優 You Style

  [ゆう ゆう スタイル]  デザイン優のリフォーム&ライフ ハッピーレター

社員旅行後半戦

皆様こんにちは。


厳しい暑さが続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。
熱中症や夏風邪など十分にお気をつけ下さい。

さて、今回のブログですが、前回書かせて頂いた社員旅行の後半部分になります。
前半部では、旅館に着いて近くの堤防で釣りをする所までとなっておりますので、
その続きから書かせて頂きます。



魚釣りもそこそこに夕飯の時間となってしまったので、我々釣班は早々と後片付けをし、
また明日の朝に釣りに来ようと約束をして、堤防を後にしました。

旅館に着き、すぐさま浴衣に着替え夕食です。

伊豆といえばもちろん海の幸です。
駿河湾でとれる魚や海老、貝に舌鼓、
幸せな時間でした。
IMAG1861





食事の後は腹ごなしに「温泉卓球」です。

前々から映画や本等で見て、旅館に泊まったら必ず温泉卓球をしたい!
そう思って日々を悶々と過ごしていた私に、遂に与えられたチャンスです。
ルールは「温泉卓球復興協議会」に則り、その場の多数決で決めました。

幾分か卓球の経験があった私も、畳の上で、尚且つ浴衣を着ての卓球は、
とても難しいモノでした。
しかしながら私、総当たり戦を並み居る強豪を抑え
全勝させて頂きまして、今年一年を「デザイン優温泉卓球チャンピオン」として
君臨させて頂く運びとなりました。防衛戦等ございましたら、
是非コミッショナーを通してからご連絡頂けますようお願い申し上げます。(*^▽^*)

冗談はさておき、運動の後はやはり温泉です。
伊豆は全国有数の湯量を誇ります。
あの川端康成も愛した伊豆温泉。

景色も最高です・・・・雨さえ降ってなければ。
泣く泣く露天風呂から内風呂へ、
しかし、お湯の質は素晴らしいモノでした。
身体の芯からポカポカし、肩こりも少し良くなった気がするほどでした。

温泉から出てすぐさま就寝
布団に入って目をつむると波の音が聞こえ・・・
そんな事を思う間もなく熟睡でした。

翌朝、我々釣班は早々と釣り場へ、
昨日より大物を釣るぞと意気込んでいたものの、
結果は坊主でした。途中イカが餌に食いついたりもしたのですが、
釣り上げることが出来ず、伊豆との釣対決は一勝一敗、
勝敗は次回へと持ち越しとなりました。

悔しさを噛みしめながら旅館に帰り朝食です。
なんと朝から船盛の登場で、
恥ずかしながら私、朝からご飯3杯の御代わりを余儀なくされた
次第でございました。
大変美味しゅうございました。

IMAG1886





食後は帰り支度をし、午前11時頃後ろ髪を引かれつつ、
旅館を後にしました。

帰りは海岸線沿いひたすら走り、途中お土産を買いに
古都鎌倉により、無事夕方には帰宅できました。

この旅行を通してで社員一同の士気も高まり、互いの信頼も厚くなりました。
これならこの8月の猛烈な暑さにも、迫りくる台風にも負けることなく
営業していけると私、確信しております。

今回は新商品のご説明やイベントのご案内ではなく、
社員旅行について書かせて頂きましたが、
前半後半と2部に跨るほど長い文になってしまい
申し訳ございませんでした。
しかし、私達社員の仕事ではない一面も是非ご紹介したいと
思い今回筆をとりました。

それでは皆様も
暑い夏、どうぞ身体にお気をつけお過ごしください。

スタッフ 髙木

リフォーム&増改築 夏イベントご来場有難うございました。

いつも 優You Styleをお読みいただき、有難うございます。
毎日暑い日が続いておりますが、皆様体調を崩されていませんか。

先日、7/15(土)・16(日)・17(月)の3日間、
当社にて「リフォーム&増改築 夏イベント」が行われました。
まだ梅雨明け宣言がされる前にもかかわらず、3日間とも晴天で夏本番とも言える、
とても暑い毎日でしたが、非常に多くのお客様にご来場頂き、誠に有難うございました。

暑い中でも、ゲームで盛り上がるご夫婦やお父様とお子様が一緒におもちゃで
遊んでいらっしゃったり、ショールームではいろいろなご相談やご質問を受けながら、
私達スタッフの説明を真剣に聞いてくださったり、と本当に「夏祭り」のような
盛り上がりでした!!

イベント外観





毎回楽しみにして来て下さる方、今回初めてチラシをご覧になって、遠方から来てくださった方、ご来場頂いた皆様が楽しんで下さり、そして、相談できてよかった、来てよかったとのお言葉を頂き、私達もとてもうれしく思いました。

さて、今回のイベントですが、特に水廻りのご相談が特に多く、各メーカーのバスやキッチン、トイレなど、
カタログではわからないところを、丁寧にご説明させて頂きました。
キッチン一つをとっても、引き出しの大きさが違うだけで、「使いやすい」とおっしゃる方もいらっしゃれば、「私の使い方にはちょっと合わないかも」とおっしゃる方も。

そうですね。本当にどの商品も、各メーカーのこだわりや思いがあり、皆様に合うプランの選択肢が格段に広がりました。
これまで沢山のお客様のプランニングに携わってきましたが、プランニングやご提案方法がいろいろとあり、「一度では決められないー!」とおっしゃるお客様も沢山いらっしゃいます。その為にも、私達スタッフは、お客様といろんなお話をしながら、またはご質問しながら、その方の暮らし方を想像して、プランニングを作成しております。
これ!という、プランニングが出来た時のお客様の笑顔は、私達にとりまして、何よりも嬉しいことです。

このように私達スタッフは、皆様のお住まいの為に、毎日全力で取り組んでおります。
プランニングの作成は1回だけではありません。未来の住まいを想像して、期待に胸を膨らませながら進められましたら良いな、と思っております。

現在、ご相談を頂いている皆様には、おひとりおひとり丁寧に対応させて頂きます。
どうぞよろしくお願い致します。
 
最後になりましたが、改めまして、暑い中ご来場いただいた皆様に心より御礼申し上げます。
これからも、皆様のために嬉しくて、楽しい、為になるイベントを企画して参りたいと思いますので、
今後ともよろしくお願い申し上げます。

有限会社デザイン優 スタッフ一同


社員旅行前半戦「自然つやつや伊豆」

皆様、こんにちは。

日毎に暑さが増し、夏の訪れを感じる今日この頃
いかがお過ごしでしょうか。

今回のブログでは、先日の待ちに待った社員旅行について
書かせて頂きたいと思います。


第1日目

その日は朝から雨がちらつき、テレビの天気ニュースでも、
今日一日ぐずついた天気になるとの事でした。

「晴れ男の私でも今回は勝てなかったか~」などと思いつつ家を後に。
私が集合場所に着く頃には、もうほとんどの方が到着しており、
会社の前で「晩御飯が楽しみだね」などと談笑していました。

程なくして出発時間となり全員そろったのを確認し出発。
目的地は「未来への挑戦・あふれる活力・輝く静岡」のキャッチフレーズでおなじみ
静岡県の伊豆です。 

片道4時間30分 約250㎞の道のりを、車3台で走破するという今回の道程。
山道で車酔いに襲われたらどうしようと、一抹の不安を感じつつ車は圏央道へと入っていきます。

今年の2月頃、境古河・つくば中央間が開通したことによって、ここ茨城県から
神奈川県まで一本で行ける夢の道路に圏央道は変身いたしました。
構想54年の歴史と汗と涙の結晶の上を今走っているんだと思うと感慨深いものがありました。

そうこうしているとうちに我々は神奈川県に入ってしまいました。
途中何カ所かサービスエリアに寄りましたが、「実に早い!ビバ圏央道!」
圏央道のヨイショはここまでにしまして、一同高速を降り、最初の目的地である、
箱根 大涌谷へと向かいました。

大涌谷に向かう道は「ザ・山道」と言わんばかりに曲がりくねっており、
さながらジェットコースターの様でした。
右に左に振られ出発するときの一抹の不安が再び頭をよぎります。

このままでは車酔いしてしまう!そう思った私は、
「車酔いをした時は遠くの緑を見ろ」と親戚のおじさんに言われた言葉思い出し、
遠くを見ようと窓の外に目を向けると、
何処を見ても靄、もや、モヤ!!
OH!真っ白! 緑なんて全然見えません!おじさん助けてー!
しかし、昔から捨てる神あれば拾う神ありと申しまして、
気づけば目的地に到着、道が空いてて助かりました。

大涌谷名物「黒たまご」を食し、晴れてればここから富士山が綺麗に見えるんだよ~
なんて話を聞き、次は晴れてる日に自分の運転で来ようと心に決め、大涌谷を後にしました。

そろそろ本格的にお腹が減って来たな~と思い始めてきたころ、
我々デザイン優一同は伊豆スカイラインを走行しておりました。
するとなんだか昔話にでも出てきそうな、かやぶき屋根の建物が見えてきました。

伊豆スカイライン開通からずっとこの場所で営業している「峠の茶屋」さんです。
聞くところによると、約200年前に建てられたお家を改装してやっている
お蕎麦屋さんとの事でした。
200年前!?まだ日本が鎖国している時代じゃないですか・・・そんな時代から残っている建物、興味津々です。
峠の茶屋






背の低い入口をくぐると中はまる時代劇の中の様・・・
大きな大きな梁が天井を巡っており、その木の色艶は数十年じゃ到達しえない
何とも言えない色合いをしていました。
さらに奥へ入ると大きな囲炉裏が迎えてくれました。

囲炉裏





このお店では近くで採れた山菜や御蕎麦が名物との事で
早速お蕎麦に舌鼓、大変おいしゅうございました。
蕎麦






お腹も膨れ、古民家にも触れられ大満足の昼食でした。

あとは旅館に一直線!海を横目に快調に進み
着いたのは午後4時前でした。

チェックインを済ませ一同自由行動に。

私はというと相部屋の先輩に連れられて釣りに行くことになりました。
旅館の目の前が堤防になっており、私達が行くと既に釣りをしている現地の方が
いらっしゃしました。

「何が釣れるんですか?」と聞いてみたところメバルや念仏鯛が釣れるとの事!
なんとこんな近場で鯛が釣れるとは・・・早速私と先輩は仕掛けもそこそこに、
糸を垂らし釣りを始めました。

ー30分後ー

釣れない!釣れる気配もない!
業を煮やした我々はワームでは駄目だ!餌が必要だと、近くの釣具屋さんを調べ
隣の町まで買いに行き、再び堤防まで戻り餌を付け、さぁ再戦です!

糸を垂らし数分
・・・・・ぴくぴく・・・・・
引いている!
落ち着けまだ餌をつっついているだけだ、食いつくのを待つんだと
自分に言い聞かせ機を待ちます。

ぴくぴく・・・・・びくん!今だ!!
魚2








※金魚ではありません

終わってみれば3人で7匹と大健闘!
鯛とは名ばかりの小さな魚でしたが大満足です。

長くなりましたので後半へ続きます。
スタッフ 髙木
記事検索
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ