DSC_0014
下松ラーメンの後に、夜勤明けのメンバーさんと待ち合わせ、こちらのお店に向かいます。

直ぐ目の前に移転した麺魚の旧店舗にてのセカンドブランド店とされ、ムタヒロ訪問の際にバッタリと店主さんに会った際に、「かなり自信がある」って聞いてたので、かなり期待値を上げての訪問。

わざとランチタイムを外しての訪問だったのですが、店頭にはコントロールされた行列が・・・。

そちらに接続し、順番になって少し飾り気が少なくなった店内に入り、券売機のメニューを見ると、鴨中華そば塩(850円)、鴨中華つけそば塩(900円)とあり、それぞれを2人でシェアすることに。

鴨中華そば醤油、鴨中華つけそば醤油のボタンもあり、今後追加されて行くみたい。

相変わらず腰の低い店主さんが2名の調理スタッフさんに指導されております。

出て来た鴨中華そば塩は、水と鴨のみのスープとされ、調理過程を見る限りだと塩ダレでなく塩のみ、そしてフォアグラ油からなるもので、最初は地鴨の野性味のある旨味を感じさせながら、柚子風味での爽やかな味変が楽しめるもので、キッチリと計算されてる感じで美味しい!

ストレートの中細麺は、麺魚のものとは違って全粒粉混じりのものでなく、店主さんからも教えてくれたのですが、今回は奇をてらわずにってことだそう。

プツッとした歯切れがあり、スープも絡めてススっと啜れます。

具などは、鴨のモモとロースのチャーシュー、シャキ加減のある小松菜、ザク切りネギ、柚子皮で、鴨のモモは炙りあり。

バランス良くなくなって行き、計算された美味しさが楽しめますね♪

DSC_0018
味見させてもらった鴨中華つけそばの麺を先に食べてみると、そのままでもWAVEのある中太麺は風味よく美味しく、結構な勢いで麺だけ先に食べてしまうくらいに。

麺量は200gだそうで、中華そばは140gみたい。

つけダレにディップして食べてみると、当然ですが中華そばよりも塩気があり、麺が進む進む♪

具などは、麺の上に鴨のモモとロースのチャーシュー、つけダレに小松菜、ザク切りネギです。

カウンター上の割スープは昆布出汁となっており、そのまま飲んでみると甘味すら感じるレベルのもので、スープ割りしてみると何も言えない美味しさになりますよ!

さすがに「自信がある」ってことだけはありますね。

試食会に呼ばれておきながらも、不義理して移転後にも訪問してないので、醤油メニューが販売されたらセットで行ってみよっと。

普段はつけ麺メニューをあまり食べませんが、麺とスープの美味しさから複数で来て良かったと思う一杯だった♪



【住所】 東京都墨田区江東橋2−5−3
【電話】 03−6659−9619
【時間】 11:00〜21:00
【定休】 未定