2006年01月10日 19:46

年末年始のパラオツアーのご報告ですが時間が出来たらアップしますのでもう少々お待ちください

パラオのダイビング以外の事も書いてあるオレッチお店のHPは先にアップしてありますのでこちらもよろしくお願いいたします

 



2005年10月24日 20:30

7月にマレーシアのマブール島のイベントに参加し折れたサンゴの移植の3ヵ月後の計測のデータの案内のメールが来た!

どうやらオレッチのサンゴは順調に育ってる様子!

しかし今回新たに死んでしまったり無くなってしまったメンバーのサンゴもあり喜び半分悲しみ半分

でもそのメンバー達の分まで大きく育ってほしいなぁ〜

本当に移植したサンゴだけでコーラルガーデンが出来たら素敵!

産卵シーンは是が非でも見たい!

オレッチのサンゴの記録

 

 



2005年10月18日 13:45

79ae1a53.gif

台風の影響が心配で伊豆の各地の海を調べたところ西伊豆、南伊豆とも今期最高のコンディションようです!

どうも台風20号がうまく黒潮の分流を伊豆地方にもたらしたようで透明度20m、水温24℃が普通のようです!

今年はちょっと遅れましたがやっとベストシーズンのピークのようです!

今週末のツアー担当が楽しみで楽しみで!

ちらほら始まってきた紅葉を眺めながら最高の海って気持ちいいんですよ〜!



2005年10月09日 16:23

2d92c2f0.jpg

7月にツアーでお邪魔したマレーシアのマブール島のシパダンウォータービレッジからメールが来た!

7月のマリンディ(海の日)に移植したサンゴの成長データが届いたのだ

オレッチはこれまで同所で何度となく様々な理由で折れたサンゴの移植をしてきたが全部再度折れてしまったりもしくはブダイという魚の仲間に食べられちゃったりと失敗を繰り広げていた

しかし今回のサンゴは今までのサンゴと種類も違って移植前からかなり期待をしていたがその2ヶ月後の報告が来たのであった

何度が折れたり食べられたりしたみたいだけど今回は今のところ順調のようである!もう嬉しくて嬉しくて!

また新たに楽しみが増えたなぁ〜!一ヵ月後は写真付きで報告の予定なのでさらに楽しみだぁ〜!



2005年10月07日 14:34

1a2bbfc5.gif

夏の黒潮の大蛇行もようやく終り通常通りの黒潮の位置になってきました

しかし黒潮の大蛇行や台風直撃が今の所少ないからか今年の伊豆の海は例年と比べ季節来遊魚が少ない

季節来遊魚って聞きなれない方もいらっしゃると思いますが夏〜秋にかけて水温が比較的に高めの時期に沖縄などから黒潮に乗って魚の卵や稚魚が流されてきてそれがまだ水温の高い伊豆に住み着いてく魚を指します

よく台風後などは沖縄などか色きらびやかなお客さんが沢山やってくることもあり「ここって本当に伊豆?」って勘違いしてしまうほどカラフルな魚が居る時もあります

ただ悲しいかな水温が低くなる1月頃からその数は激減していき稀に越冬する個体もいますがほとんどは他の生物の糧になってしまいます

今年はいまだに季節来遊魚の代表格であるツノダシやムレハタタテダイ、各種チョウチョウウオの幼魚など見かけるのは極稀です

しかし伊豆では激レア物のヤシャハゼ、サザナミヤッコなどが今年はやって来てダイバーを大騒ぎさせております

神子元島ではベストシーズンには全然見れなかったハンマーヘッドシャークが今頃になって透明度が上がり群れが出たりと大騒ぎになったりしてます

海って通年のデータなんて当てにならないもんですね!だから不思議が一杯あって面白い!



2005年08月19日 17:04

いや〜! 今年は黒潮の位置が悪くお盆までは透明度&水温ともいつもより悪かったですが本日の大潮に向けて一昨日くらいから東伊豆&西伊豆にいい潮が入ったようです!

どちらも透明度が上がりしかも青い水になったようでこれからのベストシーズンに向けて喜ばしい事ですねぇ〜!水温は高い所で27℃!冬のフィリピンのセブ島やサイパンと一緒!

後は黒潮にもう一度伊豆に近寄ってもらって支流でもいいからいずに当たって色々な生物を運んでもらいたいですねぇ!

楽しみ満載!ドンドンこれからベストシーズンの伊豆の海に行こうっと!当然仕事以外でも

 



2005年08月01日 20:10

今日から8月!海のレジャーも真っ盛りですが漁師やダイバーなどには気になる黒潮の位置がなんと現時点でも青ヶ島の下を通っている

それによって冷水塊が青ヶ島周辺、伊豆諸島北部周辺にあるとか・・・・。

久しく伊豆ツアーを担当してないけど海は早く青い伊豆の海に入りたいねぇ〜!今年はどうなっちゃうんだろ?

今日現在の黒潮の位置 http://www.fish.metro.tokyo.jp/uminotenkizu/index.html




2005年07月20日 17:07

シパダン島はマブール島とは違い大陸棚の上にはなく海底火山が噴火してその噴火した溶岩が水面近くまで600mの海底から伸びたものにサンゴがつき始めサンゴ礁が島を作ったとされています

この島の周りの水深が深く近くに島が無い事から多くの生物の溜まり場になっておりそれを狙った捕食者も住み着いてます

産卵&交尾の為にウミガメも多く、バラクーダやギンガメアジなどの群れも圧巻です!

昔からインドネシアとマレーシアの領土問題で揉めてましたが正式にマレーシア領となって今年から数軒あったリゾートを撤退させ保護区となりました

今まで人間がこの島の頂点でしたが今では鳥やトカゲなどがこの島の頂点に戻ってます

2005年07月19日 15:57

ここマブール島はボルネオ島(カリマンタン)の大陸棚にあって熱帯雨林気候の影響が強くボルネオのジャングルから河川などが運んでくるミネラルがそのまま海に流れ込み生き物にとっては栄養豊富な海となる

水深も比較的に浅めの為か大物はあまり見かけず1m以内の魚やエビ、カニ、ウミウシなどの生物が豊富です

また今回のリゾートのダイビングスタッフの観察力や映像などで色々な生物のニュースの発信源にもなっておりその情報は世界レベルで大きなニュースとなっています

シパダンのリゾートが閉鎖されかなり他のリゾートや水上コテージが増えて生態系の心配もされますが海洋環境保護にも力を入れてますので頑張ってもらいたいですね!

2005年06月30日 10:16

コスメルは世界第2位のダイビングスポットとされております。オレッチははじめての大西洋&カリブ海なのでどんな海かもうワクワクです!

基本的には透明度が良く普通に20mオーバーは期待ができ太平洋、インド洋とは生息する生き物が姿も形も違い固有種が多く真っ白な砂底の環境が多いのが特徴でしょうか?

基本的には流れもありその流れに乗るドリフトダイビングなので勝手に目の前の光景が変わってくれその透明度や固有種の生物とかにのんびり癒される感じのダイビングです。そしてなぜか塩分濃度も高いのでウエイトは重めにしておきましょう!

続きを読む

Categories