[画像:96bdec2b-s.jpg]

みなさん、こんにちは。

今回はみなさんに向けて、来年始動予定の「TRI」について、発足人である私ソラアオが説明していきたいと思います。

さて、もうお気づきの方もいらっしゃるとは思いますが、今回の発表に合わせて「tournament」から「events team」へと名称を変更しました。

そこら編の事情も含めて早速進めていきたいと思います。

まずはこちら。


1.形式の多様化

「TRI」のイベントではスコアアタックを全てを通してのメインの形式には据えません。少なくとも「私」が企画する「TRI」のイベントでは、スコアアタックはやらない方向で考えています。

理由は簡単、その方式を多用することは停滞に繋がりかねないからです。今までのbgイベントで、スコアアタック方式はあまりに使われすぎました。それによりイベントのパターンが悪い意味で固定されてきています。なら「TRI」では別の可能性を模索するべきだと判断しました。

もちろん、他のメンバーの企画で「TRI」のスコアアタック形式イベントをやることになることはあり得ますし、全然アリだと思います。しかしこれは今、率先してやるべき方向性ではない。プレイヤーに対する新たなアプローチが必要だ、私はそう考えています。

だから「tournament」という、スコアアタック形式を連想させるような名称は今回廃止しました。これは、我々は「スコアアタック」じゃなく「イベント」を企画するんだ、という意思表示です。

さて、そんな「TRI」がこの先どんなイベントをやっていくのか、具体的に説明したいと思います。


2.今後の予定

現在「TRI」では3つの企画を進めております。メンバー全員の諸事情により今すぐには動けませんが、企画はほぼまとまったので少し紹介させて頂こうと思います。


・ソラアオbgイベント3週年記念ユビフ

まずは毎年恒例のこの企画です。

曲やクリエイターについては当日のお楽しみということになりますが、「TRI」の企画というのがヒントになるかもしれませんね。


・発掘!bgTRI遺跡

[画像:78706c72-s.jpg]

主催・原案 : ソラアオ

副主催 : あぺぴー・インゲン


「TRI」のスタートとなるイベント。

内容は文字通り、ユビフを「発掘」していくというものです。

対象となるのは、今までのソラアオ主催bgイベントで「お蔵入り」となった曲です。

一体何が出てくるのか?お楽しみに。


・bg creaters match Re

[画像:98e76dd0-s.jpg]

主催・原案 : ソラアオ

副主催 : あぺぴー・インゲン


こちら「TRI」でのソラアオ主要イベントに据えようと考えているイベント。

ソラアオ原案のイベントは基本的にはこれを軸に、単発型の小規模イベントも展開するという構想です。

イベントのコンセプトは「強化、変化、そして進化」。規模もクオリティもパワーアップし、プレイヤーもクリエイターも巻き込む、新たに生まれ変わった「bgクリエイターズマッチ」をお届けします。

タイトルにもヒントが…?お楽しみに。


現在企画中のイベントは以上の3つとなりますが、最後に「TRI」の方針について説明したいと思います。


3.「TRI」の方針

まず、これは以前の対談でも触れたことですが、「TRI」ではリーダーを特に決めるということはしません。状況に応じてメンバーの誰もがリーダー・主催になれる。そして、何かを企画するときは出来るだけメンバー全員で議論できるようにする、そういうスタンスを目指していきます。

次に、「TRI」では今まで以上に皆さんの声も積極的に取り入れていきたいと考えています。定期的にアンケートを実施などしていく予定です。よろしくお願いします。

そして、「TRI」ではハイペースでガンガンイベントをやるというよりも、スローペースでもじっくりとクオリティや安定感を高めていくという方針でいきます。なので初期発表時にあまり細かい日程情報が出ない等あると思いますが、しっかりと進めていきますのでそこらへんはご安心ください。

さて、発表は以上となります。
発表内容の通り、スタートは私ソラアオ主導で切りますが、それ以降は他のメンバーにも積極的に任せていきたいと思っています。
私の立場はあくまでも「発足人」です。つまり言い出しっぺということですね(笑)

それでは皆さん、今後とも『bg events team TRI』をよろしくお願いします!

[画像:f72c0c7d-s.jpg]
皆さんこんにちは!!
さて、いよいよ「SOLEIL LA FETE」の結果発表となりました。
遅れてしまい申し訳ありませんでした。
それでは早速いってみよう〜

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
〜SOLEIL LA FETE 結果発表〜

①チーム合計スコア

チーム炒飯 : 87154pt

チーム寿司 : 108312pt

②チームメンバー

チーム炒飯(4名)
朱雀・9risp・初心者・竹難民

チーム寿司(3名)
あぺぴー・インゲン・森のロンパリーヌ

③最多提出ユビフ(6pt)

「NISEKOI BEST SONGS」PV(かとを!)

FREELY TOMORROW(猫舌)

ぽっぴっぽー(マギー)

④個人スコアランキングトップ3

3位 : 朱雀(22382pt)

2位 : 9risp(22725pt)

1位 : あぺぴー(39091pt)

⑤各チームMVP

⑴スコアMVP

チーム炒飯 : 9risp(22725pt)

チーム寿司 : あぺぴー(39091pt)

⑵ユビフ提出数MVP

チーム炒飯 : 9risp(31pt)

チーム寿司 : 森のロンパリーヌ(23pt)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さて、結果発表は以上となります。
…ということで、今回は「寿司」の勝利でした!おめでとう!!
いやぁ、あぺぴーくんのスコアがぶっちぎりでしたねぇ…。
でも、実はここだけの話、彼はユビフ提出数ランキングぶっちぎりで最下位です(笑)
彼が自覚していたかはわかりませんが、今回のシステムをうまく利用した優れた1手だったと思います。
一方、個人スコアランキング2位の9rispさんはなんと、本イベント唯一のユビフ提出数パーフェクトでした!
提出数も稼ぎつつ合計スコアも上げていく、まさに正攻法のプレーだったと思います。

ということで、本イベントは終了となります。参加してくださった皆さん、本当にありがとうございました!
次は『TRI』です。メンバー一同頑張っていきますのでよろしくお願いします。
それでは、さようなら〜

皆さん、こんにちは!
いよいよ「SOLEIL LA FETE」も終盤ですね〜。
突然ですが、今回のイベント開催を記念して対談を行いました!
ゲストはあぺぴー君とインゲン君です。
それでは早速どうぞ〜

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
〜bgsl 特別対談〜

ソラアオ : それじゃあまず自己紹介からお願いします!


あぺぴー : ピッチピチJK のあぺぴーです☆

好きな食べ物は、ラーメン二郎です☆


インゲン : 大豆です。


れもん奈 : メロンソーダです。


ソラアオ : 激辛ラーメンで死んだ胃にメロンソーダを流し込み屍と化したソラアオです!

さてさて、「SOLEIL LA FETE 」開催中ですが、皆さん、ここまでの印象はどんな感じでしょうか?


インゲン : ラフな感じが良いですねー。


あぺぴー : 受験で死んだメンタルにとてもやさしい()


れもん奈 : この位のゆるさは忙しい人には優しいですよね~。


ソラアオ : 確かに!好きな時間に気軽にできる、ラフなシステムは確かに大きな魅力だと思います。

まあ、その反面ゆるすぎる面もあるんですけどね()


れもん奈 : リザが上がんないので、みんなやってるのかどうかもわからないのが難点……


あぺぴー : 個人的には、参加しやすいけど逆にあまり熱心な感じで参加してない気がします。


インゲン : あと、曲が多いのは嬉しいんですけど、追いきれないですよね(笑)


ソラアオ : まあ、曲が多すぎるのも難点ですよね(笑)

如何にラフさ加減を調節するかは今後の課題だなと思ってます。

話は変わりますが、今回のイベントではテーマ曲を用意しました。

ゲストのお二人の曲に対する印象はどんな感じですか?


インゲン : 季節と合わせて曲が作られていて、the 夏のイベントみたいな雰囲気が出てるのがとても良いと思いました。


あぺぴー : 聴いていると青空が広がるような曲ですね。こんな曲作れるのすげぇなぁ(素人目線)って感じです!


れもん奈 : ありがたきお言葉……


ソラアオ : 実は今回、曲作りで二人ともかなり苦戦してしまって、結局は僕が考えたイメージを元にれもん奈さんに作ってもらったんですけど、ほんといい曲に仕上げてくれてありがたいです( ^^;


れもん奈 : いやはや今回は難産でしたねw


ソラアオ : ですね~。例えば僕が「トロピカルな曲で!」って言ったら「それって季節外れじゃない(開催予定は秋)」ってれもん奈さんに言われて、それに対して「いや、冬にトロピカルなアニソンとか出てるからセーフですよ!」とか言うやり取りがあったり w


れもん奈 : そもそも最初アツイ曲って聞いてましたしw アツいって熱血じゃなくてトロピカルの意味だったとは(笑)参考曲もらってからは割とすんなりでしたね。


インゲン : そんな裏話があったとは‥‥w (゚ 0 ゚)w


ソラアオ : まあ、その参考曲ってのはミリマスなんですけどね(笑)引き出しが少なくて (^^;


れもん奈 : でも出来たものはユニゾンっぽいそうでw


ソラアオ : まあ、テーマ曲のイメージはいろいろ混ざった感じだったので(笑)

ミリマスのトロピカルな曲はもちろんそうですし、ユニゾンっていうのもそれとなく伝えたかもしれないのでそういう曲になったのかなと。簡単にに言ってしまえば「ソラアオの好きな要素てんこ盛りの曲」ですねw

さて、それでは続いて次の話題へ。

今回のイベントでは多くのbg勢の方々のユビフを使わせていただきました。まずはその中でもそれぞれの自作ユビフについて語ってもらいたいのですが、れもん奈さん、どうでしょう?


れもん奈 : Brand New Theather! 」は、iPadでやってて楽しいかを重視しました。

最近の僕はちょっとiPhone対応に固執しすぎて中途半端だったので、これからはiPhone は「一応」できるくらいに留めておいて、がっつり難しく、かつ気持ちいい譜面にしてやろうと思いまして。

あとは手グセが個性になったかなって思ってます(笑)


ソラアオ : なるほど。確かにサビとかはiPad らしい配置ですよね。把握していないとiPhoneでは手こずる (笑)


れもん奈 : 左手で8 分は結構厳しいのでねw

iPhoneだとチャレンジって感じですねー。


ソラアオ : まあ、自分は左利きだったのでまだ楽だったのかなと(笑)

さて、続いてインゲン君はどうでしょう?


インゲン : 「夕焼け猫とブリキのロボット」は元がノスタルジアの曲だったので、ピアノを弾いてる様な気持ちになれる癒し系譜面()を目指して作りました。


ソラアオ : なるほど。個人的にはインゲン君はピアノ系が似合うと思ってまして。だからそういうユヒフを選ぼうとしました。ピアノの配置表現が本当に上手いなと。


インゲン : ピアノ系が1 番自分が譜面作成しやすいと、最近気づきました(笑)あと、ノスタルジアの曲はピアノが主役なので、ピアノ以外の音をあんまし気にしないで作れるので、多数の音を拾うのが苦手な僕にはピッタリでした。


ソラアオ : ほうほう。確かにあの曲はシンプルでつかみやすい曲ですよねー。

さて、続いてあぺぴー君はどうでしょう?


あぺぴー : Code:1は、自分の譜面では珍しく(というか初めて?)低難易度を作ろうと思って作りました。リフレクに登場した時もクセのある譜面だったので、トレースでそれを表現しようと努力してみました。


ソラアオ : なるほど。確かにあぺぴー君の低難易度ユビフは珍しいですよね~。実はこのユビフはれもん奈さんが選んだんですけど、れもん奈さん、このユビフに対する印象など聞かせてもらえますか?


れもん奈 : ノート数自体は少ないんですが、配置が結構厳しくて、こう見えてコンボカッターがある。なんで最後まで気を抜かずにプレイすることを要求されるいい譜面だと思いました。そんな中にトレースがエフェクトかけるように入っていて、かつリズム自体は堅実なので、緊張感がありつつも気持ちいい譜面かなって思います。

カッチリした印象が気に入りましたね。


ソラアオ : ありがとうございます。それでは次の話題ですが、今回は非常に多くのユビフが課題となりました。その中でも皆さんのイチオシをお聞きしたいのですが、インゲン君、どうでしょう?


インゲン : 僕のオススメはマギーさんの「ぽっぴっぽー」ですね。ノーツの配置がとても綺麗で、難易度も程よく、捌いててとても爽快でした。何度やっても飽きない楽しい譜面だと思います!


ソラアオ : なるほど。マギーさんは普段イベントでは高難度を出されてるので、今回は奇をてらってみました。続いて、あぺぴーくんはどうでしょう?


あぺぴー : 僕はいえろ~ずさんの「Sigmund 」ですね!!良曲&終始ゴリラゴリラ譜面で腕が悦ぶんですよ!一見ランダムっぽく見える配置のリズムが綺麗なのが見えてくるからプレイしてて楽しい!!!でも難しい!!!!!

クリエイター目線では、階段置くの大変だなぁとか二重階段どう置いてんのかなぁって気になってます!!!


ソラアオ : なるほど、実にゴリラらしいですね!(失礼)いえろーずさんは階段が売りですよねー。そこらへんも活かされたユビフだと思います。れもん奈さんはどうでしょう?


れもん奈 : うっしーーさんの「クローバーかくめーしょん」です。配置力ぅ…… ですかねぇ(笑)あのフリックと16 分のセンスはうっしーーさんだけ!


ソラアオ : あのユビフは真っ先に決めたやつです!(笑)ほんとセンスいいでよね~。難易度が絶妙でとても良い。

さてさて、それでは次の話題へ。

続いては、来年スタート予定の「TRI」の話をしたいと思います。まずは「TRI 」に向けての各メンバーの意気込み的なのを聞きたいな。では、インゲン君から!


インゲン : 主催側、参加者側の両方が楽しめるような良いイベントにしていきたいです。


ソラアオ : 同感ですね。やはり主催者側が楽しいと思えるものじゃないと意味ないですし。

では続いて僕から。

TRIは誰がリーダーとかあまり決めない方向性で考えてます。企画ごとに三人の立場が変わるのも面白いかなと。それができるメンバーを集めたつもりです。

スタートは僕主導で切りますが、その後は他の二人にも活躍してもらいたいですね!(威圧)


インゲン : マジか (笑)


ソラアオ : 期待してるね!()では続いてあぺぴー君、どうぞ!


あぺぴー : TRI だから出来た」「TRIすげえ」みたいに思ってもらえるように、3人で新しいものをガンガン作っていきたいです!!!


ソラアオ : そうですね!独自の方向性をどんどん打ち立てていきたいと思っています。次にれもん奈さん、「 TRI」の外からの立場として「TRI」をどのように考えているか、できれば聞かせてもらえますか?


れもん奈 : はい!「TRI 」はいかにしてプレイヤーが求めてるものの本質を探すかがカギじゃないかと思います。

そのためにもターゲットプレイヤーとそれぞれの大会の肝(アイデンティティ)を最初のうちにはっきりさせておく事が大事じゃないかなって。


ソラアオ : なるほど。確かにアイデンティティは重要ですよね。今まではそこらへんあまりガンガン出してはいなかったんですけど、 TRIでははっきり示していくつもりです。


れもん奈 : やっぱり「これだけは譲れないポイント」を用意しとかないと、細かいところも見えてこないんですよね。

まあ、iOS11で折角bg が改善されたことですし、もっと盛り上げてほしいですね!


ソラアオ : 頑張ります!(^^ ;

これは直に明らかにしていくつもりですが、iOS11を活かした内容も用意してますよ(意味深)


れもん奈さん : おぉ~、楽しみですねぇ!


ソラアオ : TRI 」の続報については近日公開予定なので、そちらもお楽しみに!

それでは対談は以上となります。

ありがとうございましたー!


ソラアオ以外 : ありがとうございました!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ということで、対談は以上です。

皆さん、ラストスパート頑張って下さいね!

↑このページのトップヘ