March 04, 2015

たかが一種類のヘルメットで、当ブログを見ていて下さる奇特な方でさえウンザリしているであろうOWEN PILOTネタ。オレもゲンナリしているので今回が最終回です。

前回の記述にあるように、サイズと現存数の問題でカスタムしたいけどできないという永年の悩みを一念発起してレプリカを作る気になりました。

実のところショップを経営していた頃からOWEN PILOTのレプリカを作りたいとオープン当初からずっと考えていました。残念ながら閉店しまい結局、叶わなかったアイテムのひとつです。実のところROCKERS関連の商品で自分がやりたかったコトは営業期間においてほとんどヤレなかったのが現状です。この件に関しては、ことROCKERS関連においてゴキブリ並みのしぶとさとしつこさを自分は持っていますので今後も少しずつヤレなかったことをかなえてイキたいと考えています、ボチボチと。

947



























さて今回作ったレプリカ、二種作ったけどレプリカを作るにあたり実は基本コンセプトを変えてあります。
上写真は二作目、下写真は最初に作ったモノです。



952


























一作目は試行錯誤の繰り返しでしたが、基本コンセプトとしてシルエットはオリジナルに近く作ることでした。ただしカスタムは自分がやってみたいコトでしたが…。

素材はオリジナルは防水を考えてP.V.C (合皮) でしたが、本革にしました。完成後に革を伸ばしたり帽体にクセをつきやすくするのが理由です。コストは高くなりますが…。

$_1
























カスタムプランは写真集「ROCKERS!」の一枚からの(少し変えてますが)パクりです。
最初のモノを作っていて極力大きくならない帽子に近いヘルメットがコンセプトでしたが、オリジナルもそうですがPEAKED CAPとしてみるとシルエットがイマイチでしたので二作目はオリジナルパイロットよりカッコいいシルエットをと考えて作りました。ハチマキ部、トップはオリジナルより高くしてみました。
ぷちぷちとスタッズを打ちまくりたい気持ちを抑えつつ(←これが一番つらかった!! やりすぎハデ好きは自分の悪いクセです…完全にビョーキかと…) この手のCAPの帽章には定番のDEATH OR GLORYを配しました。ちなみにDeath or Gloryホンモノを所有しているにも関わらずレプリカを使ったヘタレでした(恥…) 実は少し後悔しています。

帽章に関して色々と候補があったのですが無難に…と思ったら、結果として逆に一番しっくりきたと思っています。
変な変化球よりありふれた定番はやはりイイ!!
と、「初心忘れるべからず」を今回、改めて痛感いたしました。

前側でのスタッズをガマンした分、後頭部はスタッズ&チェーンで少し遊びました。 


949

956955





















製作中、↓↓↓ こんな遊びをしてみました。↓↓↓ 結構カッコいいと思うんだけど…。

意外にもカッコよくてホントに作ってしまえ!!という誘惑に負けずブランドへのリスペクトをこめてガマンしました…。

945






















イメージはLewis Leathers が OEMで (Everoak RaceMaster がSuperJet、Cromwell T.T がTrackStarのように) OWENに作らせたら…。

名付けて

AVIAKIT モデル名 BLACK REBEL

なんちゃって…。

でも、今、Lewis Leathersで、発売したらオレ買っちゃうだろうな…オレ以外に売れる保障はナイけど…。

で、次回作として、やはり写真集「ROCKERS!」のGREASERSの一枚から。この帽子、カラーだと白/赤/黒なんですよね。
で、当時のPILOTにないカラーバージョンを…

IMG_20150304_0001_NEW

944


















う〜ん

なんか

ガンダムのシャア? はたまた宇宙船艦ヤマト? 

なんか違う…。

コレが似合うのはキムタクくらいだろう…。

ということでボツにしました(革もったいねぇ〜)

ところで、このOwen Pilot というモデルをナゼか?
「Owen Pilot SkullGuard」と紹介して書いてある某ブログを見かけました。
そして同時に出ていたのはモデル名 MobyCapと紹介して書かれていたモノ。
実際は二点とも手にとってみたワケではないので100%断言できませんが「OWEN PILOT」です。そのあとにSkull…とは付きません。あくまでPilotがスカルガードベースなのかモビーキャップベースなのかという補足というカタチならOKだとは思いますが…。

実はパイロットはスカルガードとモビーキャップをベースに作られています。
単にベースがどちらかのモデルでOWEN社が製造工程でタグを付けっぱなしでパイロットを作っただけなのです。当時の英国製って雑ですね(笑)
逆にパイロット用のタグは存在しないようです。それはパイロットがそれほど生産されなかったことが伺えます。
ルイスレザーでもライトニングZipだ青ウィングだとタグ、特徴で一概に年代が判断できないのと同じなんですね。
どーでもいいことですが、それを見て、間違った情報が回りまわって日本のROCKERSの中で間違った知識になって定着してしまうのはどうかと思いますので書かせていただきました。

954

























実は一作目はイヤーフラップがあります。PILOTはアゴひもが(MobyCapベースはY字が多い?)一本なので安定がわるいのが弱点なんです。

イヤーフラップがあると後頭部がホールドされ安定感が抜群になります。
また冬は寒いので実用的なんです。

ってパイロットに実用性? 矛盾してますね…。

安定感の悪さはゴーグルのバンドで実際の後頭部に掛けてホールドすると多少マシになりますので自分はパイロット使用時はゴーグルを(オレ的にはホントは付けないほうがカッコいいと思う)付けています。

















(21:17)

March 03, 2015

たかがヘルメットの、しかも一種類のモデルでここまで記述するって「どんだけ執着してるんだ?」と普通のヒトは思うでしょう。それはROCKERSを目指しているヒト達からも、???マーク3つではないかと思います。
自分にとってOWEN PILOTは50年代のアメリカ映画「the Wild One 乱暴者」のオールドアメリカンを当時のイギリス解釈した存在のひとつであると思う。
362
























ROCKERSというユースカルチャーの存在を初めて知る少し前、「the Wild One 乱暴者」「the LOVELESS ラブレス」を観て衝撃を受けた自分にとってUS50'sのUK解釈というのが自分がROCKERSというスタイルを追求する根本になっていると思う。したがって同じイギリスのユースカルチャーのTEDDY BOYも同じ図式で自分にとって憧れのユースカルチャーである。
実のところ、ROCKERSのバイク=低いハンドルという世間一般のイメージだと思われるが、長らく自分のトラがアップハンであったのも乱暴者の主人公の6t T-Birdがアップハンだったからが理由である。もちろん今、乗っているTR65の前に乗っていたTRIUMPH T100もアップハンだった。

興醒めなハナシかもしれないが、当時の自分は「乱暴者」の主人公がTRIUMPHに乗っていたから自分が選んだ車種はTRIUMPHだと思うしチノ(リー・マービン)と同じHARLEY DAVIDSON ハイドラだったとしたらLeather Jacketsもショットのワンスターかデュラベルがバイクに乗るときの正装だったであろうしROCKERSではなく50's BIKER Styleを選んでいただろう。当時の自分がROCKERSというスタイルを選んだのはその程度の単純な理由だったと思う。

今となっては全くWild Oneの面影を感じられないけど…(笑)

おそらくそのあたりの経緯が自分がOWEN PILOTに執着する理由であると思う。

さてオリジナルを入手した経緯は前回記述したが、記述にあるようにサイズが大きいのが自分にとって長年のネックになっていた。その後、たびたびPilotを見かけるものの自分のサイズを見かけることはなかった。

断言はできないがこのOwen Pilot 「当時のROCKERSから人気があった云々」みたいな記述をどこかで見かけたがおそらく現実にはそれほどではなかったと思う。当時のROCKERSが写っている写真、映像など様々な資料を観るに現実に当時の彼らが帽子であるPeaked Cap (Ton-Up cap)を被っている姿は多々見かけるもののヘルメットであるPilotを着用している写真がほぼ皆無だからである。

ただ写真、映像というものはあくまでその時代すべてではなくあくまで切り取られた一部であることも念頭におかなければならない。資料がないから事実ではないという判断は早急すぎるからだ。

極端に云えば、日本の歴史の戦国時代は武士しかいないのかということである。当たり前だが物売りも農民もいる。残っている資料が文字としてだから武士側が多かっただけに過ぎない。文盲の人種は後年に記録を残すことができなかっただけなのだから。

おそらくパイロットが発売されたのがmid 60'S以降だから当時のROCKERSのニーズ(ヘルメットが安全性はもちろんだがレーシングライダーが使用しているのを真似るように走り屋としてのアイテムという色が濃い時代であるから)とのズレがあったのではないかと思う。

ニーズとのズレでそれほど売れなかったのが現存数の少なさに繋がっていると思われる。もちろんアイテムを所有する人種も考慮しなければいけないが(日本の暴走族に人気があったモノで例えるとわかりやすい?モノを乱暴に扱う人種、大事にする人種)

PILOTの存在は逆に現代ならマッチすると思うが…。

古いモノに多く関わっていると判るが、当時のモノで現在残っている同種のモノが多く見かけられるモノは当時相当数が売れたと推測される。

例えばLewis Leathersのターコイズブルーのサイクロン、カラー物のブロンクス、などのヴィンテージ物が現在ではレアな理由も同じであろう。
前者は色が奇抜すぎたコト、後者はモデルの型(古臭い型といったら言い過ぎか…?)に対しイメージカラーでないことが起因してると思う。
サイクロンの黒、ダークブルー、または黒のブロンクスの現存数に対して当時としては時代が早すぎたのだろう。今となっては逆に斬新で人気があるのだが…。

自分の場合だけかもしれないが、ヴィンテージのモノを扱っているとまれにある傾向を感じる時がある。
New Old Stock = N.O.Sいわゆるデッドストックの存在だ。
このようなモノが出てくる場合は

・メーカー、店舗の倉庫に放置されていたものが後年になり捨てられず倉庫の奥から出てきたモノが再流通。

・個人レベルで買ってはみたものの使わずに捨てられずに再流通したモノ。

実はこのパイロット、現存する中で実際に使われていたモノが少なすぎるのである。自分が確認できたものはほとんどが程度のいいデッドストック状態である。
その他のビンテージヘルメットのように程度は個体により様々ではなく、モノの保存状態は極端な上、圧倒的にN.O.S率が高いということ。

上記のことからすれば
ROCKERSのアイテムというイコールにパイロットはなりうるのか?
ということである。

ただ製造メーカーレベルで、このようなモノが販売されていたくらいROCKERSという文化がMotorcycleの世界では広く一般化されていたということは判る。
自分の場合、パイロットはそのような時代を思わせる、しかしそれほど人気がなく、変り種のヘルメットというイコールではない見方をしている。あくまで私観ではあるが…。

ただ現代でとなると現実はイコール未満かもしれないが、あくまで亜流の面白いモノではあるがイコールのひとつにしてもとは自分は思う。



画像 358

























これは自分が発行している日本のROCKERSフリーペーパーファンジンROCKER BOXの二号目の表紙だが元ネタの写真は67年のイギリスのバイク雑誌の表紙からのパクりである。この写真ではNORTONのP11(MatchlessフレームのNortonツインというAMCグループ内ファクトリー・ミティース!?)にまたがるGジャン型のレザージャケットの人物が被っているのはPILOTである。この写真しか現実に使用されているものは自分は確認できていない。

ちなみにこの「ROCKER BOX」という小冊子は現在、特に配布先ショップの開拓をしていないので、イベントなど自分が参加したりするときに手渡しで無料配布しているのが現状です。興味がある方は事前に言っていただければ差し上げます。
限定とか大それたものではなく出来れば全国にバラまきたいと考えているものの、当ブログと同じく未だ二号までしか出来てないというくらいのマイペース発行なので、なかなか…。そろそろ三号を、と思ってはいるんですけどね…。それでも置いてくれる奇特なショップ様いらしたらご一報ください。

そんな理由でPILOTは現存数が少ないため、自分にあったサイズがいつになっても見つからない。そして、(自分の悪いクセなのだが)カスタムしたいが現存数が少ないためカスタムする勇気が無い…。

そんな理由でレプリカを作ったワケだが…。左/レプリカ 右/オリジナル。

956


















また長くなったのでつづく…。



(00:08)

March 01, 2015

今から約25年前、洋写真集「ROCKERS!」を初めて手に入れた当時、とにかく当時のROCKERSに憧れ自分の革ジャンに写真集を参考にスタッズを打ちワッペン、ピンズを付け何度も写真集を穴が開くほど見返していた時、オモテ表紙の見開きに某モノが当時の自分に強烈に惹かれさせる資料広告が載っているコトに気づく。
Charles Owen&Co.LTD. PILOT オーウェンから60'sに実際に販売されてたROCKERS向けのヘルメット・パイロットである。


IMG_20150228_0002
























当時の自分はOWENのBOWBUILT RACERを愛用していたのだが、コレには驚いた。

1990年頃、日本国内ではOWENのヘルメットは

・オワン型のBOWBUILT RACERは銀単色と黒 / 白の二色
・ジェット型のMASTERGUARD 帽体がやや大きめの後期型
・ツバ付き半帽のSKULLGUARD
・ハンチング型のMOBBYCAP
・シャーロックホームズの帽子型DEERSTALKER
・フェイスマスク(コゲ茶革)

あたりがすべて新品で買えた時代だった。
一部はおそらくデッドストックでの販売であったと推測されるが、とにかく入手できた。

5b549c41

















60'S当時のOWENのヘルメットのライナップはほとんどが入手ができた、あるひとつを除いて…。
存在を知ったのも写真集「ROCKERS!」が初めてで、とにかく欲しかった。
探すが当然まったく無い。その手のショップに行けば必ず聞いたりしてみたがOwenのPilotなるモノを知っているヒトも欲しがるヒトもほぼ皆無だった時代だから、あるワケがない。
そんな日々が数年続くワケだけど、イギリスのバイク関連のオートジャンブル関連の新聞のある広告に目に留まった。Hi-Star Classics (http://www.hi-starclassics.co.uk/)だった。
90年代半ばから後半くらいの頃だから当然、今みたいに「ネットで、メールで」というワケには当然いかない。その広告の連絡先を頼りに個人輸入をしていた友人に頼んでHi-Starのナイジェルに「OWEN PILOTを探している」「売り物はあるか?」「写真を送ってくれ」等などと手紙を書いてもらった。二週間ほどして(今からすると途方も無いアナログ…)手紙と写真同封のエアメールがきた。もう写真を見たら欲しくてたまらない。今よりポンドが高くて日本円ではかなり高額であったしサイズも大きかったが10年近く探していた憧れのOwen Pilotが本当に手に入るワケだから様々な問題は関係なく注文した。そして数週間後に本当に届いた。

213d5dce

















「もう死んでもいい」と思うくらい、決して大袈裟ではなく、とにかく嬉しかった。当時、仲間からは「がきデカ」とバカにされていても当時の自分にとっては最高の一張羅であった。
それは入手してから17,8年くらい?経った今でも変わらない。

943

で、最近、気軽に使用できるようレプリカ作ってみました。詳細は次回に。

951

























以前の記事にもOWEN PILOTに関して書かせてもらったのでこちらもどうぞ。
ROCKERS Headgear http://blog.livedoor.jp/dtkin_co/archives/65164384.html

(14:02)

February 01, 2015

 骸骨に惹かれるヒトは多いと思います。古今東西あらゆるスカル・モノが作られ、絵画に描かれ、また勝者の証としての杯として加工されたり様々な表現の手段に使われています。
縁起悪いもの転じて魔を跳ね返すという考えは洋の東西を問わず多くありますが、特に人間の頭蓋骨、気味悪い不快、不気味なモノであるにもかかわらず、様々なカタチによって表現されているのは、人間にとって重要な「生」と「死」を表現しているからだと思います。

画像 6

歌川国芳作「相馬の古内裏」  (瀧夜叉姫の妖術で召喚された巨大骸骨)


画像 957


手前 ・戦前の髑髏陶器の置物   奥・戦後の輸出向けの灰皿


画像 953

海泡石で作られたスモーキングパイプ 写真左右のパイプは100年ほど前のアンティークスカルパイプに時折見られるモチーフでシェークスピアのハムレットの一場面を表現したもの。あえて作品名を付けるなら「ヨリックの髑髏を持つハムレットの手」といったところか。


 
JOLLY ROGER


海賊旗のジョリーロジャー(諸説あるらしいが、愉快な悪魔という意)。海賊と海賊船に掲げられたドクロの旗の起源、因果は諸説ある中、かつて栄華を誇ったテンプル騎士団が一斉に粛清され、生き残った団員がスコットランドに落ち延び、海賊になったというオカルト的な都市伝説がある。かれらは(当時のフランス国王が突きつけた罪状が正しければ)呪術、魔術的な力を持っていて、頭蓋骨と二本の骨さえあれば復活できるという意味が海賊旗にはあるらしい。こちらはエジプトのミイラのような「死」から転じて「生」への輪廻を表現している。

日本だと関が原の戦いに敗れた石田光成のしゃれこうべに金箔を貼り装飾した杯で徳川家康が酒を飲むという史実かどうかは不明だが小学生の頃に何かの映画で見たことがある。

髑髏杯  
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%91%E9%AB%8F%E6%9D%AF
 

※訂正 その後、検索してみたら織田信長 が 浅井長政 と 朝倉義景の漆塗りの髑髏を杯にして呑んだというのが史実らしいです。『信長公記

またキリスト教世界でロンギヌスの槍(都市伝説ではアドルフヒトラーも探していたといわれハプスブルグ家から強奪したのち敗戦後アメリカが極秘裏に渡ったといわれている)と並び、手に入れたものは世界を手に入れることができると云われている、あのアーサー王も探していた聖遺物・聖杯も実はキリストの頭骨で作られたものという都市伝説もある。

 

新撰組


また逆にやがてくる「死」から「生」を見いだす表現。
幕末の京都において徳川幕府側の暗殺集団、新撰組の局長・近藤勇の稽古着に縫われたドクロの刺繍はインディアン・モヒカン族の髪型と同じ「死ぬまで闘争する」という意気込みを表現している。


simCAOC7N3W


プロイセン王国 (下顎無) からナチス統治(途中から下顎有りに変更)まで続いたドイツ軍に多く使われたスカルモチーフのトーテンコプフ(ドイツ語で骸骨という意)は死ぬまで忠誠を誓うという意味があるといわれている。


画像
「髑髏と蜥蜴」河鍋 暁斎


また、日本の絵画、刺青、スカジャンなどに使われるモチーフ、いわゆる「野ざらし」
おそらく人生の儚(はかな)さ、諸行無常を表現しているのであろう。


画像 670



日本画にある髑髏は日本人の死生観が表現されているが、単純にカッコいい。
いきなりチープになるが、上の日本画の野ざらしのしゃれこうべをイメージして、トカゲではなく飼育中のイモリでやってみた水槽。

画像 764
STREET BIKERS 

最後はもちろん、わがクラブRiot Rebels Motorcycle Club の代紋もスカルである。
スカルを選んだ理由は単純にカッコいいからという理由もあるけど、とくに意味を持たすなら

「死ぬまでROCKERS」とか「死ぬまでTON-UP」とか後付で言ってみたいが…

実際は

「死ぬまで反逆」

といった処か。

brando-murphy


映画 the WILD ONE のジョニーじゃないけれど「何に反逆してるの?」って思いますよね。

「世の中のクソ野郎たちにだよ」

と応えてみたりする。

そろそろ落ち着けと自分でも思うがこの性分、死んでも(骨になるまで)直らないんだろうな〜。チクショー。

Rebel or Die

RFFR !!!!!!!!!!!!
(Rebels Forever , Forever Rebels)

画像 942

祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。

沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす。

おごれる人も久しからず。ただ春の夜の夢のごとし。

たけき者も遂にはほろびぬ、ひとへに風の前の塵に同じ。

平家物語 「祇園精舎」

Crystal


水晶髑髏
世界中に散る13個のクリスタル・スカルをひとつに集めると、何かが起こる?


im
メメント・モリ「死を想え」 渋澤龍彦的ヴンダーカンマーな悪趣味。 Draconia's Skull .

あまり日本では語られることもないが、第二次世界大戦時、アメリカ兵士たちの間では「白人サマに逆らう生意気な劣等民族であるアジアの中の日本人」の頭蓋骨をアメリカ本土に戦利品の土産として持ち帰るという悪趣味が流行っていたらしい。当時の帝国主義の白人からすれば日本人を初めとするアジア人は猿と変わらない扱いであったワケだから彼らからすればさほど悪趣味の自覚も薄かったであろう。死してなお辱めを受けるとはさぞ無念なコトだろうか。ベトナム戦争時代のデスカードの流行といい、戦争は人間の倫理を狂わす。

英霊たちに心から合掌させていただきます。

ペスト117thC


(13:56)

October 05, 2014

日本におけるROCKERSというスタイルの体現を考察する 「ROCKERS」と「日本刀」で書いてきたけど、ROCKERSとは

・BLACK LEATHER JACKETS

・REAL ROCK'n'ROLL

・MOTORBIKE

この三つの要素がリンクして初めてなるものだと思う。

dustbin left

しかしながら上記の三点を世の中的に評価されるモノで取り繕うことではない。皮肉を織り交ぜて書かせてもらうと

・昨今では?と思われるヒトからの人気が高いLewis Leatherを身に纏い

・他者との差をつけたいのか、ネット検索上手なマニアック音楽嗜好

・今となっては多少の小銭と多少の勢いさえあれば誰でも乗れる旧英車を所有

ROCKERSとはユースカルチャーのひとつであるわけで、上記の皮肉たっぷりの三点はユースカルチャーの要素の逆のベクトルを指し、老獪さを身に付けただけの他者の目を気にしたRockesとしてのアイデンティティの欠落だと思う。

もっと単純に

・黒革のかっこよさに憧れ

・初期R&Rのかっこよさにヤラれ

・当時の英国スタイルのバイクのカッコよさにヤラれ

それが

「三つの要素がリンクしたROCKERSというスタイルを選ぶ」

自発的な自己のスタイル確立ではないかと思う。

現在、ネットなどのツールが身近になり少しの情熱で簡単にインスタントロッカーズが増産される時代になっている。にも関わらず昨今でROCKERSが増えているかといえば増えている感じはない。

俗っぽいコトを言ってしまうと
ROCKERSを体現するのに一番ハードルが高いのがバイクである。それは二輪免許が必要だからである。
音楽好き、ファッション好きがROCKERSを体現するには免許のないものには基本不可能だろう。
したがってROCKERSはバイクに興味がある、またはバイクに乗っているヒトしかなれない。
バイクという大きな括りの中で日本におけるROCKERSは以前のムーブメント以降、衰退していく感が否めない。

それは他のカテゴリーのバイクに乗るヒト達から見て

「ROCKERSってよく知らないけど、カッコいい!」

と思える車両が少ないからではないかと思う。ジャンルが違えどカッコいいものはカッコいいと誰もが思うことだと思う。自分はこの先も乗ることも選ぶこともないであろうが、(自分のツボを押さえた)ホレ惚れするようなH.Dのチョッパーを見るとドキドキする。

写真のドルフィンカウル(←以前の日本ではダストビンカウルはこう呼ばれていた。)装着のトラTR65は自分所有のバイクである。写真はカウル装着に伴いステー溶接、製作してもらったBELLETT MCさんのブログより拝借。

dustbin front

より当時っぽくREAL ROCKERを…となるとN.G要素ツッコみどころアリである。

ダストビンカウルというものの存在を年代で考えるとG.P、T.Tだと50'S後半、ストリートなら60'S中盤あたりの車両をベースに装着すべきであろう。ウチにある車両ならベロセットベノムあたりが妥当だろう。でもこのトラは80'sである。理由は簡単、一番機動力があるから。でカッコよければ何でもいいんじゃない?的なノリで装着。
ハンドルは60'sのダンストール製、バックステップはユニティ、ライトステーはジョン・ティッケルといったところ。

タンクはアルミに、エキパイはスウェプトバックに、シートはシングルにと換えたいところではあるがヤリすぎは禁物。ほどほどのアンフィニッシュなカッコよさってあると思う。適度にカスタムの隙があった方が正当な、年代相応のベース車でない、このトラには丁度いいと思う。だからこの程度。別にカスタムコンクールに出展するわけではないし一般受けは求めていない。

あとはいろいろと細かいところを煮詰めていく予定だった。

が、

先先月「別冊モーターサイクリスト」にTR65を特集するにあたり車両を貸すことになりノーマルに戻しました。

で、結局、今はスラクストンボンネビルのハンドル逆付けアップのみの仕様…。

ダストビンカウル装着は作りこみ云々よりインパクト優先のドーピング仕様だと思えるが、バイクというジャンルの中でRockersとして一石を投じられたと思うが…。

日本においてROCKERSが衰退している原因に
当時のTON-UP BOYSがMOTORCYCLEよりROCKのパワーを強めたROCKERSを懸念したが、
現代の日本では当時の英国とは逆にMOTORCYCLEへのウェイトを重視していかなければ道は開けないであろう。



(12:46)