2
2人してOPEN初日って何時以来だろ?

スムースに待ち合わせができ店頭のタッチパネルの券売機のメニューを見ると、しょうゆまぜそば、鶏塩まぜそば、鶏塩白湯そば、そして14時以降限定の究極の鴨まぜそばフォアグラ乗せとあり、同行者がしょうゆまぜそば(1050円)、オレッチが鶏塩まぜそば(1050円)の食券を購入しますよ。

反射で見づらい店頭の券売機はキャッシュレスですが、ほとんどのカード、電子マネー、コード決済が対応となってます。

大阪で多店舗化するお店の関東初出店だそう。

店内は調理場に面したカウンター席、壁に面した2人がけテーブルなど狭いながらも機能的な席配置となってます。

箸などは席の引き出しに用意されてますよ。

出て来た鶏塩まぜそばにトッピングしてるピンクカラーのものが気になる・・・。

提供時に確認してみると鶏肉としば漬けを和えたものだそう。

緩いWAVEのある全粒粉混じりの太麺の上に、その鶏肉&しば漬けを和えたもの、鶏チャーシュー、三つ葉、刻み穂先メンマ、粗微塵の玉ネギ、カットレモンがトッピングされてますね。

既に大葉オイルが麺に和えられておりスルツルと啜れ爽やかさもあっていいですよ♪

キッチリと茹で上げられモッチリとした食感も楽しめ麺量は170gだそう。

混ぜ混ぜして食べてみるとしば漬けで更なる爽やかさを♪

1
味見させてもらったしょうゆまぜそばは同じ麺の上にサイコロ状のチャーシュー、出雲卵の卵黄、刻み穂先メンマ、粗微塵の玉ネギ、スプラウト、三つ葉がトッピングされてますよ。

甘みのある醤油と卵黄からのまろやかさや鶏油の旨味を楽しめる感じのもので醤油は小豆島産も含めて4種類ブレンドし、国産の鶏油からの香味油を合わせてるみたい。

こちらには黒胡椒と煮干し酢を追加することを勧めており、追いニンニクや薄味に感じたら追いかえしなるサービスもありますよ。

3
麺を食べ終えてミニ飯をお願いすると茶碗レベルのライスを提供してくれます。

しょうゆまぜそばは少し想像してたものな感じもあったので個人的にはオリジナルさも感じて鶏塩まぜそばの方が好みでした。

OPEN記念としてタレに使ってるオリジナルな醤油をお土産に渡され、アウターのポケットにも入るサイズだったので貰いましたが、その醤油は販売もされており600円だそう!?

限定の鴨まぜそばが大いに気になった一杯だった♪



【住所】 東京都渋谷区円山町10−16
【電話】 03−6809−0169 
【時間】 11:00〜23:00(当面)
【定休】 不定休