DSC_0011
本当はぼぶさんと阿佐ヶ谷の新店に行くつもりだったのですが、担々麺だけの単品メニューだけのようなので、お互いに色々と候補地がある中、こちらのお店にしてみました。

お店は八咫烏雲林坊の近くにありながらも、プレオープン中もあってか?あまり目立たない感じで、L字型のカウンター席のみの店内に入ると、お客さんは1人だけと他のお店の待ちと比べると寂しい感じ!?

まだプレオープン中なので、券売機が使えないようですが、ボタンには貝だし塩、煮干醤油、丸鶏醤油とあります。

現時点ではプレオープン中の為、張り出しのように特製貝だし塩ラーメン(1000円→800円)、特製丸鶏醤油ラーメン(850円→700円)のみの提供のようで、そちらを前金制でオーダしますよ。

シックな小洒落た広めの店内、スタッフさんは3名で、そして流行りのメニューからCKな感じかと思いきや、店内には製麺機もあり、スープの仕込みなど色々な麺から曜日別でメニューを提供することも考えてられるそう!?

出て来た特製丸鶏醤油ラーメンは、国産丸鶏100%のスープに、大山鶏、美桜鶏、総州古白鶏のチー油を使用してるそう。

千葉、香川、愛知などからの濃口、薄口、再仕込みの国産有機生醤油をブレンドしたタレを合わせてるようですが、旨味も嫌味なく美味しいと思うのですが、少しスープとタレがバラバラに感じたりも!?

春よ恋を中心に、厳選した国産小麦を使用したとされるストレートの中細麺で、こちらと貝だし塩メニューは毎朝打ち立てのもの使ってるらしい。

それもあってか?風味が新鮮にも感じたり!?

煮干醤油メニューには一晩寝かしたものにし、同じ麺ながらもメニューによって使い分けてるみたい。

具などは特製らしく、大きめのピンクカラーのチャーシュー2枚、鶏チャーシュー2枚、味付玉子、メンマ、白髪ネギ、青ネギ、三つ葉です。

卵はタズミの卵なる素材を使ってるそうで、半熟な黄身は濃厚で美味しい♪

DSC_0014
味見させてもらった特製貝だし塩ラーメンは、北海道道南の一等真昆布でとったスープに、千葉県船橋産の白ハマグリを1人前300g、そしてあさりとホタテの出汁を合わせてるそう。

そこに沖縄産ぬちまーす、愛知産七福有機白醤油などのタレを合わせてるらしく、かなり濃厚な貝だしを楽しめる感じです♪

動物は不使用で、想像してたよりも貝の風味が濃厚です。

麺は一緒で、具などは特製メニューで、ピンクカラーのチャーシュー2枚、鶏チャーシュー2枚、味付玉子、穂先メンマ、白髪ネギ、微塵切りの赤玉ネギ、三つ葉で、メニューによってメンマやネギなどもチェンジされてるのね。

赤玉ネギの薬味として&食感の仕事がいいね♪

ドンブリが食の道場卒業生のお店多く使われてるものに似てたので、気になって確認してみると、店主さん(?)は、豚骨ラーメン店で7年経験され、その後学校で学んでの出店らしいのですが、食の道場ではないらしい。

色々と試行錯誤してる様子が伺えるので、これから更に美味しさがUPしていきそうに思える一杯だった。



【住所】 東京都千代田区九段北1−8−3
【電話】 03−6256−6513
【時間】 11:00〜22:00(予定)
【定休】 日曜日(予定)