DSC_0031 (1024x576)
オレッチお店に遊びに来たメンバーさんを誘って、複数メニューが気になるお店に向かうも、開店サービス価格もあってか?売切れ終い・・・。

なので、宮雀さんのblogで知り、あわよくば2軒目にと用意していたお店に向かいますよん!

ほぼ駅前にある場所ながらも、ビルの半地下にお店はあり、入口も通りに面してないので、少し目立たない感じかな!?

そして店内に入ってみると、3席のカウンター席は事務用などに使っており、いくつものタイプの違うテーブル席がメインとなっており、思いっきり飲み屋さんの跡地を、そのまま使用してる感じです。

メニューを見ると、鶏そば(大山鶏)、牛そば(国産和牛)、豚つけ麺(国産ハーブ豚)とあり、3種類のスープを作り分けてるのかな?

同行者が牛そば(850円)をチョイスしたので、オレッチは鶏そば(750円)をオーダいたします。

他にお客さんがいなかったのもありますが、BGMもなく少し緊張した空気が漂ってますよ!?

かなり時間がかかって出て来た鶏そばは、想像以上に節や煮干しなどによる魚介風味が楽しめる感じの塩スープで、期待してた以上に美味しいスープですね♪

案内によると、18時間以上煮込みんだ牛骨と魚介のスープに、フォアグラを加えたオリジナルスープだそう。

ってことは、大山鶏は具の手羽先だけなのか?

WAVEのある太麺は、チュルッと啜れるもので、セモリナ粉とうどん粉を使用したとされ、かなりモチモチした食感が楽しめるものです。

ただ、具などのボリュームから比べると、少し存在感が薄れるので、中盛以上の麺量の方が楽しめるかも!?

具などは、手羽先2つ、メンマ、海苔、煮玉子半分、ほうれん草、薬味ネギ、白胡麻で、手羽先は冷たいのが残念で、ほうれん草は油通しされてるのか?少しオイリーに感じます!?

単体で食べるには美味しいと思いましたが、スープのイメージを変えちゃうくらいのオイリーさなので、いい仕事をされてると思いますが、勿体ないような気もしたり・・・。

DSC_0028 (1024x576)
味見させてもらった牛そばは、こちらは具にも牛を使ってるからでしょうか?かなり牛の風味が強く感じられる醤油スープです。

ちょっと味付けが濃く、喉が渇きやすいかも!?

麺は一緒のようで、具などは、手羽先の代わりに、トロトロに煮込んだ牛肉が入ります。

色々なアイデアやテクニックが詰まっており、具もボリュームがあるし、どちらも面白いメニューですね♪

ただ、画像を見ないでオーダするには、少し高めに感じるかも!?

15個の餃子もあるし、夜はビールやブランド焼酎がオール500円で飲めることもあり、他のお店で飲んだ後の〆でなく、ここで軽くアルコールとトッピングメニューで楽しんだ後に、普通に〆で楽しまれてもよろしいかと。

メニューは面白いだけに、お店の雰囲気などの違いで、使い勝手が出て来そうにも感じる一杯だった。



【住所】 東京都葛飾区青戸3−37−12−B2
【電話】 03−3690−5730
【時間】 11:00〜15:00、17:00〜2:00
【定休】 無休