DSC_0003
たった2日間食べてないだけで、えらく久々に感じる食べ歩き。

でも、朝からスケジュールがパンパンなので、その移動の際に寄り道してみた。

お店は本日OPENのオフィスビルのレストラン施設にあり、何と10時から営業されてるそう。

両サイド鏡張りで奥行きの広いカウンター席のみの店内に入り、タッチパネルの券売機のメニューを見ると、醤油らぁ麺、味噌らぁ麺、らぁ麺生ハムフロマージュと、しばらくはメニューを絞っての営業のよう。

こちらはDue Italianの江戸をテーマとした新しいコンセプトのお店のようで、味噌メニューは体験したことがなかったので、そちらにするか迷ってたのですが、スタッフさんに確認してみると、らぁ麺生ハムフロマージュ以外は、色々とアレンジされたメニューと聞き、醤油らぁ麺(1000円)にしてみました。

カウンター席には調味料など何も準備されてないんだなぁ〜!?って思ってたら、表参道ヒルズにあったMISTのように、各席に引き出しがあり、そちらに箸やレンゲなどが用意されてました。

調理場は見えないようになっており、ちょっと時間を持て余します・・・。

出て来た醤油らぁ麺は、Due Italianで体験した醤油と比べると、透明度が上がりキラキラとした油が特徴的に見える。

小豆島のオリーブオイルを使用とありますが、そちらの香りは弱めに感じながらも、素材の良さそうな醤油の甘露さがあり、かなり美味しいスープに仕上がってます♪

コクも感じ、それでいて優しさや上品さを感じ、久々にスープも全て飲んじゃいました。

ほぼストレートの中細麺は、年齢的なもので暗さで確認しづらかったですが、茶色い粒粒は見えなかったけど、食感や風味から全粒粉入りかな?スープも絡めてズルズルと啜れます。

具などは、ピンクカラーの鴨チャーシュー2枚、ワンタン2つ、小さめのメンマ、九条ネギ、薬味ネギです。

ワンタンに江戸らしい工夫があっても面白そう!?

それでも、気がつけば全てを食べきり満足満足。

他のメニューも気になるので、スケジュールをこなしてからに複数で来れば良かったと後悔させた一杯だった♪



【住所】 東京都港千代田区内幸町2−1−6−B1
【電話】 03−6205−4810
【時間】 10:00〜22:00、土11:00〜21:30
【定休】 日曜日、祝日