「北朝鮮情勢」


北朝鮮の核実験を受けて国連安保理が新たな制裁を発議した。

関係理事国の対応にはそれぞれの思惑があり、色々と報道されているが幣研究所の意見は次のようなものになった。


① 結論として、常識的には近々(5年以内くらい)に戦争は起きないだろう。間違って暴挙に出る戦争の可能性は否定できないが、その確立は少ないだろう。

理由は、関係各国が誰も戦争を望んでいないし、誰の得にもならないからである。

ただし暴挙は予測できないので警戒は必要だ。

② 各国の思惑を振り返ると次のようなことになる。

 アメリカ:・朝鮮半島はアジアへの足がかりであり、親米勢力として確保したい。

      ・社会主義・反米勢力としての半島統一を許すわけにはいかない。

      ・半島の紛争に巻き込まれてハワイや本土への被害を被りたくない。

 中国  :・アジアへのアメリカの干渉を排除したい。

・半島を社会主義・親中勢力として統一したい。

・北朝鮮がアメリカの軍事的圧迫を受ないように支援するがアメリカとの戦争はしたくない。

 ロシア :・アジアへのアメリカの干渉を排除したいが戦争の被害は受けたくない。

      ・極東は日本と協力して経済開発の基盤にしたい。

・統一後の半島を親ロシア勢力として協力させたい。

 日本  :・日米同盟を強化しつつロシアとの経済協力・中国と関係強化を図りながらの地域の安定を図ることが第一で戦争は回避したい。

 北朝鮮 :・半島統一が国是だが、そのためには米軍の介入を阻止しなければならない。核とミサイルはそのための必須の手段(戦争のためではなく、アメリカの介入阻止のため)

    ・韓国を懐柔し社会主義化を図るための施策を長期にわたり継続しており、効果も相当に上がっている。

    ・アメリカと戦争になれば自国が壊滅することを十分に承知している。

 韓国  :・朝鮮戦争の悪夢が強力でアメリカとの共同防衛体制を強化してきたが、時代とともに次第に薄らいできた。

      ・北朝鮮の工作が進み政治中枢の社会主義化が進んでいる。

  • 半島が戦争状態になれば被害は甚大であり回避すべきとの意見が圧倒的。


日本はアメリカとの連携を強化している限り、論理的には戦争を回避できるが暴挙に対応できる機能を持たなければならない。

暴挙で戦争が起きるとすれば、グアム以北の朝鮮半島と日本列島に限定されるだろう。アメリカ・中国・ロシアは自国の本土に被害が及ばないようにするからである。

こうなった時にわが国として最も大事なのは、自己防護のシェルターとミサイル防衛・敵基地攻撃能力の確保である。しかも米軍に依存せず日本自らが使えるものが必要になる。

安閑としているわけにはいかない。