しらけんの日記

お気楽ダイビングインストラクターの食う・寝る・遊ぶをご紹介いたします♪

らぁめん専門店 雅の家@西八王子

DSC_0006
納得の塩らーめんの後に、久々に八王子ラーメンが食べたかったので、こちらのお店まで移動してみます。

少し駅から距離がありますが、駐車場も用意されてるみたいなので、車でのアプローチがいいかな?

逆L字型のカウンター席、2人掛けテーブル席3卓、4人掛けテーブル席ながらも、不思議な感じの席配置の店内に入ると、中央にセルフのお冷コーナーが用意されてます。

メニューにはらぁめんのトッピングの違いとボリュームの違いしかなかったので、らぁめん並(500円)をオーダします。

こちらのスペースには接客のスタッフさんのみで、オーダも小窓を開けて通すと閉められてしまうので、調理過程は一切見えないどころか、様子さえ覗えないのが珍しくも感じたり!?

出て来たらぁめん並は、想像してたよりも醤油は弱めな感じで、表面には厚めの油が確認でき、節や煮干と思われる魚介風味も楽しめるものです。

ちょっと強めの後味が残る感じかな?

ストレートの中細麺はスルスルと啜れ、ハリのある感じのものです。

見た目よりも麺量は多めに感じた!?

具などは、チャーシュー、メンマ、海苔3枚、刻み玉ネギで、油も手伝って微塵ではないけど玉ネギの辛さは感じずに食感が楽しめます。

駅からだと同じようなルックスの繁盛ラーメン店の吾衛門があり、ここまで呼べる何かが欲しいと感じた一杯だった。



【住所】 東京都八王子市並木町3−15
【時間】 17:00〜22:00(6月から)
【定休】 木曜日 

TAMAZOU−86@八王子

DSC_0002
多摩地区に向かおうと決めてたけど雨か・・・。

まあ小降りみたいだし、予定通りに向かっちゃおうかな?

久々の八王子駅周辺を歩きながら「もしかして?」と思ってたのですが、花街エリアにあるBARの作りそのもののようなお店に到着すると、ZATSUさんがラーメン待ちをされてました。

前日がお店の定休日なので、考えることは一緒ね!?

お知り合いと一緒だったみたいなので、オレッチは少し高めのカウンター席に座りますよ。

こちらのお店は、たまぞうの創業者さんによるランチはラーメン、夜はハムをメインとしたアルコールも楽しめるお店のようで、店名の86は「ハム」と呼ばさるのかな?

お祝いの花輪は関連店の次男坊なぶらなどからも届いており、店主さんと関連店の十八製麺のスタッフさんで営業されてます。

メニューには、イベリコ塩らーめん、イベリコ塩つけ麺とあり、それぞれに「ごはん付き」とあり、イベリコ塩らーめん(780円)をオーダすると、ごはんの有無も聞かれ、そのつもりだったのでお願いしました♪

どうやら夜はラーメンメニューは提供してないそう。

DSC_0004
金属のトレーに乗せられて出て来たイベリコ塩らーめんは、気持ち塩分が強めな感じの塩スープで、メニュー名のイベリコは夜に提供するイベリコ豚の生ハムのロス部分を使ってるとされるもので、骨や脂がメインになるそう。

イベリコの生ハムだけではないようなので、その部位や量によってスープの大きな変化はなさそうです!?

最初からインパクトのある美味しさで、そして具などの染みだしによって味の変化もあり、美味しいスープだなぁ〜♪

強めの縮れのある中細麺は、スープを絡めてスルスルと啜れ、少し柔めの設定で喉越しの感触も楽しいです。

具などは、さすがにイベリコ豚じゃありませんが柔らかな国産ブランド豚のチャーシュー、穂先メンマ、今が旬の小松菜、九条ネギと素材にもこだわりが!?

サイドのチャーシュー炊き込みご飯とスープを雑炊風にして食べると、もう鉄板の美味しさ!

その際に思ったのですが、別皿でお願いして、イベリコ豚生ハムのトッピングを追加すれば良かった・・・。

全てが胃の中に消えてしまった一杯だった♪



【住所】 東京都八王子市中町12−12
【時間】 11:30〜14:30、17:00〜23:00
【定休】 日曜日(当面)

よつ葉@桜上水

DSC_0002
朝から何となく担々麺気分だったので、同行者を誘って向かってみたよ♪

お店に到着してビックリ!

何と満席状態で、店頭の待ち用の椅子に座って順番を待ちます。

中からエスニックな香りがし、食欲を一気に掻き立てられますよ・・・。

多くの扇風機がありますが、熱気を感じる2段のカウンター席、4人掛け&2人掛けテーブル席とある店内に入り、紙袋で作られたメニューを見てみると、超級担々麺、つけ担々麺、汁なし担々麺、鶏そばとあり、同行者が汁なし担々麺(800円)をオーダしたのを確認し、オレッチは超級担々麺(700円)をチョイスしてみます。

そのメニューには本店の案内もあり、千歳船橋付近にあるんですね。

出て来た超級担々麺は、自家製ラー油と鶏がメインと思われる醤油スープを合わせたもので、「辛いのが苦手な人も最後まで飲み下せる超級バランス」とあように、辛さに弱くなったオレッチでも少し辛味が弱めに感じるレベルのものです。

香辛料によるエスニックな風味を感じたみたいです!?

スープの量は少なめで麺が露出しており、本日の気分から、もう少しスープが欲しかったかな?

鍋の中で泳がされ、そして蓋をして煮立たせ、何度も何度も平ザルで湯切りされたWAVEのある中太麺は、小麦粉の密度がミッチリした感じのもので、ちょっとスープの絡みはイマイチかも!?

具などは、味付けされた挽肉、白胡麻、青ネギです。

DSC_0005
味見させてもらった汁なし担々麺は、同じ麺の上に味付けされた挽肉、水菜、白胡麻、すり黒胡麻、青ネギ、花椒がトッピングされており、やはり辛さは弱めながらも適度な痺れが楽しめるもので、呼吸をする度に爽やかさを感じます♪

本日の気分はスープありでしたが、こちらの方が好みだったかも!?

DSC_0009
麺の大盛りがないようで、追い飯が無料サービスとなっており、そちらをお願いすると、白胡麻の効果もあってか?甘味が楽しめて、それぞれのメニューともライスは必須と思われ!?

きっちりスープもタレもキレイになくるくらいに楽しめました♪

辛さの調節は出来るのかな?聞けば良かった・・・。

提供までに少し時間がかかるくらいに混雑してましたが、簡単なゲームも用意されており、楽しみながら待てた一杯だった。



【住所】 東京都杉並区下高井戸1−21−15
【電話】 03−5317−3738
【時間】 18:00〜2:00
【定休】 月曜日
Categories
Archives
記事検索
Recent Comments
Twitter プロフィール
  • ライブドアブログ