DTMまとめ

2ch DTM板で有益なスレをまとめていきます。 過去ログが中心です。

結論から言うと、オーディオインターフェイス(のドライバ)の仕様で決まる。
RMEのオーディオインターフェイスはこの辺りが非常に優秀。

Cubaseを開きながら、
Cubaseの再生チャンネルと同じチャンネルでiTunesを再生する
ことは当たり前にできる。

 ※この機能を「マルチクライアント」と呼ぶ

さらにRMEのすごいところは、
Cubaseを48kHzのレートで使用している状況でも、iTunes等で
16bit/44.1kHzのmp3やwavを正しく再生できる
というところ。

スレでも記述がある通り、これをやると普通は
オーディオインターフェイスがサンプリングレートを誤認し、
挙動がおかしくなることがある(音が不自然に高くなったりする)。

管理人はRMEのオーディオインターフェイスを導入して以来、
安定性で悩むことがなくなった。
Windows環境の人には特にオススメである。
RME Fireface UC
721: 名無しサンプリング@48kHz 2008/03/28(金) 09:38:30 ID:dXrT/UfY
Cubaseを立ち上げた状態のまま、WinAmp5.53を起動させると 
WinAmpがフリーズしたような状態になり全く再生しない
のですが 
こういうものでしょうか?この状態のままタスクをCubaseに切り替え 
ても、Cubaseのほうはちゃんと発音します。 

Cubaseが起動してない状況では WinAmpは何の問題も無く動作します。 

AUDIGY2の時はこんな事は無かったのですが、0404USBだと 
こういう事もあるのでしょうか? 
続きを読む

Vengeanceシリーズなど、そのままDAWに貼り付けて使えるような、
太いキックが収録されたサンプリングCDも多い。
しかし、自分で音作りができるようになると、曲作りの自由度は格段に増していく。
サンプルのレイヤー(「重ね技」)や、EQ、コンプ、HAやアナログテープなどを駆使し、
自分好みのキックを作るのもまた面白い。

1: 名無しサンプリング@48kHz 2006/06/25(日) 02:54:43 ID:s8ljCXHo
サンプリングCDのループみたいに、ドッツ!カッツ!ドッツ!カッツ!
って言わない。
ふつうに打ち込むと、
ドーンバーンドーンバーンとか言う。
いくらコンプでアタックだしても、Bedrockとかカスケイドみたいなキックにならない。
みんなどうしてるの?

続きを読む

2001年頃の話。
この頃はまだハードシンセ全盛期でしたね。
1 : :01/11/11 18:59 ID:02xlHIGl
わかるひといますか? 
何のゲームの何面の曲にどのシンセが使われているとか知っていたら 
教えてください。 
あの効果音はアレで作られているとかいろいろ。 
 
続きを読む

このページのトップヘ