DTSは、ちょっと違う。コンピュータ資源の有効化技術。

マンゴーの季節が始まりました! (2016.6.24)

今年もパキスタンのマンゴーの季節が始まりました!

既に、Dr.Takahashiの冷蔵庫は、マンゴーだらけになっています。

IMG_20160617_182438












時期によって、産地も種類も違うので、いろいろな味が楽しめる
パキスタンマンゴーですが、冷蔵庫に入っているのは、ラホールで
取れたマンゴーだそうです。

IMG_20160617_185340















味は・・・

とても大きなマンゴーですが、味は柑橘系のさわやかな甘さで
食べやすく、いくらでも食べられるぐらい美味しい!そうです。

甘みが強いので、いつもはヨーグルトと一緒に食べているそうですが、
この種類は、さっぱりした甘さなので、そのまま食べた方が美味しかったそうです。

新鮮なマンゴーが思いっきり食べられるなんて、うらやましいです。

イフタール(断食明け食) (2016.6.23)

ラマダン真っ最中のパキスタンですが、毎日暑い日々が続いていて
かなり大変なようです。

日中、水分も取れないのは、想像しただけで大変なのがわかります。

イスラームの断食は、日が沈むと終わります。

その時に、断食を破る食事を「イフタール食」と言います。

「イフタール」とはアラビア語で「断食を破ること」です。

イフタール食は、断食を破るのが主目的ですから、デーツと水で
断食を破り、あとでゆっくり食事を取るという人もいます。

イフタール食は、皆で仲良く取るのが一番よいとされています。

また、たいていは食べる前に、「主よ、あなたのために断食し、
あなたにいただいた糧で断食を破ります」というような祈りと共に、断食を破るようです。

イフタール食が始まる1時間ぐらい前から、空き地に食事を持って
人が集まり、みんなでお祈りをした後に、食事が始まるのですが
お腹がすいている状態で、目の前に食事があるのに食べられない、
という時間が1時間近くあるので、かなり精神的な我慢が必要みたいで、
その間、目をつぶって手を合わせる人や、足踏みする人など
人それぞれの方法で、イフタール食が始まるのを待っているようです。

IMG_20160616_191654IMG_20160616_192038

人工知能(AI)研究 後半 (2016.6.22)

今日は、昨日の続きで、人工知能(AI)研究 後半をお届けいたします!

〜〜以下、工学博士 高橋宏尚 原稿より〜〜

【マインドアップロード】

グラフィックス2









最近、もう一つ私がハマっている研究は、マインドアップロードである。

これは、個人の経験、知識をある手法で引き出して自動分類し、
必要な時にその知識を引き出すものである。

ここで、特定の個人の知識として創造することができるので、
個人の知識的な資産を継続して保持もしくは、独自に成長させて
将来的にも個人の知識を人格として形成できるところまでを目指す。

既にでも環境も制作したので、まずは自分の知識をアップロードしてみたいと思う。

といっても・・・

私の提唱するものは、人間の頭脳の中のシナプスの結合を計測して
コンピュータの中に再現するもので、バーチャルリアリティとして
人間の魂は再現され、それにより例え肉体は滅びても永遠の生命を
手に入れるというアメリカの未来学者カーツワイル氏が盛んに喧伝している
プロジェクト「イニシアチブ2045」とは違うものです。

もっと、個人の知識に焦点を当てその知識を資産として残すことを
主眼にしています。

なので、

完成に2045年まで待つ必要もないと思っています。

そんなに待っていたら私も生きてないと思いますので。。

〜〜終わり〜〜

Categories
10524_bn


mailfフォームボタン
QRコード
QRコード