年の2年だけマイナスがありますが、他の年に比べるとさほど大きい額という印象もないかなと思います。

余談ですが、2005年といえば世界各地でテロが起きたり、2007年は年末にサブプライムローン問題があった年ですね…。

 

 

次に、全期間を月毎に分けたグラフがこちら。

 

 

 

12月はよーく見ると赤いですが、それ以外の月は全てプラスになっています。

 

 

また、商品ページを見ているとコミュニティでの購入者さんの高評価が多く見られます。



初出品でここまで人気のEAも珍しいですが、実際に利用している方が評価するものであると尚更気になりますね…!

RECOBA Triple Swing M5  

新世代EAがさらに進化!ユーロドルで利益を積み上げる「InstaFX Evolution」

AI応用EAが
新たなロジックを搭載した
4つのロジック独立稼働で
安定感抜群の凄いEA
「InstaFX Evolution」



【InstaFX Evolution 概要】
通貨ペア
[EUR/USD]

取引スタイル
[スキャルピング]
[デイトレード]

最大ポジション数
4
(理論上4ロジック同梱のため)

最大ロット数
50
(ご利用ブローカーの下限~上限値まで可能)

使用時間足
M15

最大ストップロス
123
(EA内部判定にて自動算出(7- 123pips))

テイクプロフィット
96(EA内部判定にて自動算出(最小 5pips-))



【バックテスト分析】
ea

ea2 
2008.01.01‐2018.12.31

スプレッド 5(0.5pips)

ロット固定 0.1

純益+1.4万ドル(年間平均0.14万ドル)

最大ドローダウン -0.03万ドル

総取引回数 3622回(年間平均362回)

勝率80.87%

PF1.79



バックテストでも
勝率は80%と
高い勝率となっています。
PFも1.79と優秀で
取引回数も年362回と多めです。

推奨証拠金は
0.1ロット固定で

(5.1×4)+(2.86*2)=26.1(万円) になりました。

余裕を持って
27万円以上が
安全運用の目安となります。

この場合の
期待年利は52%と
期待を持てる数字です。



■トレードイメージ
ea 
オーソドックスに
トレンドに沿った
エントリーをするようです。
最大4ポジション
保有する可能性があるとのことですが
このチャートを見ると
複数ポジションを持つことは
少ないことが分かるのではないでしょうか。


ea 
こちらのチャートでは
複数のポジションを保有しています。
基本的には1ポジション
または
2ポジションでトレードしていくようですが
大きく利益を取れそうなら
2ポジション以上で勝負するようです。
ただし4ポジション保有することは
滅多にないようです。



■年別・月別損益

ea 
年別を見てみるとマイナスの年がなく
安定して利益を出しています。
大きく利益を得ることはあっても
大きく下がることはないことも魅力でしょう。


ea 
月ごとに見ても
大きく負けている月は少ないです。
負けても
すぐにリカバリーできていることが
安定した収益を生み出す原動力といえそうです。
好不調の波が少ないのは設定バランスや
EAのロジックが優秀だということが
大きな要因ではないでしょうか。

やはり期待年利52%は大きな魅力です。
通貨はユーロドルですが
推奨証拠金もそんなに高くないので
EA初心者でも使いやすいと思います。

InstaFX Evolution  

バックテストとの乖離があまりないEA 『CounterQ』

バックテストとの乖離があまりないEA
CounterQ


【EA概要】
通貨ペア
[USD/JPY]

取引スタイル
[デイトレード][スキャルピング]

最大ポジション数
1個

使用時間足
M5

最大ストップロス
120

テイクプロフィット
25

両建て
なし

CounterQ は長期スパンでの
利大・損小をメインコンセプトとして
単一ポジション・非ナンピン ・非マーチンゲール
日中足でのデイトレードに特化したものとなってます。 
損益のバランスを考慮し
定期的に利益更新するよう設計されたEAです。

【ロジックについて】
スパンモデルとRSIを利用し
大局のトレンドと同方向で押し目/戻りを狙ってエントリー
売買シグナルが発生した場合は
前回のエントリーポイントとの比較を行い
トレンドの終局ではエントリーしにくいよう
ロジックを構築しています。

トレード時間はデフォルトでは
指定されていませんので
事前に判明しているイベントリスクを回避することで
デモフォワード以上の安定性を見せます。
またバックテストと実際のトレードの
乖離が小さいのも特徴です。

約2年間何も裁量を加えず稼働させた結果が
現在のデモフォワード状況となります。
イベントリスクを回避するという
1点にのみご留意いただければよいので
コントロールしやすいビギナー向けのEAかと思います。



【バックテスト】

通貨ペア USDJPY 
期間 5分足(M5)  (2005.01.01 - 2015.01.01)
モデル 始値のみ 
モデリング品質 n/a
初期証拠金 10000.00
スプレッド 5

総損益 7689.00

プロフィットファクター 1.68

最大ドローダウン 250.20 (1.82%)
相対ドローダウン 2.06% (215.58)

総取引数 2135
勝率(%) 1570 (73.54%)

最大
勝トレード 32.78
負トレード -127.06

平均
勝トレード 12.06
負トレード -19.91

最大
連勝(金額) 20 (203.57)
連敗(金額) 5 (-56.27)

最大化
連勝(トレード数) 409.32 (19)
連敗(トレード数) -157.58 (4)

平均
連勝 4
連敗 1

グラフィックス1








約10年間のバックテストで
2100回以上のトレードをしていますが
モデリング品質がn/aなのが残念です。

7689ドルの収益になっています。
なだらかな資産曲線からもわかる通り
着実に収益を積み上げているのがわかります。

最大ドローダウン 250.20 (1.82%)と
かなり小さいです。
これだけのドローダウンなら
初心者の方でもリスク管理しやすいですね。

勝率が73%の利小損大EAです。
勝率で稼ぐタイプのEAで
勝率を重視される方に向いています。

ドローダウンが小さいことから
初心者~上級者の方まで
幅広い方が対象になるEAです。
ポートフォリオの一角になりそうなですね。

気になる方はクリック!
フォワード・バックテスト・統計情報など
さらなる情報を確認できます。

CounterQ公式ページはこちらから
 

長期フォワード実績あり!右肩上がりの資産曲線!『一本勝ち』

長期実績がある
右肩上がりの資産曲線
『一本勝ち』


【フォワード】




【EA概要】
通貨ペア
[USD/JPY]

取引スタイル
[デイトレード][スキャルピング]

最大ポジション数
1
その他:リスクを管理しやすい。

最大ロット数
1

使用時間足
M15

最大ストップロス
80

テイクプロフィット
0
その他:トレーリングストップなので、上限なし。

両建て
なし


マーケットの勢いを自動に察知し
エントリータイミングを探します。
エントリー後の一定の期間において
独自ロジックに基づき
トレーリングストップを行うかどうかを判定。
トレーリングストップしていく場合は
理論上は期待利益が無限大です。

エントリー当初の勢いより
弱まってきていると察知した場合
自動に手仕舞いを行えるクローズ機能を実装。
素早く賢くクローズしてくれます。
利益の確保は勿論
損失を最小限に抑えることを大優先にしています。



【バックテスト】
チャート


通貨ペア USDJPY
期間 15分足(M15) (2005.01.01 - 2015.12.31)
モデル 全ティック 
モデリング品質 89.97%

初期証拠金 100000.00
スプレッド 10

純益 582950.00
総利益 2367410.00
総損失 -1784460.00

プロフィットファクタ 1.33

最大ドローダウン 46300.00 (38.06%)
相対ドローダウン 38.06% (46300.00)

総取引数 2920
売りポジション(勝率%) 1499 (86.52%)
買いポジション(勝率%) 1421 (56.93%)
勝率(%) 2106 (72.12%)

最大
勝トレード 19750.00
敗トレード -8100.00

平均
勝トレード 1124.13
敗トレード -2192.21

最大
連勝(金額) 20 (12340.00)
連敗(金額) 5 (-5270.00)

最大
連勝(トレード数) 35330.00 (12)
連敗(トレード数) -15590.00 (4)

平均
連勝 3
連敗 1
image

約10年のバックテストになります。
取引回数が2920回になるので
統計的に信頼できます。

初期資金に対する収益が
5.8倍とかなり高いです。
収益性が高いEAと判断できます。

最大ドローダウンが38%と高いので
このリスクを必ず許容してから
運用されることをオススメします。
このドローダウンを許容できない場合は
ロットを下げるなどの対策をされた方がいいです。

勝率が70%以上
リスクリワードレシオが0.5程度なので
勝率20%が落ちてきた時に
運用停止を検討した方が良さそうです。

リスクを許容できるなら
収益性が高いので
ポートフォリオに加えてもいいと判断しています。

複利対応フル版
一本勝ち公式ページはこちらから

単利運用スタンダード版
一本勝ち(スタンダード)公式ページはこちらから 

EA購入・口座開設でオリジナルEAをもらう方法 

1年間+7,200pips!無料登録で無料EA『DST-systemβ』もらえる




毎日+30pipsを獲得できる⁉
ダブルスチール投資法をご存知ですか?

着実に利益を積み上げる
裁量トレード法を
カワセ係長さんが伝授してくれる。
また、このロジックを搭載した
自動売買ソフト(EA)を無料プレゼント!
かなりお得な企画を開催中なので
絶対に見逃して欲しくない。

ダブルスチール投資法公式ページはこちらから



カワセ係長さんとは?

・「カワセ係長」という名前で活動している投資家
・裁量トレーダー 兼 自動売買プログラマー
・作った自動売買ソフトは某サイトでランキング1位を獲得
・運用口座の収益率ランキング等でも1位獲得

・無裁量ロジックであれば、大抵のロジックはEA化できる
・毎日30pipsを獲得する『ダブルスチール投資法』を開発し

その自動売買ソフトで運用益を得続けている。


ダブルスチール投資法公式ページはこちらから




毎日+30pips利益を重ねると凄いことになる



ちなみに10万通貨の運用で
毎日+30pipsで利益を積み上げると

1ヶ月で+600pips(60万円)

1年間で+7,200pips(720万円)

12年間で+86,400pips(8640万円)


毎日+30pipsを積みあがると
10万通貨で運用していると
12年間収益が8640万円!
夢のようなリターンを目指せる。

ダブルスチール投資法公式ページはこちらから



 

 

自動売買ソフトバックテスト

 右肩上がりの資産曲線
着実に収益を積み上げている!

このような優位性が高い投資ロジックを
・裁量トレード伝授
・自動売買ソフトを無料プレゼント

今登録するとダブルで美味しいので
この機会を見逃さないで欲しい。

ダブルスチール投資法公式ページはこちらから





実際の運用でも利益を積み続けている!

 

これは単利運用の結果なので

残高に応じて
複利運用で
ロットを増やした場合
凄いことになるのは言うまでない。

ダブルスチール投資法公式ページはこちらから




まとめ


このたび公開している
 ダブルスチール投資法』

典型的な「コツコツ型のトレード法」です。

 

1日あたり+30pips

1週間で+150pips

1ヶ月で+600pips

1年間で+7,200pips

12年間で+86,400pips

 

ご登録すると
手法の全てをまとめた
PDF教材がプレゼントされるので

実践してみて下さいね。

また、本ロジック搭載
「DST-systemβ」を無料でもらえるので
この機会を絶対にお見逃しなく!
このような有益な企画は
突然、告知もなく終わることがあるので
本当に無料になるので
気になる方は
ご登録からスタートしてみてはどうでしょうか?

ダブルスチール投資法公式ページはこちらから 


長期フォワード実績アリ!平均年利100%も目指せる1ポジEA『Stable Point Getter USDJPY』

複数ロジック1ポジEA
『Stable Point Getter USDJPY』




【Stable Point Getter USDJPY 概要】
通貨ペア
[USD/JPY]

取引スタイル
[スキャルピング][デイトレード]

最大ポジション数
1

使用時間足
M15

最大ストップロス
67( 設定で変更可)

テイクプロフィット
18( 設定で変更可)


1ポジEAをでありながら
7種類のエントリーロジックを搭載することにより
厳選されたエントリーと回数を実現。


【バックテスト分析】
ea
2007.01.01-2018.02.01
0.1ロット固定
スプレッド1.0
純益+176万円 (年間平均16万円)
最大ドローダウン 4万円
総取引回数 2209回(年間平均 200回)
勝率 87%

となりました。

0.1ロットあたりの
最大ドローダウンが4万円ととても低く
1ポジEAなので
資金効率よく運用できます。

推奨証拠金は、0.1ロットあたり

(4.5)+(4*2)=12.5

12.5万円から運用可能です
(最大ドローダウン50%程度を想定した場合)。
その場合の平均期待年利は
実に128%です!



それではバックテストにおける月別
年別損益を見てみましょう


ea

年間を通して
一度もマイナス月がない年も見受けられます!

ea

年間単位で見ると
2008年が突出している他
2012年相場に
弱かったことがわかります。
直近5年は
年間500pips~2000pipsと
ばらつきがあるものの
それこそ
「Stable(安定)」な利益を残しています!

2018年2月から始まったフォワードを見ると
9ヶ月間で
+420pipsの獲得ですので
このままいけば
2017年の年間500pips並みの成績となりそうです。
過去のバックテストから見ても
よほど悪い年ではない限り
年間500pips獲得できる見込みがあるのは
なかなか心強いのではないでしょうか。

0.1ロットあたりの
最大ドローダウンも4万円と低いので
資金効率も
とても良く運用できるでしょう。

StablePointGetterUSDJPY
180Pointを80%を軽く超える勝率でコンスタントにもぎ取る
 

長期フォワード実績あり! 『Ririy&Racco's Hippo』

長期フォワード実績あり!
『Ririy&Racco's Hippo』


【EA概要】
● 通貨ペア: USDJPY
● 取引時間軸: 1時間足
● リミット値(TP) : 100
● ストップ値(SL) : 100
● 最大保有ポジション数 : 4 (変更可能)
● エントリー時間帯: 24時間

エントリーの可否は
2本のハル移動平均線の位置関係と
直近のバーの回帰直線から判断します。

リミット値、ストップ値ともに
デフォルトで100pipsが設定されていますが
内部ロジックにより
クローズすることがほとんどです。

ポジション保有時間からみると
概ねスキャルピング~デイトレに分類されます。

基本ロットを1万通貨ではなく
千通貨に変更できます。
10分の1の資金で
投資をはじめることができます。

基本ロットやMAXエントリー数を増やすことで
多くの資金を投資することもできます。

千通貨で投資する際は
最小投資単位が千通貨に対応した
FXブローカーをご利用ください。





【バックテスト】
image


取引通貨 USDJPY
時間足 1時間足
期間 2011.07.01 - 2015.01.09
モデリング品質 90.00%
スプレッド 10

初期資金 10000.00
収益  7854.25
総収益 12330.60
総損失 -4476.35

プロフィットファクター 2.75
最大ドローダウン 512.44 (5.04%)

取引回数1291
勝率 72.81%

最大
利益 77.37
損失 -76.16

平均
利益 13.12
損失 -12.75

最大
連勝数 36 (747.88)
連敗数 8 (-98.00)

最大
連勝額 747.88 (36)
連敗額 -244.96 (7)

勝ち 7
負け 3


計測期間は短いですが
取引回数1291回あることから
統計的にデータを見てもいいレベル。

プロフィットファクター2.75になりますが
フォワードだと
1~2以内で推移しやすいと予想。

最大ドローダウン額512.44と小さいですが
バックテスト期間が短いので
この小さなドローダウンになったと推測。
フォワードだとドローダウンが
バックテストの2倍程度になると予想。

平均利益>平均損失
勝率72.81%と高いので
収益を積み上げやすい設計です。

最大連敗額 -244.96と小さいので
心理的負担が少ないです。



【総評】
バージョンアップを繰り返し
優位性が高い設定になっています。

バージョンアップ後の
勝率・平均利益と平均損失が
バックテストと同じ推移をするなら
収益を積み上げやすいEAです。

バージョンアップを繰り返し
フォワード成績が向上しています。
期待が持てるEAです。

気になる方はクリック!
統計情報など
更なる情報を確認できます。

Ririy&Racco's Hippo公式ページはこちらから 

無料で使い放題!EA-BANK
Digi Beatrix
ゴゴジャンEA情報


【TariTali】最高!最速!のリベートを提供
海外FXキャッシュバック口座開設ならTariTali(タリタリ)
最強のリベートを提供!
出金が素早く
評判がいいキャッシュバックサイトです。

TariTali公式ページはこちらから
【XMだと】年間2,217,600円のキャッシュバック⁉


例えばXMで
毎月21日間100,000通貨を
10トレードする場合
XMのキャッシュバックは
8.5USDなので
毎月184,800円が
キャッシュバックとして発生!
年間にすると2,217,600円と
とても大きな金額が
現金で還元されます!

詳細はこちらから
【TradeViewだと】年間2,217,600円のキャッシュバック⁉


例えばTradeViewで
毎月21日間100,000通貨を
10トレードする場合
TradeViewの
キャッシュバックは
8.5USDなので
毎月184,800円が
キャッシュバックとして発生!
年間にすると2,217,600円と
とても大きな金額が
現金で還元されます!

詳細はこちらから
【FXProだと】年間2,217,600円のキャッシュバック⁉


例えばFXProで
毎月21日間100,000通貨を
10トレードする場合
FXProのキャッシュバックは
0.85pipsなので
毎月184,800円が
キャッシュバックとして発生!
年間にすると2,217,600円と
とても大きな金額が
現金で還元されます!

詳細はこちらから
【HotForexだと】年間1,884,960円のキャッシュバック⁉


例えばHotForexで
毎月21日間100,000通貨を
10トレードする場合
HotForexのキャッシュバックは
0.72pipsなので
毎月157,080円が
キャッシュバックとして発生!
年間にすると1,884,960円と
とても大きな金額が
現金で還元されます!

詳細はこちらから
【MyfxMarketsだと】年間1,391,040円のキャッシュバック⁉


例えばMyfxMarketsで
毎月21日間100,000通貨を
10トレードする場合
MyfxMarketsのキャッシュバックは
0.51pipsなので
毎月115,920円が
キャッシュバックとして発生!
年間にすると1,391,040円と
とても大きな金額が
現金で還元されます!

詳細はこちらから
【BigBossだと】年間1,330,560円のキャッシュバック⁉


例えばBigBossで
毎月21日間100,000通貨を
10トレードする場合
BigBossのキャッシュバックは
0.56pipsなので
毎月110,880円が
キャッシュバックとして発生!
年間にすると1,330,560円と
とても大きな金額が
現金で還元されます!

詳細はこちらから
【TitanFXだと】年間1,108,800円のキャッシュバック⁉


例えばTitanFXで
毎月21日間100,000通貨を
10トレードする場合
TitanFXのキャッシュバックは
4.25USDなので
毎月92,400円が
キャッシュバックとして発生!
年間にすると1,108,800円と
とても大きな金額が
現金で還元されます!

詳細はこちら
【AXIORYだと】年間1,108,800円のキャッシュバック⁉


例えばAXIORYで
毎月21日間100,000通貨を
10トレードする場合
AXIORYのキャッシュバックは
4.25USDなので
毎月92,400円が
キャッシュバックとして発生!
年間にすると1,108,800円と
とても大きな金額が
現金で還元されます!

詳細はこちら
記事検索
免責事項
商品に示された表現や再現性には個人差があり必ずしも利益や効果を保証したものではございません。 投資に係るリスクおよび手数料について販売ページと同じような利益が出ることを保証するものではありません。信用取引やFXは価格変動リスクを伴いまた証拠金を上回る取引を行うことがありますので場合によっては投資額を上回る損失を被る可能性がございます。投資は自己判断でお願い致します。