しらけんの日記

お気楽ダイビングインストラクターの食う・寝る・遊ぶをご紹介いたします♪

NOODLE MEISTER 源九 GENK@九段下

DSC_0011
本当はぼぶさんと阿佐ヶ谷の新店に行くつもりだったのですが、担々麺だけの単品メニューだけのようなので、お互いに色々と候補地がある中、こちらのお店にしてみました。

お店は八咫烏雲林坊の近くにありながらも、プレオープン中もあってか?あまり目立たない感じで、L字型のカウンター席のみの店内に入ると、お客さんは1人だけと他のお店の待ちと比べると寂しい感じ!?

まだプレオープン中なので、券売機が使えないようですが、ボタンには貝だし塩、煮干醤油、丸鶏醤油とあります。

現時点ではプレオープン中の為、張り出しのように特製貝だし塩ラーメン(1000円→800円)、特製丸鶏醤油ラーメン(850円→700円)のみの提供のようで、そちらを前金制でオーダしますよ。

シックな小洒落た広めの店内、スタッフさんは3名で、そして流行りのメニューからCKな感じかと思いきや、店内には製麺機もあり、スープの仕込みなど色々な麺から曜日別でメニューを提供することも考えてられるそう!?

出て来た特製丸鶏醤油ラーメンは、国産丸鶏100%のスープに、大山鶏、美桜鶏、総州古白鶏のチー油を使用してるそう。

千葉、香川、愛知などからの濃口、薄口、再仕込みの国産有機生醤油をブレンドしたタレを合わせてるようですが、旨味も嫌味なく美味しいと思うのですが、少しスープとタレがバラバラに感じたりも!?

春よ恋を中心に、厳選した国産小麦を使用したとされるストレートの中細麺で、こちらと貝だし塩メニューは毎朝打ち立てのもの使ってるらしい。

それもあってか?風味が新鮮にも感じたり!?

煮干醤油メニューには一晩寝かしたものにし、同じ麺ながらもメニューによって使い分けてるみたい。

具などは特製らしく、大きめのピンクカラーのチャーシュー2枚、鶏チャーシュー2枚、味付玉子、メンマ、白髪ネギ、青ネギ、三つ葉です。

卵はタズミの卵なる素材を使ってるそうで、半熟な黄身は濃厚で美味しい♪

DSC_0014
味見させてもらった特製貝だし塩ラーメンは、北海道道南の一等真昆布でとったスープに、千葉県船橋産の白ハマグリを1人前300g、そしてあさりとホタテの出汁を合わせてるそう。

そこに沖縄産ぬちまーす、愛知産七福有機白醤油などのタレを合わせてるらしく、かなり濃厚な貝だしを楽しめる感じです♪

動物は不使用で、想像してたよりも貝の風味が濃厚です。

麺は一緒で、具などは特製メニューで、ピンクカラーのチャーシュー2枚、鶏チャーシュー2枚、味付玉子、穂先メンマ、白髪ネギ、微塵切りの赤玉ネギ、三つ葉で、メニューによってメンマやネギなどもチェンジされてるのね。

赤玉ネギの薬味として&食感の仕事がいいね♪

ドンブリが食の道場卒業生のお店多く使われてるものに似てたので、気になって確認してみると、店主さん(?)は、豚骨ラーメン店で7年経験され、その後学校で学んでの出店らしいのですが、食の道場ではないらしい。

色々と試行錯誤してる様子が伺えるので、これから更に美味しさがUPしていきそうに思える一杯だった。



【住所】 東京都千代田区九段北1−8−3
【電話】 03−6256−6513
【時間】 11:00〜22:00(予定)
【定休】 日曜日(予定)

横浜家系らーめん 輝道家@野方

DSC_0002
家系の連チャンになるね!?

つい最近までは、家系orガッツリしたいと思ってたんだけど、上々家ピコピコポン谷瀬家と続くとは・・・。

まあ他のお店をチョイスすればいいんだろうけど、他は複数メニューが気になる&遠方なもんで。

こちらのお店も、武道家の元店主さんのお店って事で、元を辿れば武蔵家になりますね。

店頭には物凄い数のお祝いの花があり、L字型のカウンター席の店内に入り、券売機からラーメン(680円)をチョイスいたします。

キャベチャーも考えたのですが、売り切れランプが点灯してました。

スタッフさんは3名体制で、食券を提示すると、味の濃さ、脂の量、麺の硬さ、15時までのサービスライスの有無を聞かれ、普通&ライスでお願いしますよ。

女性のお客さんも多く、レディースセットなる麺半分&味玉&すこやか茶のメニューもあり、それにライスのサービスを受けてる方も!

DSC_0005
出て来たラーメンは、武道家のものらしく、赤みのある茶色いスープで、ドロリとした粘度がありますが、時間帯もあってか?覚悟してたよりはパンチも重さも控えめだったかな!?

骨っぽさよりも肉っぽさに感じ、パワフルな旨味や濃度を感じさせますね♪

ほぼストレートの中くらいの太さの麺は、ツルモチ感があるもので、普通でも十分とモチモチ感が楽しめるので、もう少し茹でてみたいかも!?

酒井製麺の麺箱から取り出されてます。

具などは、チャーシュー、多めのほうれん草、海苔3枚で、京都産の青ネギも扱ってるようなので、キャベチャーでなく青ネギを追加しても良かったかな?

いつものようにキュウリの漬物&チャーシュー、そしてスープを浸した海苔でライスを♪

ライスはおかわり自由だそう。

ほうれん草も多めだし、サービスライスもあり、このスープで680円の税込って凄いね!

このエリアにはじゃぐら花道無極、少し離れますが無鉄砲とあり、濃厚なお店が多いですが、地域性を狙っての出店なんでしょうかね?

タイプも違うし、住み分け出来るか気になる一杯だった♪



【住所】 東京都中野区野方5−24−6
【電話】 03−5364−9252
【時間】 11:00〜15:00、17:00〜21:00
【定休】 無休

らーめん 谷瀬家@新橋、内幸町

DSC_0010
午前中にカロリーを消費した上に、こちらのお店までエッチラオッチラしてるので、キッチリと補給しておきたい。

最近、その支店や経験者が増殖してる武蔵家の系列のお店で、OPEN前から気になってました。

店頭の券売機から、らーめん(700円)をチョイスし、L字型のカウンター席のみの店内に入り、食券を提示すると味の濃さ、油の量、麺の硬さ、終日のサービスライスの有無を聞かれ、全て普通&ライスでお願いします。

威勢のいいスタッフさんが5名での対応で、お客さんの中にも旧職場での知り合いの方も多いみたい。

DSC_0008
出て来たらーめんは武蔵家ラーメンと同様に、濁りが強めな感じのものですが、訪問時間帯もあってか?タレもスープの重さ&旨味も見た目よりはライトに感じたかな?

それでも適度なパンチと旨味が楽しめ、体が欲してた高めのカロリーも♪

平ザルで湯切りされ、酒井製麺のストレートの中くらいの太さの麺はツルモチ感があり、こちらも柔めにしても美味しそう!?

具などは、チャーシュー、ほうれん草、海苔3枚で、カウンター上の卸ニンニクで味の変化を楽しみました。

ピンクカラーの部分が残るチャーシューが噛み切りづらいかも!?

サービスライスは、武蔵家ならではのキュウリの漬物と、スープを浸したライスで楽しみましたが、オレッチの定番の白胡麻は用意されてなかったな?

サービスライスは、おかわりもOKとなっており、腹ペコさんは100円違いで海苔2枚、チャーシュー1枚、味玉半分が追加される特製らーめんで更に楽しめそう!

直ぐ隣に、量産型の家系がありますが、色々な部分で勝ち抜けられるように感じた一杯だった。



【住所】 東京都港区新橋3−11−1
【電話】 03−3431−3534
【時間】 11:00〜1:00
【定休】 無休
Categories
Archives
記事検索
Recent Comments
Twitter プロフィール
  • ライブドアブログ