2019年04月11日

博多一双@博多

DSC_0092
今回のラストには今どきな博多ラーメンをと考えていたので、今人気のあるお店に向かってみました。

カウンター席、テーブル席とあり、やはり知名度があるのか?さっきのお店同様に外国人観光客が多いですね。

券売機からラーメン(650円)をチョイスしてみます。


出て来たラーメンは、国産子豚の骨だけの使用だそうで、それぞれの部位を決めた比率で入れてるそう。

やはりスープ表面には泡立ちがあり、かなりの濃度や豚の旨味がありますね。

ストレートの細麺は平ざるに移して湯切りされており、今回は普通の硬さでお願いしましたが、それでも少しカタメな設定で、製麺屋慶史と試行錯誤して作られた麺だそう。

具などは、チャーシュー、キクラゲ、海苔、青ネギで、またまたカウンター上の白胡麻、生姜の漬物、辛子高菜で味の変化を。

辛子高菜は結構な辛さとオイリーさがあり、スープのカラーもオレンジ色になるくらい。

クラッシュニンニクは試さなかったけど、こちらのものにも合いそう!?

さっきのお店と色々と似てる部分があり、何か関係があるのかなぁ〜!?

かなりの重さがあったので、最後にしておいて良かった一杯だった。



【住所】 福岡県福岡市博多区博多駅東3−1−6
【電話】 092−472−7739
【時間】 11:00〜24:00
【定休】 無休

dspantai at 18:03│らーめん(福岡県) 
Categories