しらけんの日記

お気楽ダイビングインストラクターの食う・寝る・遊ぶをご紹介いたします♪

麺や すする@水道橋

DSC_0005
昨日の並びにもビックリしたけど、その混雑を回避したつもりだったけど、2日目ながらも17時前には売り切れって凄いな!

近くの台湾まぜそば屋さんに向かってみるも、中休みのようで、こちらのお店に移動してみた。

こちらは、すするまる弐に続く関連店のようで、肉屋一瑚乱タンメン21などがあった場所で、席配置などは変わってないかな?

券売機のメニューを見ると、すするつけ麺、辛つけ麺、らーめん、辛らーめんとあり、夏季限定メニュー&他のメニューもあるかと淡い期待があったのですが・・・。

その情報がなかったから、OPENは知ってたものの、足が動かなかったんだけどね。

フィリピン・マラパスクア島ツアーの集金で落ち合ったメンバーさんが、すするつけ麺(880円)をチョイスしたので、オレッチはらーめん(850円)を。

テーブル上には、つけ麺のすすり方、柚子酢、奇跡のらー油、割スープなどが用意されてます。

出て来たらーめんは、前に体験したもののイメージと大きく変わってないかな?

やはり途中で飽きてしまったので、割りスープなどが助かります♪

DSC_0007

味見させてもらったつけ麺は、こちらも見た目を含めて大きく変わったイメージがないですが、魚粉がレンゲの上にあるので、セルフコントロール出来るのが嬉しいね。

麺だけを食べてみても、このお店の売りはつけ麺なんだと納得出来るもので、同行者も色々とカスタマイズして楽しまれてました。

中盛でも麺量は少なめに感じたけど。

何となくらーめんは、少し高めに設定かな?っては思うけど。

やはり池尻の関連店は、新しいメニューが出てから向かおうと思った一杯だった。




【住所】 東京都千代田区三崎町1−4−26
【電話】 03−5280−0036
【時間】 11:30〜23:00
【定休】 無休

生姜醤油専門 我武者羅@代々木、新宿

DSC_0008
夏が戻って来たので冷やしメニューを狙ったのですが、思いっきりフラれてしまう・・・。

地元民を誘っての訪問だったので、そちらから比較的に近いお店に移動します。

GingerMISOの角栄からのリニューアルのようで、店名も幡ヶ谷の我武者羅と同じにしたんだね。

ちょうどランチタイムピーク時だったので、オレッチらから待ちが発生します・・・。

先に食券を購入することを促され、店内の券売機のメニューを見ると、元祖長岡系生姜醤油、長岡進化系背脂生姜醤油とあり、同行者が元祖長岡系生姜醤油(750円)をチョイスしたのを確認し、オレッチは長岡進化系背脂生姜醤油(790円)のボタンを押します。

冷たいメニューが販売されれたらって期待もあったのですが、塩生姜ラーメン&冷や生姜は未販売のよう・・・。

出て来た長岡進化系背脂生姜醤油は、見た目も風味もどっかんGingerのハイブリットのような感じのもので、今までに有りそうながらも無かった醤油スープです。

思ってたよりも背脂と生姜ってマッチするのね♪

ストレートの中細麺も背脂&スープを絡めて、この麺自体の美味しさも楽しめます。

具などは、ピンクカラーのチャーシュー3枚、メンマ、岩のり、青ネギ、チャーシューの上に卸し生姜で、青ネギが薬味としての仕事がいいね♪

そして生姜を溶かしてみると、シャープさが追加されますよ。

DSC_0005
味見させてもらった元祖長岡系生姜醤油は、もう文句なしの美味しさで、このキレのあるスープの虜になっちゃいます♪

麺は一緒のようですが、具はメニューによって変えており、別のタイプのチャーシュー数枚、メンマ、青菜、カイワレ、海苔、薬味ネギで、こちらは薬味ネギの上に卸し生姜です。

食べ終える頃には生姜効果か?かなりの汗が突き出しており、冷たいおしぼりが嬉しいね♪

偶然居合わせた大崎さんと店主さんとのやり取りでは、秋になったら味噌メニューも復活させるようで、こちらと幡ヶ谷のお店で提供予定だそう。

幡ヶ谷のメニューが変わってる我武者羅にも行きたくなった一杯だった♪



【住所】 東京都渋谷区千駄ヶ谷5−29−27
【電話】 03−3341−4100
【時間】 11:00〜16:00、18:00〜22:00
【定休】 日曜日  

ラーメン 若@西葛西

DSC_0002
タイミング良く同行者が発見できたので、複数メニューが気になるお店を考えたのですが、全て23区外だったこともあり、こちらのお店に向かってみました。

お店は駅前のビルの1階でリッチはいいですが。柱を囲んだL字型のカウンター席、調理場に面したJ字型のカウンター席のみで、かなり背後も席感覚も狭いです・・・。

メニューを見てみると、拉麺、四川担々麺、麻婆麺などの麺メニューだけでなく、焼餃子、炒飯、回鍋肉、青椒肉絲なんかの中華メニューも沢山あります。

同行者が雲呑麺(800円)をオーダしたので、オレッチは炒飯にしようかと思ってたのですが、拉麺メニューは醤油or塩から選べるようで、雲呑麺が醤油のチョイスになったので、オレッチは拉麺の塩(700円)にしてみました。

多くのアルコールメニューがありますが、この時間と混み具合から、軽飲みくらいかな?

遅い時間になったら少しは腰を据えられるかも!?

出て来た拉麺塩は、国産地鶏によるスープだそうで、気持ち塩が尖った感じのものです。

甲殻類の風味も感じ、スープと一緒に口の中に入ってくる刻みネギの喉越しも楽しい。

縮れのある中細麺は、ズルズルとスープを絡めて啜れるもので、やはり喉越しも楽しい。

具などは、チャーシュー2枚、メンマ、青菜、刻みネギです。

焼豚なチャーシューが美味しい♪

DSC_0006
味見させてもらった雲呑麺醤油は、ベースのスープは一緒のようですが、こちらは醤油と鶏の相性の良さを感じ、こちらのが飲みやすいかも!?

麺屋具などは一緒で、雲呑は餡が詰まってますが、ちょっとジューシーさがないかな?

茹で方や形状などが影響してそう!?

隣の型の炒飯が物凄く美味しそうで、中華鍋を使ったメニューが更に美味しそう♪

もう少し遅い時間で一品ものとビール、そして〆にラーメンと洒落てみたい一杯だった。



【住所】 東京都江戸川区西葛西3−15−11
【電話】 03−5878−1700
【時間】 18:00〜4:00
【定休】 日曜日、祝日 
Categories
Archives
記事検索
Recent Comments
Twitter プロフィール
  • ライブドアブログ