らーめん(山梨県)

2011年09月14日 12:57

DSC_0010

学科講習を終え、もう一軒だけ行っちゃおうかなっ!

駐車場完備ですが、オレッチお店の車だと少しスペースが狭いです・・・。

店頭には「明治42年創業」とあり、歴史のあるお店なんですね!

店内に入ってメニューを見ると、ラーメンと肉めしのみで、これらのセットメニューなんかもあります。

ラーメン(550円)をオーダし、沢山の漫画があるのに気づきますが、店主さんの年齢の方が読むようなものじゃないなぁ〜?

出て来たラーメンは、油も少なく、醤油ダレが強めに感じるスープですね!

豚骨ベースとありますが、鶏の風味も感じるような?

チリチリの縮れある細麺は、加水率が低めに感じるもので、食感も楽しい。

具などは、チャーシュー、多めのメンマ、ナルト、海苔で、チャーシューは脂身が無く「肉を噛む」って楽しさがあるものです。

昔から変わらない味なのでしょうか?

お店はランチタイムを過ぎてるのに、年配の方がブドー酒なんかと楽しんでる方も多いですね。

建物は新しく感じましたが、歴史を感じさせてくれる一杯だった。

 

【住所】 山梨県笛吹市石和町市部559−1
【電話】 0552ー62−2942
【時間】 11:30〜22:00
【定休】 無休



DSC_0009

山梨の甲府まで特別に学科講習で行くことに。

折角だから、少しは食べ歩きしたいので、少し寄り道しちゃいます!

小上がりなどもあり、思ったよりも広い店内のカウンター席に座ってメニューを見ると、湯麺、特製湯麺、五目麺、あんかけ湯麺、炒麺、拉麺、天津麺などがあり、湯麺を(660円)をオーダいたします。

目の前の調理を見ていて、お目当ては特製湯麺(882円)だと気づき、まだ調理前だったので、変更してもらいました。

ピリピリとした緊張感のある調理場で、野菜炒め&スープ担当、麺担当、豚肉を炒める担当と3人で分担された調理の特製湯麺は、少し濁りのある鶏と豚骨風味を感じるスープで、野菜からの出汁も感じられるものです。

アッサリとした感じのものですが、少し喉が渇きやすいかも!?

ねじれや縮れのある太麺は、たっぷりのお湯に泳がされたもので、ツルモチ感があるものです。

少しボリュームのある具に負けちゃってる感もしないでも!?

具などは、豚肉、キクラゲ、ニンジン、炒めた玉ネギ&豚肉&モヤシ&キャベツです。

迫力のあるボリュームですが、普通に食べきれちゃうかも!?

11時半ごろの訪問でしたが、気がつけば店内の椅子には行列が出来てたり!

他のメニューもボリュームがありますが、女性のお客さんも多く感じられた一杯だった。

 

【住所】 山梨県甲州市塩山上於曽1719−13
【電話】 0553ー33−2030
【時間】 11:00〜16:00
【定休】 日曜日



2011年05月18日 18:49

IMG_4652

エントリーの説明、甲府観光、立ち寄り温泉と楽しんだ後に、ラな女性から強力に勧められたお店へ向かいます。

甲斐の店主さんの、ご実家だそうで!

たまたまかもしれませんが、蓬莱軒上田屋、そしてこのお店ともカウンター席は少なく、テーブル席や小上がりがメインで、そしておしぼりが提供されますね。

小上がりに案内され、中華そばを4人でオーダいたします。

すると、スープを動物系or魚介系から選べるようで、それぞれ2つずつお願いすることに。

メニュー表には麺類、トッピング、餃子などのメニューしかありませんが、壁には一品料理のメニューが沢山あり、ここも飲みながら楽しむお店なのかな?

出て来た中華そば(魚介系)を見て、その時点で美味しさを確信します!

ビジュアル、煮干しの香りと堪らないですなぁ〜!

スープを一口含むと、煮干し風味が口いっぱいに広がって美味しいの何の!

軽い縮れある中細麺は、スープを良く絡めてくれますが、少し柔目の設定で、オレッチ個人的には硬めで食べてみたいかも!?

具などは、チャーシュー、メンマ、海苔、縦きりネギ、薬味ネギです。

IMG_4648

味見させてもらった中華そば(動物系)は、ラードと揚げネギの風味があるもので、スープの旨味もインパクトがあり、こちらも美味しいね!

麺はや具などは一緒のようで、揚げネギは、色々なタイプのものが追加されております。

どちらも甲乙つけがたいですが、本日の体調などから魚介系の方が好みかな?

同行者が同行者だけに、山梨遠征はこれで終了ですが、有終の美を飾れた一杯だった!

 

【住所】 山梨県山梨市三ケ所542
【電話】 0553ー22−2432
【時間】 11:00〜14:30、17:00〜21:30
【定休】 月曜日



IMG_4630

支那そばの後に、余裕のあるメンバーだけで、こちらのお店へ向かいます。

こちらのお店も老舗のイメージでしたが、さっきのお店と同様に想像よりもお店は広く、そして沢山のお客さんで賑わっております!

ラーメン、味噌ラーメンと麺メニューがある中で、ラーメンと、お店の売りでもある焼きもつをオーダいたします。

ほとんどの方が焼きもつを楽しまれていて、中には昼間からビールなんかも楽しめれてる方も・・・。

羨ましい!

出てきたラーメンは、透明度もある豚骨、鶏がらなどの旨味&風味を感じる優しい感じの醤油スープで、煮干しの魚介風味も楽しめるものです。

縮れのある中細麺は、ポクポクした感じの食感のものですね。

具などは、チャーシュー2枚、メンマ、ナルト、ほうれん草、薬味ネギで、チャーシューが変色して臭みがあったのが残念です・・・。

IMG_4628

焼きもつは、醤油&ネギで臭みを消して食べる感じで、先ほどのお店では馬もつでしたが、こちらは豚のもつのようです。

何となく「ラーメンに合うかな?」って、ラーメンのスープに入れて食べてみましたが、臭みが凄いことになっちゃいます!?

後から気がついたのですが、焼きもつ単品でなく、20円アップのセットならライス、スープ、お新香が付いたようで、ライス&お新香が欲する感じだったので、メニュー表をよく見るべきだったなぁ〜・・・。

夜にビール&もつで楽しみ、〆に食べてみたい一杯だった。

 

【住所】 山梨県甲府市下飯田2−3−18
【電話】 055ー228−0529
【時間】 11:00〜14:30、16:30〜21:00
【定休】 日曜日、祝日



IMG_4625

先日の長野遠征に続き、今回は山梨の甲府に来ております。

いやいや今回は食べ歩きじゃなくて、震災後にドルフィン・スノーケルツアーに参加してくれたお客さんのダイビングコースエントリーの手続きついでね!?

多分、こっちがメインだよ!?

って説明前に一緒に、ドルフィン・スノーケルツアーに参加したメンバーと、甲府に移住したエントリー予定者と、こちらのお店へ向かいます。

山梨県は2軒だけしか食べ歩いてなくて、このお店は色々な意味で、前々から気になってました。

店頭の駐車場に車を停め、店内に入ってビックリ!

天井も高く、小上がりのスペースがメインで、物凄く広いのね!

老舗のイメージがあったので、こじんまりとした感じなのかと、勝手に勘違いしておりました・・・。

メニューを見ると、支那そば、湯麺、焼きそば、揚げそばなどがあり、同行者が「オススメは?」って聞くと、「支那そばです!」って直ぐに返事が戻ってきたので、4名全員が支那そばをオーダいたしました。

調理場も広く、スタッフも多いですが、このスペースでも後には待ちが発生しておりました。

出て来た支那そばは、味醂のような甘味も感じる醤油スープで、カツオ節のような魚介風味もあるアッサリした感じのものです。

軽い縮れのある中細麺は、想像よりもボリュームがあり、表面の感じからも日本蕎麦を思わせる、啜り心地、食感のものです。

具などは、赤い縁取りのチャーシュー、同じく赤く見えるメンマ、ナルト、海苔、薬味ネギです。

周りを見渡しても観光客(?)はオレッチらだけで、地元の方らがヘビーリピートしてるのかな?

「消えた支那そばを全国で初めて復元した店」と謳い、その頑固さを感じさせた一杯だった。

 

【住所】 山梨県甲府市中央4−12−28
【電話】 055ー233−2458
【時間】 11:30〜14:30、17:30〜21:00
【定休】 無休



Categories