12月10日発売の月刊文芸春秋正月号が『日本を変えた平成51大事件』の特集を載せています。

その中の一つに『阪神・淡路大震災』を採り上げ、防衛システム研究所代表として私(松島悠佐)が、災害救援活動の指揮をとった当時のことを書きました。

短い内容ですが、自衛隊には権限がなく救援活動に苦労したことや、警察・消防との連携も不十分だったために救援活動が中々進まなかったことなどが書かれています。ご一読いただければ幸甚です。

この一年、防衛システム研究所にご支援、ご協力いただいたことを感謝致します。どうぞ良いお年をお迎え下さい。(松島悠佐)