2020年01月14日 12:45

麺場 寺井@綱島

DSC_0025
水と鶏な一杯な後に、こちらのお店に移動してみます。

結構前から矢守さんから情報を貰っており、日吉の武蔵家で経験された方のお店とは知ってたのですが、近くの夜営業のみのお店と一緒にと考えてたので出遅れてしまった。

そのセットのお店は営業してないと情報があるので、今回のセットにしてみた。

店頭の券売機にはラーメンとトッピングの違いのみの潔さ!?

ラーメン(650円)の食券を購入し、L字型のカウンター席のみの店内に入り、女性スタッフさんに食券を提示すると、麺の硬さ、味の濃さ、油の量、ライスの有無を聞かれ、武蔵家ならではのキュウリの漬物があると思い小ライス&全て普通でお願いしました。

お水はセルフと案内がありますが、女性スタッフさんが汲んで提供してくれ、お店の教育なのか?スタッフさんの気遣いなのか?いずれにしろ嬉しい気配りですね♪

DSC_0027
出て来たラーメンは熱々な豚骨醤油スープで、この系統としてはライトな感じがしますが、旨味はタップリ&食後に唇がピタとする粘度があるものです。

ストレートの中くらいの太さの麺は、この系統としては気持ち長め&細めに感じるもので、少しカタメな食感に感じますね。

酒井製麺の麺箱が店内に積まれてますよ。

具などは、厚みのあるチャーシュー、ほうれん草、海苔3枚です。

カウンター上には卸ニンニク、刻み生姜、豆板醤、酢などがありますが、ライスのお供のキュウリの漬物はしば漬けタイプのものなんですね。

いつもの追加してる白胡麻がないのが寂しい・・・。

ライスは武蔵家と同じく、おかわりも自由だそうです。

野菜と米ともに国産のみを仕様してるそう。

線路を挟んだ裏には綱島商店、同じ系統の武虎家の支店もあり、競争が激しそうに感じる駅前の一杯だった。



【住所】 神奈川県横浜市港北区綱島西1−1−5
【電話】 050−1718−1613
【時間】 11:00〜1:00
【定休】 不定休

Categories