2007年01月19日

ワーキングプア

学生運動の季節
どんだけデタラメに使われようが、自分らが地を這うような労働を強いられている反面その金で太ってる連中がいようが、ワーキングプアが増え「格差容認」という名の厳然たる差別社会の構築がなされようが、ただただ、じっと黙って我慢しているだけの
労働法制と格差問題2
の寮に入れられて、収入から寮費や食費を天引きされると、手元に残るのはわずかなお金であるという。まさに絵に描いたような「ワーキングプア」である。御手洗会長は、請負労働についての法制度の不備を主張しているが、こうした法制度のスキマをついた不当
ワーキングプア
ワーキングプア。働いても働いても豊かにならない。現在ワーキングプアという、 「仕事をしても(ワーキング)生活水準に満たない(プア)状態」 の人が急増している。その数400万世帯、つまり日本の1/10の世帯が ワーキングプアの状態であるといえる...
大深刻
、動員した金は全部使い果たし、今年の年収予想は昨年実績を参考に計算すると、多く見積もってもギリギリ200万円に達しない、文字通りワーキングプア並だ、という事である。実はかなり深刻な事態なのだが、あまり実感が沸かないのは、今だ独身で(まぁ、結婚
[思想]弱さを見詰める
。それは自分との闘い。http://kakiten.exblog.jp/m2007-01-01/#4372136『横浜逍遥亭』の中山さんが「ワーキングプア」について書いていた。確かに暗澹たる状況だ。そして、暗澹たる状況こそ、逆に「思想」を鍛えるよいチャンスだと捉え
1月からのTVドラマ〜その
演じる大前春子は、3か月契約の派遣社員で時給3000円。8時間労働で月22日働いて、月収52万8千円。ほとんどの派遣社員はワーキングプア(働く貧困層)なのにね。大前春子は並みの正社員よりよっぽど仕事ができる。パソコンのスキルの高さだけでなく、お茶
[本]『労働ダンピング』★
はなく、請負労働者、パート社員など非正規労働者の待遇は下がる一方で(法的には保護する法律もないわけではない)、ワーキングプアの温床となっています。じゃ、正社員になれれば安泰かというと、そうわけではなく、ごく一部の成功者を
安倍さんよ、バーチャルな再チャレンジ
が、そんな映画俳優と、バーチャルな形の再チャレンジ談義しても、「貧しいアイデア」しか浮かばない。実物の、貧困層、苦しんでいるワーキングプア層と会って話を聞き要望を聞いたほうがいい。安倍さんの話すこと、いうことには何か足りないと思
[ADayintheLife]
嗜好品が欲しいからであって。昭和以前に地方が存続できたのはサービス嗜好品自体が存在、流通しなかったためじゃないかと。ワーキングプアなんていうけれど、余剰の資産があるなんてここ40年ばかりでしょ。あなた達の曽祖父やそれ以前のご先祖様たちの生活が今と同じとでも
労働法制と格差問題2
の寮に入れられて、収入から寮費や食費を天引きされると、手元に残るのはわずかなお金であるという。まさに絵に描いたような「ワーキングプア」である。御手洗会長は、請負労働についての法制度の不備を主張しているが、こうした法制度のスキマをついた不当

学生運動の季節 ワーキングプア


dsgame003 at 10:33│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔