松島悠佐

中国軍の軍備強化

new009_06
「中国軍の軍備強化」


中国は8月1日、軍建設90周年を迎え異例の軍事パレードを行い、「戦える軍隊」「世界一流の軍隊」を目指すことを宣言した。この10数年海・空軍・ミサイル部隊の戦力を強化しわが国の南西諸島への圧力を強めているが、長期にわたって核戦力やサイバー戦・宇宙戦の能力も強化してきた。

核戦力や宇宙の軍事利用については60年も前に毛沢東がアメリカに負けるなと檄を飛ばして戦力開発を宣言した。あれから半世紀以上の努力の蓄積で、有人人工衛星を打ち上げ、月面軟着陸を成功させるなど今ではアメリカ・ロシアに次ぐ宇宙開発を遂げた。

核戦力、ミサイル戦力、宇宙利用、陸・海・空軍の強化を遂げた中国はそれを今回の軍事パレードで内外に示した。

今中国軍が目指しているのは、ネットワークを中心にした戦いNCW(Network Centric Warfare)である。

一昨年末(2015・12)に軍の大改革を行って、今迄持っていなかった「戦略支援部隊」を新設したが、これがネットワーク中心の戦いを実行する司令塔になるのだろう。

NCWは革新的な戦い方で米軍は10数年前から模索しているがいまだ完成していないようで、2030年ごろには実用化できると見られている。中国はそれに遅れること約20年で2049年の中華人民共和国建設100周年を目指して実用化を模索しているのだろうと想像する。NCWは、あらゆる戦力をネットワーク化して迅速な状況判断と指揮機能を高め最適の戦い方を決めるものだが、細部はまだわからないことも多い。しかし、情報収集分析・指揮命令・戦力運用の分野で画期的な効果を発揮すると思われ、これが完成するととても従来の手法では太刀打ちできないのではないかと危惧する。

中国軍の強化はここに焦点が当てられている。わが国もこれを見据えて対応を考えなくてはならないだろう。

中国は軍事技術的には未熟なところも多々あるが、核・ミサイル・宇宙開発など長い時間をかけてじっくり取り組む力は十分にある。それは歴史が示している。

このNCWも侮らずにしっかり見ておくことが必要だろう。(2017・8・9 松島悠佐)


短絡的な思考

new009_06
短絡的な思考


今は「片手落ち」とか「びっこ」という言葉は障害者を傷つける表現として使わないことになっている。だが、広島の原爆被害や戦争への反省の言葉を聞いていると、どうしても「片手落ち」としか思えない。戦争も原爆も悲惨であり、このことを語り継ぐことは必要なのだが、それではどうしたらそれを防ぐことが出来るのかはまったく全く語られない。

ただそうならないように祈るだけだという。違うのではないか。そうならないようにする方法を考えることが大事なのではないか。悲惨さを語り継ぐことだけでは「片手落ち」と言わざるを得ない。その表現がまずければ「短絡的な思考」とでも言うのだろうか。

あの悲惨な戦争を起こさないために、あの悲惨な原爆が再び投下されないためにどうするのか。それが安全保障の基本である。

私は「抑止力の確保」が基本だと思っているが、その他の考えもあるだろう。そのことをもっと掘り下げて国民的な議論を啓発してもらいたいのだが、それを自らの任務と心得ている政治家もメディアも少なくなった。

話は変わるが沖縄海兵隊のオスプレイがオーストラリア近海で墜落した。機体の異常か人的なミスなのか、原因はまだわかっていない。だがオスプレイの沖縄配備に反対している沖縄県知事は直ちに「オスプレイ撤去」を要求している。

これも「短絡的な思考」ではないか。わが国の安全、なかんずく南西諸島の安全を確保するにはどのような施策が必要なのか。それをしっかりと考えることこそ知事の責任ではないのか。「短絡的な思考」で責任を回避するのはいい加減にして欲しいと思っている。                    

(2017・8・8 松島悠佐)


東海中学での講演

2月20日(土)に名古屋の東海中学校において、当研究所の松島悠佐代表が講演を行います。このイベントは、14年間にわたって、年2回催されているもので、中学生、高校生はもちろん、一般の方々も参加できる、全くオープンな講演イベントです。

参加者は多い時では3千人を超える人々が聴講に来られるそうです。

本日は、その案内状(新聞など)を作るため、名古屋から中学3年生の稲垣君が取材に来られました。

約2時間にわたって色々な話や質問を受けました。私も傍らで聞かせてもらいましたが、非常にしっかりした稲垣くんに正直驚きました。今時、このような若者と、長時間お話する機会はめったにありません。私は、感動を覚える次第でした。

「国ってなんだろう」、「自衛隊ってなんだろう」率直で素朴な疑問を持っている若者です。

彼らを納得させるにはどうすればいいのか、私自身、自問自答していました。

松島代表は、非常に丁寧に、非常に分かりやすく応答していました。稲垣くんも「良く分かりました」と満足な表情で帰っていかれました。(島本順光)


本年の締めくりとして

12月10日発売の月刊文芸春秋正月号が『日本を変えた平成51大事件』の特集を載せています。

その中の一つに『阪神・淡路大震災』を採り上げ、防衛システム研究所代表として私(松島悠佐)が、災害救援活動の指揮をとった当時のことを書きました。

短い内容ですが、自衛隊には権限がなく救援活動に苦労したことや、警察・消防との連携も不十分だったために救援活動が中々進まなかったことなどが書かれています。ご一読いただければ幸甚です。

この一年、防衛システム研究所にご支援、ご協力いただいたことを感謝致します。どうぞ良いお年をお迎え下さい。(松島悠佐)



livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ