DSC_0012 (2)
遠くまで付き合ってくれる同行者が見つかったのですが、千葉&埼玉と共に水曜日定休のお店に引っかかるお店が多い・・・。

なので中央線を西へ♪

10時営業開始のお店なので10時過ぎに到着すると、店内は飛び飛びの入りなので店頭で待つことに。

順番になってL字型のカウンター席のみの店内に入り券売機のメニューを見ると、蛤煮干らぁ麺、汐上湯らぁ麺とあり、同行者が汐上湯らぁ麺(800円)をチョイスしたので、オレッチは蛤煮干しらぁ麺(900円)のボタンを押しますよ。

マスク姿の女性は店主さんなのかな?、券売機横にアルコール消毒液噴霧器、都度アルコールに手のクリーンアップなどの対策となってます。

一所懸命なんでしょうがチグハグ&ハラハラ&ドキドキな感じで提供までに20分かかった蛤煮干らぁ麺は、自家製の蛤煮干しからの醤油スープとなっており、1口目から蛤の風味の豊かさが伝わるもので美味しい!

気持ちキリっとした醤油もお互いを引き立てる感じでいいですね。

小鍋からドンブリに移す際に溢してたものありますが、もう少しスープの量が欲しかったりも!?

大きな鍋の中で泳がされ、平ザルで湯切りされたストレートの細麺はザクっとした歯切れが楽しめるもので、気持ち引っかかる喉越しも好みな感じです♪

こちらは村上朝日製麺所のもののようですね。

オレッチの時はタイマーを使ってませんでしたが、他のお客さんの時は使ってたような!?

具などは、ピンクカラーなチャーシュー2枚、スモーキーな鶏チャーシュー、山クラゲ、海苔、薬味ネギです。

お冷は各席に蛇口が用意されており、そちらからセルフで汲むような面白さも。

提供時にスープ割りをアナウンスされ、券売機につけ麺メニューのボタンはあったけどランプが消えてたので不思議に思ってたらラーメンメニューにもあるんですね。

本日のスープとされ、どんこ干し椎茸のスープをドンブリ直にやかんから注ぎ足されます。

そういえばハイデン.コッコFACTORY 刹那 SETSUNAでも同様のサービスがあってビックリしてたっけ。

余韻も強かったですが一気に旨味が強くなり、最後までスープを飲ませてくれますね♪

DSC_0009 (2)
味見させてもらった塩上湯らぁ麺は気持ち濁りもある塩スープで、こちらも貝のような風味を感じさせるものですね。

こちらのスープも好みだなぁ〜♪


交換時に「うどん!」って渡されており、WAVEのある太麺はモッチリした感じのもので、確かにツルっとし短さもあって、その感想にも同意しちゃったり!?

このメニューの麺は自家製麺だそう。

具などは一緒のようです。

こちらにも割りスープがマッチしますね♪

 

背後にストレスもあり、そして回転の悪さもありましたが、店主さんが慣れてくれば解決するかな!?

未提供のつけ麺メニュー、まぜ麺メニューも気になってしまう一杯だった♪



【住所】 東京都八王子市千人町2−16−6
【時間】 10:00〜14:00(当面)
【定休】 当面無休