こんにちは。DTマイケルです。




初心者の為のFX講座vol,1~6をご覧になられた皆さん、長らくお待たせいたしました。





初心者の為のFX講座の更新が遅れてしまい、vol,7更新して欲しいという声があったので、本日はvol,7 資金管理を更新します。





【損益計算】



・為替の損益を計算しよう



FXではリアルタイムに現在の口座の損益状態が取引口座の画面上に表示されますが、取引のシミュレーションをして売買計画をたてるためにも損益の計算は自分でもできるようになりましょう。




FXの損益に関わってくる要素は、為替差益、スワップポイント、売買手数料の3つです。




為替損益は、1万円通貨単位の場合、1円動いたら1万円の損益が発生することになります。たとえば、2円分損をするほうにレートが動いて2万通貨分のポジションを持っていたとすると、2円×2万=4万円の損失と計算します。





・その他の損益を計算をしよう



次にスワップポイントの計算です。



たとえば、1万豪ドルに対して1日60円のスワップポイントがもらえるなら、11日間ポジションを持って決済したときにもらえるスワップポイントは、60円×11日=660円になります。




1万豪ドルを売っていた場合は、逆に1日につき60円、11日間では660円の支払いとなります。




スワップポイント支払いや手数料の支払いは、口座に入っている証拠金から自動的に引かれるので、スワップポイントの支払いになるポジションを長期間保有したら、それだけで証拠金が毎日減っていくことになります。




逆にスワップポイントをがもらえるポジションを持てば、毎日金利収入を得ることができます。




売買手数料は無料にしているFX会社がほとんどです。くりっく365などでは数百円程度の売買手数料がかかる会社もあります。新規でポジションを持ったときと決済したときの2回手数料がかかることにになります。




買値と売値の差である「スプレッド」もFX会社も得る売買手数料の1種ですが、これは為替レートのなかに含まれていますので、手数料として計算しなくても大丈夫だと思います。






【入出金】


・入金の資金の仕組みを理解しよう



FXの取引会社は店舗を持たない場合がほとんどなので、入出金がどうなっているのか、どこに振り込んで、振り込んだお金がどうなるのか心配の方がいらっしゃると思います。



これはインターネット銀行(ネットバンク)のようなものだと思えば良いと思います。



ネットバンクは一般的に店舗を持っていません。ネットバンクに入金する際は、どこかの銀行から、または提携ATMから振り込むことになります。



FXの取引会社の口座に入金する場合は、銀行にある、その取引会社の専用口座に振り込む形になります。振り込みが完了すれば1日程度で自分のFX口座に反映されます。パソコンでログインすれば証拠金の欄に振り込んだ金額が表示されます。






【モバイル活用】


・外出時でも取引ができる


急激に相場が変動したときにすぐそばにパソコンがない場合も少なくありません。そんなときに力強い味方はモバイル取引です。



モバイル端末(iPhoneやスマホ)でFX取引をできる会社が増えています。



普段はパソコンで取引していても、もしものときのために携帯電話の「お気に入り」にURLを登録したり、スマホのアプリをダウンロードしておきましょう。




iPhoneやスマホでもほとんどの機能が使えるので、パソコンを持っていない人でもFX取引ができてしまいます。IFDやOCO、IFOなどの注文も使えますし、簡単なチャート(ろうそく足や移動平均線)も見ることができる場合もあります。




銘柄数が多い株式会社よりも、通貨ペアが限られているFXのほうがモバイル取引に適しているともいえます。





【FX業者が破綻しても資産は守られる】




ここ数年、FX業者の経営破綻のニュースが相次ぎ、世間を騒がせました。



FXをやる以上、為替の変動によるリスクは致し方なしと覚悟を決めるにしても、取引会社が経営破綻したために、預けたお金が戻ってこないなんていう事態になったら、泣くに泣けません。




リスクを上塗りしないためにも、FX業者は慎重に選ぶ必要があります。




投資家保護を強化をするため、法律面での整備も徐々に整いつつあります。改正金融先物取引法によって、全FX業者に分別管理が義務づけられました。




これにより、顧客からの預かり資産は、自己資本と区別して管理することが定められました。




「分別管理が行われていれば心配ないのでは?」という気がするのですが、理想を言えば、これだけでは不十分です。「分別管理」よりも一歩進んだ「信託保全」を行っている会社を選ぶとさらに安心感は高まります。





信託保全とは、投資家の資金を自社の資金と分けた上で、信託銀行に信託することです。




これがしっかりと行われいていれば、万が一、FX業者が破綻してしまうような事態に陥っても、預け入れた資金が信託銀行から戻ってくるので安心です。




金融庁が2009年4月からFX業者に「信託保全完備」を義務付けられました。




しかし、悪徳業者はいつの時代にも存在するものです。だまされないように細心の注意をしましょう!




【最後に】




FXをはじめる上で、資金管理はとても重要です。資金管理といっても、幅広い意味合いがありますが、ここで抑えて欲しいのは、資金の配分です。



自分でどれぐらいまで損をしていいのかあらかじめ決めなければなりません。資金の何%を失ったらトレードを中止するか、あらかじめ決めておきましょう。



当たり前ですが、損をする為にトレードしている訳ではありません。しかし、資金を失ったとき恐ろしいほどの精神的ダメージを受けます。



資金管理について意識の低い初心者は、資金を失うことになる方がほとんどです。



資金の大部分を失ってへこむ→なんとしても取り返さなきゃと感情が湧く→焦って入金→メンタルのバランスが崩れ更に資金を失う




この悪循環が初心者の方に多いです。




しかし、正しい資金管理を行っていれば、トレードは全く怖い物ではありません。ですので、必ず資金管理をあらかじめ決めてトレードをしましょう。








参考になった方は、応援クリックお願いします。
 ↓

人気ブログランキングへ






【これまでの講座】


初心者の為のFX講座vol,1 FXとは?
http://blog.livedoor.jp/dtmaikel/archives/36251160.html
初心者の為のFX講座vol,2 口座開設のやり方
http://blog.livedoor.jp/dtmaikel/archives/36275832.html
初心者の為のFX講座vol,3 取引の仕方
http://blog.livedoor.jp/dtmaikel/archives/36375303.html
初心者の為のFX講座vol,4 チャートの見方
http://blog.livedoor.jp/dtmaikel/archives/36456372.html
初心者の為のFX講座vol,5 投資スタイル
http://blog.livedoor.jp/dtmaikel/archives/36548689.html
初心者の為のFX講座vol,6 メンタル管理
http://blog.livedoor.jp/dtmaikel/archives/37040428.html



【次回】

初心者の為のFX講座vol,8 リスク管理
http://blog.livedoor.jp/dtmaikel/archives/37626970.html