シェルター

憲法改正論議2

new009_06


「憲法改正論議2」

 

5月12日のブログで、憲法改正の議論が国家観に根ざした本質的な方向に進む事を期待していると書いたが、学者先生方の意見では「自衛隊の認知」を主題に憲法を改正するのは適当ではないとの意見が出ているようで、またしても実りの無い時間つぶしに入っていく可能性がある。

「自衛隊の存在は国民に十分認知されていることだから今更憲法に書く必要は無い」というのが学者先生の主張のようだが、有意な国民はそう思っていても学者先生の間では「自衛隊の存在は憲法違反」との意見が強く、それを問題視した安倍総理が自衛隊の認知を憲法に明確に示すことを提言したのだと思う。

「自衛隊の存在は国民に十分認知されている」ことと、「自衛隊の存在は憲法違反」という学者の主張は、どこに一致点があるのだろうか。

自分に都合の良い論理だけをその都度振り回す学者の主張に国家観は見当たらない。

 

今の日本では憲法が変わらないと真っ当な防衛政策も出来ない。それは国家非常事態の規定が作れないからだ。それでは北朝鮮の暴発などには全く対応できない。例えば国民がイザとなった時に逃げ込む防空壕や核シェルターなど準備しなければならないし、敵基地反撃能力も確保しなければならないのだが、いまわが国は無策である。

そういう無策な防衛政策を先導してきたのは政治家だが、それに影響を与えてきたのが学者先生とそれに同調するメディアである。学者先生やメディアにはいい加減に目を覚まして欲しいのだが、それを是として勉強を重ねてきた学者や、自らの主張を是として歩いてきたメディアなのだからそれは無理だろう。出来る方法はただ一つ国家観のない人には「出来るだけ実務に係わらない」ようにしてもらいたいと願うばかりである。 

(2017・5・27  松島悠佐)

 

 


防護の基本は「穴ごもり」

防護の基本は「穴ごもり」


北朝鮮がミサイルを撃ってきたらどうするのか?

国や自治体は「なるべく強固な建物に入れ」とか「窓の無い建物に入れ」などと言っているが、要するに「穴ごもり」を薦めている。だがわが国にそのような施設は整っていない。

弾道ミサイル攻撃に備えるために「防空壕や核シェルター」は必需施設だと思うのだがわが国では無関心に過ごしてきた。

それでも30年程前には「核シェルター」を整備すべきだという考えがわが国にもあった。シェルターの構築・販売を手がける企業が中心だったが、国や地方自治体の協賛が得られずいつの間にか消滅してしまった。

この事業は民間の企業が旗を振って進められるようなものではない。言わば国家の防衛施策として進めなければならないものだと思う。

1980年代、東西冷戦のさなかに私は西ドイツで防衛駐在官として勤務していたが、当時の西ドイツは、核シェルターに関心が高く、それを推進する「民間防衛庁」もあり、言わば民間防衛先進国だった。日本からも視察に訪れる人もあり私は何度か案内役を勤めた。

  • 個人住宅建設の際に地下にシェルターを構築する事を奨励し、その費用は国が援助する。
  • 学校、公民館などの公的施設の建設に際しては地下に相応のシェルターを構築する事を義務付ける。
  • 地下施設には水・食糧・医薬品を準備し最低1週間は外界と遮断して生活できるようにする。

概要このようなことが決まっていた。

当時首都だったボンの地下鉄駅は2000人ほどの避難所が準備され、水や食糧も倉庫に収納されており、ここが見学のポイントにもなっていた。

残念ながらわが国にはそのようなものは無い。こういうことを整備するには時間が掛かる。しかし何時かやらないと国民の安全は守られない。

2020年にはオリンピックが開催されるが、「穴ごもり」の施設を整える良い機会ではなかろうか。             

(2017・4・28   松島悠佐)


livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ