2012年03月

2012年03月30日 13:33

DSC_0033

ぼぶさんより同伴の誘いメールが届いたのでけど、その時に気がついたのが遅くて・・・。

西川口からの移転らしいですが、西川口時はアンテナに引っ掛からなかったなぁ〜!?

奥に長いカウンター席のみの店内に入りメニューを見ると、三元豚のしお、しょうゆ、魚醤、そして比内地鶏のしお、しょうゆ、魚醤、つけ麺は三元豚濃こく、比内地鶏、三元豚魚介みそ、比内地鶏魚醤と、結構なメニューの数ですね!

迷いに迷って好きなブランド豚だけに、三元豚ラーメンしょうゆ(650円)をオーダいたします。

するとランチサービスで、ライスor麺大盛or麺中盛のサービスがあるようで、本日は一軒だけの予定だし、麺の中盛をお願いしました。

ちなみに麺大盛は270gで150円増、麺中盛は220gで100円増、ライスは200円です。

出て来た三元豚ラーメンしょうゆは、メニューには濃厚なスープと書かれてますが、豚の風味を感じながらも、油も少なめなライトな感じの豚骨スープです。

WAVEのある中くらいの太さの麺は、シコってした食感のものです。

具などは、チャーシュー、メンマ、キクラゲ、海苔、白髪ネギ、白胡麻、青ネギです。

チャーシューが美味しく感じたけど、こちらも三元豚を使ってたら凄いな!?

少し上品さも感じられた豚骨醤油の一杯だった。

 

【住所】 東京都台東区西浅草3−16−11
【時間】 11:00〜15:00、17:00〜23:30、土日は通し営業
【定休】 月曜日



2012年03月29日 14:20

DSC_0031

オレッチお店プロコースの水中地図作成のアシストで海に出ます。

伊豆よりも近いポイントだったので、午前中にはダイビングが終わり、少し冷えた体をラーメンで温めようと!

前々から気になっていたんだけど、ダイビングポイントからも高速のICからも少し距離があり未訪問だった、こちらのお店へ向かいます。

香ばしい香りが漂うL字型のカウンター席のみの店内ですが、13時近くでもほぼ満席状態!

たまたま空きが出来た席に着席し、調理場の上にあるメニューを見ると、ラーメン、みそラーメンとベースメニューがあり、オレッチはワンタンメン(800円)をオーダいたします。

店主さんを含め、スタッフは3名体制ですが、黙々と役割をこなしており、少し緊張気味にワンタンメンを待ちます。

出て来たワンタンメンは、香ばしい動物の風味&少し強めの旨味を感じるもので、見た目の黒さほど塩っぱさは感じないものです。

中華鍋で泳がされ、ひらざるで湯きりされた平たい縮れのある中太麺は、スルスルと啜れ、ムチっとした食感のもので、多めの具にも負けてませんね。

具などは、同じく中華鍋で泳がされたワンタン5つ、チャーシュー2枚、モヤシ、メンマ、海苔、三つ葉、薬味ネギで、ワンタンは麺より先にドンブリに入れられるので、麺の下に沈んでいます。

小田原で海もラーメンも楽しめ、まだ未訪問の小田原らーめんも気にならせた一杯だった。

 

【住所】 神奈川県小田原市酒匂1−23−31
【電話】 0465−47−2783
【時間】 11:30〜20:00
【定休】 水曜日



2012年03月28日 11:50

DSC_0034

同行者待ちが正解だったお店から歩きで移動して、こちらのお店へ訪問してみます。

AKATONBOの跡地で、看板などのリフォームはされてますが、カウンター席などは居抜き状態です。

さっきのお店同様に、背後&固定された椅子が狭く感じますね。

券売機のメニューには、肉味噌、肉味噌ひや盛とあり、どちらも大盛は同一価格サービスです。

写真から和えそばなのが判ったので、肉味噌(700円)をチョイスいたします。

ひや盛だと相性が良さそうに思えなかったので・・・?

出て来た肉味噌は、麺を茹でてから一度水で〆て、さらに湯通しした麺に、中華フライパンで調理された肉味噌が乗せられたもので、麺をそのまま食べると、からい啜り辛く、そして風味もイマイチに感じましたが、混ぜ混ぜして食べると、いい仕事を麺がいたします。

ひき肉、ニンジン、大根、ネギなどが入った味噌は、思ったよりも味噌風味は弱く、そして甘味が強めな感じのものです。

これらを麺が良く絡め&受け止め、スルスルと食べやすい感じですね。

途中からカウンター上のニンニク醤油、辛酸酢などを追加すると、醤油は甘味を抑えてくれ、酢は飽きを消してくれ、そして食欲を湧きたてます。

バランスよく食べたので、肉味噌は無くなってしまいましたが、同行者は肉味噌が残ってたのでスープ割をお願いしましたが、こちらは想像通りの感じでした。

お店の案内では、スープ割り前に「おにぎり」で飯割りするのをオススメしております。

ひとつのメニューしかなく、かなり商売的に不安を感じますが、何となく女性受けしそうな感じもあるので、そちらをアピールしても面白そうに感じた一杯だった。

 

【住所】 東京都杉並区高円寺南4−7−13
【時間】 11:00〜14:00、17:00〜22:00
【定休】 無休



DSC_0030

オレッチお店の定休日だけど、翌日にリクエストで海担当が入ってるので遠出せず、同行者待ちをしていた、こちらのお店へ向かいます。

駅から少し距離があり、背後も椅子の感覚も狭いカウンター席のみの店内へ!

メニューには、鶏塩白湯麺、鶏白湯海老油麺、豚骨麺、特製もつ豚骨麺、中華そば、特製魚濃中華そばがあり、同行者が鶏塩白湯麺(780円)、オレッチが中華そば(680円)をチョイスいたします。

鶏塩白湯麺は太麺、豚骨麺は細麺、中華そばは太麺or細麺とされており、オレッチは細麺でお願いしてみることに。

するとランチサービスとして、殻つきのゆで卵が先に提供されます。

カウンター上には紙おしぼりがあり、清潔な状態で殻を向けるのが嬉しいですね!

出て来た中華そばのスープを一口・・・。

ひゃぁ〜!!

んまい!

鶏と煮干しがメインと思われる醤油スープですが、判りやすい美味しさです!

てっきり鶏と豚のMIXなのかな?とも思ってましたが、スープは3種類準備してるんですね!

ストレートの細麺は、ススっとした啜り心地、サクっとした食感、軽く引っかかる喉越しもいいですね!

そしてチャーシューが美味しいの何の!

他には、モヤシ、カイワレ、海苔、薬味ネギ、そしてサービスのゆで卵を入れちゃいましたが、スープを覚ますので別々がいいかも!?

DSC_0028

味見させてもらった鶏塩白湯麺は、想像よりもサラリとした感じのもので、素材の良さそうな鶏の旨味&風味が凝縮されており、こちらも美味しい!

そして紫蘇が混じると、これが鶏を更に引き立て&爽やかな感じになり、いい仕事をしております!

縮れのある太麺は、プリモチ感があるもので、少し存在感が強めに感じたり!?

具などは、鶏チャーシュー、海苔、白髪ネギ、紫蘇です。

いやぁ〜!どちらも美味しいので二人で来て正解だと思ったけど、やはり豚骨も気になっちゃいますよね!

近くにあれば是非夜にでも訪問し、醤油スープの感じから、おでんなんかも楽しんでみたい一杯だった!

 

【住所】 東京都杉並区阿佐ヶ谷北1−43−6
【時間】 11:00〜15:00、17:00〜22:00
【定休】 毎月11日&17日、最終日曜日



2012年03月27日 11:44

DSC_0036

オリジナルな鶏白湯ラーメンの後に、こちらのお店へ向かいます。

しおの風銀鈴彩たまや金字塔満天食堂などを展開しているグループの新しいお店らしいです。

開店少し前に到着し、店頭で待っていたら、次から次へと後ろが続きます。

少し遅れての開店となり、奥に広い店内に入ってメニューを見ると、赤担々麺、白担々麺、黒坦々麺、緑担々麺、黄担々麺、赤担々つけ麺、白担々つけ麺、黒坦々つけ麺、緑担々つけ麺、黄担々つけ麺とあり、煮たようなメニューがあった彩たまやでは、黒担々麺赤担々麺を体験してるので、みがきごまとカレースパイス12種類を合わせたとされる黄担々麺をオーダします。

すると、こちらも開店記念サービスで30日まで840円→500円での提供だそうで、更に麺大盛orミニデザートor小ごはん、辛さのランクを選べます。

普通の辛さ&カレーだけに小ごはんをお願いしました。

先日、麺とご飯のセットはしばらく控えようと決意したのに、意思の弱いオレッチだこと・・・。

カウンター上には、髪止め用のゴム、全関連店のネーム入りの紙おしぼり、自家製らしい五味五香酢とあり、このグループらしい気配りのある用意です。

DSC_0038出て来た黄担々麺は、想像よりもカレー風味&辛味を感じないものですが、エスニックなカレー風味とゴマ風味がマッチしたスープで、なかなか美味しいですね!

さざ波のある中くらいの太さの麺は、スープの絡みもいい感じで、喉越しもいい感じです。

そして揚げレンコンが食感、箸休めにいい仕事をします。

途中からゴマ擂り用の器の存在を思い出し、胡麻を擂ろうと擂り粉木を採ると、器の中には白胡麻とカレー粉が入っており、カレー風味&胡麻風味が追加できて、これは面白いアイデアですね!

最後に肉みそ、スープでライスを楽しみ、かなり苦しくなりながらも満足満足!

ただ、お冷にプラスチックのような風味を感じたのが残念でしたが・・・。

オレッチでも辛さは辛くなかったので、辛さの調節は何の違いかが気になってしまった一杯だった。

 

【住所】 東京都足立区竹ノ塚1−28−17
【電話】 03−3885−4711
【時間】 11:30〜15:30、17:00〜5:00
【定休】 無休



DSC_0032

名前が変わってから初めて使う、とうきょうスカイツリー駅&東武スカイツリーラインですが、春休みも手伝って結構な観光客だねぇ〜!

まだ前回は、どちらも変わってなかったけど、駅の工事は随分と進んでるね!

目的のお店の営業データが判らなかったのですが、11時過ぎに訪問するも、暖簾などが下がってなかったので、中のスタッフに確認すると、そのまま店内に案内されました。

横に長いカウンター席と、無理やり作ったような4人掛けテーブル席で、スタッフは男女合わせて3名体制です。

メニューには、ラーメンのトッピングの違いのみで、ラーメンをオーダすると、開店記念サービスで650円→500円、そして替玉(150円)の無料サービスがあるようです。

このサービスが、いつまでかは案内がありませんでした・・・。

割り箸、レンゲとも2種類用意されてるのが面白いですね。

出て来たラーメンは、鶏白湯とされながらも、背脂のようなものや、強めのニンニク風味、そして柚子皮による風味も確認出来るもので、かなり独特なテイストのものです。

純粋に鶏を楽しみたい方は、あまり向いてないタイプかも!?

ストレートの平たい中細麺は、スルスルと啜れる感じのものです。

具などは、チャーシュー、キクラゲ、海苔、青ネギで、ジューシーなチャーシューが美味しかったのですが、切り落としされてるのでタイミングがあるかも!?

途中で自家製ラー油を追加してみましたが、更に独特なテイストに!?

色々と独自性を出した感じの鶏白湯(?)スープですが、素のスープも飲んでみたくもあった一杯だった。

 

【住所】 東京都足立区西新井栄町1−12−10
【電話】 03−5681−3687
【時間】 11:00〜21:00予定
【定休】 当面無休



2012年03月26日 20:37

DSC_0029

マタドールの試食会のお誘いがあったので、オレッチお店のお店番終了近くに抜け出し、ほぼ最後の参加者として訪問いたします。

今回は3月31日から葛西臨海公園で開催される、復興イベントの「believe nippon」にて、チャリティーラーメンを提供する12店舗の中に選ばれたようで、そのイベントのみに提供するメニューの試食となります。

DSC_0027

このイベントに協力している北島達人、そしてお誘いいただいたラーメン王子に挨拶をして、早速イベント限定メニューのブーケガルニの醤油らぁ麺(予価800円)を!

見た目で美味しさが伝わりますが、ドンブリに鼻を近づけると、思ったよりもブーケガルニの香り付けは強くないですが、「あまり強すぎるとお子さんが苦手にする可能性がある」からとの事。

オレッチも、どちらかと言えば苦手な方なので、嫌味の無い香りがいいですね!

牛の甘味や旨味が残り、ローリエ、タイム、パセリを使用したとされる醤油スープは、奥深く&高貴な感じのものです。

提供してから持ち運びの時間なども計算し、いつものものよりも少し太めに設定されてるようで、同じく全粒粉入りのものです。

少し柔目に感じるかもしれませんが、啜り易く、そして風味もいい感じです。

具などは、味つけされた牛肉、細切り味つけ竹の子、微塵切りの玉ネギ、青ネギ、薬味ネギで、牛肉は塩らぁ麺に使用してるものを醤油味でアレンジしたものです。

気がつけば久々の完食で、もう一杯食べたい衝動があったくらいに美味しかったです!

ちなみに、チケットぴあ、セブン・イレブン、サークルK・サンクスでは、12店舗全てで使える前売りチケット(800円)が販売されてるようで、各店舗でそれぞれトッピングサービスがあるようで、マタドールではシークレット扱いですが、ラーメンの味が変化するものを用意する予定だそう!?

店主さんによる、お客さんのシチュレーションを考えた、お客さんがベストな状態で楽しめるように開発された一杯だった!

 

【住所】 東京都足立区千住東2−4−17
【電話】 03−3888−3443
【時間】 11:30〜14:30、17:30〜21:00、土日祝〜16:00
【定休】 月曜日



DSC_0061

川口の新店に向かうも定休日なのか?フラれてしまう・・・。

セットにしていたお店に移動したら、開店と同時に到着いたします。

店内に入って券売機のメニューを見ると、濃厚つけ麺、中華そばとベースメニューがあり、店名には「つけめん」と冠がありますが、中華そば中盛(680円)をチョイスいたします。

つけ麺は特盛まで、中華そばは中盛まで同一価格サービスのようで、食券の時点で分けられてます。

奥に長いカウンター席に座ると、カウンター上には色々な案内があり、つけ麺の麺は茹で時間に8分かかるようなので、急ぎの方はご注意を!

出て来た中華そばは、煮干しがメインの魚介風味が強めな醤油スープで、エグ味や苦味を感じさせず、塩分も強くないので飲みやすく美味しい!

ストレートの中細麺は、サクッとした食感が楽しめるもので、中盛の麺量でもスルスルと食べきってしまいます。

具などは、スモーキーなチャーシュー、脂も楽しめるチャーシュー、メンマ、海苔、ほうれん草、刻み玉ネギ、薬味ネギで、それぞれがいい仕事をしております。

また中華そば提供時に、「途中からどうぞ!」とネギ油なるものを提供され、少し想像がついたので、最後の最後に追加してみたのですが、量にもよるでしょうが、思いっきり風味が変わるので、タイミングや量の調整に気を使ってみるといいかも!?

フラれたのを忘れさせてくれるくらいに満足させてくれた一杯だった♪

 

【住所】 埼玉県蕨市中央3−6−2
【時間】 11:30〜15:30、17:00〜23:00
【定休】 火曜日



2012年03月23日 20:31

DSC_0049

翌日からオレッチお店海洋実習担当を控え、あまり遠出する気も無く、チャーハン好きな同行者から、Dくんのツイートで気になっていたお店に向かいます。

雨の降る20時半過ぎの訪問でしたが、お客さんの出入りは結構あるのね!

中華やさんだけに、ラーメンを筆頭に様々なメニューがありますが、同行者は予定通りに半チャンラーメン(800円)をオーダしたので、オレッチはタンメン(680円)&餃子(400円)をオーダいたします。

調理は若い男性一人で対応してるのかと思いきや、接客もしている年配の女性も麺類は担当されてるのね!

DSC_0048

炒めよりも煮立てた感じが強いタンメンは、想像よりも野菜などからの旨味が出ておらず、少し薄味な感じのものです。

でも、野菜のシャキシャキ加減はいい感じですね。

そして餃子が下町っぽくてオレッチのストライクど真ん中!

皮の感じも良く、タンメンに浸して食べても美味しく、そして何よりもライスを欲しまっすよん!

DSC_0047

ラーメンも中華屋さんならではの味で、見た目もシンプルで、やはりたまに中華屋さんのラーメンが無性に食べたくなりますね!

ただ、タンメンに比べ、随分と麺量が少なめに感じたのは、半チャンセットだからかな?

普通のラーメンだったら、もっと麺量が多いのかも!?

DSC_0050

チャーハンの味つけも、下町らしい感じで、ラーメンのスープと合いますね!

なんか最近は家系でライス通常サイズのチャーハン炒飯と酸辣湯麺の店中本で定食と、麺類とご飯もののセットで食べることが多いなぁ〜!

餃子はお土産も出来るようなので、他のメニューも試してみたいし、夜に来れるようだったら、また来てみたい一杯だった♪

 

【住所】 東京都千代田区神田神保町2−23
【時間】 11:15〜15:00、17:00〜21:00
【定休】 日曜日



DSC_0043

天気予報は雨だったけど、雨は降っていなかったので、赤羽のお店を目指そうと両国駅に向かったら、途中から雨がパラパラと・・・。

もし行列があったら嫌だったので、京浜東北線を逆方向に向かいます。

まだ限定メニューとかは無いみたいだったのですが、気になる組み合わせに気づいたもんで、開店5分過ぎに一番乗りで店内へ!

券売機のメニューから、最近辛さに弱くなってる気がするので、味噌タンメン(750円)、そして定食(170円)なるボタンを押します。

2つのメニューでも食券は1枚なのね!

DSC_0041奥に長いカウンター席に案内され食券を渡すと、直ぐに定食が提供されます。

麺メニューと一緒に提供されるんじゃないんですね。

でも一緒に楽しみたいので、麻婆豆腐と小ライスのセットは手をつけずに待ちますよ!

DSC_0044

味噌タンメンが提供され、先にこちらから楽しみます!

大宮店のものより辛味が弱く感じて、オレッチには助かっちゃったなぁ〜!

さて、味噌タンメンの具をライスに乗せて楽しんだり、麻婆豆腐につけめんのように浸して食べたり、麻婆豆腐をライスや味噌タンメンに追加してみたりと、楽しみ方が沢山あって面白い!

最近は中本と他のお店をセットにするのは辛くなってるので、この楽しみ方に気づかなかったのが残念です・・・。

他のメニューでも、定食セットで楽しんでみたくなった一杯だった。

 

【住所】 東京都大田区西蒲田7−51−12
【電話】 03−3731−1223
【時間】 11:00〜21:00
【定休】 火曜日



Categories