DSC_0007
ランチにフラれたので、リベンジはお早めに!

その際に確認した券売機のメニューから、複数メニューが気になったので、いけ麺さんを誘っての訪問です。

お店は昭和三豊麺があるブロックの裏手で、更に少し路地を入った場所にあり、提灯のみので目立たない感じで心配になっちゃうくらい!?

L字型のカウンター席のみの店内に入り、券売機からオレッチがカネシ醤油ラーメン(800円)、同行者がとろ味噌ラーメン(900円)をチョイスします。

ランチに勝浦タンタンメンを提供する鳥久の店主さんによるお店で、勝浦タンタンメン同様に自分の好きなラーメンを提供したいってことでのOPENだそう。

出て来たカネシ醤油ラーメンは、想像してたよりも小さめなドンブリで提供されますが、麺量は250gとされ、マシてもらった野菜もキッチリと山になってますね。

ちなみに大盛は麺量350gだそう。

適度に濁りのある醤油スープは豚からのもので、トロッとした粘度もあります。

タレも強めな感じで、細かな背脂もあって適度なパンチもありますね♪

浅草開化楼の縮れもある太麺は茹で時間が10分と案内があり、ムッチリとして存在感があります。

具などは、厚みのあるチャーシュー、タレをかけられた茹でモヤシ&キャベツ、サービスの刻みニンニクです。

調理の際に無料トッピングの案内に気づき確認させてもらったのですが、本来なら提供時に確認するらしいですが、やさいに関しては茹でもあるので先にとされてましたが、訪問した時間帯&ソフトオープン中なので、店主さんも決めきれてないような感じでした!?

DSC_0003
味見させてもらったとろ味噌ラーメンは、200gの麺少なめ無料トッピングなしなので、見た目にもサイズダウンが分かりやすいですね!?

それもあってなのか?少しスープが少なくにも感じ、まぜそばレベルにも思えるかな?

その味噌スープは更に粘度が高くなっており、ベースのスープは一緒ながらも、味噌で詰めたそうです。

店主さんがオススメとするだけに、濃厚な味噌が楽しめるもので、他にはない感じですよ!?

麺や具などは一緒のようですが、もう少しチャーシューが大きいと嬉しいかな?

どちらもカウンター上の八幡屋礒五郎の一味唐辛子が合いますね♪

ゆっくり&こじんまりと営業していきたいってことで、余裕を感じさせる一杯だった。



【住所】 東京都中央区日本橋茅場町3−3−9
【電話】 03−6889−1355
【時間】 11:30〜15:00、17:30〜22:00(暫定)
【定休】 土曜日、日曜日、祝日