ASISセミナーでの講演会

new009_06
「ASISセミナーでの講演会」


ASISインターナショナルという国際的な団体がある。セキュリティーの専門家をメンバーとする世界最大の団体で日本を含めて全世界に200の支部があり定期的に研究会を開いている。知人の紹介で4月18日に「大規模災害と自衛隊」という演題で話をさせていただいた。

講演の内容は、拙著「大震災への備え」と、幣研究所でまとめた「わが国防衛の軌跡」に基づくものとなった。

大震災への対応は利用できるあらゆる組織を動員して対応することが必要であり、自衛隊のように国家防衛を主たる任務として訓練している組織を最大限に活用するのは当然である。だが自衛隊が活動すると、軍隊が主導的に活動した戦前のイメージを思い出すのか批判的な意見を持っている人たちがいる。

そもそもわが国で国防に対する偏見を生んだのは、先の敗戦とその後のアメリカの占領政策による影響が強いと思うが、そのことは「わが国防衛の軌跡」に少し詳しく書いてある。


当日の聴衆者はセキュリティーを研究している人たちだったが、講演のあとの懇談でも防衛に限らずわが国では他国に比してセキュリティーに関する関心があまり高くなくて企業の経済投資も今一だとの意見が多かった。

平和憲法と称する現行憲法に基づく教育の影響が強いのか「わが国周辺諸国の公正と信義

を信頼して」生きていけば安全だとの神話が強く影響しているようである。

現実を見てみれば、学校教育などで強調されていた「平和神話」がいかに虚偽なものかがわかるはずである。

北朝鮮の情勢が慌しくなってきたこの時期は、国家のセキュリティーとまともに取り組むよい機会だと思う。  

(2017・4・19 松島悠佐)


活発な情報戦の展開

new009_06
「活発な情報戦の展開」


北朝鮮の金正男の暗殺やヨーロッパ各地のテロなど情報機関が働いていると思われる事件が続いている。シリアへのアメリカの空爆や朝鮮半島への米軍の展開もその裏には情報機関の働きがあったのだろう。

アメリカの情報機関「CIA」も活発に活動していると思うが、この活動は公表されることはないし、基本的には闇の中にある。

「CIA」は無人偵察機まで持った軍隊まがいの組織でわが国でも活動している。それこそアメリカ・ファーストの姿勢で、アメリカの利益を損ねるものは右左に関係なく排除するのがその任務のようだ。

北朝鮮が核とミサイルを強化してアメリカ本土を攻撃できるような態勢を整えるようなことは絶対に排除するだろう。

ロシアにはKGBがあり、ドイツには第二次大戦中に活動したゲーレン機関の流れをくむ情報機関がある。

アメリカの「国家安全保障局」で働いていたスノーデンという男が国家機密を盗み出しリークした事件があった。この顛末がオリバー・ストーン監督の下で「スノーデン」という映画になっている。私は観ていないが、観た人の評価は色々である。

スノーデンが活動していた世界では、人の物を盗んだり、人を騙したり陥れたりすることが当たり前の世界だったようである。

相手に気づかれないように情報を盗み出すのを諜報活動といっているが何処の国でも色々な手を使っているようだ。パソコンやスマホなども簡単に遠隔操作されて、内臓のカメラやマイクで持ち主の周辺の情報が簡単に盗めるようである。警戒のために自分のパソコンのレンズやマイクにテープを貼り付けている人もいる。

ロシアのプーチン大統領はKGB出身で、もともとこの道の人である。ドイツのメルケル首相もかつての東ドイツ出身の政治家で統一ドイツをヨーロッパナンバー1のドイツに育て上げたしたたかな人である。トランプ大統領も政治家としての経験はないとはいえアメリカという情報戦に長けた国を率いている。中国の習近平や北朝鮮の金正恩首相は共産独裁国家の中で情報戦の最中に生きている。

このような情報戦の中でわが国の安倍総理は主要な役割を果たしていかなければならない。

北朝鮮のミサイルがわが国に落ちたり、中国軍が尖閣列島や先島諸島に手を出したりしないように、周辺諸国を上手く操縦しなければならない。重い責務を担っている。

国内で森友学園の問題などに関わっている暇はあまりない。このことを与野党の政治家も国民ももっと理解してやらなければならないのではないか。

「国家が安泰に生存するために情報戦の中で如何に戦うのか」、総理だけではなく国民みんなの課題である。           

(2017・4・17  松島悠佐)





握手と棍棒

new009_06


「握手と棍棒」

国際間には色々な人種や国家がある。信じる宗教や考え方も違うのだから争いもある。だが、争いをなるべく避けて協調を主にすべきだと思っている人も多い。したがって、握手と棍棒が欠かせない。どちらか片方だけだと効果が発揮できない恐れがある。

握手だけだと「力の後ろ盾のない盟約は何の意味も無い」と言われるように、いくら約束を交わしても守られない恐れがある。棍棒を振り回すだけでも解決は難しい。

シリアや北朝鮮をめぐる動きを見ているとそのことがよくわかる。

数年前にシリアで化学兵器が使用された時にオバマ大統領は制裁を口にしながら棍棒を使うことをためらった。北朝鮮に対しても「戦略的忍耐」を掲げて棍棒をためらってきた。そのことがシリアで再び科学兵器が使用され、北朝鮮が核とミサイルの開発を堂々と続ける結果を生んだ。

トランプ大統領はシリアに制裁を加え、北朝鮮にもその態勢を整えようとしている。それだけではない。シリアにはロシアを通じて、北朝鮮には中国を通じて協調を求めようとしている。

これからの成り行きを見なければならないが、外交は「片手に棍棒を持って握手する」ことから始まると教えられた。今度は「握手と棍棒」の両方がそろっているので何らかの成果が上がると期待している。

(2017・4・13 松島 悠佐)


livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ