Categories
2019年08月20日17:10らぁ麺 桃の屋@小田原
DSC_0017
イルカとのダイビングの後に、ちょっと小腹が減ったのと、時間に余裕があったので、上手く誘導してみた♪

桃の木の元店長さんによるお店だそうで、女性店主さんは小田原出身の方だったのね。

女性が1人で入れるらぁ麺店とあるように、オレンジカラーと木を主体としたお店作りで、L字型&窓に向かったのカウンター席の店内に入り、カウンター上のメニューを見てみると、あっさり塩らぁ麺、こくうま醤油らぁ麺と、この日まではメニューを減らしての営業のようです。

他のメンバーさんが、あっさり塩らぁ麺(800円)だらけだったので、オレッチはこくうま醤油らぇ麺(800円)にしてみました。

カウンター上には紙おしぼり&紙ナプキン、コーナーにはヘアゴム、紙エプロンと見かけるサービスだけでなく、ゆっくり座れるようにクッション、急な雨用のビニ傘、ばんそうこうなんかも用意されており、細かな心配りが嬉しいね!

出て来たこくうま醤油らぁ麺は鶏ガラ&丸鶏と、煮干や節系を重ねたスープとされる醤油スープで、最後に追加された鶏油によるコクと旨味が特徴な感じですね。

スープはライトな感じのもので、女性を意識したのでしょうか?

このスープはレンゲよりもドンブリダイレクトで飲むと、油とスープの比率よく飲める感じで、レンゲで飲むよりも美味しく感じます!?

ストレートの中細麺は滑らか&しなやかな感じのもので、スープと纏ってチュルッと啜れ、喉越しもスムースな感じ♪

具などは、大きめなチャーシュー、メンマ、海苔、生姜風味のつみれ、薬味ネギです。

海苔の風味よく、チャーシューが厚みもあって美味しい♪

DSC_0020
味見させてもらった塩スープは、同じスープと思われますが、こちらは少し塩が尖った印象も!?

タレにはカンホアの自然海塩を使ってるそう。

油は醤油らぁ麺と比べると少なめな感じ、後半になって麺や具などの染みだしによって美味しくなっていく感じですね♪

どちらのスープも熱々です!

麺は一緒のようで、具などはチャーシュー、穂先メンマ、つみれ、スライスネギ、塩漬けレモン皮で、メンマやネギなどは形状等が違います。

女性を意識した感じで、男性には物足りなかを感じるかもですが、そこはセットだとお得になるカレーやチャーシュー丼と一緒に!

急に西湘エリアに気になるお店が増えたので、寄り道しながら少しずつ減らして行こうと決心した一杯だった♪



【住所】 神奈川県小田原市栄町2−10−8
【電話】 0465−25−5485
【時間】 11:00〜売り切れ終い(18時半目安)
【定休】 水曜日