国家

憲法改正論議2

「憲法改正論議2」


 

5月12日のブログで、憲法改正の議論が国家観に根ざした本質的な方向に進む事を期待していると書いたが、学者先生方の意見では「自衛隊の認知」を主題に憲法を改正するのは適当ではないとの意見が出ているようで、またしても実りの無い時間つぶしに入っていく可能性がある。

「自衛隊の存在は国民に十分認知されていることだから今更憲法に書く必要は無い」というのが学者先生の主張のようだが、有意な国民はそう思っていても学者先生の間では「自衛隊の存在は憲法違反」との意見が強く、それを問題視した安倍総理が自衛隊の認知を憲法に明確に示すことを提言したのだと思う。

「自衛隊の存在は国民に十分認知されている」ことと、「自衛隊の存在は憲法違反」という学者の主張は、どこに一致点があるのだろうか。

自分に都合の良い論理だけをその都度振り回す学者の主張に国家観は見当たらない。

 

今の日本では憲法が変わらないと真っ当な防衛政策も出来ない。それは国家非常事態の規定が作れないからだ。それでは北朝鮮の暴発などには全く対応できない。例えば国民がイザとなった時に逃げ込む防空壕や核シェルターなど準備しなければならないし、敵基地反撃能力も確保しなければならないのだが、いまわが国は無策である。

そういう無策な防衛政策を先導してきたのは政治家だが、それに影響を与えてきたのが学者先生とそれに同調するメディアである。学者先生やメディアにはいい加減に目を覚まして欲しいのだが、それを是として勉強を重ねてきた学者や、自らの主張を是として歩いてきたメディアなのだからそれは無理だろう。出来る方法はただ一つ国家観のない人には「出来るだけ実務に係わらない」ようにしてもらいたいと願うばかりである。 

(2017・5・27  松島悠佐)

 

 


組織犯罪処罰法改正案(テロ準備罪法案)の衆議院法務委員会通過

「組織犯罪処罰法改正案(テロ準備罪法案)の衆議院法務委員会通過」


テロ対策の一環として国会で審議されていた「テロ準備罪法案」が、衆議院法務委員会を通過し成立に近づいた。私は喜ばしいことだと思っている。

この問題については、3月のブログでも採り上げたが、テロを事前に捕捉するためには、対象を初めから絞り込まずに、性悪説に立って対処しないと出来ないことも多いと書いた。

結果的には「一般の人や組織」もまず疑って掛からなければならないことにもなるだろう。それが「監視国家」になりかねないと野党は反対しているが、国家を安泰にするために個人がその程度の犠牲を払うことは仕方がないことだろう。

反対している野党の意見には「国家観」という視点が見えない。

国家の安泰を築くためには国民全体の協力が欠かせない。みんなが気ままに自由に暮らして国家の安泰が計れるとも思えない。そのような当たり前のことがわからない人たちは、突き詰めて行くと現行憲法の下で「国民の義務は果たさず権利だけを主張する」考えが染み込んでしまったからだと思う。それはとりもなおさず「自国のに自分は努力せず、アメリカが守ってくれる」と考える人たちだろう。このような甘えを払拭するためにも憲法改正が必要である。

「子供のおねだり」のような野党の議論にうんざりしているのは私だけではないだろう。

隣国のテロやミサイルの脅威の前に国家としてやらなければならないことがいっぱいある。

国家観のない国会議員に、それは見えないのだろう。残念だ!

(2017・5・20 松島悠佐)


livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ