DSC_0008
志田家の後に蒲田のカレー味にフラれ、目蒲線感覚で向かってみたのだけど、臨時休業に当たってしまい、こちらにもフラれていた。

今回は知恵をつけて電話で営業を確認してからの訪問ですよ。

お店は風は南からの2軒隣となっており、冠尾の支店となってます。

手前に4人掛けテーブル席、カウンター席とある店内に入り、券売機のメニューを見ると、鶏醤油、純白湯、鶏坦湯、濃厚辛和え麺とあり、同行者が鶏醤油(800円)をチョイスしたので、オレッチは純白湯をチョイスしますよ。

本店にはあったけど鶏清湯らぁめんはなく、OPEN記念サービスは純白湯がワンコインだったみたいだけど、メニュー先頭は鶏醤油なのね!?

出て来た純白湯は、大きな寸胴内に沢山の鶏ガラが入っており、鶏ガラ100%のスープとされ、想像してたよりもサラリとライトな感じのもので、コクのある旨味十分で飲みやすい感じ♪

ストレートの中くらいの太さの麺は、ちょっとグニュっとした食感が苦手に感じました・・・。

具などは、炙りの鶏チャーシュー、低温調理っぽい鶏チャーシュー、味付きエンリギ、キャベツ、刻み赤玉ネギ、青ネギで、エンリギの食感と味付けに疑問を感じたので確認してみたら、食感を考えて干しエンリギを戻して醤油などで味付けしてるらしい。
 
DSC_0005
味見させてもらった鶏醤油は、3種類の鶏をベースに、昆布、いりこ、干茸からのスープに、古式の杉樽醸造醤油、魚醤、生醤油をブレンドした醤油ダレを合わせたものだそう。

醤油の甘味と鶏などの旨味のバランスよく美味しい♪

ストレートの中細麺はスルッとスープを絡めて啜れ、シコッとした食感もいいね。

具などは、2種類の鶏チャーシュー、モヤシ、海苔、味付けエンリギ、青ネギです。

もしかしたら他のメニューも麺が違うのかな?

どちらも満足度が高く感じられた一杯だった♪



【住所】 東京都品川区小山4−4−3
【電話】 03−6421−5621
【時間】 11:30〜15:00、17:00〜24:00
【定休】 月曜日