DSC_0012
潜水作業の請求書を届けに行く途中でお祝いの花を確認し、その仕事を回してくれた後輩を誘って向かってみます。

店頭には本日と明日の開店サービスの味玉の案内があり、お祝いの花や店頭のメニューを見ると、どうやら八雲と関係がありそう!?

ほぼ営業開始とともに、調理場に面したカウンター席、2人掛けテーブル席4卓の店内に入り、券売機のメニューを見ると、支那そば白だし、支那そば黒だしとあり、同行者が特製ワンタン麺白だし(1000円)をチョイスしたので、オレッチは肉ワンタン麺黒だし(800円)のボタンを押します。

食券提示時に伝えれば白&黒のミックスが出来ることから、その際に確認してみたら八雲と、こちらの社長が懇意にされてるそうで、その関係からの出店みたいですね。

カウンター席の一部、そしてテーブル席をどかして店内待ち用の椅子を並べてることもありますが、スタッフさんの数も5名と多く、女性スタッフさんのポロシャツには関連店らしき居酒屋さんのロゴが入ってます。

出て来た肉ワンタン麺黒だしは、八雲のミックスと比べると、気持ち風味が飛んだ感じがし、そして深みもないような感じながらも、「らしさ」を感じるものですね。

使用してる麺は一緒に思え、平ザルに移して湯切りされてます。

具などは、赤い縁のあるチャーシュー2枚、肉ワンタン3個、太めのメンマ、青ネギ、サービスの味付玉子で、それぞれにも「らしさ」を感じますが、感動レベルまでは行かないかな?

味付玉子も型崩れなものですが、サービスなので仕方ないかも!?

でも、全体的に十分に仕上げて来てますね♪

DSC_0017
同行者の特製ワンタン麺白だしは、サービスの味玉を忘れられてたみたいで、玉子に興味のない同行者は不要らしいので、そのままで食べてました。

スープと海老ワンタンを味見させてもらいましたが、こちらは白醤油が少しボヤけた感じに思えました!?

海老ワンタンは当然のことながらプリッとした食感のもので、こちらが3個、肉ワンタンが3個入ってます。

当面は150食程度の売り切れ終いで、本日が初日なので終了時間は読めないそう。

好きな系統だけに少し辛口になってますが、このエリアにできてくれたのは正直に嬉しい♪

ラッキーなタイミングで上野エリアに来れた一杯だった。



【住所】 東京都台東区東上野6−1−7
【時間】 11:30〜売り切れ終い(150食程度)
【定休】 未定(4月2日は休み)