October 12, 2014

石原ひでお (Hideo Ishihara) は、ロックとブルースのCDアルバムを作りました。

music 3







石原ひでお (Hideo Ishihara) は、ロックとブルースのCDアルバムを作りました。



石原ひでお (Hideo Ishihara) のロックとブルースの三枚組CDアルバム。



石原ひでお (Hideo Ishihara) のEric ClaptonさんをカバーしたブルースCDアルバム。



石原ひでお (Hideo Ishihara) のDrugon Hi Projectさんと共作したロックCDアルバム。



石原ひでお (Hideo Ishihara) のブルースCDアルバム。



石原ひでお (Hideo Ishihara) タモリさんと。テレビ朝日ミュージックステーション。ロックとブルースの三枚組CDアルバム。  
Posted by dtm_japan at 08:18Comments(0)TrackBack(0)

October 11, 2014

2007年頃、石原ひでお (Hideo Ishihara) は、よくテレビで『千の風になって』という曲を聞いていました。

kaze

















2007年頃、石原ひでお (Hideo Ishihara) は、よくテレビで『千の風になって』という曲を聞いていました。



写真は石原ひでお (Hideo Ishihara) 東京ディズニーリゾートで。



石原ひでお(Hideo Ishihara) Piano Works、ピアノ作品集はこちら!↓ 写真は六本木ヒルズのテレビ朝日さんの中で黒柳徹子さんと!!!



写真は石原ひでお (Hideo Ishihara) 平塚市ラスカのグランドピアノの前で。



写真は石原ひでお (Hideo Ishihara) 六本木ヒルズのテレビ朝日の中で。



  
Posted by dtm_japan at 05:37Comments(0)TrackBack(0)

November 02, 2011

石原ひでお(Hideo Ishihara)のプロフィール

hideo_03

石原ひでお(Hideo Ishihara)は神奈川県横浜市に生まれる。小学1年生からピアノと絵画を習い、合唱団にも入団する。十代から作曲を始め、2002年に音楽大学に入学し、レコーディングした曲は約30000曲以上あり、歌も自身で作詞作曲した曲が1200曲以上、20代はクラブでピアニストや歌手としてライブを中心に活動していた。2003年から現在までテレビ朝日ミュージックの作曲家をしている。2008年にCMタレント、モデルとしてダイハツムーブのCMとガッツとみかんのWEB広告に出演する。



音楽作品はNIRVANAやナイン・インチ・ネイルズなどのオルタナティブロック、ブルース(Blues)、エミネムさんみたいなHIPHOP、サザンオールスターズ、宇多田ヒカル、エアロスミス、尾崎豊、アンジェラ・アキ、エルビス・プレスリー、ジョン・レノンさんなどのバラード系歌謡曲などに影響を受けたものが多く、インストゥルメンタルではエリック・サティやJ.S.バッハ、ビバルディ、ベートーベン、モーツァルト、ショパン、ビル・エバンス、久石譲、坂本龍一、エリック・セラ、マイケル・ナイマン、アンドレ・ギャニオン、ジョージ・ウィンストンさんなどに影響を受けたものをたくさん作っている。



自身で歌う音楽はエルビス・プレスリー、ニルバーナからエアロスミス、サザンオールスターズ、宇多田ヒカル、尾崎豊、Misia、槇原啓之、鬼束ちひろ、浜崎あゆみ、山下達郎、中島美嘉、長渕剛、加山雄三、美空ひばり、山本リンダ、武田鉄矢、泉谷しげる、福山雅治、Crystal Kay、Zoo、Exile、Mr.Children、Baby Face、Robin Zander、Nine Inch Nails、Eminem、Ben E King、Berlin、George Michael、Eric Clapton、SMAP、KAN、X Japan、ビートルズ、マイケル・ジャクソン、シンディー・ローパー、アンジェラ・アキ、ベルリン、ジェシカ・シンプソン、サイモン&ガーファンクル、TLC、ブリトニー・スピアーズ、マドンナ、セリーヌ・ディオン、マライア・キャリーさんまでと幅が広く、基本的にはポピュラーミュージックが多い。自分が歌うことにより、その曲が有名になることを目標としている。



また多くのアーティストに影響を受けた楽曲があり、クラシック作品からJazz、ブルース、R&B、ロック、ポピュラーミュージック、演歌、ヒップホップまでジャンルが決定できないほど幅広い音楽を作っている。音楽制作には文化庁のホームページを参考にしてたくさんのオリジナル音楽を残そうとしている。



DTM(デスクトップミュージック)をインターネットが世界に広がる前から応援しており、2006年まではDTMとGoogleで検索すれば世界で最も上位表示されるほどのWebサイトを持っていて、TV朝日ミュージック、iTunes Store(Japan) 、HMVジャパン 、Sony Music Shop、株式会社EMIミュージック・ジャパン、WOWOW、ポニーキャニオン、バンダイチャンネル、ユナイテッド・シネマ、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)、ワーナー・マイカル・シネマズ、ブックサービス 、Amazon co jp、楽天市場、Yahoo!ショッピング、デル、アップル、富士通、NEC、マイクロソフトセンターと提携を結び、10億円以上の売り上げをあげていた。



本人は自分は世界一のDTMやPC、インターネットの宣伝、営業マンと思っていたが、現在は行方不明になってしまったらしい。しかし、それは自分の芸術作品を残すことの方が自分にとってより価値のあることだと思うようになったからで、芸術作品を作り上げることを広告業より優先するようになったからなのだそうです。それでも今でも音楽やDTMなどの影の広告塔だと思っているとのことです。

  
Posted by dtm_japan at 10:50Comments(0)TrackBack(0)