DSC_0008
前日の海でオレッチのウエットスーツがご臨終になり、新しいスーツのことでメーカーと打ち合わせ。

折角、横浜エリアまで来るのなら、ちょっと寄り道してみようかな?

こちらは進化の関連店で、中野からの移転扱いの町田駅前店に続く支店でいいのかな?

L字型のカウンター席、奥に2人掛け&4人掛けのテーブル席とある店内に入り、券売機のメニューを見ると、しおらーめん、伊吹いりこの塩煮干、ゆずの辛塩麺、しおつけ麺とあり、白醤油らーめんのボタンは近日発売と案内があります。

同行者がしおらーめん(750円)をチョイスしてくれたので、オレッチは中山店限定の伊吹いりこの塩煮干(800円)をチョイスしますよ。

カウンター席は満席だったので、奥のテーブル席に案内されます。

今回のお店は広く、そしてスタッフさんの数も多いのね。

こちらはRO水をスープなどに使用してるらしく、そのRO水をボトルウォーターから汲まれ、お冷がサーブされます。

出て来た伊吹いりこの塩煮干は、最高級の伊吹島のいりこを使用したとされるもので、最初からいりこの風味が前面に出てきて、鶏の旨味が下支えする感じの塩スープですね。

気持ち塩分は高めに感じたかな?

緩いWAVEのある中細麺は、北海道産小麦による自家製麺とされ、強めな魚介風味のスープに負けない風味を感じて美味しい麺です♪

どのメニューも「かため」のリクエストはNGらしい。

具などは、チャーシュー、穂先メンマ、スプラウト、刻み玉ネギで、隙を感じさせませんね。

DSC_0005
味見させてもらったしおらーめんは、岡崎おうはんの丸鶏、名古屋コーチンのガラ、長崎県産のあごによるスープに、厳選された4種類の塩をブレンドしたタレだそうで、もう悶絶レベルの美味しさ!

メニューによって麺は分けられており、この麺もスープを絡めて美味しい♪

具などは、チャーシュー、穂先メンマ、青ネギとシンプルながらも、不足感がないのが凄いね!?

2人して夢中になり、一気に食べ終えちゃった♪

更なる進化が窺えた満足の一杯だった!



【住所】 神奈川県横浜市緑区台村町309−1
【電話】 045−507−8396
【時間】 11:00〜15:00、17:30〜22:00
【定休】 月曜日