しらけんの日記

お気楽ダイビングインストラクターの食う・寝る・遊ぶをご紹介いたします♪

亀戸やきそば@亀戸

DSC_0005 (2)
飲み過ぎたのは自分のせいよぉ〜♪

二日酔い覚悟でガンガンと飲んだ昼に起き、こんな時の為に取っておいた蘭州なお店に向かってみるも売り切れでフラれる・・・。

そういえば面白そうなお店があったと思い出し、こちらのお店に向かってみた。

店頭の
メニューを見てみると、亀戸やきそば、ナポリタン、キーマカレーやきそばとあり、店名にもある亀戸やきそば(730円)&瓶ビール(550円)と迎え酒。

淡いピンクなカウンター席のみの店内へ入るとカタコトな女性店主さん?

食券を提示すると麺の大盛orスープがサービスのようで、ビールも購入しちゃったからスープが気になるけど麺大盛でね。

2名間隔でのアクリルのパーテーション、店主さんはマスク姿、テイクアウト、1部デリバリーサービスなどの対策となってます。

DSC_0006 (2)
麺を茹でた後にフライパンとトングで仕上げた亀戸やきそばは、緩いWAVEの中くらいの太さの麺を覆うように炒めた玉子、焼豚肉、青海苔、揚げ玉、紅生姜がトッピングされてます。

スパイシーなソースが食欲を刺激しますね♪

一緒に焼きを入れたキャベツと麺を混ぜ混ぜして食べてみると、想像してたよりは薄味な感じです。

丸山製麺の木札が飾られてますよ。

コーナーに紅生姜、青海苔、揚げ玉、マヨネーズが用意されており、半分ほど食べた後にマヨビームしてビールを♪

ホルモン、餃子と亀戸を冠にするお店が有名ですが、新しい代表するお店となるよう楽しみな一杯だった。



【住所】 東京都江東区亀戸6−57−22
【電話】 03−5609−2905
【時間】 11:30〜15:00、17:00〜21:00、土日11:30〜21:00
【定休】 水曜日

中華そば はし本@水天宮前

DSC_0013 (2)
この日も早朝の仕事を終えてからエッチラオッチラと。

住所を辿っての訪問でしたが、立派な建物の角地にあって個人店ではなさそう!?

L字型のカウンター席、その中に調理場に面したカウンター席がある店内に入り券売機から中華そば(680円)の食券を購入します。

4名のスタッフさんはマスク姿、給水器横にアルコール消毒液などの対策となってますね。

出て来た中華そばを見て呆気に取られます!?

焼豚のみのかけらーめん状態なんですね!

お店構えや場所、そしてスタッフさんの数を考えれば安すぎですもんね。

隣の方の特製中華そばは別皿に鶏チャーシュー、味玉、メンマ、海苔などがあり、そちらが正解だったかも!?

濃い目な醤油ダレと鶏の旨味、そして微かに魚介風味を楽しめるスープは熱々!

この時点でテンションが上がりますね♪

ストレートの極細麺はスープを纏って啜れ、麺が麺なのに最後までダレないのが凄いですよ。

だるま製麺のお祝いの花&木札がありますね。

そして衛生的に気になりますが、店内の目立つところに置かれてるツヤツヤな焼豚のチャーシューが、何となくかづ屋を思い出させたりも!?

カウンター上には、なぜか寿司ガリが置かれておりますが、これが口の中をリセットしてくれ、新たな感覚で同じスープを楽しめますよ♪

トッピングの違いを知ってたら、好みのトッピングを追加してみたかったかも!?

味の満足度はあったものの胃の物足りなさがあったので、いい肉の日なのを思い出してステーキ重もハシゴしてしまった一杯だった♪



【住所】 東京都中央区日本橋人形町1−12−11
【時間】 11:00〜14:30、17:00〜21:30
【定休】 日曜日、祝日

のど黒らぁ麺 永屋@谷在家

DSC_0003 (2)
勝本で経験された方のお店と知り、OPEN前から複数メニューが気になっており、エリア的にからロバオさんを誘っていた。

お互いのスケジュールが合わせられたので、オレッチは早朝の仕事を終えてから荒川河川敷をエッチラオッチラと上ってね。

お店について気がついたのですが銀鈴があった場所かな?

看板は変わってますが店内は居ぬき状態のL字型のカウンター席となってます。

券売機のメニューを見てみると、醤油らぁ麺、塩らぁ麺とあり、お目当てのつけ麺は未販売のよう・・・。

同行者が醤油らぁ麺(900円)、オレッチが塩らぁ麺(900円)の食券を購入します。

入口付近のカウンターにアルコール消毒液、2名のスタッフさんはマスク姿、都度アルコールにてのクリーンアップなどの対策となってますね。

出て来た塩らぁ麺はビックリするくらいの魚介風味があり、陸の動物は未使用でRO水と鰹本枯節、本枯鯖節、羅臼昆布、花どんこ椎茸、島根県産のど黒を贅沢に使用したスープだそう。

マッシュルームなどのきのこオイルがチャーシューに垂らされており、それによる味&風味の変化も楽しめますよ♪

ストレートの中細麺はスープを絡めて一気に啜れるもので、適度なシコ感も楽しめますね。

三河屋製麺の麺箱が確認出来ます。

具などは、ピンクカラーなチャーシュー、鶏チャーシュー、お店で仕込んでるメンマ、ザク切りネギ、青ネギで、ネギが食感も考えての形状のようにも思えますね!?

カウンターには青山椒が用意されており後半に少し追加してみましたが、これが爽やかさな香りを楽しめ、そしてスープを引き締めますよ♪

少量でも大きく変化するので注意を。

DSC_0006 (2)
味見させてもらった醤油らぁ麺は、こちらもベースのスープは一緒のようですが、醤油をスープ表面の香味油によって全然イメージが違った感じで面白い!

最近流行りなタイプのものに感じますが、バランスの良い美味しさからスープが止まりませんよ♪

麺は一緒のようで、具などはピンクカラーなチャーシュー、鶏チャーシュー、メンマ、三つ葉、白髪ネギとメニューによってネギなどを変えてるですね。

 

つけ麺は当面予定されてないようで、もし勝本のような2種類の麺だったら面白そう。

ただ、手間やスタッフさんの人数的にも辛そうに思えるかな!?

そちら提供を待ってみたくもある一杯だった♪


 

【住所】 東京都足立区加賀1−19−18
【電話】 050−8885−7544
【時間】 11:00〜15:00、17:00〜21:00、火は昼営業のみ
【定休】 水曜日

Categories
記事検索
Archives
プロフィール

しらけん

Twitter プロフィール
  • ライブドアブログ