しらけんの日記

お気楽ダイビングインストラクターの食う・寝る・遊ぶをご紹介いたします♪

人類みな夢を乗せて@赤坂

PA240004
子供ながらにTVで放送された映画を見てトラウマになりかけたのは猿の惑星、ゴット・ファーザー、新・猿の惑星です。

解除されたら色々と忙しくなってきた。

日曜日でも営業してるのかな?って仕事前に寄ってみたら営業してたので引き込まれるように。

人類みな麺類と夢を語れのコラボ店とされ、人類みな麺類Redからのリニューアルみたいですね。

地下の店内に入りメニューを見ると、原点、micro、macroとあり、大元のスープは変わってないみたいです。

なので、らーめんmacro(950円)をオーダすると、麺の量、無料トッピングの野菜&背脂&にんにくなどを聞かれ、麺量225g&他は全てちょいマシでお願いしました。

ちなみに麺量は150、225g、50円プラスで300gとなってますね。

6名のスタッフさんはマスク姿&マウスシールド、入口横に自動アルコール消毒液噴霧器、各席にアクリルのパーテーションなどの対策となってます。

出て来たらーめんmacroは人類みな麺類の時よりも貝や魚介らしい風味、そして追加されたようなジャンクな旨味を感じる醤油スープですね。

ちょっと混ぜて食べてみると想像してたよりもニンニク&背脂とマッチし、ガッツリ系のなかでも体験したことのない美味しさを感じますよ♪

麺は一緒かな?ツルっとした舌触りのあるもので、多めな具などにも負けずに存在感のある食感が♪

具などは、例の厚みのある大きめなチャーシュー、茹でモヤシ&キャベツ、追加してもらった刻みニンニク&背脂です。

カウンター上には調味料はなく、唐辛子などは有料トッピングとなってます。

そこには生玉子、チーズ、カツオ粉などだけでなく、甘辛にぼし、焼きなす、カボスと面白そうなものも。

セルフながらもお冷や代わりの冷たい烏龍茶も嬉しいですね♪

会計時に次回に使えるラーメン無料券を渡され、今月内は1日先着100名に配ってるそう。

色々な要素から女性客でも気軽に楽しめるガッツリ系な一杯だった。



【住所】 東京都港区赤坂3−13−14
【時間】 11:00〜16:00、17:00〜20:00(当面)
【定休】 不定休

麺屋 敬@萩山

PA220012
その地に行っただけで興奮してしまった地ラーメンは、和歌山ラーメン、札幌ラーメン、飛騨高山ラーメンです。

がんこの後に、こちらのお店まで移動してみますよ。

お店は駅前のロータリーにあり、スーパーに隣接しててスーパー内からも出入り出来るみたい。

店頭の券売機のメニューを見ると、ラーメン、味噌ラーメン、辛味噌ラーメン、人気まぜそば、鯛汐そば、黒マー油ラーメン、淡麗つけ麺、淡麗味噌つけ麺、淡麗辛味噌つけ麺、中華そばとあり、ラーメン(780円)をチョイスしてみます。

J字型のカウンター席、店頭のテラスカウンター席とあり、寒さもあって店内に入ると満席!

たまたま1席が空いたので、そちらに案内されたんだけど調理場が見えない席・・・。

食券を提示してからアブラ、ヤサイ、ニンニクの有無の案内に気づきましたが、券売機にボタンが用意されてるようです。

ですが口頭でも受け付けてくれ、ヤサイアブラニンニクでお願いしました。

アクリルのパーテーション、3名のスタッフさんはマスク姿、都度アルコールでのクリーンアップ、各席にアルコール消毒液などの対策となってますね。

緊急事態宣言明けサービスとして生ビール100円で販売されてますよ。

出て来たラーメンは甘塩っぱさのある豚骨、鶏、香味野菜からのスープで、野菜の山に雪化粧のような背脂を追加しなくてもスープ表面には多めの背脂が確認できますね。

想像してたよりも適度な重さとコクも楽しめますよ♪

特注麺とされるストレートで平たさのある太麺はツルモチな感じのもので、少し具などに存在感が奪われますがスープとはマッチしてる感じです!?

麺大盛りサービスもありますね。

具などは、分厚いチャーシュー、茹でモヤシ&キャベツ、追加してもらった刻みニンニク&背脂です。

ヤサイの茹で加減が好みな食感&喉越しで、背脂とタレでも十分に楽しめますよ♪

和歌山ラーメンを謳う中華そばも気になるなぁ〜・・・。

ポイントカードには麺屋荒井、麺屋狼が姉妹店と案内されてますが、どちらも未確認&未訪問なお店です。

メニュー選択肢も多いので使い勝手がありそうなので繁盛されてるのも納得な一杯だった。



【住所】 東京都東村山市萩山町2−2−1
【時間】 11:30〜15:00、17:00〜22:00
【定休】 不定休

元祖一条流がんこラーメン たま館分店@立川

PA220004
元祖一条流がんこでリピートしてたのは八代目、、亀戸や両国に移転してきた市川は何代目だったっけ?

やはり地元周辺が多かったです。

一時は亀戸の駅ビルやラーメン集合施設にも出店がありましたね。

またもや早朝からの仕事で寝不足のハイテンションもあり、今度は中央線を西へ♪

菜花井の庄などが入ってるらーめん集合施設にて、がんこ相模原分店のお弟子さんによる出店だそう。

券売機のメニューには、塩、正油、辛痛麺、つけ麺とあり、正油&塩はモモ、バラ、鶏とチャーシューが選べるようになってます。

塩バラ(850円)をチョイスしてみますよ。

食券を提示するとレベル1〜8までの味の濃さが選べ、基本のがんこ味とされるレベル4でお願いします。

検温、アクリルのパーテーション、2名のスタッフさんはマスク姿、各席にアルコール消毒液などの対策となってますね。

出て来た塩バラは透明度も感じられる塩スープで、レベル4でも十分塩っぱさを感じますね。

スープの素材は相模原分店のものを踏襲した感じに思われます!?

緩いWAVEのある中細麺はススっと啜れ、少し片目な設定となってますね。

具などは、チャーシュー、穂先メンマ、海苔、多めの笹切りネギです。

目の前でチャーシューをスライサーでカットされる光景が懐かしくも♪

スープだけでなく麺やメンマなどパーツパーツでは記憶のものとは違いますが、がんこも色々と進化してるみたいなので、やはり総本家にも行ってみたくなっちゃった・・・。

明日から2日間は昔のがんこを販売し、あっさり、中間、こってりなどで楽しめるみたい。

やはり正油、そして未体験のつけ麺も気になったので複数で来たかった一杯だった。



【住所】 東京都立川市錦町1−2−16
【電話】 042−512−8939
【時間】 11:00〜20:30(当面)
【定休】 無休
Categories
記事検索
Archives
プロフィール

しらけん

Twitter プロフィール
  • ライブドアブログ