しらけんの日記

お気楽ダイビングインストラクターの食う・寝る・遊ぶをご紹介いたします♪

二代目めん屋 秋もと

DSC_0009
夜にも使えそうなお店の後に、鳥じゃん麺こい・わと変わってきた場所に向かいます♪

カウンター上を補強して、全ての席用にトレーでのセットが準備されてるけど、居抜き状態の店内に入り、券売機のメニューを見ると、本日はラーメンの日とあります!

確認してみたら、本日を含めた月、木、土がラーメンのみの提供日のようで、逆に日、水、金がつけ麺のみの提供だそう!?

ラーメン目当てだったので、昨日の同行が本日に流れてラッキー♪

ベジポタらーめん(800円)をチョイスしますが、つけ麺メニューもベジポタつけ麺のトッピングと麺量の違いだけみたい。

若い店主さんらしき方と、お父さんとでの営業かな?

カウンター上には、つけ麺の素材などの案内がありますが、基本的にはらーめんも一緒らしい!?

出て来たベジポタらーめんは、厳選した野菜、豚骨、鶏がら、魚粉を合わせたスープとされ、野菜由来の甘味と舌触り、そして不思議な香ばしさを感じるかな?

化学調味料は不使用だそう。

ほぼストレートの中細麺は、どう考えてもつけ麺サイズではなく、やはりらーめん専用の麺みたい。

全粒粉のような茶色い粒つぶが確認でき、ライ麦のような風味を感じます。

具などは、チャーシュー、メンマ、ヤングコーン、カイワレ、水菜、薬味ネギ、糸唐辛子です。

やはり野菜には気を使ってるのか?ヤングコーンは甘く、そして薬味などの野菜もシャキシャキと新鮮さを感じますね♪

曜日によってメニューが違うのは面白いとは思いますが、単品だけでの違いでの営業ってのは!?

実際に帰っちゃったお客さんもいるし・・・。

ここからアレンジされたものも用意されてると嬉しいと思った一杯だった。


  
【住所】 東京都世田谷区世田谷3−13−10
【時間】 11:30〜15:00、18:00〜1:00
【定休】 火曜日

Tonari@神泉

DSC_0003
南伊豆のリクエストツアーだと思ってたら、翌日だったことに気づく・・・。

この夏に何度か日にちを勘違いしており、そろそろ頭もボケて来たか?

なので時間が空いたので、あんちゃんと複数メニューが気になるお店へ♪

お店はオイスターバルが隣の店舗が空いたことから、スペース的にラーメン店の営業を考えたそうで、OPEN前にミシュランに掲載されたお店を巡り、この味を開発してみたそう。

L字型のカウンター席のみの店内に入ると、和食出身の店主さんとホールの方と2名体制での営業のようです。

メニューには、鶏そば、塩煮干し鶏そば、醤油煮干し鶏そば、五目冷やし中華、冷やしパクチーあえそばとあり、ぼぶさんが鶏そば(800円)、オレッチは鶏そばが白醤油なのを知り、塩煮干し鶏そば(800円)をオーだします。

営業開始前から待ってたこともあってか?「らーめんに詳しいのですか?」と聞かれ、お店やメニューに関して色々な話を教えてくれます。

出て来た塩煮干し鶏そばは、ベースのスープは鶏そばと一緒のようで、こちらはそのスープに煮干の粉末を追加して小鍋で温めてるそう。

ザラザラした舌触りを感じなかったのですが、鶏の旨味と嫌味のない煮干による魚介風味があって美味しい♪

最終的にはドンブリの底に煮干粉が確認できますが、余程混ぜ混ぜしなければザラ感はないかな?

化学調味料は使ってないそうで、塩ダレは日本酒のアルコールを飛ばしてから複数の塩をミックスして作られたそう。

ストレートの細麺は啜り心地、風味、歯切れ、喉越しともいいね!

スープともマッチしてます♪

具などは、ピンクカラーのチャーシュー2枚、太めメンマ、ナルト、海苔、カイワレ、薬味ネギで、チャーシューとメンマにも力が入ってますよ!?

DSC_0006
味見させてもらった鶏そばは、メニュー名から鶏だけなのかと思いましたが、昆布出汁から鶏がら&臭み消しのニンニク&生姜などでスープを炊き、そして仕上げに追い鰹をしてるんだそう。

最初は少しボヤけた感じがしたのですが、ドンドンと味がマッチし始め、後半に向けて美味しくなっていく感じのものです!

これは堪らないなぁ〜♪

麺や具などは一緒のようですね。

こうなると他のメニューも気になりますが、裏メニューなるものが存在するようで、やはり夜用に偵察に来たのは正解だったかも!?

この感じだと牡蠣や焼き物も気になっちゃうし。

近いうちに何人かで夜に訪問しそうな一杯だった♪



【住所】 東京都渋谷区円山町14−3
【電話】 03−6416−3960
【時間】 11:30〜23:00
【定休】 日曜日、祝日

平和島 とりそば ○平@平和島

DSC_0008
クワトロの後に台風だったのでダメ元で訪問してみたのですが、やはり営業されてなかった・・・。

リベンジはお早めにのタイプなので、を挟んでから来てみたよ♪

今回は看板も倒れてなく、営業を確認してホッとし、看板も含めて家庭料理屋さんの居抜きのお店に向かいます。

店内はカウンター席、そして多くのテーブル席がありますが、店主さん1人での営業のようですね。

メニューには、鶏そば、鶏背脂そば、鶏カルボナーラそばなどがあり、少し疲れもあったので、あっさり醤油とある鶏そば(600円)をオーダしました。

この日一番乗りだったようで、玉子の好き嫌いを確認された後に、形に失敗してもらった味付玉子をサービスしてくれるそう♪

出て来た鶏そばは、鶏と野菜のベジポタのようなポテッとした粘度のあるスープで、メニューから想像してたものとは違い、気持ち重さも感じられるスープです。

スープ表面には背脂も!?

鶏の旨味と醤油の風味から一瞬だけ家系を感じたり!?

中くらいの太さの麺は、緩いWAVEがあるもので、スープの絡みよく、一気に啜れる感じのものですね。

具などは、ブロック鶏チャーシュー、海苔、豆苗、粗微塵の玉ネギ、薬味ネギ、サービスの味玉です。

味玉は濃いめな味付けですね。

この感じのスープだとカルボナーラも面白そう!?

画像の許可を確認したら、「お手柔らかに」と答えられてしまった一杯だった。



【住所】 東京都大田区大森北6−26−16
【時間】 11:00〜14:30、18:00〜22:00
【定休】 不定休
Categories
Archives
記事検索
Recent Comments
Twitter プロフィール
  • ライブドアブログ