FabFilter Pro-LSlateDigital FG-Xなど、
ここ数年でプラグインのリミッター(マキシマイザー)も進化し、
「プロの曲と比べて音圧が低い…」と悩む人も減ったように感じる。

しかしながら、音を大きく聴かせるためのテクニック、心理的効果など、
先人たちの試行錯誤の結晶は、今でも十分知る価値がある。

・縦のラインを意識した、メリハリのある楽曲づくり(スレ内「縦構造」)
・適切なアレンジと、バランスの良い帯域分布
・音が大きく聞こえる帯域(「等ラウドネス曲線」でググろう)

キーワードはこんなところだろうか。
必見の音圧スレPart2。 
43: 名無しサンプリング@48kHz 2008/07/03(木) 13:36:51 ID:YBroFT58
原理的に当たり前なんだけどキックとベースが同時に鳴っている曲では
絶対に音圧稼げないよ。大音量で鳴らしたときにロックがテクノやハウスに
音圧で負けるのは、キックにベースを合わせる伝統的なロックアンサンブル
のせい
です。

45: 名無しサンプリング@48kHz 2008/07/04(金) 18:47:06 ID:BxXDCemQ
音を大きくするには、音が大きくなるような楽曲を作らなければいけない。

イントロが静かな曲は作ってはいけない。いきなり0dbが出る曲を作る。
サビとメロ部でアンサンブルの厚みが違う曲は圧縮しずらいので作ってはならない。
最低音が60Hz近辺の曲が一番、高低のレンジ感を実感しやすい。キーはBにするべし。
鳴っている全ての音はベリーショートディレイでステレオ成分を付加する。
ステレオ成分の逆相はクリップしても目立たないので思いっきり潰す。
歪ませてもオーバーロードで歪んでいるのか楽器の音なのか判らない系の
音を多用する。そういう音をリズムの骨格に置くと、ものすごくデカイ音になる。
ベースとキックは基本的に同時に鳴らさない。
爆音の中でも小さなゴーストノートが聞こえるようにノッチフィルターを
上手に使う。連打する音は思っているよりもずっとデュレーションを短くすべ氏
どうせ潰れてサスティンが出る。

88: 名無しサンプリング@48kHz 2008/07/06(日) 18:36:33 ID:UFix5LzP
色に補色があるように。音にも補音といえる関係がある。
判りやすいのは最低音には最高音、サブベースとハイハットの関係ね。
実は中音域にも無数に補音関係があって。意識しないでも自然に補音デザインが
できちゃう人がいる。そういう人の作ったトラックはビシっと耳に張り付く。
先天的にそのへんのセンスが無い人が作ると音が濁ってしまう。
訓練である程度解決できるけど、最終的にはその人がどういうふうに音を聴いているか?
だから大人になってから補音デザインを身に付けるのはかなり大変。
プロのエンジニアでもそのへんの訓練できていない人が多い。

191: 名無しサンプリング@48kHz 2008/07/11(金) 05:38:55 ID:wTFqlYZQ
キックにステレオベリーショートディレイ(10msecくらい)をかけろ
左右に振ったディレイ音にディストーションをかけろ。
スネアにも同じ事をしろ。スネアは0db,ハイハットは-6db,キックはお好み
これを骨格にしてキック、スネア、ハイハットとカブらない帯域の楽器を
隙間に0db~-∞dbで入れろ。

194: 名無しサンプリング@48kHz 2008/07/11(金) 09:28:13 ID:wTFqlYZQ
スネアとキックが同時に鳴る時は スネア+キックでファイル化
単独スネア、単独キック、スネアキック全て0dbできっちり揃える。
そんでローパスフィルタ、キックのアタックが聞こえるところが
カットポイント、ハイハットはそれ以上の帯域でおもいっきり鳴らす。
次に191の操作。左右だけ潰すというかセンターキャンセルな
M/Sつーの?Sをめいっぱい潰して混ぜる。

もうこのへんまでくると頭蓋骨が爆発するようなドラムが鳴っているはず
次にスペアナで観察。穴を開けられそうな帯域を見つけたら
強烈なノッチフィルターで穴を開ける。他の楽器が入るスペースを掘るんだ。
この穴にベースでもギターでもなんでもいいから0db張り付きのパッツンパッツンに
潰した楽器を捩じ込むんだ。

なんでもいいから最新のCDと聞き比べてみ、この時点で勝っているから。
この上にまだシンセだのボーカルだのが乗っかった日にゃあ、
すごいことになるよ、まさに音圧兵器。

268: 名無しサンプリング@48kHz 2008/07/19(土) 20:51:25 ID:FOyXK8hm
フルアナログだと音が自然に混ざるみたいだね
真空管プリとかテープコンプとか卓のオペアンプなんかの軽い歪みにその理由がある気がする
デジタルだとキレイすぎて気持ち悪い
だからわざと音を汚したり、パツンパツンに音圧を上げざるを得ない

341: 名無しサンプリング@48kHz 2008/07/21(月) 11:19:32 ID:TlWZUp0+
194で重要なのはM/SのS潰しだな。
正相に逆相混ぜると音は消えるが
正相に潰した逆相混ぜると音が前に出る(場合がある)
というテクだな。これが一般化したの90年代だからな
オーディオ操作ってまだまだ未開拓の部分あるんだな。
って思った。

463: 名無しサンプリング@48kHz 2008/07/26(土) 23:04:30 ID:GoMW4LxE
これはマスタリングや音圧スレじゃなくて、mixスレ的な話かもしれないし、
ベテランの職人からすれば当たり前の話かもしれないけど、
結局、良いミックスも良いマスタリングも「マスキング」されて濁った
いけてない帯域をどう見極めて処理するかって事に行き着くような気が
最近している。

でもここら辺は、やっぱきちんとしたモニタリング環境と、モニタースピーカが
なければ(特に低域は)なかなか見極めるのが難しい
と最近感じてる。
やっぱ低域の見極めが付かないと話にならない。
低域のある帯域のピークは、うまく処理しないと、確実にそれより上の高域に干渉して、
音を団子状態にしてしまう
。この状態で、例えばMP3なんかにすると、たちまち
シュワシュワ言って、ミックスがへたくそなことが露呈されてしまう。
トラック同士で干渉している、もしくは重なり合っている帯域を検知するような
アナライザがあれば欲しいな・・・


466: 名無しサンプリング@48kHz 2008/07/26(土) 23:41:27 ID:GoMW4LxE
最後に一つだけ。
ミックスする際、各楽器やトラック同士での周波数的な住み分けを見極めたい場合、
masterでmono出力にして見ると、意外と判り易い
時がありますよ。
stereoで散らばっていた定位が一箇所に重なるため、2ミックスにまとめる際の
イコライジングの見極めがやりやすくなるかも


468: 名無しサンプリング@48kHz 2008/07/27(日) 00:20:49 ID:VPr+RSPr
>>464
他の人も書いてるけどモノで全体のチェックするのは基本。
帯域が被ってる部分をEQでいじるのも。
(おれはあんまりしないけど。midiまで戻っていじり直す方が多い)

要するに、この部分が音がつまっちゃって聞き苦しいなって部分を
ステレオ成分を切ってモノ(点)にしたり
逆にステレオ成分を広げて(面)で鳴らしてみたりして、詰まりを拡散する。

やり方としては、単にステレオツールだけの時もあれば(キックとか)
そのトラックだけコーラス、ディレイ、リバーブなどを試してみる。
リバーブもスプリング、ルーム、ホールと入れ替えたりしてみて。

そうやって詰まりを避けて、空間に満遍なく音を配置していくと
マスターにリミッターかけただけでMS成分のMはノリ、Sも最大値まで上がる。

484: 名無しサンプリング@48kHz 2008/07/28(月) 15:07:35 ID:UZh/jjBH
>>468
MIDIまで戻るってあるけど、つまり被らないようアレンジ見直すってことだよね

ただ少しぐらいオクターブとかいじっても、周波数の住み分け的にはあまり変わらんから、
MIDIから見直すってことはアレンジを見直すというよりは要らない所を削っていくことを考えるという方向になる

ってことで大体合ってる?

音は必要最小限でいいんだよね。
ボーカルベースドラムピアノギターストリングスソロバイオリンオルガンにシンセとかやっちゃうとどうにもならん。当たり前だけど

市販CDとか聴くと、ボーカル曲はベースとドラムとあと二つの楽器ぐらいで大体成り立たせてるね。
音圧稼ぐには、そういう必要最小限のアレンジが大事なんだなと思うわ

506: 名無しサンプリング@48kHz 2008/07/31(木) 11:18:58 ID:z7kaUIU7
音を大きく聞こえさせたいのなら、
スタッカートで奏でられるリフが曲のメインになっているような
パーカッシブな曲にするべし。

音圧は最初の設計が肝心、曲が出来てから最後に音圧上げようと思っても
たいして上がらないよ。

507: 名無しサンプリング@48kHz 2008/07/31(木) 11:22:53 ID:vxVWIw6y
>>506
ストリングスの長音とかでは
全く音量が出ないよってやつだな

511: 名無しサンプリング@48kHz 2008/07/31(木) 13:35:47 ID:RPnYv/RV
最近の曲ってやたらパーカッシブな曲が多いなあって
思ってたら、音圧が原因だったんだなと最近俺も分かったよ

513: 名無しサンプリング@48kHz 2008/08/01(金) 00:21:23 ID:YtGfgd/5
要は音楽(アンサンブル)の捉え方だな。
ドラムがリズムキープしてベースラインがあってコードが乗っかって
一番上にメロが流れる。式の楽譜の横方向が強い「絵巻物的」曲は耳に飛び込まないよ。
全ての楽器を打楽器として扱ってパーカッションのポリリズムだと解釈する。
つまり楽譜の縦方向の立体的構造を提示するような曲作らなきゃな。
日本人が特に弱いと思うのはここんとこだな。

514: 名無しサンプリング@48kHz 2008/08/01(金) 00:44:20 ID:r4u4M8Z1
>>513
>楽譜の縦方向の立体的構造を提示するような曲
それってどんな曲?
具体的に曲名あげてくれ

516: 名無しサンプリング@48kHz 2008/08/01(金) 01:57:42 ID:YtGfgd/5
プリンスとか典型だね>縦方向
好き嫌いはともかくプリンスのアンサンブルって耳に飛び込むでしょう。

648: 名無しサンプリング@48kHz 2008/09/27(土) 16:58:01 ID:aQR+05BL
理想的かどうかはおいといて、この曲より音圧の高い曲を聞いたことがない。
プロらしいけど、どうやってるんだろう・・・。ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm2268739

653: 名無しサンプリング@48kHz 2008/09/27(土) 17:54:40 ID:lkXUycTV
>>648
どれほどのもんじゃいと聴いてみたが本当にプロレベルで悔しい
>>513の縦構造の話を思い出した

654: 名無しサンプリング@48kHz 2008/09/27(土) 19:51:21 ID:Ybzivgzs
楽曲自体もうまくできてるっぽ
ミックスでコンプ上手く使ってるのと
M/sでs低音カットで結構潰してmエンハンスとかかね?
あといらないのカットカットかねw

803: 名無しサンプリング@48kHz 2008/12/18(木) 06:06:46 ID:94Pjk96a
音質がよければ音圧だって上げやすいはずなんだ。
俺の曲の音圧があがらないのは音質が悪いからなんだ。
音質が悪いのはいいミックスができてないからで、どうしてかよくわからない。

807: 名無しサンプリング@48kHz 2008/12/18(木) 12:45:00 ID:ATLyG0KA
>>803
その通り。音圧を上げられる曲は、いいミックスの曲。
各帯域がバランスよくでてて聞きやすいんだよな。
どうやればいいんだ・・・

805: 名無しサンプリング@48kHz 2008/12/18(木) 06:13:41 ID:E2gIb6q7
実際アレンジとミックスはかなり密接に関わっているんじゃないかと思うが

806: 名無しサンプリング@48kHz 2008/12/18(木) 08:24:03 ID:LX+dVNsd
関わってるよ。そりゃ。だってアレンジの時点でおいしい帯域決まるんだから。
音階のあるパートが全部同じ音階域に偏っていたらミックスもしにくいだろう。
音圧もでない。3ピースバンドなんか聞けばわかるんでないか。