2020年02月14日 11:30

麺屋 クズ@荻窪

DSC_0056
そこは疎いのでよく分かってないけど、人気アーチストがイベント屋台で提供してた面メニューが実店舗で食べられるようになったおされており、ちょっと敬遠してたのですがセットになるお店が出来たので向かってみた。

営業開始と共にL字型のカウンター席、4人掛けテーブル席3卓の店内に入り、券売機のメニューを見ると、塩そば、塩つけそば、濃厚塩そば、醤油そば、魚介豚骨つけ麺とあり、同行者が塩そば(750円)をチョイスしたので、オレッチは営業開始前に隣のお店との間のスペースに積まれてた麺箱が大成食品だったこともあり、プロデュース主がオススメしてる塩つけそば(800円)にしてみた。

って食券を提示した際に、濃厚塩そばは背脂などの違いかと確認したらスープが違うと知り、再度変えてもらおうかとも思いましたが、思いとどまったのが正解だったのかも!?

スタッフさんは3名体制で、調理場とカウンターは仕切りがあって調理過程は見せないようになってます。

出て来た塩つけそばは、麺の上にチャーシュー、ナルト、粗大根おろし、つけダレに多めの薬味ネギ、唐辛子粉がトッピングされてます。

茶色い粒つぶも確認出来る縮れのある中細麺を先に食べてみると、気持ち引っかかる啜りがあり、シコッとした食感が楽しめるものですね。

麺量は茹で前で200gとされ、ドンブリの底には笊が敷かれており、麺と麺がくっつくようなことはありませんでした。

表面に背脂のようなものが浮いてるつけダレにディップして食べてみると、気持ち塩分が高めなものですが背脂がマスキングするのと、それが手伝ってかツルツルと啜りやすくなりますね。

一口目からカウンター上の白胡麻、一味唐辛子、それらを合わせたものを追加してみたくなり、自分好みにセルフコントロールしてみます♪

最初から唐辛子が入ってるのが納得するかも!?

大根おろしが薬味&食感などの面白さがあります。

割りスープがポットに入って用意されており、薄めな和出汁な感じのものですが、これが旨味を立ち上げてくれていいね♪

DSC_0053
味見させてもらった塩そばは、透明度もある塩スープに背脂のようなものが表面を覆っており、気持ちクドさも感じられましたが、逆に新鮮味を感じてて面白かったかも!?

麺をすすってみてビックリしたのだけど麺が違うのね!

こちらはWAVEのある中くらいの太さの麺で、ツルモチな食感のものですよ。

具などは、チャーシュー、海苔、ナルト、粗大根おろし、青ネギで、大根おろしがスープを冷ますかと思いきや、想像よりは冷めないですね!?

多くのお客さん同士の話を耳にしましたが、プロデュース主のファンの方が多いみたいで、地方からこられてる方も多いみたい!

そこまでさせるプロデュース主を帰ってからググってみたい一杯だった。



【住所】 東京都杉並区荻窪5−23−12
【電話】 03−3392−4407
【時間】 11:30〜23:30
【定休】 水曜日

Categories