DSC_0009
無くなってしまったが経堂店で体験してたこともあり、こちらがOPENした時は「何かのついでに」って後回しにしてたのですが、知蔵さんのblogの画像で気になり、池袋に用があったら寄ってみようと考えてた。

その用が出来たので向かってみたよ。

手前にカウンター席、奥にはいくつかのテーブル席がある店内に入り、券売機のメニューを見ると、
ラーメン、赤ラーメン、黒ラーメン、塩とんこつラーメン、博多水炊き鶏つけ麺とあり、迷わず博多水炊き鶏つけ麺(780円)をチョイスします。

って、女子博で人気No1と案内のある塩とんこつラーメンも気になったんだけどね・・・。

食券を渡すと並200g、大盛300gが同一価格サービスのようで、1軒だけの予定だったし、大盛りでお願いしました。

着席すると先に鶏スープなるものを提供され、茹で時間に時間がかかるので、こちらを飲みながら待つようです。

塩&柚子胡椒で自分好みにするようにもアナウンスされました。

ってか、つけ麺の楽しみ方だけでなく、色々とカウンター上に案内があるので、それに目を通すだけでも暇つぶしになるよ!?

DSC_0005
出て来た博多水炊き鶏つけ麺の麺だけ先に食べてみると、このメニュー専用に開発されたとされるストレートの中太麺はもので、小麦はミッチリとした感じで風味良く楽しめます♪

自社製麺のようですね。

そして水で〆た麺をトングで盛り付けるのも嬉しい♪

つけ麺を苦手にしたのは、麺を整えるためでしょうが、ネチョネチョと素手で何度も触られるのが嫌だったもので・・・。

その面をつけダレにディップして食べてみると、想像してなかった魚介風味にビックリ!

鶏だけかと思ってたのですが、カツオ節、煮干し、うるめ干し、サバ節などを追加してるみていですね。

そして柚子風味も爽やかで、酸味も適度な感じです♪

具などは、麺の鶏チャーシュー3枚、メンマ、海苔、薬味ネギ、つけダレに鶏つくねです。

何となくマッチすると思って、カウンター上の白胡麻を沢山降ってしまった。

鶏スープはつけダレを作る途中過程のもので、本当に純粋なスープだけなので、塩&柚子胡椒は必要ですね。

割りスープはカウンター上にポットで用意されてますが、ビックリするくらいに温かったのですが、オレッチにはちょうど良かったかな?

何となく純粋に鶏だけのつけ麺も試してみたいと思った一杯だった♪


 
【住所】 東京都豊島区東池袋1−40−10
【電話】 03−5952−1548
【時間】 11:00〜2:00
【定休】 無休